S-MAX

モバイルシアター

プロジェクター内蔵のSoftBank向け多機能Androidデバイス「モバイルシアター 502ZT」のSIMロックを解除して他社のSIMカードを試してみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
プロジェクター搭載の超個性派Androidをソフトバンク以外でも!

SoftBank向けに2015年11月から販売されているプロジェクター搭載という国内向けとしては非常に珍しい特長を持つZTE製Androidデバイス「モバイルシアター 502ZT」(ベースモデルは「Spro2」)。

Softbankを含む各携帯電話会社では2015年5月以降に発売した機種については基本的にSIMロック解除に対応させており、モバイルシアター 502ZTも正式にロック解除対象機種になっています。

そのため、モバイルシアター 502ZTも購入後半年経てば、他のスマートフォン(スマホ)やタブレットと同様にソフトバンクショップ店頭への持ち込みやサポートWebサイト「My SoftBank」でのSIMロック解除を行うことができます。

今回は、そんなモバイルシアター 502ZTのSIMロック解除をさっそく行ってみましたので、合わせてSoftBank以外のSIMカードを試してみました。それらの模様を紹介します。

続きを読む

【年末企画】SIMフリーの選択に幅が出たことに喜びつつも個性派モデルの少なさに残念さを感じた2015年を振り返る(個性派端末大好き兼業ライター・河童丸編)


独断と個人的すぎる視点故、何の役にも立たない河童丸の2015年振り返り

みなさん、今年はスマートフォン(スマホ)などのガジェット(端末)を何台買いましたか?普通だか一般的だかでは恐らく1~2台当たりだとは思いますが……今年も残り10日を切り、携帯電話市場もキャリアやメーカー、ショップなどの年末セールやキャンペーンの真っただ中に"歳末"を感じている個性派端末大好きの兼業ライターの河童丸です。

今回は恒例の「年末企画」である"2015年の振り返り"ということで、筆者の主観100%な「今年筆者が手を出した端末」を全部振り返りつつ、その中で特に良かったものを3機種挙げていこうかと思います。

続きを読む

ソフトバンクのZTE製プロジェクター搭載Android多機能デバイス「モバイルシアター 502ZT」をモバイルチューナーと連携させてみたプロジェクターTV編【レビュー】

6c3fcff1.jpg
せっかくの大画面だしモバイルシアターでテレビしちゃおう!

ソフトバンクからSoftBank向けに発売中のプロジェクター搭載Android端末「モバイルシアター(型番:502ZT)」。

今回は「プロジェクターTV編」として、モバイルシアターにモバイル機器向けTVチューナー2種類を接続・連携させて、モバイルシアターを大画面テレビとして利用できるか試してみました。続きを読む

仕事にも遊びにも活用性は無限大!SoftBank向け多機能なAndroidデバイス「モバイルシアター」をWindowsパソコンと接続してみたPC接続編【レビュー】

6c3fcff1.jpg
これが活用法のの大本命!?ビジネスにもホビーにも大活躍!

現在発売中のZTE製SoftBank向けプロジェクター搭載Android端末「モバイルシアター」。

プロジェクター機能を搭載したことによる活用法紹介記事として、これまで「ゲーム機編」や「動画編」と紹介してきましたが、今回はオールマイティーな使い方が活きる「PC接続編」をお送りします。

続きを読む

大画面だからこそ大活躍!SoftBank向け多機能なAndroidデバイス「モバイルシアター」でいろんな映画やコンテンツを楽しでみた動画編【レビュー】

6c3fcff1.jpg
大画面を活かすといえば?やっぱりわかりやすいのは動画だよね!

ソフトバンクからSoftBank向けに発売されたプロジェクター搭載の多機能なAndroidデバイス「モバイルシアター(型番:502ZT)」。

Android搭載のデータ通信デバイスでありながら最大120インチの画面投影が可能な実用的なプロジェクターを搭載しているというかなり異色の製品でもあります。

そんなモバイルシアターを製品コンセプトの通り、さまざまな使い方をしてみようと連載していますが、今回は前回のゲーム編に続き、モバイルシアターの正統派(?)な活用法と思われる「動画編」をお送りします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。