S-MAX

iD

カー用品店「オートバックス」などのグループ562店舗でSuicaなどの交通系ICやiD、QUICPay、Edy、nanaco、WAONが利用可能に


オートバックスグループにてコード決済に続いてSuicaなどのかざす決済が導入!

オートバックスセブンは20日、カー用品店チェーン「オートバックス」をはじめとした全国のオートバックスグループ店舗(562店舗)にて2021年1月21日(木)より非接触IC機能「FeliCa」によるかざす決済サービスを導入すると発表しています。

導入されるのは「Suica」や「PASMO」などの交通系IC(全国相互利用可能なKitacaやTOICA、manaca 、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけんを含む)および「楽天Edy」、「iD」、「QUICPay、「nanaco」、「WAON」となっています。

対象店舗はオートバックスおよびスーパーオートバックス、オートバックスガレージ、Smart+1、A PIT AUTOBACS SHINONOMEで、一部利用できない店舗があるとのこと。同社ではコロナ禍における感染予防の観点から非接触の決済ツールとして新たにかざす決済サービスを導入したとのこと。

続きを読む

Visa LINE Payプリペイドカードが発行開始!iPhoneなどのApple Payに設定してタッチ決済「iD」が利用可能。AndroidのGoogle Payも対応予定


Visa LINE Payプリペイドカードが発行開始!JCBブランドのLINE Pay カードは新規発行終了

LINE Payおよび三井住友カード、ビザ・ワールドワイド・ジャパンは22日、コミュニケーションサービス「LINE」のスマートフォン(スマホ)など向けアプリ上からワンタップで発行できる手数料・年会費無料のバーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」の提供を2020年12月22日(火)より開始すると発表しています。

また合わせてLINE Payで発行したVisa LINE Payプリペイドカードを非接触IC機能「FeliCa」に対応するiPhoneやApple Watchにおいて決済サービス「Apple Pay」に追加することで、iPhoneやApple Watchでもタッチ決済「iD」が利用できるようになっています。

これにより、Visa加盟店でのオンラインショッピングが可能になるほか、Apple Payに設定することで国内121万箇所以上(2020年9月時点)の店舗に設置されたiD決済端末にiPhoneやApple Watchをかざすして支払いができるようになります。またAndroidの「Google Pay」(iD)も順次対応予定です。

一方、これまで提供していたJCBのプリペイドカード「LINE Pay カード」の新規発行は同12月22日をもって終了し、AndroidのGoogle Pay(QUICPay+)への新規登録は順次終了となり、すでに手元のLINEアプリでは登録ができなくなっています。なお、すでに発行済みのLINE Pay カードについては有効期限までは利用可能です。

続きを読む

NTTドコモがdカード5周年とiD誕生15周年で各々の記念キャンペーンを実施!総額5億円還元や銀魂オリジナルグッズプレゼントなど


dカード5周年とiD誕生15周年で記念キャンペーン!総額5億円還元など

NTTドコモは30日、同社が提供するクレジットカード「dカード」5周年のご愛顧に感謝を込めて2020年12月1日(火)から2021年1月31日(日)までの期間中にdカード(dカードGOLDやDCMX、DCMX GOLD含む)や電子マネー「iD」による買い物でdポイント(期間・用途限定)を総額5億円分進呈するキャンペーンを開催するとお知らせしています。

キャンペーンでは3億円分のdポイントを山分けで還元するキャンペーン、抽選で1500人に10万ポイントが当たるキャンペーン、iDを使うほど当選した場合のポイント還元率が増加するキャンペーンを3つ同時に開催するということです。

また同社はiDのサービス開始15周年を記念して2020年12月1日(火)から「電子マネーiD誕生15周年記念キャンペーン」を実施するほか、同社を含むiD対応キャッシュレスサービスの提供事業者各社もこのキャンペーンに合わせてiDサービス
開始15周年にちなんだキャンペーンを実施するとのこと。

続きを読む

決済サービス「LINE Pay」が12月にタッチ払い「iD」によって「Apple Pay」と「Google Pay」に対応!三井住友カードと提携を強化


LINE Payがタッチ払い「iD」(Apple Pay・Google Pay)に対応!

LINE Payおよび三井住友カードは30日、両社は今年4月に「Visa LINE Payクレジットカード」の発行を開始しましたが、戦略的な提携関係を通じてさらなる新しい決済体験・カード文化を創造し、新しい時代に即したキャッシュレス決済の実現をめざすこととなったと発表しています。

LINE Payが提供するスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「LINE Pay」と三井住友カードのクレジットカード決済サービスのそれぞれのノウハウを融合し、あらゆる決済をあらゆる場所で可能とすることによって利便性を改善するとともに安心・便利・お得なキャッシュレスを実現するいきます。

具体的な取り組みとしてはVisaブランドのバーチャルプリペイドカード「Visa LINE Payプリペイドカード」を2020年12月(予定)よりスマホなど向けアプリ「LINE」内で発行できるようにし、さらに「Apple Pay」や「Google Pay」 にも非接触IC機能「FeliCa」によるタッチ決済「iD」によって12月より順次対応を予定しているとのこと。

これにより、現在は「LINE Pay カード」のタッチ決済「QUICPay」によってGoogle Payのみに対応していますが、新たにiDによるApple PayおよびGoogle Payに対応することでAndroidだけでなくiPhoneでもタッチ決済が可能となり、LINE Payが全国のiD加盟店で利用できるようになります。なお、合わせてLINE Pay カードの新規発行は終了になるということです。

さらにVisa LINE Payクレジットカード以外の三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードでも「チャージ&ペイ」機能が2021年春(予定)より利用可能になるほか、LINE上でのクレジットカード利用通知や各種手続き・問い合わせができたり、三井住友カードが提供するマルチ決済端末「stera terminal」へのLINE PayのQRコード決済導入を拡大し、加盟店は一元的に各種決済対応が可能になるなどするということです。

続きを読む

NTTドコモが「dポイント」をiDで使うための「iDキャッシュバック」における交換条件を4月1日から変更!期間・用途限定も対象などに改善


dポイントをiDで使うための交換条件が改善!期間・用途限定も対象に

NTTドコモは1日、同社が提供するポイントサービス「dポイント」を電子マネー「iD」で使うためのサービス「iDキャッシュバックコース」における交換条件を2020年4月1日(水)から変更するとお知らせしています。対象はdカード(iD)およびd払い(iD)で、dカードはdカードGOLDやDCMX、DCMX GOLDを含みます。

これにより、これまではdポイント(期間・用途限定)は対象外でしたが、対象になったほか、交換できる最小ポイントが2,000ポイントから100ポイントに変更され、さらにd払い(iD)における交換レートもこれまでの1:0.9から1:1の等価交換となりました。

交換はdポイントクラブの公式Webサイトの「つかう」ページの「つかえるサービス」から「iDキャッシュバック」( https://dpoint.jp/ctrw/web/use/item_change/detail/iDcb_dcard_use_detail.html )にて行います。交換後の有効期限は6ヶ月。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。