Windows Phone IS02にCメール送信機能が追加!

KDDIは、au向けスマートフォン「ISシリーズ」のうちWindows Mobile 6.5.3を搭載した東芝製スマートフォン「IS02」においてCメール送信機能を追加するためのソフトウェア更新を22日(金)から提供開始したことをお知らせしています。

Cメール送信機能が追加されるほか、タッチパネルを正しく操作できない事象の改善やより快適に利用できるようにするための改善がなされるとのことです。

ソフトウェア更新が提供されるソフトウェアバージョンが「SP-02」となっています。対象となるソフトウェアバージョンが「SP-00」および「SP-01」。ソフトウェアバージョンは、スタートキースタートキー → [設定] → [システム] → [バージョン情報] → [バージョン情報] 画面をタップし、「ソフトウェアバージョン」のSPで始まる番号部分で確認できます。

ソフトウェア更新は、パソコンでバージョンアップソフトをダウンロードし、ダウンロードしたファイルを解凍して、microSDカードに移動し、IS02上で解凍して移動したバージョンアップアプリを実行することで行えます。詳しくは、以下のソフトウェア更新手順を参照してください。

東芝 : IS02ソフトウェア更新 : ソフトウェア更新を行う場合

また、ソフトウェア更新を行う前にデータのバックアップを行っておきましょう。ソフトウェア更新は、10分程度かかります。しっかりと充電した状態で行うなど、諸注意をよく読んで実行してください。

対応するCメール送信機能では、auの携帯電話宛に送信可能となります。送信料は、1通3.15円(受信無料)で、無料通話付き料金プランや家族割の同一グループ内では無料通話分として送信できます。送信できる文字数やメール保持時間は他の既存機種と同じで、全角最大50文字/半角最大100文字、1件につき最大72時間保存されます。IS02本体には、Cメール保存件数が受信最大500件および送信最大300件となっています。

また、「ぷりペイド」での送信は非対応となるとのことです。Cメールを送受信する人には朗報ですね!バージョンアップしておきましょう。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
〈お知らせ〉 「IS02」におけるCメール送信機能の対応について | 2010年 | KDDI株式会社
au携帯電話「IS02」更新ソフトウェアのご提供開始のお知らせ | What's New | Toshiba Mobile Plaza
株式会社 東芝 携帯電話 : IS02ソフトウェア更新