S-MAX

レビュー

実売3万円以下の高コスパモデル!背面4眼カメラや大容量5000mAhバッテリーを搭載したSIMフリースマホ「OPPO A5 2020」を写真とともに紹介【レポート】


高コスパなSIMフリースマホ「OPPO A5 2020」の魅力を写真とともに紹介!

既報通り、オッポジャパンが背面に4つのカメラを搭載し5000mAhの大容量バッテリーとリバースチャージ機能を搭載したOPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)製のSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO A5 2020(型番:CPH1943)」を11月1日より順次発売しています。販路は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)など。

OPPOはカメラ機能に特化した自社のスマホを「カメラフォン」とブランディングすることで世界シェアを大きく広げたメーカーですが、本機もまたカメラ機能の充実ぶりが最大の魅力となっています。本稿を執筆している12月2日時点の単体販売での価格は最安値で税込26,000円程度にまで下がっており、非常にコストパフォーマンスの良い魅力的な製品となっています。

そんなOPPO A5 2020について10月に行われたUQ mobileの発表会のタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、その魅力を写真とともにご紹介したいと思います。

続きを読む

おサイフケータイや防水・防塵に対応した高コスパなSIMフリースマホ「OPPO Reno A」を楽天モバイルで購入!開封して外観や同梱品を紹介【レポート】


SIMフリースマホ「OPPO Reno A」を購入!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)が日本市場向けに開発し、おサイフケータイ(FeliCa)や防水・防塵(IP67準拠)に対応したコストパフォーマンスの高いSIMフリースマートフォン(スマホ)「OPPO Reno A」がオッポジャパンから登場しました。

まずは楽天モバイルから内蔵ストレージが128GBと大きい「OPPO Reno A 128GB」が10月1日に発売され、それ以外の仮想移動体通信事業者(MVNO)や量販店、ECサイトでは内蔵ストレージが64GBのモデルが10月18日より順次発売されています。なお、どちらのモデルも型番は「CPH1983」と同じとなっています。

価格(税込)は楽天モバイルではSIMカード(携帯電話契約)とセットで38,800円、単体で39,800円、量販店やECサイトなどでは単体で39,380円となっています。価格がほぼ同じなので内蔵ストレージが大きい分、楽天モバイルが販売するOPPO Reno A 128GBのほうがお得感はありますが、起動時のロゴが楽天仕様となっているほか、Viberなどの楽天のプリインストールアプリがいくつか入っています。

今回は楽天モバイルの移動体通信事業者(MNO)として提供されている「無料サポータープログラム」に当選したこともあり、楽天モバイルのOPPO Reno A 128GBを購入しましたのでちょっと遅くなりましたが、開封して外観や同梱品などを紹介したいと思います。

続きを読む

アップルの新型完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」を開封レビュー! 従来のAirPodsと比べながらデザインやサイズ感などを解説【レポート】


Appleの新しい完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」を開封レビュー!

Apple(アップル)が完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」シリーズの新製品「AirPods Pro」を10月28日に発表しました。日本でも10月30日に発売され、同社の直営店および公式Webストア(Apple.com内および専用アプリ「Apple Store」)での価格27,800円(以下すべて税別)です。

販路は他にも量販店やECサイト、auなどから販売されます。なお、従来から販売されている「第2世代AirPods」も引き続き併売され、AirPods with Charging Caseが17,800円、AirPods with Wireless Charging Caseが22,800円となっています。

AirPodsシリーズは現在の完全ワイヤレスイヤホン市場を牽引する重要な製品シリーズですが、ついに上位モデルとしてカナル型の機種が登場しました。第2世代AirPodsで採用されたSoC(チップセット)「H1」を引き続き採用しており、高速な接続性と低遅延を実現しています。また新たに耐汗耐水性能に対応しました。

さらにAirPods Proではアクティブノイズキャンセリングに対応している点も従来機との大きな違いです。外部の音を逆位相の音によって「打ち消す」というもので、遮音性の高いカナル型の特徴をさらに引き上げる技術です。また耳元の1アクションでアクティブノイズキャンセリングをオフにする「外部音取り込みモード」にも切り替えられるなど、UIにもこだわっています。

