S-MAX

RCS

RCS準拠のコミュニケーションサービス「+メッセージ」がNTTドコモとKDDI、ソフトバンクの全ブランド・MVNOで9月2日より順次利用可能に


+メッセージがUQモバイルやY!mobile、LINEMO、MVNOなどで順次利用可能に!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクの移動体通信事業者(MNO)3社は2日、携帯電話番号で安心・安全にメッセージを送受信できる「RCS」準拠のメッセージサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を3社すべてのブランドと3社の回線を利用した仮想移動体通信事業者(MVNO)で使えるように2021年9月2日(木)から順次、拡大すると発表しています。

これまで+メッセージは3社のメインブランドのNTTドコモ(「ahamo」を含む)や「au」、「povo」、「SoftBank」のみで利用可能でしたが、新たにサブブランドやMVNOなどでも順次使えるようになるとのこと。なお、楽天モバイルがMNOとして提供している「Rakuten UN-LIMIT VI」は現時点では対応予定に含まれていません。

提供開始時期は「UQ mobile」およびau回線のMVNOでは9月2日よりすでに利用できるようになっているほか、NTTドコモ回線のMVNOでは2021年9月下旬(予定)、「Y!mobile」および「LINEMO」、ソフトバンク回線のMVNOでは2022年春(予定)となっています。また合わせて3社では+メッセージの利用者数が今年7月に2500万人を突破し、その後も順調に拡大しているとしています。

さらにNTTドコモでは+メッセージの対応機種について9月6日(月)から順次、ドコモ ケータイ2機種を追加すると発表しています。追加される製品と対応予定時期は「arrows ケータイ F-03L」が9月6日以降順次、「AQUOS ケータイ SH-02L」が9月7日(火)以降順次となっています。その他、KDDIではUQ mobileが+メッセージに対応した記念として「新規ダウンロードキャンペーン」および「フォロー&リツイートキャンペーン」を実施します。

続きを読む

RCS準拠の「+メッセージ」に「首相官邸」公式アカウントが5月10日より開設!NTTドコモやau、SoftBankで利用可能。ahamoやpovoは対応


+メッセージに「首相官邸」公式アカウントが開設!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは10日、RCS準拠の携帯電話番号で安心・安全にメッセージを送受信できるコミュニケーションサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」にて内閣官房内閣広報室が運営する「首相官邸」公式アカウントを2021年5月10日(月)から開設すると発表しています。

「首相官邸」公式アカウントは内閣官房内閣広報室が運用し、これまでにも2008年10月からYouTube、2011年11月からTwitter、2012年10月からLINE、2013年1月からFacebook、2018年1月からInstagramにて開設されていますが、新たに+メッセージにも開設されました。

特にTwitterでは「首相官邸災害・危機管理情報」や「首相官邸新型コロナワクチン情報」などのまざまな情報を個別アカウントで提供していますが、+メッセージの公式アカウントでは現状では1つのアカウントにて防災関連情報や総理からのメッセージ、内閣が取り組む重要政策などについて配信を行う予定となっています。

続きを読む

楽天モバイル、iPhone向けアプリ「Rakuten Link」を提供開始!無料通話が可能に。Androidアプリでは「ビデオ通話」に対応


iPhoneでもスーパーコミュニケーションアプリ「Rakuten Link」が利用可能に!

楽天モバイルは7日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )において無料通話ができるRCSに準拠したコミュニケーションサービス「Rakuten Link」のiPhoneなど向けiOSアプリを提供開始しています。

Rakuten Linkは無料通話の他に写真や動画、ファイルも送受信できる最大100人までのグループチャットにも対応し、これまでAndroidアプリが提供されてきましたが、新たにiPhone向けにも配信開始されました。対応OSはiOS 13以降のiPhoneで利用可能。

またAndroidアプリでは6月29日に配信開始したVersion 2.0.1-rc1にて新たにベータ版ながら「ビデオ通話」が追加されたとのこと。同社ではベータ版となっているため、ビデオ通話後に表示されるポップアップからフィードバックの協力を求めています。

続きを読む

RCS準拠の「+メッセージ」を利用した共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」が6月下旬より提供!まずは三菱UFJ銀行などで口座振替に対応


+メッセージを利用した共通手続きプラットフォーム「AIRPOST」が提供開始!金融機関以外でも検討

トッパン・フォームズは11日、RCS準拠のコミュニケーションサービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を利用した共通手続きプラットフォーム「AIRPOST(エアポスト)」( https://airpost.toppan-f.co.jp/service/ )のサービス提供を2020年6月下旬(予定)から開始すると発表しています。

まずは6月下旬に各社の口座振替の申し込みに対応し、2020年内には住所変更などの諸届けへの対応を予定しているとのこと。6月下旬に参画予定なのは三菱UFJ銀行および三菱UFJファクター、武蔵野銀行の3社で、ジェーシービーが9月、東京海上日動火災保険が12月に参画予定。

またAIRPOSTはオープンプラットフォームであるため、検討段階から携わっている金融機関のほか、多数の企業・団体において参画や収納企業としての利用が検討されています。そのため、災害時に発生する諸手続きや行政手続きへの対応、マイナンバーカードを活用した公的個人認証サービスとの連携など、今後、機能拡張も予定しているということです。

続きを読む

NTTドコモとau、SoftBankが提供するコミュニケーションサービス「+メッセージ」にて企業の公式アカウントが提供開始!来店予約や住所変更などの一括手続きが可能に【レポート】


+メッセージの企業公式アカウントが5月以降にスタート!

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクは23日、都内にて「『+メッセージ』機能拡充に関する記者説明会」を開催し、3社が推進するSMS(ショートメッセージサービス)を拡張したコミュニケーションサービス「+メッセージ」にて企業が提供可能な「公式アカウント」を5月以降に開始すると発表した。

+メッセージは昨年5月にNTTドコモおよびau、SoftBankの大手携帯電話サービス(以下、キャリア)で共同してスタートしたSMSの全角最大70文字という文字数制限を緩和し、写真や動画の添付・挿入やグループでの利用も可能としているコミュニケーションサービスだ。

また仕様のベースとしてGoogleなども推進する国際標準規格の「RCS(Rich Communication Services)」に準拠したものを採用するが、現時点では3キャリアのみでの通信にて互換性を持たせたクローズなサービスとなっており、海外の通信事業者だけでなく、Y!mobileや仮想移動体通信事業者(MVNO)でも利用できない。

そんな+メッセージだが、説明会ではサービス開始から1年を迎えるところで利用者が800万人を突破したと明らかにした。一方でコミュニケーションサービスで日本国内では最大手の「LINE」の国内利用者数には到底及ばない状況であり、現状では利用者拡大に繋がる魅力が乏しく、認知不足なのがその理由となるだろう。

これに対して新たに企業による公式アカウントを提供することによって+メッセージによる来店予約や商品選択などが可能となるほか、トッパン・フォームズおよびジェーシービー、東京海上日動火災保険、日本生命保険、野村證券、三菱UFJ銀行が構築する「共通手続きプラットフォーム」と連携して住所変更などの各種手続きをまとめて行えるようになるという。

今回はサービス開始1周年を迎えてこうした企業の公式アカウントなどの機能を提供開始する+メッセージの新展開について説明会のプレゼンテーションを中心に写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。