S-MAX

レビュー

iPhone 7用ケースはiPhone 8で使える?iPhone 7とiPhone 8の外観の違いやケース流用の可否などを実機でチェック【レポート】


iPhone 8とiPhone 7を徹底比較!保護ケースは流用可能?

既報通り、NTTドコモやau、SoftBank、Appleから9月22日に新型スマートフォン(スマホ)「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」、および新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」が発売されました。

iPhone 8の外観は既存の「iPhone 7」から大きな変化がなく、ややインパクトに欠ける印象ですが、背面パーツがガラス素材になって無接点充電に対応したほか、CPUにはiPhone 7に搭載された「Apple A10 Fusion」と比べて20%高速で70%高効率(公称)な「Apple A11 Bionic」が搭載されるなど、性能面や機能面での進化が見られます。

今回筆者はAppleが販売するSIMフリー版のiPhone 8/256GB/ゴールドモデルを入手しましたので、昨年購入したiPhone 7/256GB/ゴールドモデルとの外観の違いや保護ケースの互換性などをレビューしたいと思います。

続きを読む

アップルの新スマホ「iPhone 8」のSIMフリー版を購入したので開封してみた!ガラス素材と総務省指定マークなどがなくなり背面はすっきり【レビュー】


iPhone 8のシルバー(64GBモデル・シルバー)のSIMフリー版を購入!

Appleの新しいインチスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」がNTTドコモやau by KDDI、SoftBankといった携帯電話会社のほか、Apple直営ショップ「Apple Store」や直営Webストア「Apple Online Store」にて9月2日に発売されました。

価格(すべて税込)はすでにまとめて紹介していますが、Apple Storeなどで販売されているSIMフリー版ではiPhone 8で85,104円から、iPhone 8 Plusで96,984円から(ともに64GBモデル)、補償サービス「Apple Care+ for iPhone」を付けるならiPhone 8がプラス15,984円、iPhone 8 Plusがプラス18,144円となっています。

iPhone 8シリーズは昨年のiPhone 7シリーズと同様に2014年の「iPhone 6」シリーズから続く4.7インチと5.5インチの2つのラインナップを採用し、外観やサイズはほぼ同じながら背面がこれまでの金属素材からガラス素材になり、新たにワイヤレス充電に対応しています。

一方で、次世代モデルとして同時に発表され、日本でも11月3日に発売される「iPhone X」に人気が集まり、今年は発表直後に発売されたiPhone 8シリーズの人気はそれほどではないようで、各社の発売記念セレモニーでも行列が少なく、予約数も昨年以下となっている模様です。

とはいえ、iPhone 7シリーズから対応する防水・防塵やステレオスピーカー、そして、FeliCaによる決済サービス「Apple Pay」へもきっちり対応していますし、新開発のA11チップセットやカメラセンサーも新しくなるなど、iPhone Xがホームボタンを廃止してかなり操作面でも変更があるのに対し、従来通りの使用感を求めるなら最高スペックのiPhoneと言えるかと思われます。

そこで今回は、そんなiPhone 8のSIMフリー版(64GBモデル・シルバー)をApple Online Storeにて購入したのでまずは開封してパッケージや外観などを写真で紹介していきたいと思います。


続きを読む

本日発売の“話題のスマホ”!NTTドコモで「iPhone 8 Plus」のゴールドを購入したのでさっそく気になるパッケージや外観をチェック――iPhone 7 Plusともサイズを比較【レビュー】


iPhone 8 Plusをゲット!気になる外観をさっそくチェック

ついに日本やアメリカなどの29の国・地域で9月22日にアップルの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 8」および「iPhone 8 Plus」が発売され、日本では各携帯電話会社と直営のAppleストアで発売セレモニーが行われました。

例年は長い行列もでき、かなりの盛り上がりを見せますが、今年は同時に発表された新世代モデル「iPhone X」の発売を待つ人もいるためか、例年よりは発売日に入手しやすくなっているようで、各社ともに店頭では在庫があるケースも見られていました。

