S-MAX

レビュー

2万円台とは思えない性能を備えた高コスパ!シャオミのSIMフリースマホ「Redmi Note 9S」の外観や基本機能などを紹介【レビュー】


Xiaomiの低価格かつ高性能なSIMフリースマホ「Redmi Note 9S」をチェック!

既報通り、Xiaomi(以下、シャオミ)が日本市場向け第2弾製品として新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「Redmi Note 9S」(Xiaomi Communications製)を6月9日に発売しました。

価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格ではRedmi Note 9Sの4GB内蔵メモリー(RAM)+64GB内蔵ストレージが24,800円、6GB RAM+128GB内蔵ストレージが29,800円となっています。

また販路もこれまでのAmazon.co.jpに加えて量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社に広がり、MVNOでは4GB RAM+64GB内蔵ストレージをIIJmioおよびgooSimseller、LINEモバイルが取り扱っています。

なお、販路によってどちらかのモデルのみが販売されており、4GB RAM+64GB内蔵ストレージは上記のMVNOの他にAmazon.co.jpおよびひかりTVショッピング、6GB RAM+128GB内蔵ストレージはビックカメラグループやヨドバシカメラ、ヤマダ電機、エディオン、上新電機、ケーズデンキ、ノジマとなっています。

今回は発売から少し時間が経ちましたが、シャオミからRedmi Note 9Sの6GB RAM+128GB内蔵ストレージモデルをお借りしましたので、まずは外観や同梱品、基本機能などを中心にファーストインプレッションをお届けします。

続きを読む

au向け5G対応フラッグシップスマホ「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」を写真で紹介!ミリ波や1億800万画素カメラなどの最上位機【レビュー】


au 5G対応の最上位スマホ「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」を写真でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は23日、携帯電話サービス「au」向けの新たに5G(第5世代移動体通信システム)に対応したフラッグシップスマートフォン(スマホ)の最上位モデル「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」(サムスン電子製)を2020年7月3日(金)に発売すると発表した。

販売拠点はauショップやGalaxy Harajuku、量販店などのau取扱店の一部や公式Webストア「au Online Shop」などとなっており、発売に先立ってすでに6月25日より事前予約受付が実施されている。価格(税込)は直営店では本体価格が165,980円となる。また「かえトクプログラム」の対象で、残価が69,840円と設定されているため、実質負担額は96,140円(4,180円×23回)だ。

その他、サムスン電子ジャパンが発売日から7月31日(金)までの期間中にGalaxy S20 Ultra SCG03を購入し、キャンペーンWebページ( https://www.galaxymobile.jp/explore/event/au2020s20ultra/ )から応募した先着1000人に三脚としても利用可能な「セルフィー マルチスタンド」をプレゼントする購入キャンペーンを実施する。

今回はそんなGalaxy S20 Ultra 5G SCG03についてauが当日に開催した製品体験会にて実機をタッチ&トライしてきたので、外観や特徴を写真を交えて紹介していく。なお、Galaxy S20 Ultra 5G SCG03はハードウェアがグローバルモデルと共通仕様となっており、おサイフケータイ(FeliCa)には対応しない。

続きを読む

高い質感とクアッドカメラでお値段以上のSIMフリースタンダードスマホ「OPPO Reno3 A」のカメラと性能をチェック【レビュー】


欲しい機能をひと通り網羅したSIMフリースマホ「OPPO Reno3 A」のカメラ機能をレビュー!

既報通り、オッポジャパンがSIMフリーのスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno3 A(型番:CPH2013)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を6月25日に発売した。価格はオープンながら希望小売価格で税抜36,182円(税込39,800円)。

家電量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)が取り扱うほか、移動体通信事業者(MNO)では楽天モバイルも取り扱う。別途、各拠点における販売価格を紹介しているようにMVNOによっては携帯電話契約とセットで割引になるキャンペーンなどもあるので、乗り換えなどを検討している場合はうまく利用したいところ。

主なスペックは約6.44インチFHD+(1080×2400ドット)有機EL(AMOLED)やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 665」、6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロットなどで、OSにはAndroid 10ベースの独自ユーザーインターフェース(UI)「ColorOS 7.1」を搭載する。

これまでに外観や基本機能前機種「OPPO Reno A」との比較を紹介してきたが、今回はOPPO Reno3 Aのカメラや動画、ベンチマークなどを中心をレビューしたいと思う。なお、OPPO Reno3 AはY!mobileからも「OPPO Reno3 A(型番:A002OP)」が8月下旬以降に発売予定となっているが、こちらは購入時にSIMロックがかかっており、シングルSIMモデルとなっている。

続きを読む

SIMフリーのFeliCaや防水に対応したスタンダードスマホ「OPPO Reno3 A」をファーストインプレッション!外観や基本機能を紹介【レビュー】


約4万円のスタンダードスマホ「OPPO Reno3 A」をチェック!

いよいよ本日6月25日にオッポジャパンから新しいSIMフリーのおサイフケータイ(FeliCa)や防水(IPX8準拠)、防塵(IP6X準拠)などに対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno3 A(型番:CPH2013)」(OPPO Mobile Telecommunications製)が発売されます。

価格はオープンながら希望小売価格で税抜36,182円(税込39,800円)で、取扱拠点は移動体通信事業者(MNO)や仮想移動体通信事業者(MVNO)、量販店、ECサイトとなっており、楽天モバイルやUQ mobile、IIJmio、イオンモバイル、エキサイトモバイル、gooSimseller、Amazon.co.jp、ヨドバシカメラ、ビックカメラグループなどにて販売されます。

各所での価格についてはすでにまとめて紹介した『FeliCa対応のSIMフリースタンダードスマホ「OPPO Reno3 A」が6月25日発売!UQモバイルや楽天モバイルなどの各所の価格をまとめて紹介 - S-MAX』をご参照ください。またOPPO Reno3 AはY!mobileからも「OPPO Reno3 A A002OP」が8月以降に発売予定となっています。今回はそんなOPPO Reno3 AをUQ mobileからお借りしたので外観や基本機能を紹介します。

続きを読む

スタンダードスマホ「Galaxy A41」を写真で紹介!NTTドコモ向け「SC-41A」、auおよびUQモバイル向け「SCV48」が順次発売【レビュー】


スタンダードスマホ「Galaxy A41」を写真でチェック!

防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP6X準拠)、おサイフケータイ(FeliCa)などに対応する価格を抑えたスタンダードスマートフォン(スマホ)「Galaxy A41」(サムスン電子製)が日本ではNTTドコモおよびau、UQ mobileから発売されます。

まずはNTTドコモ向け「Galaxy A41 SC-41A」が6月25日(木)に発売され、すでに6月10日よりドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施され、価格(金額はすべて税込)は37,224円(1,034円×36回)となっています。

またドコモオンラインショップでは他社から乗り換え(MNP)の場合には本体価格から16,500円割り引く「端末購入割引/はじめてスマホ購入サポート」が案内されており、割引後は20,724円となります。なお、端末購入施策「スマホおかえしプログラム」は対象外です。

一方、auおよびUQ mobile向け「Galaxy A41 SCV48」は7月以降に発売される予定で、auではauショップや量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付を実施しています。価格は現時点では未定とのこと。

今回はそんなGalaxy A41についてNTTドコモが3月に開催した発表会後に実施した体験会およびauからお借りした開発機を触る機会があったので、外観や基本機能などを紹介したいと思います。なお、auの開発途中のため、ソフトウェアが最終版ではないため、製品版と異なる場合があるとのことです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。