ASUSのライブストリーミング配信特化スマホ「ZenFone Live」を写真で紹介!

台湾・台北市で2017年5月30日~6月3日にかけて開催されていた世界最大級のITトレードショー「COMPUTEX TAIPEI 2017」の会場内に設けられた地元・台湾のメーカーASUSTeK Computer(以下、ASUS)のブースを中心に紹介しています。

今回は今年2月に発表され、台湾では3月より販売中のエントリー向けスマートフォン(スマホ)「ZenFone Live(型番:ZB501KL)」が展示されていましたので、実際に手に取って外観デザインを中心にポイントを写真を交えて紹介していきます。

zenfone-live_02
ZenFone Live ZB501KL(本体色:Shimmer Gold)

ZenFone Live ZB501KL(以下、ZenFone Live)は、製品名の「Live」の通り、ライブストリーミング配信(生配信)機能にクローズアップしたエントリークラスのスマホです。一部地域では製品名が変更されて「ZenFone 3 Go」として販売しているところも。

特にリアルタイムで美顔加工が施せる専用アプリ「ASUS BeautyLive」を搭載するほか、フロントカメラ(自撮りカメラ)のイメージセンサーは1画素あたりのサイズが1.4umピクセルと大きく、最近のハイエンドスマホに多く搭載されているリアカメラなどと同じくらい、また従来までの一般的なスマホ比で2倍の受光感度を備えています。

またフロントメラ横には柔らかい光が特徴のLEDライトを備え、照明としての使用が可能。ノイズの少なさを特徴とするデュアルMEMSマイクも搭載するなど、特にフロントカメラでのライブストリーミング撮影時に強みを発揮します。

搭載するディスプレイの仕様は約5インチHD(720×1280ドット)液晶となっており、最近のスマホの中では小さい部類。片手持ち・片手操作もしやすくなっています。ライブストリーミングという特徴機能から考えても、女性向けの利用も強く考えて設計されているといったところでしょう。

今回実際にCOMPUTEX TAIPEI 2017会場でZenFone Liveの展示コーナーを取材している際にも興味を持って足を止める方、熱心に質問をする方における女性の割合は他製品と比べて多く感じました。

zenfone-live_03
フロントパネルは2.5Dガラス採用により縁が丸く独特のツヤがある


zenfone-live_04
ホームキーなどのナビゲーションキーは画面外に配置。バックライト非搭載

ZenFone Liveの台湾における希望小売価格は4,990ニュー台湾ドル(約18,000円)とかなり手ごろ。しかしフロントパネルには縁が丸みを帯びた2.5Dガラスを用いるなど、見た目や指あたりへの配慮も感じます。

なお、ナビゲーションキーは画面外に静電式キーとして搭載。バックライトが非内蔵であることから、夜間の屋外や就寝前の消灯した室内など、操作シーンによっては扱いづらさを感じることはあるでしょう。

zenfone-live_05
上面にはイヤホンジャックとマイクを配置


zenfone-live_06
右面には音量キーと電源キーを配置


zenfone-live_10
音量キー、電源キーにはZenシリーズのアイコン「スピンデザイン」


zenfone-live_07
左面にはSIMカード/microSDメモリカード用のスロットを配置


zenfone-live_08
下面にはスピーカー、MicroUSB端子、マイクを配置


zenfone-live_09
背面は中央上にASUSのロゴが入る

側面から背面にかけての外装は、つや消し仕上げが施されたプラスチック製。価格を考えれば納得といったところですが、側面に配置された物理キー(電源キーおよび音量キー)にはZenシリーズのアイコンであるスピンデザインがしっかり施されています。

外装表面の質感はサラサラとしており、変に引っかかりすぎず、滑りすぎずでグリップ感はグッド。5インチクラスとサイズが小さい、側面は丸みを帯びている、といった要因も持ちやすさに大きく貢献しています。

価格に適した素材を選びつつ、でも“手抜き”は決して感じさせない細部へのこだわりアリ。デザインはとても上手にまとめられている印象を持ちました。

ちなみに冒頭でも触れたとおりZenFone Liveは専用アプリを搭載するなど、ライブストリーミング機能を主軸とする製品。その点も含めて、ZenFone Live“ならでは”のポイントとして便利に感じた存在が前面上部に搭載されたLEDライトです。

zenfone-live_11
LEDライトは自分への照明(光源)として使うことも可能

最近ではフロントカメラ側にもLEDライトを搭載した機種がありますが、ZenFone Liveではこのライトをフラッシュ(瞬間的な発光)だけでなく、自分の顔を常時照らす照明(光源)として使うことも可能。

ライトの明るさに関しても気になる“眩しさ”はなく、自撮りスタイルで手を伸ばして構えると、柔らかく顔を照らしてくれる自然さです。

夜間の屋外で自撮りをする際などはフラッシュをたくと、人物は明るく撮影はできるものの、強い光がまっすぐ顔に照射され、自然味に欠ける仕上がりになることも多いですよね。

その点、ライトを常時点灯させ照明として使ってみると、仕上がりはより自然になります。シャッターを押す前から継続的に照明を当て続けられるため、撮影前のプレビュー画面上で光の当たり方も確認できることにも扱いやすさを感じました。

片手で持ちやすいサイズ・形状に加え、スマホを構えるだけで撮影+自分の顔を照らすライトとしても機能する。フロントカメラを使うシーンにおいて、ZenFone Liveはハイエンドモデル以上の扱いやすさも感じられる設計といえるでしょう。

zenfone-live_12
日本向けの技適マークはナシ

最後に気になる「日本での発売」についてですが、現時点では未定。今回試した展示機についても、日本向けの技適マークは確認することができませんでした。

zenfone-live_13
グローバル向けサイトには「JP version」の記載は見つけられる

とはいえ、ASUS公式サイトで公開されているZenFone Liveのグローバル向け製品ページには「JP version」の記載が確認できるだけに今後の日本での発売にも期待して良いのかもしれません。

基礎的な仕様で見ればローエンドからミドルレンジに分類できるZenFone Live。より高性能であることをスマホ選びに重視する方には不向きであるものの、フロントカメラの活用頻度が高いユーザーにとっては、ぜひ動向を気にしてみて欲しい機種と言えます。

また今後日本で発売されるとなった場合にも安めの価格設定は期待できるだけに、例えば「日常使いするスマホはiPhone。ZenFone LiveにはMVNOのデータ通信専用SIMカードを挿して自撮り+αの用途で使う」といった2台目として使うことも良いのではないでしょうか。

記事執筆:そうすけ


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
ZenFone Live (ZB501KL) | Phone | ASUS Global