S-MAX

UnihertzTickTock

Unihertz、背面ディスプレイ搭載の5Gスマホ「TickTock」の一般販売予約を公式Webストアで開始!3月11日より順次発送で約4.6万円


5Gスマホスマホ「Unihertz TickTock」の一般販売の予約がスタート!

Unihertz(ユニハーツ)は7日(現地時間)、昨年12月にクラウドファンディングを開始した5G対応スマートフォン(スマホ)「Unihertz TickTock」を公式Webサイトにて一般販売するとお知らせしています。発売に先立って一般販売の予約受付を実施しており、予約注文した場合には3月11日(金)より順次発送されます。

価格は通常399.99ドル(約46,000円)のところ予約販売分は30ドルOFFの369.99ドル(約43,000円)となっています。クラウドファンディングサイト「KickStarter」ではSuper Early Birdが259ドル(約30,000円)から、早期支援による割引のない数量が限定されていない支援では319ドル(約37,000円)でしたのでさすがに高くなっています。

なお、同社の製品は日本ではこれまで総合オンラインストア「Amazon.co.jp」などで販売されていますが、現時点では公式Webサイト以外での販売開始時期は未定とのこと。ただし、前機種「Unihertz Titan Pocket」は2021年9月に一般販売が開始され、その後、2021年10月にはAmazon.co.jpで販売開始されており、本製品も近く公式Webサイト以外でも販売開始されるのではないかと思われます。

なお、Unihertz TickTockはKickStarterで支援した人には2月15日時点で順次リワードとして出荷開始するとし、3月3日時点でイギリスやスイス、イスラエル、ウクライナの支援者を除くほとんどの人に対してすでに出荷していると案内しています。

続きを読む

Unihertz、背面ディスプレイ搭載の5Gタフネススマホ「TickTock」のクラウドファンディングを12月7日に開始!最大35%OFF


5G対応タフネススマホ「Unihertz TickTock」が12月7日にクラウドファンディングスタート!

Unihertz(ユニハーツ)は4日(現地時間)、同社が現在開発している次期スマートフォン(スマホ)「TickTock」をクラウドファンディングサイト「Kickstarter」において支援受付を現地時間(中国標準時/CST)の2021年12月7日(火)20時に開始するお知らせしています。

日本時間(JST)では同日21時から。また公式Webサイト内に特設Webページを開設しており、クラウドファンディングの開始などのTickTockのお知らせを受けられる事前登録を受付していますが、登録することで最大35%OFFで購入できるとのことなので、恐らく数量限定の最も早い「Super Early Bird」では35%OFFになるのだと思われます。

現時点で通常価格(支援額)は399ドル(約45,000円)で、Super Early Bird(100台)が35%OFFで259ドル(約29,000円)、Early Bird(500台)が30%OFFで279ドル(約32,000円)、KS Special(1000台)が25%OFFで299ドル(約34,000円)、Kickstater VIP(台数制限なし)が20%OFFで319ドル(約36,000円)などとなっており、2022年4月に出荷予定となっています。

すでにZDNetによるレビューが掲載されており、詳細なスペックも案内されており、6.5インチサイズの大画面機で、大容量6000mAhバッテリーを搭載して約308gとかなり重い製品となるようです。なお、これまでの同社の製品と同様に日本向けの認証(いわゆる「技適」)も取得予定となっています。

続きを読む

Unihertzが次期スマホ「TickTock」をチラ見せ!5G対応タフネスモデルで、背面ディスプレイを搭載。近くクラウドファンディングを実施予定


ユニハーツが次期スマホ「TickTock」を開発中!5G対応タフネスモデルに

Unihertzは16日(現地時間)、同社の公式Twitterアカウント( @Unihertz )にて現在開発している次期スマートフォン(スマホ)「TickTock」の投入を予告しています。近くクラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて支援募集を開始する予定とのことで、通常価格の35%OFFになる事前登録が実施されています。

同社がTickTockと呼んでいるという次期スマホは「Atom」シリーズの後継機種と見られる小型〜中型サイズのタフネスモデルで、新たに5Gに対応するほか、公開された画像では背面に円形のサブディスプレイが搭載されていることが判明しています。また本体カラーはブラックがあるようです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。