S-MAX

Sペン

Samsung、新フラッグシップスマホ「Galaxy S21 Ultra」を発表!1億800万画素カメラや10倍光学ズーム、Sペン対応などの最上位モデル


新フラッグシップスマホ「Samsung Galaxy S21 Ultra」が登場!

既報通り、Samsung Electronics(以下、Samsung)は14日(現地時間)、オンラインプレスイベント「Samsung Galaxy Unpacked 2021」を開催し、新しい5Gに対応したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S21」と大画面モデル「Galaxy S21+」、上位モデル「Galaxy S21 Ultra」、完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds Pro」、忘れ物防止タグ「Galaxy SmartThings Tag」および「Galaxy SmartThings Tag+」などを発表しています。

Galaxy S21およびGalaxy S21+、Galaxy S21 Ultraはともにアメリカや韓国などの1次販売国・地域では2021年1月29日(金)に発売され、すでに予約受付を実施しており、価格はアメリカではGalaxy S21が799ドル(約83,000円)から、Galaxy S21+が999ドル(約104,000円)から、Galaxy S21 Ultraが1,199ドル(約124,000円)からとなっています。

なお、日本での発売については現時点では明らかにされていませんが、すでに日本向け公式WebサイトにもGalaxy S21およびGalaxy S21+の製品ページ( https://www.galaxymobile.jp/galaxy-s21-5g/ )やGalaxy S21 Ultraの製品ページ( https://www.galaxymobile.jp/galaxy-s21-ultra-5g/ )も掲載されているため、何らかの形で販売されると見られます。本記事ではGalaxy S21 Ultraについてまとめます。

続きを読む

日本で3年ぶりのペン付きスマホ「Galaxy Note8」のメモ機能の実力は?GALAXY Note 3と比較しつつ、プリインアプリ「Galaxy Notes」をじっくり紹介【レビュー】


Galaxy Note8のペン機能を徹底チェック!

NTTドコモとauから10月26日に発売されたサムスン電子製スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note8」は、Sペンを搭載した「Galaxy Note」シリーズとしては日本で3年ぶりのリリースとなり、待っていたファンにとっては待望の機種となりました。

また新たに「Galaxy」シリーズとしては初のデュアルカメラを搭載し、6GBもの大容量メモリー(RAM)を搭載した注目のハイスペックモデルとなっており、iPhone Xなどのハイエンド機とどちらを購入しようか比較されている人も多いのではないでしょうか。

その際のポイントとしてなんと言っても、Galaxy Noteシリーズと言えばSペンが大きな特長となります。ペンを使ってメモを取ることができ、その描き味に注目が集まっていますが、一方で使ったことがない人にはいまいちその便利さはわからなったりします。

そこで今回は、初代「GALAXY Note」からGalaxy Noteシリーズを使い続けているファンの1人である筆者もGalaxy Note8を購入しましたので、進化したSペン機能について特にペンを使ったメモ機能を紹介してみたいと思います。

続きを読む

Galaxy Note8の発売に合わせて「Galaxy Studio Tokyo」が本日リニューアル!前夜祭としてユーザーイベント「Galaxy Fan Party!」が開催されたので参加してきた【レポート】


Galaxy Note8が試せるイベント「Galaxy Fan Party!」を紹介!

サムスン電子ジャパンは18日、同社が展開する「Galaxy」シリーズのスマートフォン(スマホ)を利用している人を対象に国内発売が決定した話題の最新モデル「Galaxy Note8」や日本初上陸のコンテンツをいち早く体験できる特別イベント「Galaxy Fan Party!」を開催しました。

場所は本日10月19日にリニューアルオープンする「Galaxy Studio Tokyo」(東京・原宿「BANK GALLERY」)で、イベントではGalaxy Studio Tokyoで体験できる最新のVRアトラクションなどを一般オープンに先駆けていち早く楽しめるほか、この日限りのプログラムやGalaxyオリジナルグッズのプレゼントも用意されていました。

平日でしたが、夜の時間帯でしたので筆者も参加してきましたのでどういったイベントだったのか紹介したいと思います。

続きを読む

右側曲面有機ELによるサブディスプレイを搭載したドコモスマホ「GALAXY Note Edge SC-01G」を写真と動画でチェック【レポート】


NTTドコモのエッジスクリーン搭載スマホ「GALAXY Note Edge SC-01G」をフォト&ムービーレビュー!

既報通り、NTTドコモは30日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2014-2015冬春モデル新商品発表会」を開催し、サムスン電子製Androidスマートフォン「GALAXY Note Edge SC-01G」(以下、SC-01G)を発表した。

発売時期は10月下旬以降を予定しており、すでに昨日9月30日(火)正午12時からドコモショップや公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されている。価格は正確には公開されていないが、実質負担額が新規契約・機種変更で6万円台後半、MNPで2万円台半ばとのことだ。

SC-01Gは今年9月にドイツで発表されたグローバルモデル「GALAXY Note Edge」のNTTドコモ版で、昨冬モデル「GALAXY Note 3 SC-01F」(以下、SC-01F)の後継機種。ペン入力や性能が向上しているほか、新たに曲がったフレキシブル有機EL(Super AMOLED)ディスプレイを採用し、右側に追加する形で右側面をサブディスプレイ(サムスン電子では「エッジスクリーン」という呼称)として使えるようになっているのが特長だ。

これにより、ディスプレイはメインの約5.6インチQuad HD(1440×2560ドット)Super AMOLED(有機EL)と、右側面分の160×2560ドットが加わった(1440+160)×2560ドットと高い解像度による表示が可能となり、サブディスプレイに通知などの各種情報を表示可能。

また、NTTドコモ版は国内向けサービスのワンセグやフルセグ、NOTTV、おサイフケータイ(Felica)などに対応しているのに加え、北米などで利用できる700MHz帯(Band 17)や同社初のTD-LTE対応機種で国際ローミングで利用できるようになっている。

今回はこのSC-01Gについて実際に発表会後の展示会場にてタッチ&トライすることができたので写真と動画を交えて紹介する。なお、GALAXY Note Edgeの国内向けとしてはauからも「GALAXY Note Edge SCL24」が発表されており、同じく10月下旬以降に発売予定で、すでにグローバル版およびau版についても写真・動画レポート記事を公開しているので参考にしてみて欲しい。

続きを読む

KDDI、下り最大150Mbps対応au 4G LTEスマホ「GALAXY Note 3 SCL22」を発表!5.7インチフルHD大画面とSペンによる入力が楽しい


au向け「GALAXY Note 3 SCL22」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは2日、2013年10月以降に発売予定の新モデル・新サービスを披露する「au 発表会 2013 Winter」を都内で開催し、高速通信規格「LTE(FDD-LTE)」による下り最大150Mbpsのデータ通信サービス「4G LTE」に対応したAndroid 4.2(開発コード名:Jelly Bean)を搭載したスマートフォン「GALAXY Note 3 SCL22」(サムスン電子製)を発表しています。2013年10月下旬以降に発売予定。

GALAXY Noteシリーズが初めてau向けに登場します。グローバルモデル「GALAXY Note 3」をベースに、新しいペンの便利さを簡単に体感してできる「エアコマンド」や「アクションメモ」により、ペンで手書きした数字から電話をかけることができたり、ブラウザなど気になった情報をすぐにスクラップにしてまとめておき、後で簡単に確認できたりします。

また、大画面の約5.7インチフルHDディスプレイを搭載しているので、2つのアプリを同時に立ち上げても快適に操作できます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。