新しいiPhone 8/iPhone 8 Plusは、基本は昨年発売された従来機種「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」のサイズと形状をそのまま継承し、背面を金属からガラスにすることで非接触充電にも対応しました。

またこれまでの使い勝手をそのままにセンサーを新しくより大型化してカメラの性能もアップされ、最新のプロセッサー「A11 Bionic」によって動作が高速化したこともあり、特に前の機種変更から2年以上経過しているユーザーが乗り換える価値は大きいのではないでしょうか。

筆者も今回、NTTドコモのiPhone 8 Plus(ゴールド・256GB)を予約開始日に予約し、発売日にゲットすることができました。そこで、さっそく開封して同梱品や外観をチェックしていきたいと思います。

続きを読む

小さいけれどいろいろできる!小型7インチ液晶搭載のモバイルPC「GPD Pocket」を使ってみて気が付いた良い点と悪い点をまとめてみた――便利な周辺機器も紹介【レビュー】


小さいボディーいっぱいに詰まったスペックが魅力のモバイルPC「GPD Pocket」をまとめ!

クラウドファンディングサイトの「Indiegogo」で発表されて話題となり、今年9月下旬からは日本国内でもリンクスインターナショナルが正式に販売もされる予定の人気7インチディスプレイ搭載小型モバイルパソコン(PC)「GPD Pocket」(GPD製)。

かつではUMPC(Ultra Mobile PC)として多くの製品が登場していたこのカテゴリーですが、最近は特に日本ではあまり見かけなくなり、現行のチップセットを採用した唯一の超小型ノートタイプのPCとして注目を集めています。

またすでにクラウドファウンディングなどで入手した人の反応を見て購入を検討している方も多いかと思います。そこで今回は、以前に紹介した開封してあらかじめ用意しておくと便利な周辺機器に引き続き、筆者が購入からこれまでの間に利用していて気が付いた良かった点と今後の後継機種が出るのならば改善して欲しい点などをまとめてみます。

さらに筆者のオススメできる活用方法とそれに対応した周辺機器の紹介をお送りし、気になっている人の背中を後押しできればと思っています!?

続きを読む

iOS 11新機能:iPhone 7・7 Plus以降やiPad Proなどで導入されたカメラの保存形式「HEIF」と「HEVC」について紹介!外部共有は既存形式で、ファイルサイズは確かに小さい【レビュー】


iPhoneなどの新プラットフォーム「iOS 11」の高圧縮画像・動画ファイル(HEIF・HEVC)についてまとめ!

既報通り、Appleは19日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11」の正式版を提供開始しました。さまざまな機能追加や仕様変更が実施されていますが、その中から今回はリリースされる前から何度か紹介しているカメラで撮影した画像や動画を高圧縮率で保存できるHEIF形式・HEVC(H.265)形式についてまとめたいと思います。

HEIF形式・HEC形式はiOS 11を導入しても「iPhone 7」シリーズ以降や「iPad Pro」シリーズ、「iPad(第5世代)」以外は導入されておらず、現状ではiPhone 7・7 PlusとiPad Pro(9.7インチ・10.5インチ・12.9インチ)、iPad(第5世代)のみが対応しています。

導入されたこれらの機種ではデフォルトでカメラで撮影した写真がHEIF形式(拡張子「.heic」)および動画がHEVC形式(拡張子「.mov」)になり、すでに紹介したように特にHEIF形式については現状で主要なOSではiOS 11しか対応していません(この後、9月26日にリリースされるmacOS High Sierraでも対応予定)。

なお、基本的に対応しているOS・製品が少ないためにアップルでもかなり配慮しており、基本的にこれらが導入されたiPhoneやiPadから外にファイルを出す(カメラで撮影した写真・動画を共有する)場合は画像については従来のJPEGに変換されるので特に何もしなくても今まで通り使えます。

続きを読む

スマホのハイレゾオーディオ入門に最適なコスパが良いオンキヨーのイヤホン「E700M」をじっくり紹介!GalaxyやXperia、HUAWEI P10などの独自機能と合わせて使おう【レビュー】


スマホに最適なマイク付きハイレゾイヤホン「E700M」をレビュー!

