S-MAX

スマートフォン

中国ではOPPOが1位、vivoが2位と新興企業の躍進が顕著!IDC、中国市場における2016年第3四半期スマホ出荷台数シェアを発表――国外企業ではAppleが5位と健闘


中国で四半期ながらOPPOがトップに!駅構内を埋め尽くす巨大広告、今年3月の中国・深圳市にて撮影

米国の調査会社であるIDCは26日(現地時間)、中国市場における2016年第3四半期(2016年7〜9月)のスマートフォン(スマホ)出荷台数のシェアを公表しました。公表された内容によると、中国市場におけるスマホ販売シェアは地元の新興企業「OPPO(オッポ、欧珀)」が17.5%と初めて首位に立っており、同じく地元の新興企業である「vivo(ビボ、維沃)」が16.7%と2位に続いています。

また前回までトップだった日本でも販売を活性化させている「Huawei(ファーウェイ、華為技術)」が15.7%と第3位、中国のAppleとして一時は勢いがあった「Xiaomi(シャオミ、小米科技)」で8.7%と第4位、米国「Apple」がシェアは7.1%と第5位なりました。なお、中国市場全体の2016年第三四半期の出荷数は前年比5.8%増加となる1億1510万台となり、今後更なる内需の増加が見込まれます。

続きを読む

ZTEのフラッグシップの実力をチェック!SIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」の性能をベンチマークや艦これで試してみた【レビュー】


ZTEの新スマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」の性能をベンチマークで検証!

ZTEジャパンから10月21日に発売されたSIMフリースマートフォン(スマホ)「AXON 7」および「AXON 7 mini」(ともにZTE製)。

ZTEの最新フラッグシップスマホであるAXON 7とその小型・廉価版のAXON 7 miniですが、ともに基本性能だけでなく注力したオーディオ性能、そして流れるようなデザインが美しいコストパフォーマンスの高いモデルとなっています。価格はオープンながらメーカー希望小売価格(税別)でAXON 7が59,800円、AXON 7 miniが39,800円。

これまでに開封レポートプリインストールアプリや基本機能の紹介などをお送りしましたが、今回はこれらのAXON 7とAXON 7 miniの2機種でベンチマークアプリを使って性能をチェックしましたので、比較しながら紹介していきたいと思います。


続きを読む

極まったオーディオ機能が魅力的なZTEのSIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」の基本機能やプリインアプリを紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
「AXON 7」と「AXON 7 mini」のプリインアプリや基本機能をチェック!違いを探してみた!

ZTEジャパンから10月21日に発売された高性能ながら高いコストパフォーマンスと高いサウンド性能が大きな魅力となっているSIMフリースマートフォン(スマホ)「AXON 7」および「AXON 7 mini」(ともにZTE製)。

5.5インチと大きめの画面にフラグシップクラスのハイエンドスペックモデルなAXON 7とリーズナブルな価格帯でありながら、AXON 7と同等クラスの高音質音源にバランスの良い端末性能が嬉しいAXON 7 mini。価格(税別)はAXON 7が59,800円、AXON 7 miniが39,800円。

前回は両機種を開封して外観や付属品を紹介しましたが、今回は引き続き、こちら2機種のプリインストールされているアプリと基本機能を比較しながら紹介していこうと思います。


続きを読む

2016 Japan IT week 秋:日本HP、有線Continuum対応のWindows 10 Mobileスマホ「Elite x3」やモバイル回線対応のWindowsタブレット「Elite x2 1012 G1」を展示【レポート】

6c3fcff1.jpg
日本HPのブースでハイエンドWindowsスマホと単独でネット接続可能な2in1が展示!!キミならどっち!?

