S-MAX

Pixel6a

Google、スマホなど向け次期プラットフォーム「Android 15」を発表!開発者向けプレビュー版を公開。Pixel 6以降やPixel Tabletなどで導入可能


Googleがスマホなど向け次期OS「Android 15」の開発者向けプレビュー版をリリース!

Googleは16日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 15」(開発コード名:VanillaIceCream)を発表しています。合わせて開発者向けプレビュー版「Android 15 Developer Preview 1」( https://developer.android.com/about/versions/15 )を公開しています。

今回提供されたAndroid 15 Developer Preview 1はAndroidエミュレーターのほか、同社が「Made by Google」として自社ブランドで展開する「Pixel」シリーズの「Pixel 6」以降のスマホや「Pixel Tablet」でテストするためのファクトリーイメージやSDKが含まれており、まずはこれらのPixelシリーズではファクトリーイメージからパソコン(PC)と接続して「Android Flash Tool」を使って導入するようになっています。

なお、ネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)は現時点では用意されておらず、今後提供が開始される予定の一般向けベータ版「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )によって提供され、ベータ版はPixelシリーズ以外にも従来通りに他メーカーの一部製品にも順次提供される見込みです。

Android 15 Developer Preview 1のビルド番号は「AP31.240119.016」で、Androidセキュリティーパッチレベルは「February 2024」となっており、Google Play servicesは「24.02.15」となります。またエミュレーターではx86(64bit)とARM(v8-A)がサポートされ、APIレベルは「V DP1」となっているということです。

続きを読む

GoogleがAndroidセキュリティーパッチ2023年11月分を案内!Pixel FoldやPixel 4a以降のスマホ、Pixel Tabletにソフトウェア更新が提供開始


Googleスマホ・タブレット「Pixel」シリーズに2023年11月分のソフトウェア更新を提供開始!

Googleは6日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」における月次セキュリティーパッチの2023年11月分を告示しています。また合わせて同社が開発・販売するスマホ「Pixel」ブランドのスマホやタブレットにおいて2023年11月分のソフトウェア更新を同日より提供開始しており、来週にかけて順次提供されるとのこと。

ソフトウェア更新はネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されており、対象となる「Pixel Tablet」および「Pixel Fold」、「Pixel 8」、「Pixel 8 Pro」、「Pixel 7a」、「Pixel 7」、「Pixel 7 Pro」、「Pixel 6a」、「Pixel 6」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 5a (5G)」、「Pixel 5」、「Pixel 4a (5G)」では無料で実施できます。

更新後のビルド番号はグローバル向けがPixel 5a (5G)およびPixel 5、Pixel Pixel 4a (5G)が「UP1A.231105.001」、Pixel 8およびPixel 8 Proが「UD1A.231105.004」、それ以外が「UP1A.231105.003」で、日本向けについても現時点ではPixel 5a (5G)およびPixel 5、Pixel Pixel 4a (5G)についてはグローバル向けと同様となっています。

ただし、日本向け製品についてはPixelブランドのスマホやタブレットを販売しているソフトバンクが現時点でPixel 5a (5G)およびPixel 5、Pixel Pixel 4a (5G)のみに対して案内を掲載しており、それ以外の製品は未掲載となっており、またKDDIもソフトウェア更新の案内を掲載していないため、これらの3機種以外はまだ配信開始されていないと見られます。

実際に手元のPixel FoldやPixel Tablet、Pixel 8 Pro、Pixel 8、Pixel 7 Pro、Pixel 6 Proでは2023年11月分のOTAによるソフトウェア更新を実施できていません。また日本向け製品はPixel 5a (5G)およびPixel 5、Pixel Pixel 4a (5G)以外ではビルド番号が異なる可能性はありますが、グローバル向けのビルド番号についてはファクトリーイメージが公開されているため、導入は可能となっています。

なお、Pixelのソフトウェア更新にはセキュリティーパッチのほか、複数の不具合修正や機能改善が含まれており、特定状況で画面がオフになっているときに時々緑色の点滅が発生する問題やNFCおよびその関連サービスが不安定になる場合がある問題、複数ユーザーが有効になっている場合に容量不足が表示されたり、再起動ループが発生したりする場合がある問題などを修正したということです。

続きを読む

楽天モバイル、Tensor搭載のGoogleスマホ「Pixel 6・7・8」シリーズで接続しづらくなる問題が解消!4G優先にする暫定的な対処は不要に


Google Pixel 6・6 Pro・6a・7・7 Pro・7a・8・8 Proで楽天回線に接続しづらい問題が復旧!