最近のAndroidスマートフォン(スマホ)なら標準のミュージックプレイヤーや音楽配信・管理サービス「Google Play Music」などでハイレゾオーディオ再生に対応している製品が多くなっている。ハイレゾ音源はCDを超える情報量を持ち、より原盤に近い高音質で楽しめるのが魅力だ。

スマホで音楽を楽しむ方法として、こうしたハイレゾ音源や従来の圧縮音源のほかに、ここ数年では「LINE MUSIC」や「AWA」、「Amazon Prime Music」といったサブスクリプション型の音楽配信サービス、サブスクリプション型に加えて無料でも聴ける音楽配信サービス「Spotify」など、さらにYouTube動画の再生リストを利用するといったストリーミング型などがあり、音質よりも手軽さや豊富な楽曲が楽しめるサービスも人気を呼んでいる。

今回はそういったさまざまな形で音楽が楽しめるスマホのミュージックライフを楽しむ上でオススメしたいイヤホンを紹介したいと思う。まずは価格がこなれてオススメ度が増したオンキヨーのハイレゾ対応カナル型イヤホン「E700M」を取り上げ、レビューしていく。


続きを読む

ファーウェイのWindows 10搭載2in1タブレットPC「MateBook E」を使ってみた!オンボロのノートPCに代わってすぐ即戦力として使えることが分かった【レビュー】


ゼロから始めるスマートフォン

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から今年7月7日に日本市場向けに発売されたOSに「Windows 10」を搭載した2in1タブレット「HUAWEI MateBook E」(Huawei Technologies製)。昨年発売された同社初のWindowsタブレット「HUAWEI MateBook」の後継機種で、製品カテゴリーとしてはMicrosoftの「Surface Pro」シリーズと競合します。

いわゆる簡単に着けたり外したりできるカバー兼キーボード(以降キーボードカバーと呼ぶ)とセットで使うことで、タブレットとしてもノートPCとしても使うことができるのが特長で、MateBook EはSurface Proシリーズと比べて安価なのも魅力です。

主なスペックは、Windows 10 Home(64bit)、12インチ2160×1440ドットIPS液晶、第7世代Core m3/Core i5プロセッサー、4または8GB内蔵メモリー(RAM)、128または256GB内蔵ストレージ(SSD)、500万画素フロントカメラなど。

今回、そんなMateBook Eを借りて数日間使っていましたので、PCのことはよく知らないのですが、筆者なりの感想を綴ってみたいと思います。なお、今回試用したのは、Core i5+8GB RAM+256GB SSDという構成のハイパフォーマンスモデル(税抜133,800円~)です。

続きを読む

パソコンなど向け高パフォーマンスなAndroidエミュレーター「BlueStacks 3」の日本版が正式リリース!今話題のスマホゲーム「シノアリス」をWindows PCでプレイしてみた【レビュー】


髙パフォーマンスを発揮できるPC向けAndroidエミュレーター「BlueStacks 3」で今話題のゲームをプレイしてみた!

BlueStack Systemは22日(現地時間)、同社が開発・提供するパソコン(PC)など向けのAndroidエミュレーターとして有名な「BlueStacks」のメジャーアップデートを行い、バージョン番号を上げた最新「BlueStacks 3」を2017年8月22日(火)より日本向けに正式リリースしたと発表しています。

BlueStacksは特にAndroid向けに提供されているスマホゲームをプレイしたいという人に重宝されていますが、今回はそんな最新のBlueStacks 3の導入方法から、今話題の人気ゲームのインストール、プレイまでの流れをまとめてみたいと思います。

続きを読む

曹操をメインにしたスマホなど向け歴史戦略シミュレーションゲーム「三國志曹操伝 ONLINE」が提供開始!実際に遊んでみたので序盤のポイントを紹介【レビュー】


三國志の英傑「曹操」をメインにしたスマホなど向け歴史戦略シミュレーションゲームが登場!

