S-MAX

LINEMO

ソフトバンク、新料金ブランド「LINEMO」の申込開始を記念したキャンペーンを実施!LINEスタンプ プレミアム利用分240ポイントが毎月還元


LINEMOでたモンキャンペーンを実施!先行エントリーは本日まで

ソフトバンクは15日、月間高速データ通信容量20GBで月額2,480円(金額はすべて税別、税込では2,728円)のオンライン専用の新しい携帯電話ブランド「LINEMO(ラインモ)」( https://www.linemo.jp/ )において申込受付を2021年3月17日(水)午前10時に開始することを記念して「LINEMOでたモンキャンペーン」を実施すると発表しています。

LINEMOでたモンキャンペーンは3つのキャンペーンの総称で、すでに案内されていた「通話オプション割引キャンペーン」に加えて「LINEスタンプ プレミアム ポイントバックキャンペーン」および「LINEMOサービス開始記念 Twitter キャンペーン」が実施されます。期間はそれぞれ3月17日から。終了日はLINEMOサービス開始記念 Twitter キャンペーンが3月21日(日)で、他の2つは現時点では終了時期未定。

なお、現在、提供開始に向けて先行エントリーが実施されており、提供開始日前日までにエントリーして2021年5月31日(月)までにSoftBank on LINEを契約するとPayPayボーナスを3,000円相当プレゼントする「LINEMO先行エントリーキャンペーン」を実施しています。

さらに期間中にLINEMOの公式Twitterアカウント( LINEMO_official )をフォローして指定のハッシュタグを付けてツイートをした場合を対象に抽選で270人に1万円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「LINEMO先行エントリー完了Twitterキャンペーン」を3月16日まで実施します。

続きを読む

ソフトバンク、新料金ブランド「LINEMO」の対応機種を案内!iPhone 6s以降やiPad、Pixel 4a以降など、eSIMも確認。キャリア決済は提供予定


LINEMOの対応機種や詳細が案内!キャリア決済やPayPay連携は対応予定

ソフトバンクは12日、月間高速データ通信容量20GBで月額2,480円(金額はすべて税別、税込では2,728円)のオンライン専用の新しい携帯電話ブランド「LINEMO(ラインモ)」( https://www.linemo.jp/ )について対応機種やオプションへの対応などの詳細を案内しています。

対応機種は現時点においてiPhone 6s以降のiPhoneシリーズやiPad Air 2以降のiPadシリーズ、Pixel 4a以降のPixelシリーズ、OPPO Reno3 A、arrows Uの合計41機種が掲載されており、それぞれ携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」で取り扱いのある製品で、SIMロックがかかっている場合は事前にSIMロック解除をする必要があるとしています。

またiPhone XS以降およびiPad Pro 11インチおよびiPad Pro 12.9インチ(第3世代)以降、Pixel 4a以降の各eSIM対応製品についてはeSIMでも動作確認がされているとのこと。さらに動作確認中、またはこれから動作確認を予定している製品についても https://www.linemo.jp/img/devicelist.pdf にて掲載されています。

一方、オプションについては留守番電話や転送電話、割り込み電話、グループ電話、ナンバーブロック、迷惑電話ブロック、位置ナビ、一定額通知サービス、一定額ストップサービス、着信規制・発信規制、端末保証オプション、Yahoo!プレミアムの利用料金割引、キャリアメール(MMS)は提供されず、キャリア決済やPayPay連携はサービス開始当初は提供されないものの、準備ができ次第、提供するとしています。

そのため、キャリア決済が提供される前にSoftBankやY!mobileからLINEMOに移行する際に「ソフトバンクまとめて支払い」や「ワイモバイルまとめて支払い」を利用していた場合、LINEMOに移行するとキャリア決済で登録していたサービスは解約されるということなのでご注意ください。

続きを読む

ソフトバンク、オンライン専用ブランド「LINEMO」で「通話オプション割引キャンペーン」を実施!5分までの通話は1年間無料などに


LINEMOにて通話オプション割引キャンペーンが実施!

