S-MAX

arrowsWe

FCNTの5Gスマホ「arrows We」が12月3日発売!価格はNTTドコモ版F-51Bが2万1450円、au版FCG01が2万6180円、SoftBank版が2万7360円


5G対応の新スタンダードスマホ「FCNT arrows We」が12月3日に発売!NTTドコモとau、SoftBankから

FCNT(旧:富士通コネクテッドテクノロジーズ)の新しい5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「arrows We」がいよいよ販売開始されます。NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンクは25日、それぞれNTTドコモにて「arrows We F-51B」、auにて「arrows We FCG01」、SoftBankにて「arrows We(型番:A101FC)」を2021年12月3日(金)に発売すると発表しました。

販路はドコモショップやauショップ、au Style、ソフトバンクショップ、量販店などのドコモ取扱店・au取扱店・SoftBank取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」などで、すでにNTTドコモとauでは事前予約受付を実施しているほか、SoftBankでも11月26日(金)に事前予約受付を開始するということです。

価格(金額はすべて税込)はNTTドコモではドコモオンラインショップなどの直営店で本体価格21,450円で、いつでもカエドキプログラム対象外です。また他社の3G回線および4G回線から乗り換え(MNP)の場合には「5G WELCOME割」で16,500円が割り引かれて4,950円となります。

またNTTドコモでは『「arrows We F-51B」購入キャンペーン』を実施し、arrows We F-51Bを購入した場合にもれなく「使い方ガイドブック」をプレゼントするとのこと。対象販売チャネルはすべての取扱店で、なくなり次第終了となります。なお、ドコモオンラインショップでは発売日に先立って11月30日(火)10時に購入手続きが開始されます。

一方、auではau Online Shopなどの直営店で本体価格が26,180円で、端末購入施策「スマホトクするプログラム」の対象なので24ヶ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は916円×23回 (総額21,068円)となり(残価5,112円)、機種変更では「5G機種変更おトク割」で5,500円割引(au Online Shopでは5,500円相当のau PAY残高による還元)、au Online Shopでは「au Online Shopお得割」で新規契約なら11,000円割引、MNPなら22,000円割引となります。

SoftBankではソフトバンクオンラインショップなどの直営店で本体価格が27,360円となっており、端末購入施策「トクするサポート+」の特典適用時は実質負担額570円/月×24回(総額13,680円)となるほか、ソフトバンクオンラインショップやソフトバンク電話店ではキャンペーン「【オンライン限定】web割」によってMNPなら21,600円割引となります。

続きを読む

NTTドコモが5Gスマホ「Xperia 5 III SO-53B」と「arrows We F-51B」の正式価格を案内!11万3256円(実質6万8376円)と2万1450円


ドコモオンラインショップにおけるXperia 5 IIIとarrows Weの価格が案内!

NTTドコモは19日、今冬から来春にかけて発売する「2021-2022冬春モデル」のうちの5G対応スマートフォン(スマホ)「Xperia 5 III SO-53B」(ソニー製)および「arrows We F-51B」(FCNT製)の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」における価格(金額はすべて税込)を決定したとお知らせしています。

同社ではこれまでもドコモオンラインショップにおける予価としてXperia 5 III SO-53Bを113,256円、arrows We F-51Bを21,450円としていましたが、今回、改めてドコモオンラインショップにおける正式な価格が案内され、正式価格も予価通りにXperia 5 III SO-53Bを113,256円、arrows We F-51Bを21,450円となっています。

またXperia 5 III SO-53Bについては残価設定方式の販売購入施策「いつでもカエドキプログラム」の対象となっており、24回払いで購入する場合に残価(24回目支払額)が44,880円に設定されているため、特典を利用した場合の実質負担額は2,972円/月×23回(総額68,376円)となります。早期利用特典は500円/月。なお、arrows We F-51Bはいつでもカエドキプログラムの対象外です。

続きを読む

NTTドコモの5G対応エントリースマホ「arrows We F-51B」を写真と動画で紹介!シンプルやジュニアなどの幅広い世代が安心して使える【レポート】


エントリーモデルの5Gスマホ「arrows We F-51B」をチェック!

NTTドコモは5日、FCNT(旧:富士通コネクテッドテクノロジーズ)製の5G対応エントリースマートフォン(スマホ)「arrows We F-51B(アローズ ウィー エフゴイチビー)」を2021年12月上旬以降に発売すると発表した。

また同社は6日、オンラインにて「2021-2022冬春 新商品に関する記者説明会」を開催し、arrows We F-51Bを含む8機種のスマホと1機種のノートパソコン(PC)を「2021-2022冬春モデル」としてラインナップすることを発表した。

すでに発売に先立ってドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では事前予約を開始している。本体価格は2万円程度を見込んでいるということで低価格帯ではあるものの、現時点での詳細な販売価格は未定となっている。

今回はこの記者説明会の後に開催されたメディア向けタッチ&トライ会場でarrows We F-51Bの実機を試すことができたので、写真や動画を交えながらレポートする。なお、FCNTの「arrows We」はNTTドコモの他にもau向け「arrows We FCG01」およびSoftBank向け「arrows We」も販売される予定だ。

続きを読む

FCNT、5G対応エントリースマホ「arrows We」を発表!NTTドコモとau、SoftBankから12月上旬発売予定。SoftBank版はeSIM対応


FCNTから5G対応エントリースマホ「arrows We」が登場!docomo・au・SoftBankから発売

FCNT(旧:富士通コネクテッドテクノロジーズ)は5日、泡ハンドソープで丸洗いしたり、アルコール除菌をして清潔に保てる5G対応の低価格なエントリースマートフォン(スマホ)「arrows We」を発表しています。

すでに紹介しているようにNTTドコモ向け「arrows We F-51B」のほか、KDDI及び沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向け「arrows We FCG01」、ソフトバンクが携帯電話サービス「SoftBank」向け「arrows We(型番:A101FC)」をそれぞれ2021年12月上旬以降に発売します。

販路はドコモショップやauショップ、au Style、ソフトバンクショップ、量販店などのドコモ取扱店・au取扱店・SoftBank取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」などで、NTTドコモとauではすでに事前予約受付を開始しています。

なお、SoftBankでも後日、事前予約受付を実施する予定とのこと。また各社ともに価格については後日お知らせするとしています。NTTドコモおよびau、SoftBankから販売される製品ともに販売時にSIMロックはかかっておらず、SIMフリーモデルとなっており、SoftBank版についてはeSIMにも対応しています。

続きを読む

NTTドコモ、低価格な5G対応エントリースマホ「arrows We F-51B」を発表!12月上旬発売予定で予約受付開始。5.7型でS480やFeliCaを搭載


docomo 5Gスマホ「arrows We F-51B」が登場!

NTTドコモは5日、同社の新商品として5Gに対応した「ドコモ スマートフォン arrows Web F-51B」(FCNT製)を発表しています。発売時期は2021年12月上旬以降を予定しており、発売に先立ってすでに2021年10月5日(火)10時より事前予約受付を開始するとのこと。

販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などで、価格は後日案内予定とのこと。なお、本体カラーはネイビーおよびホワイト、パープルに加え、ドコモオンラインショップ限定カラーとしてレッドを販売するということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。