S-MAX

レビュー

アルミニウムボディーで質感の高いタイプC接続のdodocool製4ポートUSBハブを紹介!25%OFFクーポン適用で2千円以下に【レビュー】


アルミボディーのUSB Type-Cハブをレビュー!

表裏のない端子で挿し間違いがなくなるだけでなく、電源供給能力も高いために充電速度も速くなる新しいUSB規格「USB Type-C」。スマートフォン(スマホ)では「Nexus 6P」や「Nexus 5X」、「HUAWEI P9」など、パソコン(PC)でも「新しいMacBook」などと続々と採用されてきています。

これらの製品ではMacBookを含む多くの場合に外部接続がUSB Type-C端子のみとなっており、充電しながら他の周辺機器を使えなかったりします。そこで、これまでにも充電しながら周辺機器を使えるようにいくつかのUSB Type-Cに対応したUSBハブを紹介してきました。

今回もそんなUSB Type-Cハブのひとつである「dodocool USB 3.0 Hub USBハブ USB タイプ-C 4ポート USB 3.0 ハブアダプタ USB-C メス 充電ポート PD付き New MacBook用」を提供いただいたので紹介したいと思います。なお、読者向けにも25%OFFになるクーポンもいただいたので合わせて紹介します。

続きを読む

iPhoneなどのローズゴールドにもぴったり!MFi認定されたdodocool製キーホルダー型Lighning-USBケーブルを紹介ーー25%OFFクーポンも配布【レビュー】


ピンクのキーホルダー型Lighning USBケーブルをレビュー!

iPhoneやiPadなどを使っている場合には充電やパソコンとのやり取りのためにどうしてもLightning端子のUSBケーブルが必要になります。通常は家や会社に置いておけば大抵のケースでは問題ないですが、急遽、外出中に使わなければならないということもあるでしょう。

今回はそんなときにもかばんや鍵などに付けたりして常時携帯しやすいキーホルダー型のLightning-USBケーブル「dodocool 2イン1 ライトニング USBケーブル キーホルダー付き [アップル MFi 認定] 0.51ft iPhone iPad iPod ローズゴールド」を提供いただいたので紹介します。

続きを読む

日本での発売にも期待!Samsungのペン入力に対応した5.7インチスマホ「Galaxy Note7 SM-N930FD」の外観や同梱品を写真で紹介【レビュー】


新しいペン入力対応大型スマホ「Galaxy Note7」の外観や同梱品をレビュー!

サムスン電子が今月2日に新たに発表したペン入力に対応した約5.7インチWQHD(1440×2560ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ搭載の大型スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note7」。発表通り、アメリカや台湾などにて8月19日より販売されており、アメリカでの価格は849.99ドル(約86,000円)となっている。

これまでの「Galaxy Note」シリーズと同様にワコムと技術協力して開発しているSペンによるペン入力に対応し、新たに防水・防塵(IP68準拠)に対応したことで、水に濡れた状態だけでなく水中でもペン入力が可能だという。また、セキュリティーも強化され、指紋認証に加えて虹彩認証にも対応し、USB Type-Cなどの最新仕様や最高性能に対応している。

日本での発売は明らかにされていないものの、すでに日本語ページが用意されていることからなんらかの形での投入が期待されているが、今回は一足先に海外版にて外観や同梱品を写真で紹介したいと思う。

続きを読む

ACとUSBの両方あるなら!リンクスインターナショナルの12000mAhモバイルバッテリー「enerpad AP-12K」でいろいろなものに電力を給電してみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
スマホやノート以外にもいろいろ使える!?コンパクトなAC対応バッテリーを試してみた!

リンクスインターナショナルから8月20日に発売されたACコンセントを備えたノートパソコン(PC)の充電・給電にも対応した大容量12000mAhのモバイルバッテリー「enerpad AP-12K」。

前回はおおまかな仕様や外観、機能の紹介をしましたが、今回は"ネタ編"として「ちょっと変わった機器への充電(給電)や使い方」を試してみましたので、その様子をお伝えします。


続きを読む

モトローラのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」の注目機能デュアルSIM・デュアルスタンバイを写真と動画で紹介!格安SIMなどの動作状況もチェック【レビュー】


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」の注目機能「DSDS」をレビュー!

モトローラ・モビリティ・ジャパンから7月22日に発売された人気となっているSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「Moto G4 Plus(型番:XT1642)」(Motorola Mobility製)。

内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージ(eMMC)の違いによって2GB RAM・16GB eMMCモデルと3GB RAM・32GB eMMCモデルがあり、それぞれ価格が32,800円および35,800円(ともに税別)となっています。販売拠点もAmazon.co.jpに加えて、ビックカメラ系列などのほか、NTTレゾナントの公式Webストア「SIMフリースマホ Moto G4 Plus + 選べるOCNモバイルONEセット 【送料無料】goo SimSeller」でも販売開始され、ようやく在庫も追いついてきた印象です。

前回に少し遅くなったものの、購入したので開封して外観や同梱品を紹介しましたが、今回は注目の日本初デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)について紹介したいと思います。

続きを読む

ACプラグ搭載で電源コンセントが必要なノートPCもOK!リンクスインターナショナルの大容量12000mAhモバイルバッテリー「enerpad AP-12K」を紹介【レビュー】

6c3fcff1.jpg
コンセント対応で汎用性抜群なモバイルバッテリーを紹介!

