S-MAX

LINEMO

iPhone 13シリーズの動作確認がahamoやpovo、UQ mobile、Y!mobile、LINEMO、MVNO(IIJmioやmineoなど)で完了!eSIM含めて利用可能


iPhone 13シリーズはMNOのサブブランドやMVNOでも利用可能!各社が動作確認結果を公開

アップルの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 13 mini」および「iPhone 13」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」が本日9月24日に発売されました。日本ではアップルのほか、ヨドバシカメラやビックカメラなどの一部店舗におけるApple Premium Reseller、そしてNTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルといった移動体通信事業者(MNO)にて販売されています。

日本で販売されているiPhone 13シリーズのモデル(型番)はiPhone 13 miniが「A2626」、iPhone 13が「A2626」、iPhone 13 Proが「A2636」、iPhone 13 Pro Maxが「A2641」となっており、日本のNTTドコモおよびau、SoftBank、楽天モバイルの各MNOの携帯電話ネットワークに対応します。

そのため、販売元であるNTTドコモやau、SoftBank、Rakuten UN-LIMIT VIにてそれぞれ利用できるのは当然ですが、各社の新料金プランやサブブランド、そして各社の回線を借りている仮想移動体通信事業者(MVNO)で利用できるかどうかについてはアップルからは案内されていませんでした。

今回、すでに紹介している「ahamo」や「povo」、「UQ mobile」に続いて「Y!mobile」や「LINEMO」といったMNOの新料金プランやサブブランド、そして「mineo」や「BIGLOBEモバイル」、「IIJmio」、「イオンモバイル」、「LinksMate」などのMVNOが動作確認を行っています。

結果としては特に各サービスともに既存のiPhone 12シリーズなどと同様に利用できるとのこと。なお、iPhone 13シリーズについてはSIMフリー製品であるアップルや楽天モバイルなどに加え、新たにNTTドコモやau、SoftBankで購入した製品も購入時からSIMロックはかかっていません。

またiPhone 13シリーズは最新プラットフォーム「iOS 15」を搭載しているため、MVNOなどでAPN構成プロファイルをインストールしたり削除したりする場合には設定から「一般」→「VPNとデバイス管理」から行うようになっています。

続きを読む

iPhone 13シリーズの動作確認がahamoやpovo、UQ mobileで完了!eSIM含めて利用可能。LINEMOや各MVNOでは9月24日より順次確認予定


ahamoやpovo、UQ mobile、LINEMO、Y!mobileなどのサブブランドやMVNOでiPhone 13シリーズは使える?

NTTドコモは21日、今年3月より提供しているオンライン専用の料金プラン「ahamo」の対応端末一覧を更新してAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 13 mini」および「iPhone 13」、「iPhone 13 Pro」、「iPhone 13 Pro Max」を追加しています。物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能だとのこと。

またKDDIおよび沖縄セルラー電話は22日、携帯電話サービス「UQ mobile」およびオンライン専用の料金プラン「povo」(povo 1.0およびpovo 2.0)におけるiPhone 13シリーズの動作確認が完了し、問題なく利用できることが確認できたとお知らせしています。こちらも物理的なSIMカードおよびeSIMで利用可能となっています。

一方、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄ではオンライン専用の携帯電話サービス「LINMO」におけるiPhone 13シリーズの動作確認を発売日の2021年9月24日(金)より随時更新していくと案内しています。また携帯電話サービス「Y!mobile」においては現時点では特に記載はないものの、同様に随時更新していくと見られます。

その他、携帯電話サービス「mineo」を提供しているオプテージなどの仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社でもiPhone 13シリーズの動作確認を9月24日より順次行うとしています。とはいえ、iPhone 13シリーズはデュアルeSIMに対応したという新しいトピックはあるものの、携帯電話ネットワークとしては特に大きな変更はないものと見られ、問題なく使えると思われます。

また実際にすでに各メディアにて先行してiPhone 13シリーズの実機レビューが掲載され、LINEMOやMVNOなどで使えていることから恐らく問題なく使えると考えられますが、心配な人は各社の動作確認を待つことをオススメします。なお、インターネットイニシアティブ(IIJ)ではアプリ「みおふぉんダイアル」にて強制終了するなどの不具合が発生する可能性が判明していると案内しています。

続きを読む

iOS 15・iPadOS 15で導入される「プライベートリレー」を利用する場合にカウントフリー対象外やフィルタリングが利用不可と各社が案内


iOS 15・iPadOS 15の新機能「iCloud+ プライベートリレー」で各社が注意喚起!デフォルトではOFFの予定

既報通り、AppleがiPhoneやiPadなど向け次期プラットフォーム「iOS 15」および「iPadOS 15」の正式版を現地時間の2021年9月20日(月)に提供開始します。日本時間(JST)では9月21日(火)未明からとなる見込み。

このiOS 15およびiPadOS 15で新機能として導入される「iCloud+」のプライバシー保護機能「プライベートリレー」をONにして通信を行った場合に各社がカウントフリーサービスの対象外となったり、フィルタリングサービスが利用できないなどの注意を案内しています。

続きを読む

携帯電話サービス「LINEMO」にて利用料金の支払いにPayPay残高が利用できるように!ただし、ソフトバンクまとめて支払いなどは除く


LINEMOの支払いにPayPay残高が9月15日より利用可能に!

ソフトバンクは15日、オンライン専用の新しい携帯電話ブランド「LINEMO(ラインモ)」( https://www.linemo.jp )において利用料金の支払いに決済サービス「PayPay」の残高(PayPay残高)を2021年9月15日(水)より利用できるようになったとお知らせしています。

2021年9月利用分の支払より利用可能とのこと。ただし、LINEMOの利用料金をPayPay残高で支払った場合の特典不要はありません。LINEMOの利用料金をPayPay残高で支払う場合には事前にLINEMOの契約回線とPayPayアプリの連携設定が必要となます。

なお、LINEMOでは「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」を実施しており、新規契約および他社から乗り換え(MNP)の場合にはスマホプランで10,000円相当、ミニプランで3,000円相当のPayPayボーナスがプレゼントされています。

続きを読む

ソフトバンクが5Gの人口カバー率59%超で、10月末に80%予定、来年春に90%をめざす!5G基地局数は1万4000局超。パケ止まり対策も実施


ソフトバンクが5Gネットワーク状況について説明!パケ止まり対策で快適に通信可能

ソフトバンクは14日、オンラインにて「新サービスなどに関する発表会」を開催し、5G(第5世代移動通信システム)のサービスエリアの拡大と品質向上に向けた取り組みについて説明を行い、2022年春までに5Gの人口カバー率を90%にすることを目標にサービスエリアの拡大を推進していくと発表しています。

すでに9月13日時点で5Gの人口カバー率は59%超、基地局数は1万4000局超に到達し、より多くの人にソフトバンクの5Gを利用してもらえるようにイベント会場や商業施設などでのエリア対策も進めており、2021年10月末までに人口カバー率80%、基地局数2万局を達成する予定だとし、5Gのネットワーク品質についても「パケ止まり」対策を実施しているとのこと。

また5Gを活用したコンテンツやプロダクトの提供もさらに拡充していき、これまで提供してきた「5G LAB」において新たにスポーツ競技力向上をサポートするスポーツテックサービスの提供を2021年度中に開始するとのこと。アプリの全体監修と手本動画の制作は筑波大学アスレチックデパートメント(アスレチックディレクター:髙木 英樹)が協力しているということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。