S-MAX

コラボ

ファッションブランド「トム ブラウン」とコラボしたSIMフリーフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip Thom Browne Edition」が即日完売に


日本国内初のSIMフリー直販モデル「Galaxy Z Flip Thom Browne Edition」が即日完売!

既報通り、サムスン電子ジャパンが旗艦店「Galaxy Harajuku」および「Thom Browne」店舗(全国9店舗)にてSIMフリーのフォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Flip Thom Browne Edition(型番:SM-F700J)」を台数限定で2020年5月15日(金)に発売しました。

Galaxy Z Flip Thom Browne Editionは価格が価格は297,000円(金額はすべて税込)ながら5月13日の予約開始直後に初回納入分はすぐに受付を終了し、追加納入もしていましたが、同社は18日、発売日の5月15日に販売数すべてが完売したと発表しています。

なお、同社ではベースモデルのau向け「Galaxy Z Flip(型番:SCV47)」は引き続いてGalaxy Harajukuを含むau取扱店および「au Online Shop」などにて購入可能だとしています。auでの価格は本体価格が179,360円で、かえトクプログラム適用時の残価は59,760円に設定されているので実質負担額は119,600円(5,200円/月×23回)です。

続きを読む

この没入感は何ごと!?映画「THE GUILTY(ギルティ)」とソニーモバイルのオープンイヤーステレオヘッドセット「STH40D」のコラボが実現した新たな体感型イベントを紹介【レポート】

3dd31aa9.png
映画「THE GUILTY(ギルティ)」体感型鑑賞イベントに行ってきた!

全国で2月22日(金)から公開予定の「THE GUILTY(ギルティ)」は、デンマーク発の新感覚サスペンス映画だ。ヤコブ・セーダーグレンが演じる主人公アスガー・ホルムが“今”まさに誘拐されているという女性からの緊急通報を受け、電話だけで事件を解決しようするストーリー。画面に登場するのはほぼアスガーのみで、電話の向こうの状況や相手の声はすべて音だけで表現するという斬新な手法だ。

一般公開に先駆けて、配給元のファントム・フィルムが2月20日に都内で体験型イベントを実施した。イベントは「Xperia」シリーズのスマートフォン(スマホ)やその周辺機器などを手掛けるソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)とのコラボ企画で、報道陣や関係者に加え、一般の観客も招待されて実施された。

そのため、ソニーモバイルが昨年発売した装着した状態で外音も聞こえるデュアルリスニングスタイルのヘッドセットであるオープンイヤーステレオヘッドセット「Xperia Ear Duo」と「STH40D」を装着して映画を観るというイベントとなった。

ただし、映画の斬新な手法と合わせて、ただヘッドセットをして映画を観るというのではなく、劇中の電話相手の声や電話から聞こえるさまざまな音がヘッドセットから聞こえてくるのだ。一方、電話の向こう側の音以外は、シアターの音響設備から聞こえるとい仕掛けで、より主人公アスガーの環境に近い状態を再現。新たな体感型の映画体験が実現したのだ。

続きを読む

ソニーモバイルが「ソードアート・オンライン アリシゼーション」とスマートプロダクト「Xperia Ear Duo」のコラボを発表!アスナのボイスやスペシャルパッケージセットの予約を開始

3dd31aa9.png
現在放送中のTVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」と「Xperia Ear Duo」がコラボ!

ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)は20日、今年4月に発売した、耳をふさがず周囲の音を聞きながら音楽やコミュニケーションを楽しめるスマートプロダクト「Xperia Ear Duo」と、現在放送中のTVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」とのコラボレーションについて、専用プラグインの配信およびスペシャルパッケージを発売すると発表した。

TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」は、川原礫氏による小説「ソードアート・オンライン」が原作。2012年と2014年にTVアニメ化され、昨年2月には「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」(以下、劇場版SAO)が公開、今年4月にはスピンオフ作品「ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」がTVアニメ化されている。

劇場版SAOが公開された際には、ソニーモバイルのイヤホン型ウェアラブルデバイス「Xperia Ear」とのコラボ製品を販売しており、「Xperia Ear」シリーズの製品としては2回目のコラボとなる。

続きを読む

ソニーストア銀座で「劇場版ソードアート・オンライン」とコラボした「Xperia Ear」やハイレゾ対応ウォークマン、ヘッドホンを展示中!どんな感じか見に行ってみた【レポート】


ソニーストア銀座で「劇場版ソードアート・オンライン」とのコラボモデルを展示中!

既報通り、ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニーモバイル)とソニーマーケティングは2月22日に現在上映中の映画「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」(以下、劇場版SAO)とコラボレーション(コラボ)した製品を発表している。

ソニーモバイルが「劇場版ソードアート・オンライン」とイヤホン型ウェアラブル「Xperia Ear」のコラボを発表!アスナのボイスやスペシャルパッケージセットの販売を開始
ソニーマーケティングが「劇場版ソードアート・オンライン」モデルのハイレゾ対応ウォークマンとヘッドホンを期間限定で販売中

ソニーモバイルでは昨年11月に発売したイヤホン型のウェアラブル「Xperia Ear」において、アシスタント音声を同作ヒロインの結城明日奈/アスナ(CV:戸松遥)の声に変更できるプラグインアプリを2017年3月17日(金)からGoogle Play ストアで配信する予定だ。

さらに「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-× Xperia Earコラボレーション スペシャルパッケージセット」(型番:XEA10SAOJP/B)をソニーストアで販売中。こちらは2017年4月28日(金)11時までの期間限定販売となっている。

一方、ソニーマーケティングは劇場版SAOとコラボしたハイレゾ音源対応のウォークマンおよびワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットを販売している。こちらの製品も2017年4月28日(金)11時までの期間限定販売。

いずれの製品もリリース時点で、ソニーストア 銀座・名古屋・大阪・福岡天神での展示がアナウンスされている。そこで、今回はソニーストア銀座での展示をレポートする。

続きを読む

ソニーマーケティングが「劇場版ソードアート・オンライン」モデルのハイレゾ対応ウォークマンとヘッドホンを期間限定で販売中

3dd31aa9.png
超ヒット映画「劇場版ソードアート・オンライン」とコラボしたウォークマンとヘッドセットが販売中!

ソニーマーケティングは2月22日、現在公開中の映画「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」(以下、劇場版SAO)とコラボレーションしたハイレゾ音源対応のウォークマンおよびワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットを同日15時から2017年4月28日(金)11時までの期間限定で販売すると発表した。

劇場版SAOは、川原礫氏による小説「ソードアート・オンライン」が原作で、2012年と2014年にTVアニメ化され、先月18日からシリーズ初の劇場版が全国の映画館で公開されている。公開11日目となる2月28日(火)の時点で、約70万人を動員、興行収入も10億円を突破するなど、大ヒットしている。

公開前からさまざまなプロモーションを展開し、各種コラボも実施している劇場版SAOは、劇中でも実在する店舗名や企業名が登場し、そうした企業と連携したコラボ企画も積極的に展開している。

今回のコラボ商品となるステレオヘッドセット(h.ear on Wireless NC)も、ヒロインの結城明日奈が劇中で着用している。


SWORD ART ONLINE THE MOVIE Ordinal Scale
Meets Sony Hi-Res Audio


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。