千葉県にある幕張メッセにて2016年10月26日(水)から10月28日(金)の3日間に渡ってリードエグジビジョンジャパン主催の8つの展示会(クラウドコンピューティングエキスポ 秋・情報セキュリティエキスポ 秋・Web&デジタルマーケティングエキスポ 秋・モバイル活用展 秋・データセンター展 秋・ビッグデータ活用展 秋・通販ソリューション展 秋・M2M展 秋)からなる法人向けを中心としたIT関連の総合展示会「2016 Japan IT week 秋」が開催されました。

モバイル関連の企業も多数出展しているということで、今回も取材へ行ってまいりました。そこで回にわたってブースレポートなどをお送りしていきたいと思います。

まずはじめの本記事は、モバイル活用展エリアの日本HP(ヒューレット・パッカード)のブースにて、先日販売開始されたばかりのOSにWindows 10 Mobileを採用したSIMフリーフラグシップスマートフォン(スマホ)「HP Elite x3」やLTEデータ通信に対応したWindowsタブレットPC「HP Elite x2 1012G1」が展示されていましたので紹介します。


続きを読む

ITpro EXPO 2016:パナソニック、スマホとしても利用できる超堅牢なハンディターミナル「TOUGHPAD FZ-N1」を展示!購入手段なども聞いてきた【レポート】

6c3fcff1.jpg
スマホとして使える片手操作OKのTOUGHPAD!見たらきっと欲しくなる!?

東京・東京ビッグサイトにて2016年10月19日(水)から10月21日(金)の3日間に渡って日経BPが主催するIT技術や関連するビジネスの展示会「ITpro EXPO 2016」(イベント「Cloud Days 2016」および「ビッグデータEXPO 2016」、「Security&Governance 2016」、「Mobile Wearable 2016」、「IoT Japan 2016」、「FACTORY 2016」、デジタルヘルスDAYS 2016」、「eドキュメント JAPAN 2016」も併催)が開催されました。

今回はこのうちのモバイル&ウェアラブルエリア内のパナソニックブースにて2016年4月から販売されているAndroidスマートフォン(スマホ)としても利用可能な法人向けタブレット「TOUGHPAD FZ-N1」が展示されていたので、写真を交えて紹介します。


続きを読む

ZTEのSIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」が発売!臨場感抜群のサウンド性能が魅力のハイエンドモデルを開封してパッケージや同梱品などを紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
注目のZTEの新しいSIMフリースマホ「AXON 7」と「AXON 7 mini」を開封!内容物をチェックした

ZTEジャパンから本日10月21日に発売された高い基本性能と強力なサウンド性能が特長のSIMフリースマートフォン(スマホ)「AXON 7」および「AXON 7 mini」(ともにZTE製)。どちらも価格対性能比の非常に良い高いコストパフォーマンス(高コスパ)というだけではなく、高品質なオーディオコンバーターと「Dolby Atmos」と呼ばれる音響システムを搭載するなど、コダワリ派も納得の非常に尖った製品となっています。

特にフラグシップに位置づけられているAXON 7はハイエンドにもかかわらず、税抜なら6万円を切る価格であるなど、SIMフリーのハイエンドスマホとして特に手にしやすい1台となっています。価格はAXON 7が59,800円、AXON 7 miniが39,800円。

今回、ZTEジャパンからAXON 7とAXON 7 miniの2機種を借りましたので数回に分けてレビューしていきたいと思います。まずは製品版が届きましたので、2機種まとめて開封して個装箱や同梱物を紹介します。


続きを読む

au向け新スマホ「Xperia XZ SOV34」を写真と動画で紹介!トリプルセンサーの高性能カメラ搭載と高純度メタル素材で美しく生まれ変わったソニーのフラッグシップ【レポート】


Xperia XZのau版はどうなってる!?写真でチェックしてきました!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は18日、au向け「2016年冬モデル」として新しいAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を搭載したスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ SOV34」(ソニーモバイルコミュニケーション製)を発表しました。

ソニーブランドの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ」は今年になって新たに投入された「Xperia X」シリーズにおける最上位モデル(今夏モデル「Xperia X Performance SOV33」はあくまでXperia Xの派生モデルという立ち位置)で、フラグシップに相応しい高いスペックを持っています。

特に新たに色を識別するための「RGBC-IRセンサー」が追加されて"トリプルセンサー"となり、さらにスマホとしては世界初の5軸手ぶれ補正に対応したリアカメラが特長です。また外観も高純度メタルボディーによる滑らかで一体感のあるデザインとなっています。

発売時期は2016年11月上旬を予定し、価格は本体価格が73,440円、実質負担額で新規契約および機種変更なら37,800円から、他社から乗り換え(MNP)なら16,200円からとなっています(すべて税込)。

