S-MAX

スマートフォン

世界標準品質を低価格で!日本初のAndroid Oneスマホ「507SH」に自信を見せたY!mobileの新製品説明会を写真とともに解説【レポート】

androidone-001
Android Oneはスマホのスタンダードになり得るか!?Y!mobile向け「507SH」の説明会を紹介

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の「新製品に関する記者説明会」を都内で開催し、日本国内向けでは初投入となる「Android One」シリーズの防水・防塵対応スマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を2016年7月下旬に発売すると発表しました。

もともと新興国向けのアップデートプログラムとして展開が開始されたAndroid Oneですが、現在はその立ち位置を拡大して各国・地域に合わせた「Nexus」シリーズのようなGoogleが提唱するスマホの「リファレンスデザイン」的な存在になっています。これまで日本ではAndroid Oneの製品は発売されておらず、この507SHが国内初となります。

本記事では説明会でのプレゼンテーションの模様を紹介し、Y!mobileの狙いなどを解説します。なお、507SHの性能や機能についてはすでに紹介している写真・動画レポート記事をご覧ください。

続きを読む

国内初「Android One」のY!mobile向けシャープ製スマホ「507SH」を写真と動画でチェック!次期バージョン「Android 7.0 Nougat」も早めに提供予定【レポート】

6c3fcff1.jpg
国内初のAndroid Oneスマホ!シャープのY!mobile向け「507SH」を写真と動画で紹介

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は5日、携帯電話ブランド「Y!mobile」の「新製品に関する記者説明会」を都内で開催し、日本国内向けでは初投入となる「Android One」シリーズの防水・防塵対応スマートフォン(スマホ)「507SH」(シャープ製)を2016年7月下旬に発売すると発表しました。

Android Oneシリーズの当初のコンセプトは「低価格で提供することでAndroidの利用者を獲得していく」ことですが、一方で投入国・地域のメーカーや携帯電話会社と協力してその国・地域に合わせた機能やサービスを提供することもあり、今回の507SHも防水・防塵やワンセグを搭載するなど、Googleが企画・開発する「Nexus」シリーズにはない機能を有しています。

今回は発表会場にて展示機をタッチ&トライしてきましたので、その模様を写真と動画を交えて紹介します。なお、詳細な製品情報は「ソフトバンク、Y!mobile向けに日本初&国内メーカー初の「Android One」となるシャープ製スマホ「507SH」を発表!7月下旬発売で実質1〜2万円程度ーー購入時SIMロックありで解除に対応 - S-MAX」も合わせて参照してください。

続きを読む

2016 Japan IT Week 春:日本エイサー、有線接続のContinuumに対応したWindows 10 Mobileスマホ「Acer Liquid Jade Primo」の国内発売を改めて表明【レポート】

6c3fcff1.jpg
AcerのWindows 10 Mobile搭載フラグシップスマホ「Jade Primo」がいよいよ日本で登場!

東京・お台場にある「東京ビッグサイト」にて2016年5月11日(水)~13日(金)の3日間に渡って開催されているIT技術やサービスなどに関連する12つの展示会が合同で行われるイベント「2016 Japan IT Week 春」。

今回は日本ノーベルのブースにおけるセミナーにて講師を担当した日本エイサーがAcerのWindows 10 Mobileスマートフォン(スマホ)「Liquid Jade Primo」を日本向けに発売が決定したことを明らかにしました。

Liquid Jade Primoは昨年9月にグローバル向けが発表され、その後、昨年10月に日本エイサーが開催した発表会にて日本市場への投入の意向があることを表明していましたが、いよいよ発売するようです。

OSにWindows 10 Mobileを搭載したSIMフリーのハイエンドスマホで、現時点で国内にて販売されている製品ではサポートしている機種がない有線接続での「Continuum for Phone」に対応に対応しています。

また、セミナーに登壇後、講師を務めていた日本エイサーの担当者にLiquid Jade Primoの実機をタッチ&トライさせてもらえましたので、その模様を写真で紹介します。


続きを読む

i-dio以外にTVもラジオもOK!国内唯一のV-Lowマルチメディア放送チューナー内蔵スマホ「i-dio Phone」の内蔵アプリを紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
実はトリプルチューナー!なi-dio Phoneのプリセットアプリを紹介!

今年3月にスタートする新しい放送サービス「i-dio(V-Lowマルチメディア放送)」に対応したCovia製スマートフォン(スマホ)「i-dio Phone」。

SIMフリーながらV-Lowマルチメディア放送に加え、地上波テレビ(ワンセグ)や広域FMラジオに対応しており、放送受信機能の充実ぶりが目立ちますが、(これに限ったことではありませんが)一部の大型店などを除くとなかなか実際どういった製品なのかを確認することができません。

そこで、前々回および前回の開封および外観の紹介に続いて、今回はi-dio Phoneの内蔵アプリなどを解説・紹介していこうかと思います。

続きを読む

新放送サービス対応が目玉だけど性能は堅実!V-Lowマルチメディア放送対応SIMフリースマホ「i-dio Phone」の外観や基本性能を写真で紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
初のV-Lowマルチメディア放送「i-dio」対応のSIMフリースマホを写真でチェック!

