S-MAX

NothingTechnology

Nothing Technology、独創的な光るバックパネル搭載スマホ「Nothing Phone (1)」を11月1日より値上げ!価格は各モデルで1万円増の7万3800円からに


5G対応のSIMフリースマホ「Nothing Phone (1)」が値上げ!

Nothing Technologyは1日(現地時間)、同社が展開する「Nothing」ブランド初のスマートフォン(スマホ)「Nothing Phone (1)」および完全ワイヤレスイヤホン「Nothing Ear (1)」の販売価格を日本市場において2022年11月1日(火)より改定するとお知らせしています。改定は同社の「Nothing日本公式ストア」ではすでに実施されており、Nothing Phone (1)は各モデルともに10,000円(金額はすべて税込)、Nothing Ear (1)は各色ともに3,000円の値上げとなります。

これにより、Nothing Phone (1)は内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが8GB RAM+128GBストレージモデルが73,800円、8GB+256GBが79,800円、12GB+256GBが89,800円、Nothing Ear (1)は18,500円となっています。理由は特に明記されていませんが、昨今の為替相場の急激な変動(いわゆる「円安」)の影響だと見られます。

なお、販路は他にもKITH TOKYOや蔦屋家電+といった店舗のほか、エディオンやビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラといった量販店、Amazon.co.jpやひかりTVショッピングといったECサイト、IIJmioやOCN モバイル ONEといった仮想移動体通信事業者(MVNO)などがありますが、MVNOやAmazon.co.jp、ひかりTVショッピングではまだ改定されていないものの、ヨドバシカメラやビックカメラなどではNothing日本公式ストア以外と同様にすでに値上げされています。

続きを読む

Nothing Technology、初スマホ「Nothing Phone (1)」を日本で8月19日に発売!8月10日予約開始で店頭展示も実施。12GB RAMモデルなども販売


独創的な光るバックパネル搭載スマホ「Nothing Phone (1)」が日本で8月19日に正式発売!

Nothing Technologyは8日(現地時間)、同社が展開する「Nothing」ブランド初のスマートフォン(スマホ)「Nothing Phone (1)」(型番:A063)を日本で2022年8月19日(金)に一般販売を開始すると発表しています。同社では東京・渋谷にある「KITH TOKYO」にて数量限定の先行販売を行っていましたが、いよいよ一般販売が開始されます。また発売に先立って8月10日(水)より予約受付を開始するとのこと。

販路はKITH TOKYOや蔦屋家電+といった店舗のほか、エディオンやビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラといった量販店(とそのECサイト)、Amazon.co.jpやひかりTVショッピング、Nothing公式WebサイトといったECサイト、
IIJmio(インターネットイニシアティブ)やOCN モバイル ONE(NTTレゾナント)といった仮想移動体通信事業者(MVNO)などとなっています。

さらに先行販売や公式Webサイトでは内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが8GB RAM+256GBストレージモデルのみでしたが、一般販売に合わせて8GB RAM+128GBストレージモデルと12GB RAM+256GBストレージモデルも追加され、価格(金額はすべて税込)は8GB+128GBが63,800円、8GB+256GBが69,800円、12GB+256GBが79,800円です。

本体色はそれぞれホワイトとブラックの2色がラインナップされ、純正アクセサリーとして45W PD対応アダプター(ホワイト)が4,980円、Phone (1) ケース(ブラック/クリア)が2,980円、hone (1) プロテクターが2,980円で販売されます。ただし、45W PD対応アダプターは公式WebサイトとKITH TOKYOの限定となっています。

さらに8月10日よりKITH TOKYOや蔦屋家電+のほか、取扱量販店の主要店舗にて実機展示を行い、実際にハンズオンでき、今後、展示店舗はさらに順次拡大していく予定だとしています。加えて日本での発売に向けて日本にコールセンターを設立し、電話やメール、ライブチャットによるサポートを提供しており、購入前・購入後の問い合わせ、技術的な問題、その他の問い合わせに対応しています。

保証についてはnothing.tech( https://support.nothing.tech/hc/ja/categories/7455117774481-FAQ )にて確認可能となっています。なお、日本でもオープン市場向けメーカー版として販売され、日本向けの認証(いわゆる「技適」)は取得していますが、日本で販売されるモデルも含めておサイフケータイ(FeliCa)には対応していません。

続きを読む

独創的な光るバックパネル搭載スマホ「Nothing Phone (1)」が8月2日に「KITH TOKYO」で数量限定先行販売!初の店舗販売ですでに完売


SIMフリースマホ「Nothng Phone (1)」が東京・渋谷にある「KITH TOKYO」で先行販売!

Nothing Technologyは28日(現地時間)、同社が展開する「Nothing」ブランド初のスマートフォン(スマホ)「Nothing Phone (1)」(型番:A063)を東京・渋谷にある「KITH TOKYO(キス トウキョウ)」にて2022年8月2日(火)より数量限定で先行販売をすると発表しています。またNothing Phone (1)の実機を確認できるとのこと。

同社では今回がNothing Phone (1)の日本で初めての店舗販売となり、販売される製品は日本向け内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが8GB+256GBモデル(ホワイトとブラックの2色)となっており、価格(金額はすべて税込)はオンラインと同じく69,800円。なお、すでに完売したということです。

続きを読む

Nothing Technology、初スマホ「Nothing Phone (1)」を正式発表!独創的な光るバックパネル搭載。日本では6万9800円で8月に発売


Nothing Technologyの初スマホスマホ「Nothing Phone (1)」が登場!

Nothing Technologyは12日(現地時間)、同社が展開する「Nothing」ブランド初のスマートフォン(スマホ)「Nothing Phone (1)」(型番:A063)を正式に発表しています。日本でもオープン市場向けメーカー版として内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージが8GB+256GBモデル(ホワイトとブラックの2色)が販売されるとのこと。

価格は69,800円(税込)となっており、2022年8月に発売を予定し、詳細な発売日は後日案内されるということです。なお、海外向けには8GB+256GBモデルのほか、8GB+128GBモデルや12GB+256GBも販売されます。また日本で販売されるモデルも含めておサイフケータイ(FeliCa)には対応していません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。