S-MAX

iPhoneSE

ソフトバンク、iPhone 6〜XまでをiOS 11で利用すると一部エリアで4Gデータ通信が6月27日より順次利用不可に!iOS 12以降へ更新を推奨


ソフトバンクが対象のiPhoneをiOS 11で利用する際の注意事項を掲載!

ソフトバンクは24日、対象のApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズをiOS 11で利用する場合に携帯電話サービスの一部エリアで4Gを利用した「SoftBank 4G」および「SoftBank 4G LTE」を用いたデータ通信が2022年6月27日(月)以降順次利用できなくなるとお知らせしています。

これにより、該当する条件では3Gを利用した「SoftBank 3G」によるデータ通信のみの提供となるとのこと。ただし、iOS 12以降にソフトウェア更新することで、これまで通りにSoftBank 4GおよびSoftBank 4G LTE を利用できるため、現在、iPhoneでiOS 11を利用中の場合は提供されている最新のiOSへソフトウェア更新するように案内しています。

続きを読む

Apple、スマホ向け次期プラットフォーム「iOS 16」を発表!iPhone 8以降が対象で正式版が今秋登場。6s・7・初代SEやiPod touchは対象外


アップルがスマホなど向け次期プラットフォーム「iOS 16」を発表!

Appleは6日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社にて開発者向けイベント「WWDC 2022(Worldwide Developers Conference 2022)」の基調講演を開催しました。なお、WWDC 2021は現地時間(PDT)の2022年6月6日(月)から6月10日(金)まで実施され、すべてのコンテンツをオンラインで視聴可能となっています。

同社はその中でスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズやポータブルミュージックプレイヤー「iPod touch」シリーズ向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 16」を発表し、まったく新しい方法でロック画面をカスタマイズできるほか、より安全かつ簡単なサインイン方法として「パスキー」が追加されたり、顔認証「Face ID」が横向きに対応したり、集中モードやファミリー共有などが機能拡張されたりするということです。

開発者向けベータ版が同日から提供開始され、一般ユーザー向けベータ版が7月から、正式版は今秋に提供予定で、アップデート対象機種はiOS 15とは異なり、iPhone 8シリーズ以降の19機種にて無料でOSバージョンアップが可能となっており、iPhone 6sやiPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone SE(第1世代)、iPod touch(第7世代)は対象外となりました。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:モバイルOSウォーズ~iOSの逆襲~。世界的なiOSシェア上昇の背景や転機となったAppleの戦略を考える【コラム】


iOSのシェア復活について考えてみた!

仕事柄、筆者が常に心がけていることの1つに「知識のアップデートを怠らない」というものがあります。これまで常識だとか当たり前だと思っていたことが、いつの間にか古い情報になっていたり、陳腐化した技術になっていることが多々あるからです。

そしてここ数年、その信念であり教訓であることを感じさせる情報のアップデートがありました。iPhoneなどに搭載されている「iOS」のシェアが大きく伸び始めているのです。

「そうは言ってもどうせ国内の話だろう?」と思う人も多いかもしれません。しかしながら、これは世界規模で起きています。しかも今年や昨年に始まったことではなく4~5年前からの動きであり、いよいよその流れが確定的になってきたという段階なのです。

数年前までの「常識」からは理解しがたいiOSの逆襲は何がきっかけで始まったのでしょうか。そして今後はどのように推移していくと考えられるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は大きく回復し始めたiOSシェアとその回復理由などを考察します。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:見た目は平凡、中身は最強!iPhone SE(第3世代)の魅力と購入に際して注意すべき点を解説【コラム】


iPhone SE(第3世代)について考えてみた!

既報通り、Appleは8日(現地時間)、オンラインにて新製品発表会「Apple Event - Peek performance.(最高峰を解禁。)」を開催し、同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズの廉価モデル「iPhone SE」における新機種として「iPhone SE(第3世代)」を発表しました。

すでに紹介しているように同社や量販店のほか、NTTドコモやKDDI、沖縄セルラー電話、ソフトバンク、ウィルコム沖縄、楽天モバイルといった移動体通信事業者(MNO)の各社も取り扱いを発表しており、それぞれ3月11日(金)22時より予約が開始されています。なお、発売日は3月18日(金)を予定しています。

思い起こせば、iPhone SEシリーズも長いもので、初代iPhone SEから数えて7年目となります。当時はiPhoneの価格が年々上昇する中、より安価でライトユースに向いたバリエーションモデルが期待されていた中での発売ということもあり、絶大な支持のもとに大ヒットしたことを記憶しています。

現在でもiPhone SEシリーズは「コスパの良いiPhone」として一定のファン層まで形成しており、その価格から10代の子どもに持たせるファーストスマホとしての需要も大きな市場となっています。

そうした中で今回の新しいiPhone SEであるiPhone SE(第3世代)は「買い」なのでしょうか、それとも「待ち」なのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はiPhone SE(第3世代)発表を受けて本機の特徴や購入を検討する際に気をつけるべき点などを解説します。

続きを読む

Apple、5G対応4.7インチスマホ「iPhone SE(第3世代)」を発表!3月18日発売、3月11日22時予約開始で、価格は5万7800円から


アップルから4.7インチスマホ「iPhone SE(第3世代)」が登場!

Appleは8日(現地時間)、オンラインにて新製品発表会「Apple Event - Peek performance.(最高峰を解禁。)」を開催し、新たに約4.7インチ750×1334ドットIPS液晶Retina HDディスプレイや最新チップセット(SoC)「Apple A15 Bionic」、指紋認証「Touch ID」を兼ねたホームキーを搭載したスマートフォン(スマホ)「iPhone SE(第3世代)」を発表しています。

iPhone SE(第3世代)は内蔵ストレージが64GBおよび128GB、256GBの3種類で、カラーバリエーションは「Midnight」(ミッドナイト)および「Starlight」(スターライト)、「(PRODUCT)RED」(レッド)の3色がラインナップされています。

発売日は日本を含む1次販売国・地域では2022年3月18日(金)で、これらの国・地域では同社の公式Webストア(公式Webサイト「Apple.com」および公式アプリ「Apple Store」)では事前予約受付を2022年3月11日(金)22時に開始するとしています。

なお、Appleの公式WebストアではSIMフリー版となります。価格は日本におけるApple直販では64GBが57,800円(金額はすべて税込)、128GBが63,800円、256GBが76,800円。保証サービス「AppleCare+」は2年間9,800円(分割では480円/月)、「AppleCare+ 盗難・紛失プラン」は2年間11,800円(分割では600円/月)。

日本ではAppleや量販店などの他にNTTドコモやKDDI・沖縄セルラー電話(au・UQ mobile)、ソフトバンク(SoftBank・Y!mobile)、楽天モバイルなどの携帯電話会社からも販売され、価格や発売日、予約開始日時などについては別途、NTTドコモなどの携帯電話会社から販売されるモデルについては発表がある予定です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。