ソフトバンクは4日、月間高速データ通信容量20GBで月額2,480円(金額はすべて税別)のオンライン専用の新しい携帯電話ブランド「LINEMO(ラインモ)」のキャンペーンとして通話オプションが1年間(LINEMO加入時からで通話オプションに加入していない期間も含む)月額500円割引になる「通話オプション割引キャンペーン」を2021年3月17日(水)から実施すると発表しています。

通話オプション割引キャンペーンでは5分以内の国内通話が無料になる通話オプション「通話準定額」(月額500円)が1年間無料で利用でき、通話時間・回数ともに無制限で国内通話(一部宛先除く)がかけ放題になる通話オプション「通話定額」(月額1,500円)は1年間月額1,000円で利用可能となります。

続きを読む

SoftBankやY!mobile、LINEMOでMNP転出手数料や事務手数料(オンライン)、ブランド移行時の契約解除料・事務手数料が3月17日より無料に


ソフトバンクが各ブランドにおいてMNP転出手数料やブランド移行時手数料を撤廃!

ソフトバンクは18日、携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile、「LINEMO」における他社から乗り換え(MNP)における転出手数料やオンラインによる事務手数料(新規契約・MNP・機種変更・契約変更)、ブランド間移行時の契約解除料・契約事務手数料といった各種手数料を2021年3月17日(水)から無料にすると発表しています。

またMNP転出手続きはオンラインサポート「My SoftBank」および「My Y!mobile」でも現在、受付時間が午前9時~午後8時となっていますが、4月1日(木)からは24時間受け付けとなるということです。なお、MNP転出手数料については「シンプルスタイル」(プリペイド携帯電話)を利用中の場合は3月3日(水)から撤廃となるとのこと。

またLINEMOについてはオンライン専用のため、契約事務手数料は無料なほか、2年契約などの契約期間はないので契約解除料もなく、さらにSIMカードの交換や再発行手数料も無料となり、eSIMの場合にもプロファイルの再発行手数料は無料となるということです。

続きを読む

SoftBank on LINEがコンセプトの新ブランド・料金プラン「LINEMO」を3月17日に提供開始!月20GB+LINEギガフリーで月額税抜2480円に


ソフトバンクの新料金ブランドは「LINEMO(ラインモ)」に!SoftBankとY!mobileの3ブランド展開へ

ソフトバンクは18日、オンラインにて「オンライン専用新ブランドに関する発表会」を開催し、昨年12月に発表した「SoftBank on LINE」をサービスコンセプトとしたオンライン専用の新ブランド/料金プラン「LINEMO(ラインモ)」( https://www.linemo.jp/ )を2021年3月17日(水)に提供開始すると発表しています。

また昨年12月に発表した時点ではデータ容量20GBで月額2,980円(金額はすべて税抜)としていましたが、発表後にコミュニケーションサービス「[[LINE]]」がカウントフリーなら「通話はいらない」などの声があったため、1回5分までの国内通話無料を外してデータ容量20GBで月額2,480円とするということです。

もちろんLINEのメッセージや音声通話・ビデオ通話もカウントフリーで高速データ通信で利用できる「LINEギガフリー」のほか、LINEの「LINE クリエイターズスタンプ使い放題」を2021年夏に提供するとのこと。さらにLINEでさまざまな手続きができるようにする予定です。

加えて、eSIMおよびeKYCも提供し、最短で即日(申込後1時間くらいで)利用できるようになるとのこと。テザリングや海外ローミングはオプション料無料で利用できるものの、キャリアメールや留守番電話、転送電話は少なくともサービス開始時点では提供されないということです。この他、LINEのスタンプなどさまざまなキャンペーンを提供予定だしています。なお、SoftBankやY!mobileからの移行には手数料はかかりません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。