今回筆者もAirPods Proを購入できましたので、第2世代AirPodsなどとの比較とともに開封レビューを行いたいと思います。

続きを読む

楽天モバイルの「無料サポータープログラム」に当選!開通失敗や欲しい対象スマホが在庫切れなどを乗り越え、ようやく使えた【レポート】


楽天モバイルのMNOを試す!無料サポータープログラムに当選

楽天モバイルが移動体通信事業者(MNO)による携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp )において5000人を対象に音声・データ通信を無償で提供する「無料サポータープログラム」の提供を開始した。

同プログラムへの申込者数は明らかにされていないが、楽天モバイルでは申込受付が開始された10月1日だけでも5000人を上回ったとしており、ソーシャルネットワークサービスなどでも落選したという報告が相次いだことからそれなりの倍率の狭き門であったようだ。

当選者には10月11日にメールにて案内が行われ、その後、登録申込などを行うようになっている。本記事では当選者からの情報提供を元に楽天モバイルの無料サポータープログラムを利用するまでの模様および簡単に使ってみた雑感を紹介する。

なお、正式なサービス開始は時期未定ながら9月に行われた発表会では同社 代表取締役会長の三木谷 浩史氏が「年内にできたらいいな」としており、無料サポータープログラムは2020年3月末までなのでその終了までの年内から来春あたりとなるのではないかと見られている。

続きを読む

Googleの新フラッグシップスマホ「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」を写真と動画で紹介!デュアルカメラと最新のAndroid機能を搭載【レポート】


グーグルの最新スマートフォン「Pixel 4・4 XL」が発売!

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)は16日、都内にて「ハードウェア新製品記者発表会」を開催し、デュアルカメラを搭載した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 4(型番:G020N)」および「Pixel 4 XL(型番:G020Q)」を2019年10月24日(木)に発売することを発表した。

SIMフリー版がグーグルの公式Webショップ「Google ストア」での取り扱いされるほか、ソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」からも取り扱われ、こちらは購入時にはSIMロックがかかった状態となっている。なお、どちらの販路でもその他の仕様は同じとなっており、日本向けモデルとして日本向けの機能としておサイフケータイ(FeliCa)に対応する。

またこれまでの「Pixel」シリーズは日本向けモデルでeSIMに非対応となっていたが、Pixel 4およびPixel 4 XLの日本向けモデルではeSIMに対応している。一方でPixel 4シリーズの新機能であるレーダーセンサー「Soli」によるジェスチャーコントロール「Motion Sense」は日本では2020年春以降にアップデートで対応予定である。

主なスペックとしてチップセット(SoC)にはQualcomm製「Snapdragon 855(SDM855)」、内蔵メモリー(RAM)には6GB、内蔵ストレージには64または128GB、無線LAN(Wi-Fi)にはIEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)、BluetoothにはVersion 5.0など、昨年発売の「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」のスペックを上回るハイエンドモデルとなる。

画面サイズ違いの2モデル展開となるが、大画面モデルのPixel 4 XLはノッチなしの有機EL(OLED)ディスプレイを搭載する。これは上部に各種センサーを搭載したことによるもので、上部のベゼルはPixel 3に近いサイズとなった。同様にPixel 4もノッチなしの有機ELディスプレイを継承する。

本体カラーは両機種ともに共通の「Just Black」および「Clearly White」と限定エディションの「Oh So Orange」の3色。価格(税込)はGoogle ストアではPixel 4が89,980円(64GB)または103,950円(128GB)、Pixel 4 XLが116,600円(64GB)または128,700円(128GB)となる。一方、SoftBankではGoogle ストアより若干本体価格は安く、さらに「トクするサポート」も利用可能だ。

今回はGoogle Japanが開催したハードウェア新製品記者発表会の会場におけるタッチ&トライコーナーでのPixel 4およびPixel 4 XLの実機を試してきたので外観やカメラ機能、そして来年春アップデートで対応予定のMotion Sense機能について紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。