昨年12月に発売された日本初のV-Lowマルチメディア放送チューナー内蔵スマートフォン(スマホ)「i-dio Phone」(Covia製)・

前回の開封レポートに続き、今回はi-dio Phoneの外観や基本的な機能などを写真でチェックしていきます。

続きを読む

3月から放送開始のi-dio(V-Lowマルチメディア放送)受信機能を内蔵した唯一のスマホ「i-dio Phone」を購入!パッケージや同梱品を紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
3月の放送開始に先駆けて発売されたi-dio Phoneを入手!さっそく開封!!

SIMフリーの携帯電話ブランドとして「FLEAZ」シリーズを展開しているCoviaから昨年12月17日に発売されたスマートフォン(スマホ)「i-dio Phone」。

最大の特長は今年3月から提供が開始される新放送サービス「i-dio」(V-Lowマルチメディア放送)のチューナーを内蔵している点で、現時点(2016年1月25日現在)では唯一の対応スマホとなります。

今回は、そんなi-dio Phoneを購入しましたので、さっそく開封の儀を執り行い、外箱や同梱物を写真で紹介します。

続きを読む

中身はシンプル!コスパの良いSIMフリーなハイスペックスマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI」のプリインアプリとSIMカードスロット注意点を解説【レビュー】

6c3fcff1.jpg
SAMURAI KIWAMIの内蔵アプリとひとクセあるSIMカードスロットを解説!

発売から1週間が経過し、メーカーの公式Webページでは現在も(受注生産の和柄を除き)品切れの状態が続いているSIMフリーブランド「FREETEL」のハイスペックモデルのAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI KIWAMI(極)」(プラスワン・マーケティング製)。

今回は、SAMURAI KIWAMIにプリインストールされている内蔵アプリの一覧とちょっと特殊な仕様になっているSIMカードスロットについて紹介します。

続きを読む

高性能なのにリーズナブル!6インチWQHD液晶やオクタコアCPU、3GB RAMなどを搭載したAndroidスマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI」の実力をベンチマークでチェック【レビュー】

6c3fcff1.jpg
コスパの良いFREETELのハイスペックスマホの性能はいかに!?

約4万円という価格でありながら6インチWQHD(1440×2560ドット)液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載した「FREETEL」ブランドから発売されたハイスペックなAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI KIWAMI(極)」(プラスワン・マーケティング製)。

今回はベンチマークアプリを使用してSAMURIA KIWAMIの性能がどのくらいのものか、見てみたいと思います。

続きを読む

漆塗りに金が映える特殊加工ボディーの完全受注生産なSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI KIWAMI Limitedモデル」を購入!開封してパッケージや外観を紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
気になる限定モデルのパッケージってどんなの?

SIMフリーの携帯電話ブランド「FREETEL」ブランドを展開しているプラスワン・マーケティングから新たに11月20日に発売となったハイエンドモデルのAndroidスマートフォン(スマホ)「FREETEL_SAMURAI KIWAMI(極)」。

6インチWQHD(1440×2560ドット)ディスプレイや2GHzオクタコアCPU、約2100万画素リアカメラといった高性能な機種でありながら、税別価格が4万円を切るというハイコストパフォーマンスさが特徴のファブレットサイズのスマホです。

今回、筆者はSAMURAI KIWAMIの完全受注生産の限定モデル「和柄」を購入しました。そこで、さっそく開封の儀を執り行いましたので、個装箱や内容物を写真を交えて紹介していきます。

続きを読む

超コンパクトでしまう場所を選ばないのが魅力!上海問屋のスマホなどでUSBホスト機能が使える超小型「USB OTG対応 USB → microUSB変換アダプタ」を紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
あると便利な変換コネクタ!場所も取らないから2、3個持っとこう!!

みなさんはAndroidをはじめとするスマートフォン(スマホ)やタブレットのmicroUSB端子にキーボードやマウスなどのさまざまなUSB機器を接続して使ったことはありますでしょうか?

これらはUSBホスト(外部のUSB機器を接続・利用するための機能)が利用できる「USB OTG(On The Go)」規格を利用していますが、対応製品は比較的多いのに意外と知られていなかったりします。また、USBホスト機能を利用するためにはスマホなどがOTGに対応していないとはじまりませんが、さらにはじめからmicroUSB端子の機器を接続する、あるいは、フルサイズUSB端子からmicroUSB端子へ変換するアダプターを使うことで利用できます。

そこで今回は、USBホスト機能に対応したスマホなど向けの超小型サイズのUSB端子からmicroUSB端子へ変換するアダプター「USB OTG対応 USB → microUSB変換アダプタ」を紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。