楽天モバイルは26日、料金プラン「Rakuten最強プラン」などの同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において発生していた一部のGoogle製スマートフォン(スマホ)を利用する際に優先ネットワークの種類を「5G」に設定していると接続しづらくなる事象が解消したとお知らせしています。

対象機種はGoogleが独自開発するチップセット(SoC)「Tensor」シリーズを搭載する「Pixel 8」および「Pixel 8 Pro」、「Pixel 7a」、「Pixel 7 Pro」、「Pixel 7」、「Pixel 6a」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 6」で、いずれも楽天モバイルは販売していませんが、Rakuten最強プランなどのすべての機能が利用できることが確認されている「楽天回線対応製品」となっています。

同社ではすでに紹介しているように問題を案内した今年7月より解消に向けた対応を進めていましたが、ようやく解消されました。なお、問題解消までは優先ネットワークの種類を「4G」にする設定(「設定」→「ネットワークとインターネット」→「インターネット」の右上にあるメニューから「優先ネットワークの種類」を「4G」)によって暫定的な回避が可能だと案内していましたが、問題が解消されたのでこの暫定対処は必要なくなったとしています。

続きを読む

Google、Pixelスマホ向けベータプログラム「Android 14 QPR1 Beta 1」を提供開始!次期「Feature Drop」(2023年12月分)を先に試せる


GoogleがPixel 5a (5G)以降に「Android 14 QPR1 Beta 1」を提供開始!

Googleは20日(現地時間)、同社が開発・提供するスマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」におけるベータプログラム「Android Beta Program」( https://g.co/AndroidBeta )において新たにAndroid 14の最初のQuarterly Platform Releases(QPR)となる「Android 14 QPR1 Beta1」を提供開始したとお知らせしています。

対象は「Pixel 5a (5G)」および「Pixel 6」、「Pixe 6 Pro」、「Pixel 6a」、「Pixel 7」、「Pixel 7 Pro」、「Pixel 7a」、「Pixel Fold」、「Pixel Tablet」となっており、すでにAndroid Beta Programに登録している場合にはネットワーク経由によるソフトウェア更新にてアップデートが可能となっているほか、Factory ImagesやOTA Imagesも公開されています。更新後のビルド番号は「U1B1.230908.003」、セキュリティパッチレベルは「September 2023」、Google Play servicesは「23.32.17」。

なお、これまでAndroid Beta Programの対象だった「Pixel 4a (5G)」と「Pixel 5」についてはAndroid 14 QPR1 Beta1から対象外となっており、これらの製品ではAndroid Beta Programに登録している場合には来週中に自動的にAndroid Beta Programから削除され、Android 14 QPR1 Beta1以降のAndroid Beta Programは提供されず、代わりにAndroid 14の正式版がリリースされたら配信されるとしています。

その他、Android 14 QPR1 Beta1の具体的な新機能などの変更点は明らかにされていませんが、今後、Android 14 QPR1は2023年12月まで継続的に提供され、次の「Pixel Feature Drop」が提供される第13弾(2023年12月提供予定)の内容が先取りするようになっています。なお、同社ではベータプログラムに参加する人には不具合を含めてフィードバックをして欲しいと案内しています。



続きを読む

Google、Pixelスマホ・タブレットに2023年9月分のソフトウェア更新を提供開始!セキュリティー修正のみ。Android 14の正式版は後日に


Googleスマホ・タブレット「Pixel」シリーズに2023年9月分のソフトウェア更新を提供開始!

既報通り、Googleは6日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」(自動車向け「Android Automotive OS」含む)やスマートウォッチ向けプラットフォーム「Wear OS」などにおける月次セキュリティーパッチの2023年9月分を告示しました。

またGoogleは18日(現地時間)、同社が開発・販売するスマホ「Pixel」ブランドのスマホやタブレットにおいて2023年9月分のソフトウェア更新を同日より提供開始しており、来週にかけて順次提供されるとのこと。ソフトウェア更新はネットワーク経由によるアップデート(OTA)が配信開始されているほか、ファクトリーイメージも公開されており、更新内容はセキュリティー修正のみとなっています。

対象機種の「Pixel Tablet」および「Pixel Fold」、「Pixel 7a」、「Pixel 7」、「Pixel 7 Pro」、「Pixel 6a」、「Pixel 6」、「Pixel 6 Pro」、「Pixel 5a (5G)」、「Pixel 5」、「Pixel 4a (5G)」では無料で実施できます。なお、2023年8月まで対象だった「Pixel 4a」はセキュリティー更新期限が終了したので配信されていません。また更新後のビルド番号は日本向け製品についてはPixel Foldのみブランチしていて「TQ3C.230901.001.A2」、それ以外はグローバル向け製品と同様にPixel Tabletが「TQ3A.230901.001.B1」、それ以外が「TQ3A.230901.001」となっており、グルーバル向け製品のPixel Foldが「TQ3C.230901.001.A1」です。

また他にブランチしている製品としてはアメリカのT-Mobileとそれらの仮想移動体通信事業者(MVNO)、Google Fi向けのPixel 6およびPixel 6 Pro、Pixel 6aが「TQ3A.230901.001.C1」、Verizon WirelessとそのMVNO向けのPixel Foldが「TQ3C.230901.001.B1」、Pixel Tabletを除くそれ以外の製品が「TQ3A.230901.001.C2」となっています。なお、タイミング的には2023年9月分のソフトウェア更新は次期プラットフォーム「Android 14」の正式版のリリースとなると思われていましたが、Android 14の正式版は後日提供となり、今回は見送られています。



続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。