S-MAX

Kyocera

京セラ製スマホがNTTドコモから初登場!超縦長画面と独自サポート機能を満載したシニア向け「あんしんスマホ KY-51B」を写真で紹介【レポート】


あんしんスマホ KY-51B、ファーストインプレッション!

既報通り、NTTドコモは6日、オンラインにて「2021-2022冬春 新商品に関する記者説明会」を開催し、5G対応の新たなシニア向けスマートフォン(スマホ)「あんしんスマホ KY-51B」(京セラ製)を発表しました。発売時期は2022年2月以降を予定しており、価格などは未定です。

スマホに詳しい人であるならNTTドコモから京セラ製スマホが発売されるということに驚いた人もいるかと思います。京セラは過去に携帯電話(フィーチャーフォン)などをNTTドコモ向けに納入したことはありましたが、個人向けのスマホでは初となります。

しかも、今回発表された機種はシニア層をターゲットとしたもので、すでにシニア向けとして「らくらくスマートフォン」シリーズを長く販売しているNTTドコモから競合するかたちで販売される点は非常に面白く、またその意義にも強い興味を惹かれるところです。

今回、記者説明会後に都内にて開催されたメディア向けタッチ&トライ会場にてあんしんスマホ KY-51Bの実機に触れることができましたので、写真とともにその魅力やらくらくスマートフォン F-52Bとの差別化ポイントなどをご紹介します。


続きを読む

NTTドコモ、5G対応のシニア向け「あんしんスマホ KY-51B」を発表!6.1インチ大画面とやさしい操作性で京セラが開発。2022年2月以降に発売


Kyocera初のdocomo向けスマホはあんしん!Android 12へのOSバージョンアップも提供予定

NTTドコモは6日、新たに「2021-2022冬春モデル」として5G対応のシニアなど向けスマートフォン(スマホ)「あんしんスマホ KY-51B」(京セラ製)を発表しています。発売時期は2022年2月以降を予定しているとのこと。なお、事前予約受付開始日や価格は後日別途案内するとしています。。

販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」など。なお、NTTドコモでは同じシニア向けではあるものの、既存の「らくらくスマートフォン」シリーズと名前を分けた理由として商品性の異なる2機種を用意したため、わかりやすくするために製品名も別にしたと説明しています。

続きを読む

KDDI、au向けエントリー向けスタンダードスマホ「GRATINA KYV48」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


auスマホ「GRATINA KYV48」がAndroid 11に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、携帯電話サービス「au」向けスタンダードスマートフォン(スマホ)「GRATINA KYV48」(京セラ製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年9月15日(水)10時より提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話ネットワーク(LTE・WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新時間は約30分、アップデートファイルサイズは約1.3GBとなっています。なお、アップデートファイルサイズが大きいため、Wi-Fiの更新が推奨されています。

更新後のビルド番号は「3.004RE」で、Androidセキュリティーパッチレベルは「2021年8月1日」となります。ビルド番号は「設定」→「その他」 → 「デバイス情報」 → 「ビルド番号」で確認できます。なお、今回の更新を実施するには事前にビルド番号「1.060RE」にしておく必要があります。主な変更点は以下の通り。

○主な機能追加・変更内容
1)「ロック解除中の着信画面の表示」が追加されてロック解除中の着信画面が「全画面」/「通知」から選択可能になります。
2)ホーム画面に配置しているフォルダ内にアプリが16個以上ある場合にフォルダにシートが追加されます。

○主な削除項目
OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
3)設定:Wi-Fiテザリング
「設定」>「ネットワークとインターネット」>「テザリング」>「Wi-Fiテザリング」配下の「高度なWi-Fiテザリング設定」およびその配下の「DHCP手動設定」が削除されます。Wi-Fiテザリング利用時のIPアドレスは自動設定となります。

○ その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(1.8MB)[PDF]
※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にGRATINA KYV48をご利用いただくための改善内容が含まれております。

○ Android 11共通の特長について、詳細は下記よりご確認ください。
OSアップデートとは?


続きを読む

京セラがNTTドコモにもスマホを投入へ!Wi-Fi Allianceにて未発表製品「KY-51B」が認証取得。ソフトバンク向け「A101KC」も


未発表のKyoceraスマホ「KY-51B」と「A101KC」がWi-Fi認証通過!写真はDIGNO E

Wi-Fi Allianceが京セラ製の未発表のスマートフォン(スマホ)「KY-51B」と「A101KC」の認証をカテゴリー「Phone」で2021年9月2日(木)付で公開しています。Certification IDはKY-51Bが「WFA114153」、A101KCが「」。

型番ルールからKY-51BはNTTドコモ向け、A101KCはソフトバンク向けと見られ、ともにOSにはAndroid 11を搭載し、無線LAN(Wi-Fi)のWi-Fi 5(IEEE802.11ac)には対応するものの、Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)には非対応となっているため、ミッドレンジクラス以下の製品になると見られます。

なお、京セラではNTTドコモ向けに「カードケータイ KY-01L」や「DIGNO ケータイ ベーシック KY-41B」といったフィーチャーフォンを納入していますが、KY-51Bが正式発表されれば、初のNTTドコモ向けスマホとなり、ソフトバンク向けにはSoftBankやY!mobile向け「DIGNO」シリーズやY!mobile「かんたんスマホ」シリーズなどを展開しており、こうしたエントリーからミッドレンジとなるのではないかと予想されます。

続きを読む

バルミューダが新ブランド「BALMUDA Technologies」を立ち上げ!第1弾製品は11月以降に発売予定の5Gスマホに。外観もチラ見せ


BALMUDA Technologiesブランドが誕生!第1弾製品は5Gスマホ

バルミューダは6日、新たにスマートフォン(スマホ)をはじめとするIT機器やAV機器など、技術集積度の高い製品群やそれらに関わるアプリケーションやサービスの展開を行うブランド「BALMUDA Technologies」を立ち上げると発表しています。

同ブランドの第1弾製品としてすでに今年5月に発表した5Gスマホがラインナップされるとのこと。5Gスマホは京セラが製造を担当し、ソフトバンクから2021年11月以降に発売される予定で、同時にSIMフリーモデルの販売も計画しているとしています。

合わせて5Gスマホの外観と見られる画像も公開しており、本体カラーはブラックでかなり背面がラウンドした形状で、バルミューダのロゴやマルチカメラが搭載されていることが示されています。また同社初の旗艦店「BALMUDA The Store Aoyama」が東京・青山にこの冬誕生します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。