リンクスインターナショナルが8月20日にACコンセントを備えたノートパソコン(PC)の充電・給電にも最適な大容量12000mAhのモバイルバッテリー「enerpad AP-12K」を発売しました。

このenerpad AP-12Kはカバンに収まる小型ボディーのモバイルバッテリーでありながら、電源コンセントが使えるACプラグ出力ポートとUSB出力ポートの両方を搭載し、 ビジネスやアウトドアに最適なモバイルバッテリーであるということです。

今回、リンクスインターナショナルから製品サンプルの貸し出しを受けることができたので、実際に使って試してみました。価格は現時点で2万円以上とかなり高価ではありますが、まずはenerpad AP-12Kがどういったアイテムなのかを紹介していこうと思います。

続きを読む

スマホもタブレットもPCも入るぞ!雑誌「MonoMax」の2016年9月号付録「BEAMS LIGHTS BIGバッグインバッ​グ」を使ってみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
スマホやタブレット、PCもOK!いろいろ入るMonoMax 2016年9月号付録のバッグインバッグは機動力抜群

宝島社から発行されている男性向けのデジタルアイテムやファッションなどの情報を中心に掲載している毎月10日発売の月刊雑誌「MonoMax(モノマックス)」( http://tkj.jp/max/ )。

これまでにも何度か付録アイテムのレビューをお送りし、付録は使いでの良いものが多いことを紹介してきました。そんな中、現在販売中である「MonoMax 2016年9月号」の付録がスマートフォン(スマホ)やタブレット、ノートパソコン(PC)も一緒に入れられて便利との話題をキャッチ。

さっそく筆者もMonoMax 2016年9月号を購入し、付録のバッグインバッグを入手してみました。今回はこのバッグインバッグがどれだけ便利に使えるか実際に試してみましたので紹介したいと思います。

続きを読む

3千円弱と割安ながら基本機能を装備!お手軽にはじめられるスマホを使ったVRゴーグル「SoundSOUL G3」を使ってみた【レビュー】

スマホを装着してお手軽に360°映像が楽しめるVRゴーグル「SoundSOUL G3」を紹介!

スマートフォン(スマホ)の画面を使ったVR(バーチャルリアリティー)用ゴーグルは、簡易的な紙製のものやタッチインターフェイスを搭載しGalaxy専用の「Gear VR」(サムスン電子製)などさまざまな製品が登場している。

というのも、スマホとVRゴーグルの相性は良く、ケーブルレスで好きな場所で体験できるという特徴があるからだ。映像だけではなく音についてもヘッドホンやイヤホンを使用することでより楽しめるようになっている。

そのため、簡易的なものでも没入感のある360°の静止画や動画が楽しめるほか、通常の2D映像も目の前に広がる大画面シアターのような感覚で楽しむことができる。

これまでにもGear VRだけでなく、最も簡易的な「Google Cardboard」や周辺機器メーカーの割安な製品を紹介してきたが、今回も実売2,750円と割安ながらVRゴーグルとしての基本を抑えた「SoundSOUL G3」(サウンドソウル製)を紹介してみたいと思う。


続きを読む

日本初のデュアルSIMデュアルスタンバイ対応!モトローラの指紋センサー搭載SIMフリースマホ「Moto G4 Plus」を購入したので外観や同梱品を紹介【レビュー】


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」をレビュー!

モトローラ・モビリティ・ジャパンから7月22日に発売されたSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「Moto G4 Plus(型番:XT1642)」(Motorola Mobility製)。日本初のデュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)に対応した機種ということで人気となり、発売当初は在庫がまったくない状態でした。筆者も発売前に「Amazon.co.jp」にて事前予約をしていたものの、予約時期が遅かったのもあって届いたのは8月に入ってからでした。

その後もNTTレゾナントが公式Webストア「SIMフリースマホ Moto G4 Plus + 選べるOCNモバイルONEセット 【送料無料】goo SimSeller」で販売開始するなど、販売拠点は増えているものの、goo SimSellerでも現時点ではホワイトは在庫切れとなっており、Amazon.co.jpでもブラックが1〜3週間以内、ホワイトが3〜5週間以内に配送と在庫薄となっているようです。

また、価格.comの「スマートフォン 人気ランキング」でもXperia X Performanceやarrows M03、HUAWEI P9 liteなどを抑えて1位になっており、購入後の満足度などの評価が高い製品となっています。

今回は少し紹介が遅くなりましたが、そんなMoto G4 Plusを購入したので何回かに分けてレビューしていきたいと思います。まず最初は開封して外観や同梱品を写真で紹介していきます。

続きを読む

家電量販店ベストセールス1位の人気SIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」ってどんなスマホ!?じっくりと実機で紹介【レビュー】

01
背面には指紋センサーを搭載するSIMフリースマホ「HUAWEI P9 lite」を紹介!

家電量販店「ヨドバシカメラ」のオンラインショッピングサイトおける「SIMフリースマートフォンのベストセラーランキング」の1位が華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)の「HUAWEI P9 lite」(以下、P9 lite)だ(8月19日 0:00調べ)。

同サイトでは2位と3位にはASUS JAPANの「ZenFone Go(型番:ZB551KL)」、4位にはP9 liteの一つ前の機種である「HUAWEI P8lite」(以下、P8lite)がランクインしている。

2位以下は、P9 liteよりも1万円ほど安いスマートフォンであるにもかかわらず、P9 liteが選ばれている理由はなんなのだろうか?今回はP9 liteの実機でその実力を探ってみたいと思う。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。