NEXON Companyが2017年8月31日より配信している「三國志曹操伝 ONLINE」はスマートフォン(スマホ)など向けのオンライン歴史戦略シミュレーションゲームです。

90年代に発売された英傑伝シリーズの最後の作品をベースにしており、オンラインバトルで三国統一をめざします。またコーエーテクモゲームス監修で『三國志曹操伝』を完全再現したシナリオモードもプレイ可能。

タイトルを見てわかるように中国の三国志時代に魏の基礎を築いた人物「曹操(そうそう)」を中心にしており、徹底した実力主義者で優秀な人材は身分や家柄にこだわらない方針だったという人物像に合わせたゲーム内容となっています。

今回は、そんな曹操をメインとした三國志曹操伝 ONLINEをさっそくプレイしてみましたので、操作方法や初期のポイントなどを紹介したいと思います。

続きを読む

サムスン電子の6.3インチ大画面やデュアルカメラを搭載したSペン入力対応最新スマホ「Galaxy Note8」を写真と動画で紹介!発火事故を乗り換えシリーズ最高の出来に【レポート】


Samsungの最新スマホ「Galaxy Note8」を実機でチェック!日本での発売も期待

既報通り、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は23日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにて発表会「Galaxy Unpacked 2017」を開催し、Sペン入力に対応した「Galaxy Note」シリーズの最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note8」を発表した。Galaxy Noteシリーズとしては、日本で今年5月に発売された同社のフラッグシップスマホ「Galaxy S8」や「Galaxy S8+」と同様に左右が湾曲して画面周りの縁(ベゼル)が狭くなっているだけでなく、上下の縁も少なくして9:18.5という縦長で“ほぼ全画面デザイン”に見えるInfinity Displayをはじめて搭載した。

これにより、昨年モデル「Galaxy Note7」や一昨年モデル「Galaxy Note5」では約5.7インチと画面の対角長では頭打ちだった画面サイズが同シリーズのスマホでは最大となる約6.3インチ大画面となり、縦持ちで上下に2分割できるマルチウィンドウを効率良く活用できるため、片方のウィンドウで情報を見ながらもう片方のウィンドウでSペンによるメモをするなど、よりペン入力との相性も良くなっている。

さらに同社の「Galaxy」シリーズの上位モデルとしては初のデュアルレンズカメラを背面に搭載し、ライバルの「iPhone 7 Plus」(Apple製)と同様に光学2倍相当のズームに対応した。さらに発表会では名指しでiPhone 7 Plusとの違いが紹介され、中でもiPhone 7 Plusでは望遠側は光学手ブレ補正(OIS)に対応していない点を突き、Galaxy Note8はリアカメラの2つのカメラともにOIS対応であることが説明された。

その他、Galaxy S8・S8+で導入された音声アシスト機能「Bixby」やデスクトップパソコンのように使える「Samsung DeX」にも対応し、Galaxy Note7で採用された「虹彩認証」や「顔認証」、「指紋認証」の3つの生体認証に加え、Sペンを含めてIP68準拠の防水・防塵、microSDカード、USB Type-Cなどまさにこれまでの集大成といっても過言ではない製品に仕上げられている。

特に昨年はGalaxy Note7の仕上がりが非常に良かったものの、バッテリーの問題で発火事故が起こり、リコールからの販売停止となってしまっただけに、その後、Galaxy Note7の改良モデル「Galaxy Note FE」が一部国・地域で販売されたものの、実質的には2年ぶりのGalaxy Noteシリーズの新製品ともなるため、注目を集めている。

そこで今回は、発表会時に設置されていたタッチ&トライスペースにて実際にGalaxy Note8を試した様子を写真を交えて紹介する。また海外メディアが掲載していた質感などもよくわかるハンズオンムービーも合わせて掲載しておく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。