S-MAX

ファーウェイ

Huawei、Honor事業を深圳市と代理店などが共同設立した新会社に売却!株式保有や経営関与などはせず、アメリカによる規制を回避へ


ファーウェイがオナー事業を売却!新会社でスマホなどを開発・販売へ

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)の親会社で持株会社のHuawei Investment & Holdingは17日(現地時間)、ファーウェイがこれまで展開してきた「Honor」ブランドにおけるスマートフォン(スマホ)などの開発・製造・販売を行う事業(以下、Honor事業)をZhixin New Information Technologyに売却すると発表しています。

Zhixin New Information TechnologyはSmart City Technology DevelopmentとHonorブランドの30以上の販売代理店などによって共同で設立された新会社で、売却後はZhixin New Information TechnologyがHonorブランドの全資産を保有し、ファーウェイは新会社の株式を保有したり、経営管理や意思決定に関与したりすることはないという。

またSmart City Technology Developmentは中国・広東省深圳市の政府機関である深圳市人民政府国有資産監督管理委員会が保有しており、今後はHonorブランドの販売代理店などを中心に深圳市がサポートしながらHonorブランドを展開していくことになります。

続きを読む

アメリカがQualcommに対してファーウェイへ4G対応SoCなどの販売を許可とロイターが報じる!5G対応製品は含めず、弱体化狙う


ファーウェイ、SoCの備蓄が尽きてスマホ事業継続が困難になる可能性も!

Reuters(以下、ロイター)は15日(現地時間)、アメリカ政府がQualcommに対して中国の通信機器メーカーであるHuawei Technologies(華為技術、以下「ファーウェイ」)およびその関連企業に携帯電話など向けの4Gに対応したチップセット(SoC)の販売を2020年11月13日に認可したと報じています。

ファーウェイは昨年5月にアメリカの商務省・産業安全保障局(BIS)によって輸出規制リスト(Entity List)に追加されており、アメリカが保有する技術やアメリカの企業の製品を購入できない状況となっており、特にSoCについては今年5月から制限が厳しくされています。

そうした中で今回、Qualcommがファーウェイに対して4G対応のSoCを販売できる許可を得たとされ、今後、ファーウェイがQualcommのSoCを購入すれば、スマホの開発・製造を継続できるようになります。なお、具体的なSoCは開示されず、5Gに対応したSoCについて認可するかどうかは不明だとしています。

続きを読む

ファーウェイがSIMフリースマホ「P40 Pro 5G」と「Mate 30 Pro 5G」の最新OS「EMUI 11」を12月下旬に提供予定!先行テスターを募集中


SIMフリースマホ「HUAWEI P40 Pro 5G・Mate 30 Pro 5G」のEMUI 11が12月下旬へ!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は30日、SIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P40 Pro 5G(型番:ELS-NX9)」および「HUAWEI Mate 30 Pro 5G(型番:LIO-N29)」(ともにHuawei Technologies製)について最新プラットフォーム「EMUI 11」へのバージョンアップを含むソフトウェア更新を先行して試せるベータテスターを募集するとお知らせしています。

募集人数はそれぞれ200人で、両機種ともに応募期間は2020年10月30日(金)~11月10日(火)まで、アップデートの連絡は2020年11月11日(水)以降、テスト期間は2020年11月11日(水) ~12月2日(水)まで。なお、応募多数の場合には抽選となるとのこと。

対象者にはのEMUI 11.0へのソフトウェア更新が提供開始される予定。さらにEMUI 11.0の正式版が2020年12月下旬に提供開始される予定としていますが、品質向上のため遅れる場合もあるということです。なお、EMUI 11はAndroidベースではありますが、最新バージョン「Android 11」ではなく既存の「Android 10」ベースとなっているとのこと。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパンが11月17日11時からオンラインで新製品発表会を開催!公式YouTubeチャンネルにてライブ中継。軽さと美しさがテーマ


ファーウェイが日本向け新製品発表会を11月17日に開催!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は2日、同社の公式Twitterアカウント( @HUAWEI_Japan_PR )にて2020年11月17日(火)11:00から「ファーウェイ新製品発表会」をオンラインで開催するとお知らせしています。発表会の模様は公式YouTubeチャンネル( https://https://youtu.be/Ybm5PgBAxP4 )にてインターネット経由による配信が行われるとのこと。

発表会は「軽さと美しさ」がフィーチャーされた製品となる模様で、スマートフォン(スマホ)やタブレット、パソコン(PC)などといった製品ジャンルは不明となっています。同社では今年9月に開催した新製品発表会ではスマートウォッチ「HUAWEI WATCH GT2 Pro」と「HUAWEI WATCH FIT」を発表しました。

なお、すでにタブレット「HUAWEI MatePad T 10(型番:AGR-L09)」(認証番号:018-200187)や「HUAWEI MatePad T 10s(型番:AGS3-L09)」(認証番号:018-200186)が日本向けの認証(いわゆる「技適」)を取得しており、これらを投入する可能性はあるかもしれません。

続きを読む

新プレミアムスマホ「HUAWEI Mate 40・Mate 40 Pro・Mate 40 Pro+」や「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 40 RS」を発表!Kirin 9000搭載


HUAWEI Mate 40・Mate 40 Pro・Mate 40 Pro+・Mate 40 RSが登場!

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は22日(現地時間)、オンライン発表会「Leap Further Ahead」を開催し、新たに次期プレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 40」および「HUAWEI Mate 40 Pro」、「HUAWEI Mate 40 Pro+」、「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 40 RS」などを発表しています。各機種ともに発売日は案内されませんでしたが、今秋より順次グローバル市場にて販売されます。

価格は欧州ではHUAWEI Mate 40(8GB RAM+128GBストレージ)が899ユーロ(約111,000円)、HUAWEI Mate 40 Pro(8GB RAM+256GBストレージ)が1,199ユーロ(約149,000円)、HUAWEI Mate 40 Pro+(12GB RAM+256GBストレージ)が1,399ユーロ(約173,000円)、HUAWEI Mate 40 RS(12GB RAM+512GBストレージ)が2,295ユーロ(約284,000円)となっています。

現時点では日本における販売については明らかにされていませんが、昨年の「HUAWEI Mate 30」シリーズも「HUAWEI Mate 30 Pro 5G」が発売されましたし、何らかのモデルが投入される可能性はありそうなので期待したいところです。なお、各機種ともにGoogle PayストアやGmailなどのGMSには非対応で、HUAWEI AppGalleryやHMSに対応しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。