S-MAX

2011年11月

UQコミュニケーションズ、2回線目が月額2,480円に割り引かれる「WiMAXファミ得パック」を発表!12月1日提供開始

5c6c2013.jpg

WiMAXファミ得パックを発表!

UQコミュニケーションズは、21日、同社のモバイルWiMAXを利用した高速データ通信サービス「UQ WiMAX」においてWiMAX回線を2回線利用する場合における割引サービスとして「WiMAXファミ得パック」を2011年12月1日(木)から提供開始することを発表しています。モバイルデータ通信サービスにおける複数回線割引としては業界初とのことです。

WiMAXファミ得パックは、2回線目の月額利用料を割り引くサービスで、2回線同時に使うとお得になります。家族での利用などに最適で、2回線目の利用料金が月額2480円(内訳:ファミ得パック利用料2279円および機器追加オプション200円)、2回線合計でも6360円(1回線あたり3180円/月)となり、従来よりもリーズナブルな価格で利用できます。

自宅の固定回線と常に持ち歩くモバイル回線をWiMAXに一本化することで、通信費の節約にもつながるとしています。

続きを読む

ホーム画面にメニューボタンがない!Android 4.0 ICS搭載スマートフォン「GALAXY Nexus SC-04D」で本体設定を行うには?【ハウツー】

73c1a218.jpg

ユーザーインターフェースが一新されたAndroid 4.0搭載!

いよいよ明後日12月2日(金)にNTTドコモから発売となる国内初の最新Androidプラットフォーム「Android 4.0(開発コード名:IceCreamSandwich;ICS)」を搭載したスマートフォン「GALAXY Nexus SC-04D」(サムスン電子製)。

購入予定の人は、いまから発売が楽しみだというケースも多いかと思います。そんな人の多くは、我こそはスマートフォンマスターというような、歴戦のスマートフォンユーザーが多いのかもしれませんが、そうではないという人に向けて、一新されたユーザーインターフェース(UI)のちょっと便利な部分を紹介していきたいと思います。

まずはじめに、Android 4.0では、画面下部に左から「バックボタン」「ホームボタン」「タスクボタン」表示され、ハードキーとしてホームキーがないことを想定した操作体系となっています。

リファレンスモデル(標準モデル)たるGALAXY Nexusもそのためディスプレイ面にハードキーがありません。

特に、これまでのAndroid 2.x以前のスマートフォンでは、必ずあったメニューキーがなく、ホーム画面でメニューキーから利用していた「本体設定」などへの表示方法が……という場合もあるかと思います。

今回は、そんな本体設定の呼び出し方法を紹介します。

続きを読む

ネットワークコンサルティング、10時間駆動や5秒起動などのWiMAX対応モバイルWi-Fiルーター「Mobile Cube」を12月1日から予約販売開始

01a0eace.jpg


ネットワークコンサルティングは、30日、UQコミュニケーションズが提供する高速モバイル通信方式であるモバイルWiMAXに対応したモバイルWi-Fiルーター「Mobile Cube(型番:IMW-C910W)」を2011年12月1日(木)から予約販売開始することを発表しています。

UQコミュニケーションズのモバイルWiMAX網を借り入れてサービスを行なっているMVNOに端末を納入し、実際には、ユーザーは、そのMVNOから端末を購入することになるということで、12月1日からは「価格.com」などにて予約が開始されるということです。価格は、オープンプライスとなっています。

続きを読む

Google、Android向けGoogle Mapsに「インドアGoogleマップ」を追加!駅や空港、デパートなどの構内地図が見られるように

fff33299.jpg

ゼロから始めるスマートフォン

Googleは、29日、Android向け「モバイルGoogleマップ」をバージョン6.0にアップデートし、建物の中などの屋内地図も表示できる「インドアGoogleマップ」を追加したことを発表しています。

これまで、屋外の地図ならば世界中のほとんどの場所をGoogleマップで見ることができましたが、インドアGoogleマップが追加されたことにより、駅や空港、デパートなどの構内地図まで閲覧することができるようになりました。

複数階の建物でも、現在地が何階であるかを自動判別し、その階の地図と現在地を表す青いアイコンを表示します。違う階を見たい時には、右側に表示される階の番号をタップすることで表示を切り替えることができます。

続きを読む

ソフトバンク、Androidスマートフォン「Libero 003Z」に緊急地震速報に対応するソフトウェア更新を提供開始

1ba2b6e1.jpg

ZTE Libero 003Zにソフト更新が提供開始!

ソフトバンクモバイルは、15日、Androidを搭載したZTE製スマートフォン「Libero 003Z」に緊急地震速報に対応するためにネットワーク経由による本体ファームウェアのアップデートサービス「ソフトウェア更新」を2011年11月15日(火)から提供開始することをお知らせしています。

今回の更新での変更内容は、以下の2点となります。

1) 緊急地震速報への対応(詳しくはこちら)。
【緊急地震速報アプリ】が追加されます。
  ※ システムアップデート後、緊急地震速報の設定が「利用する」になっています。
  ※ 緊急地震速報を「利用する」にしている場合、1回の充電あたりのご利用時間が短くなることがあります。

  <<設定確認手順>>
  【緊急地震速報アプリ】→【メニューボタン】 → 【受信設定】

2) ソフトウェア更新機能追加
003Z本体にて、3G/Wi-Fi回線を利用したソフトウェア更新ができるようになります。
※ 上記以外にも、より快適にご利用いただくための内容が含まれております。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。