S-MAX

XiaomiJapan

12.1インチAndroidタブレット「Redmi Pad Pro」を試す!Snapdragon 7s Gen 2搭載で約4万円の高コスパモデル【レビュー】


Snapdragon 7s Gen 2搭載の高コスパタブレット「Redmi Pad Pro」をレビュー!

タブレットは人気が再燃しており、各社より新製品が相次いで投入されています。特に人気の高いApple製の「iPad」シリーズは今年5月に新モデルの新しい「iPad Air(M2)」と「iPad Pro(M4)」がリリースされましたが、iPad Air(M2)の11インチモデルが98,800円から、13インチモデルが128,800円から、iPad Pro(M4)が11インチモデルが168,800円から、13インチモデルが218,800円と高額な設定になっています。

一方でより低価格でコストパフォーマンス(コスパ)を求めるのであれば、Androidタブレットがオススメです。Androidタブレットはエントリーモデルであれば1万円前後から購入が可能ですが、大画面で快適な操作と視認性を求めるのであれば、ミドルレンジモデル以上が良いと思います。そんなミドルレンジ以上のAndroidタブレットの新製品として小米技術日本(以下、シャオミ・ジャパン)より2024年6月7日(金)に「Redmi Pad Pro」が発売されました。

既報通り、Redmi Pad Proはチップセット(SoC)にQualcomm製のミッドハイレンジ向け「Snapdragon 7s Gen 2 Mobile Platform」が採用されており、画面も最大120Hzリフレッシュレートに対応した約12.1インチ2.5K(2560×1600ドット)液晶ディスプレイや大容量10000mAhバッテリーなどを搭載しつつも価格(金額はすべて税込)がオープンながら市場想定価格で41,800円と高コスパなモデルになっています。

今回はシャオミ・ジャパンよりRedmi Pad Proをお借りして実際に使ってみましたので、その模様を紹介します。なお、Redmi Pad Proの販路は少し特殊でエディオン(オンラインのみ)やビックカメラ、ヤマダデンキ(一部店舗のみ)、ヨドバシカメラといった量販店やそのECサイト、ECカレントといったECサイトとなっており、同社の公式Webサイト「Mi.com」内の公式WebストアやXiomi公式 楽天市場店では取り扱われていないのでご注意ください。

続きを読む

シャオミ、Snapdragon 7s Gen 2搭載の12.1インチAndroidタブレット「Redmi Pad Pro」を発表!日本で6月7日発売。価格は4万1800円


高コスパな12.1インチAndroidタブレット「Redmi Pad Pro」が登場!

小米技術日本(以下、シャオミ・ジャパン)は7日、同社が展開するコストパフォーマンスを重視した「Redmi」ブランドにおける新商品として高精細の12.1インチディスプレイを搭載して多目的に使えるAndroidタブレット「Redmi Pad Pro(型番:2405CRPFDG)」(Xiaomi Communication製)を日本市場にて2024年6月7日(金)より順次発売すると発表しています。

販路はエディオン(オンラインのみ)やビックカメラ、ヤマダデンキ(一部店舗のみ)、ヨドバシカメラといった量販店やそのECサイト、ECカレントといったECサイトとなっており、同社の公式Webサイト「Mi.com」内の公式WebストアやXiomi公式 楽天市場店では取り扱われません。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格は41,800円で、ヨドバシカメラなどでは41,800円の10%(4,180ポイント)還元となっています。

なお、販売されるモデルは携帯電話ネットワークには対応せずに無線LAN(Wi-Fi)のみに対応したWi-Fi版で、内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージは6GB RAM+128GBストレージモデルとなっており、本体色はグラファイトグレーおよびミントグリーン、オーシャンブルーの3色展開となります。その他、合わせて「Redmi Pad Proキーボード」(8,980円)や「Redmi スマートペン」(6,980円)、「Redmi Pad Proカバー」(2,980円)、「Redmi Pad Pro保護フィルム」(1,980円)も販売されます。

続きを読む

未発表の次期フラッグシップスマホ「Xiaomi 14T Pro」が日本で発売へ!メーカー版「2407FPN8ER」とソフトバンク版「A402XM」が認証通過


次期フラッグシップスマホ「Xiaomi 14T Pro」が日本で発売へ!写真は現行機種のXiaomi 13T Pro

IEC(国際電気標準会議)が電気機器安全規格適合試験制度による認証情報を公開しているIECEEにおいてXiami Communications(以下、Xiaomi)製「2407FPN8EG」および「2407FPN8ER」、「A402XM」が2023年6月30日付でTÜV SÜD PSBによってCB証明書を取得したことが公開されていました。認証番号は「SG PSB-IV-11348」。

これらの製品はグローバル向けでも現時点では未発表ですが、Xiaomiが公開しているソースコードから次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi 14T Pro」となることが判明しており、Xiaomiの型番規則から末尾「R」は日本向けとなるため、2407FPN8ERはオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)となり、一方でA402XMは型番規則からソフトバンク向けであることが推測できます。

これにより、昨年に発売されたXiaomi 14T Proの前機種「Xiaomi 13T Pro」や前々機種「Xiaomi 12T Pro」に続く「神ジューデン」対応製品として投入されるのではないかと推測され、ともにXiaomiの日本法人である小米技術日本(以下、シャオミ)からメーカー版、ソフトバンクからキャリア版として発売されることになりそうです。

続きを読む

シャオミのWear OS搭載な最新スマートウォッチ「Xiaomi Watch 2」が日本で発売へ!型番「M2320W1」が技適を取得。FeliCa対応にも期待


最新スマートウォッチ「Xiaomi Watch 2」が日本で発売へ!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにXiaomi Communications(以下、Xiaomi)が「M2320W1」(認証番号:020-240082)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2024年4月30日(火)付けでTACによって取得しています。

このM2320W1はBluetooth SIGによる認証情報などから最新スマートウォッチ「Xiaomi Watch 2」であることが判明しています。そのため、Xiaomiの日本法人である小米技術日本(以下、シャオミ・ジャパン)が日本でXiaomi Watch 2を発売する準備を進めていると見られます。なお、XiaomiからXiaomi Watch 2について現時点では日本での発売についての案内はされていません。

続きを読む

新ミッドハイスマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」を写真と動画で紹介!2億画素カメラや120W急速充電、防水・防塵、FeliCaなどに対応【レポート】


シャオミの新スマホ「Redmi Note 13 Pro+ 5G」をチェック

既報通り、Xiaomiの日本法人である小米技術日本(以下、シャオミ・ジャパン)は9日、都内で「2024年上期新製品発表会」を開催し、日本市場向け新商品としてミッドハイレンジスマートフォン(以下、スマホ)「Redmi Note 13 Pro+ 5G(型番:24040RA98R)」(Xiaomi Communications製)を2024年5月16日(木)に発売すると発表した。

販路は公式Webサイト「mi.com」内の公式WebストアXiaomi公式 楽天市場店Amazon.co.jp、エクスプライス、NTTぷらら、ストリーム(EC カレント)、SBセレクション、ムラウチ、楽天ブックスでのオンラインに加え、MVNO(仮想移動体通信事業者)では、IIJmioとイオンモバイルが8GB+256GBモデルを取り扱う。その他、家電量販店のエディオン、ケーズデンキ、上新電機、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラが12GB+512GBモデルを取り扱う。

価格(金額はすべて税込み)はオープンながら市場想定価格が8GB+256GBモデルで59,800円、12GB+512GBモデルで74,800円。今回はそんなRedmi Note 13 Pro+ 5Gを、発表会場のタッチアンドトライで試すことができたので、写真や動画を交えてレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。