S-MAX

auPAY

ファミリーレストラン「デニーズ」などにてd払いやau PAY、楽天ペイ、LINE Pay、メルペイ、ゆうちょPayが利用可能に!20%ポイント還元も


デニーズや太陽のグリル、白ヤギ珈琲店、麹町珈琲、ポッポでPayPayなどの9つのコード決済が利用可能!

セブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン&アイ・フードシステムズが展開するファミリーレストラン「デニーズ」などの5ブランドの飲食店353店舗にて新たに8つのスマートフォン(スマホ)など向け決済サービスを2021年9月28日(火)より導入開始しています。

新たに導入されたのは「d払い」および「au PAY」、「LINE Pay」、「メルペイ」、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「ゆうちょPay」、「Alipay」、「WeChat Pay」となっており、2020年4月に導入を開始した「PayPay」と合わせて9つのコード決済が利用可能となりました。

導入開始に合わせてメルペイでは2021年10月1日(金)から10月14日(木)まで「デニーズ商品どれでも、メルペイ決済で20%還元クーポン」を配信し、このクーポンを利用してメルペイで1,000円(税込)以上の支払いをした場合に20%相当分のポイントが翌日還元されるとのこと。ポイント還元上限は300ポイントまで。

なお、導入店舗はデニーズ以外では「太陽のグリル」および「白ヤギ珈琲店」、「麹町珈琲」、「ポッポ」となっており、ペイメントソリューション事業を展開するインコム・ジャパンが提供するPOSレジ処理のみでコード決済ができる決済システムを採用して複数サービスの導入に至ったということです。

そのため、これまでPayPayは店舗提示型(利用やスキャン方式:MPM)でしたが、新たに導入されたサービスだけでなくPayPayも含めたすべてのコード決済が利用者提示型(店舗スキャン方式:CPM)となっているということです。なお、インコム・ジャパンのPOS処理はこれまでもウエルシアホールディングスなどが採用しています。

続きを読む

決済サービス「au PAY」にて「マツキヨココカラ&カンパニー誕生記念キャンペーン」が10月1〜31日に実施!対象の花王商品が30%還元


花王商品が30%還元の「マツキヨココカラ&カンパニー x au PAYキャンペーン」が実施!

KDDIは27日、ドラッグストア「マツモトキヨシ」および「ココカラファイン」の店舗にてスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「au PAY」で2021年10月1日(金)0:00から2021年10月31日(日)23:59までの間に対象の花王商品が30%還元となるキャンペーンを開催するとお知らせしています。

条件は1回の支払いにつき対象の花王商品を1,000円(金額はすべて税込)以上を購入する際に(コード支払い)で支払う場合となっており、対象の花王商品の支払額の30%分をau PAY 残高で還元するとのこと。上限はau IDごとに2,500円相当/回および2,500円相当/期間、付与時期は2022年1月末頃までを予定しています。

続きを読む

定食チェーン店「大戸屋ごはん処」でau PAYやd払い、メルペイ、PayPay、楽天ペイのスマホなど向けコード決済サービスが9月6日より利用可能


大戸屋で5つのコード決済サービスが9月6日より導入!PayPayでは10月3日まで10%還元

⼤⼾屋は3日、同社が展開する定食チェーン店「大戸屋ごはん処」の259店舗にてスマートフォン(スマホ)など向けコード決済サービス「au PAY」および「d払い」、「メルペイ」、「PayPay」、「楽天ペイ(アプリ決済)」を2021年9月6日(月)より導入すると発表しています。

また合わせてPayPayでは2021年10月3日(日)までの期間中にPayPayアプリ内で事前にクーポンを取得して700円(税込)以上をPayPayで支払うと、最大10%のPayPayボーナスが付与されるキャンペーンが実施されています。付与上限は1,000円相当/回・期間。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:なぜ今「手数料有料化」なのか。コード決済が急速に普及した理由や背景を各社の経済圏戦略や利用者心理から考える【コラム】


QRコード決済の現状と今後について考えてみた!

先週、モバイル関連の大きな話題として「PayPayの手数料有料化」というものがありました。10月1日以降、PayPayの加盟店手数料を有料化し、月額2,178円の「PayPayマイストア ライトプラン」加入者は1.6%、未加入で決済システムのみを利用する場合は1.98%とするものです。

PayPayをはじめとしたQRコード決済システムは、元々中国などの海外で利用が広まりました。2018年頃より日本国内でもさまざまなQRコード決済システムが勃興し、2019年にはレッドオーシャンと呼べるほどの大戦争状態となっていました。

今回のPayPay手数料有料化はある程度予想されていたものであり、業界関係者からは予定調和的に捉えられていました。100億円還元キャンペーンや不正決済事件など、良くも悪くも話題に事欠かなかったPayPayですが、それ故に人々の認知度は高く利用も促進されていたことから、近く有料化に踏み切るだろうと言われていたのです。

今後、QRコード決済はどのような成長を遂げ、私たちの生活に溶け込んでいくのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はPayPayの手数料有料化の話題を中心に、QRコード決済の現状と今後について考察します。

続きを読む

羽田・成田・関西・中部・新千歳・福岡空港の入国時に免税範囲を超えた携帯品に発生する関税などの税金をau PAYとLINE Payで支払い可能に


財務省・税関が6つの空港における関税などの支払いにクラウドペイを導入!au PAYとLINE Payが利用可能

デジタルガレージを中心とするDGグループは16日、財務省・税関が2021年7月19日(月)から羽田および成田、関西、中部、新千歳、福岡の6つの空港で開始する入国者の免税範囲を超えた携帯品に発生する関税などの税金のキャッシュレス納付に「統一型QRコード決済『クラウドペイ』」を提供すると発表しています。

これにより、クラウドペイを介して2022年3月31日(木)の間はスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「au PAY」および「LINE Pay」を用いてこれらの6つの空港における関税などの納税の支払いができるようになるということです。ともに店舗提示型/利用者読み取り方式(MPM)。またKDDIによると、那覇空港についても国際線の運航再開後に順次対応予定だとのこと。

なお、クラウドペイは国内サービスでは「d払い」、海外サービスでは「Alipay」および「WeChat Pay」、「Kakao Pay」にも対応し、今後は「メルペイ」にも対応予定だとしていますが、少なくともサービス開始時点では6つの空港における関税などの納税には対応していないということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。