今回はさっそく先行展示を実施している旗艦店「au SHINJUKU」(東京・新宿)にてXperia XZ SOV34をタッチ&トライしてきましたので、実際に実機の外観や操作などを試してきました模様を写真と動画で紹介したいと思います。

続きを読む

大容量5000mAhバッテリー搭載ながら8.7mmと薄型のSIMフリースマホ「FREETEL RAIJIN 雷神」を写真と動画でチェック!4GB RAMやDSDSなどで2万9800円と高コスパに【レポート】


FREETEL期待の新型スマホは大容量バッテリー搭載の高コスパモデル!RAIJINを写真と動画で紹介

既報通り、プラスワン・マーケティングは6日、同社の携帯電話サービス・SIMフリー製品のブランド「FREETEL」の新製品・新サービス発表会「FREETEL World 2016 Fall/Winter」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「SAMURAI KIWAMI 極 2」や「RAIJIN 雷神」など多数の発表を行いました。

このうちのRAIJINは5000mAhという大容量バッテリーを搭載した"スタミナモンスター"と名付けられていますが、それ以外にも4GB内蔵メモリー(RAM)や指紋センサー、デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)、USB Type-C端子、Android 7.0(開発コード名:Nougat)などで、価格は29,800円(税別)とリーズナブルなのが魅力となっています。

今回はこの2016年12月に発売予定のRAIJINについて発表会のタッチ&トライコーナーにて実際に手に取ることができましたので、外観を写真と動画で紹介していきます。なお、展示されていたものは開発途中のもので、PINコードによる動作ロックがかけられており、実際に操作をしたりはできませんでしたので、あらかじめご了承ください。

続きを読む

世界標準品質を低価格で!日本初のAndroid Oneスマホ「507SH」に自信を見せたY!mobileの新製品説明会を写真とともに解説【レポート】

androidone-001
Android Oneはスマホのスタンダードになり得るか!?Y!mobile向け「507SH」の説明会を紹介

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の「新製品に関する記者説明会」を都内で開催し、日本国内向けでは初投入となる「Android One」シリーズの防水・防塵対応スマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を2016年7月下旬に発売すると発表しました。

もともと新興国向けのアップデートプログラムとして展開が開始されたAndroid Oneですが、現在はその立ち位置を拡大して各国・地域に合わせた「Nexus」シリーズのようなGoogleが提唱するスマホの「リファレンスデザイン」的な存在になっています。これまで日本ではAndroid Oneの製品は発売されておらず、この507SHが国内初となります。

本記事では説明会でのプレゼンテーションの模様を紹介し、Y!mobileの狙いなどを解説します。なお、507SHの性能や機能についてはすでに紹介している写真・動画レポート記事をご覧ください。

続きを読む

国内初「Android One」のY!mobile向けシャープ製スマホ「507SH」を写真と動画でチェック!次期バージョン「Android 7.0 Nougat」も早めに提供予定【レポート】

6c3fcff1.jpg
国内初のAndroid Oneスマホ!シャープのY!mobile向け「507SH」を写真と動画で紹介

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の「新製品に関する記者説明会」を都内で開催し、日本国内向けでは初投入となる「Android One」シリーズの防水・防塵対応スマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を2016年7月下旬に発売すると発表しました。

Android Oneシリーズの当初のコンセプトは「低価格で提供することでAndroidの利用者を獲得していく」ことですが、一方で投入国・地域のメーカーや携帯電話会社と協力してその国・地域に合わせた機能やサービスを提供することもあり、今回の507SHも防水・防塵やワンセグを搭載するなど、Googleが企画・開発する「Nexus」シリーズにはない機能を有しています。

今回は発表会場にて展示機をタッチ&トライしてきましたので、その模様を写真と動画を交えて紹介します。なお、詳細な製品情報は「ソフトバンク、Y!mobile向けに日本初&国内メーカー初の「Android One」となるシャープ製スマホ「507SH」を発表!7月下旬発売で実質1〜2万円程度ーー購入時SIMロックありで解除に対応 - S-MAX」も合わせて参照してください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。