S-MAX

レビュー

キャリアアグリゲーションのあるなしで通信速度はどれだけ変わる?au向け新スタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」でスピードテストをやってみた【レビュー】


高コスパスマホ「AQUOS sense SHV40」はCA非対応ですが……その影響やいかに!?

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense SHV40」(シャープ製)を11月2日に発売しました。

AQUOS sense SHV40はシャープが新スタンダードとして今冬に投入する新しいシリーズ「AQUOS sense」の第1弾のau版で、すでにauショップ店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて販売中で、本体価格は32,400円(税込)となっています。

またAQUOS senseはNTTドコモ向けが11月10日に発売され、UQ mobile向けが11月下旬に発売予定となっており、スペックはほぼ同じで前面パネルと背面の素材などを変えたSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」も12月上旬発売予定です。

そんなコストパフォーマンスが高い“高コスパスマホ”として注目を浴びているAQUOS senseですが、買い替えをお考えの方の中には、通信速度を速める「キャリアアグリゲーション(CA)」に非対応であることが気になるという人もいらっしゃるのではないでしょうか。

AQUOS sense SHV40はCA非対応機種で、通信速度は受信最大150Mbpsおよび送信最大25Mbpsとなっています。ハイスペックでCA対応している機種では例えばauなら「Galaxy Note8 SCV37」が受信最大708Mbps(東名阪のみ)および送信最大50Mbps(千葉県の一部)ということでやや差があるように感じます。

今回は筆者手持ちのCA対応機種(受信最大225Mbpsおよび送信最大25Mbps)である「Xperia Z5 SOV32」とAQUOS sense SHV40でスピードテストアプリで通信速度を比較し、どのくらいの違いがあるのかを調べてみました。

続きを読む

NTTドコモの4.6インチ小型ハイスペックスマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」の実力をベンチマークでチェック――気になる発熱問題はどう?【レビュー】


小型&高性能スマホ「docomo Xperia XZ1 Compact SO-02K」の性能を確認!

NTTドコモから約4.6インチHD(720×1280ドット)TFT液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」を搭載した最新コンパクトハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 Compact SO-02K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)が本日11月17日に発売されました。

昨年はややスペックを落としたミッドハイレンジクラススマホ「Xperia X Compact」だったため、上位機と同じ“コンパクトハイエンド”としては2年ぶりとなり、Sonyブランドの最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ1」と同じMotion EyeカメラやSnapdragon 835、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載しています。

一方で、コンパクトハイエンドスマホとしては前機種で2年前に発売された「Xperia Z5 Compact」が発熱問題によって評価が芳しくなかったことを考えると、低価格で人気となった「Xperia Z3 Compact」やそのカスタマイズモデル「Xperia A4」からの乗り換えというケースもありそうです。

とはいえ、最も気になるのはXperia Z5 Compactと同じように上位機と同じチップセット(SoC)と搭載しているだけに発熱問題があるのかが気になるところ。そこで今回は、ベンチマークをして性能を確認しつつ、発熱問題があるかどうか確認してみたいと思います。

続きを読む

ハイエンドとコンパクトを両立した今“買い”なNTTドコモ向け小型プレミアムスマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」を写真と動画で紹介【レポート】


久々のハイエンドコンパクトスマホ「Xperia XZ1 Compact SO-02K」をチェック!

既報通り、NTTドコモが10月18日に今冬および来春に発売する「2017-2018冬春モデル」を発表し、約4.6インチFD(720×1280ドット)TFT液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」などを搭載した最新コンパクトプレミアムスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ1 Compact SO-02K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2017年11月中旬に発売する。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は本体代金が77,760円で、月々サポートを引いた実質負担額が新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに26,568円となっている。

Xperia XZ1 Compactはグローバル展開する「Xperia XZ1 Compact」の国内版で、日本ではNTTドコモのみが唯一取り扱う。今回は発表会後のタッチ&トライ会場でXperia XZ1 Compactの実機に触ることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

レーシングマシンを意識したデザインのSIMフリースマホ「Mode1 RS」を開封!同梱品やプリインアプリなどの内蔵機能を紹介【レビュー】


気になる人は多いはず!?ピーアップの個性派スマホ「Mode1 RS」の同梱品や内蔵機能をチェック

既報通り、携帯電話ショップ「テルル」を展開するピーアップがレーシングマシンの世界観をモチーフにしたオリジナルのSIMフリースマートフォン(スマホ)「Mode1 RS(型番:MD-03P)」を11月11日(土)に発売します。

価格はオープンながら市場予想価格が22,800円(税別)で、販路はテルル店頭やAmazon.co.jpなどのECサイトとなっており、すでにAmazon.co.jpでは予約販売が行われています。

Mode1 RSは背面にカーボン調のデザインを施し、レーシングマシンを意識したという外観のほか、通知音にレース用マシンのエンジンや走行時の音が収録されているなど、RSの由来である「Racing Spec」の名を体現する大きな特徴を持つ製品となっています。

本記事では発売に先立ってレビュー用のサンプル機(製品版と同じもの)の提供を受けましたので、前回の発表会の内容および外観の紹介に続いて同梱品やプリインストールアプリ、内蔵機能の解説をお届けします。

続きを読む

金属感と透明感のある新色「Aurora Green」に注目!docomo with対象で高コスパな人気スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を写真で紹介【レポート】


docomo with対象の高コスパな人気スマホ「Galaxy Feel SC-04J」の新色を写真でチェック!

既報通り、NTTドコモが10月18日に今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」を発表しました。合わせて今年6月に「2017年夏モデル」として発売した「Galaxy Feel SC-04H」(サムスン電子製)の新色「Aurora Green」を追加するとし、すでに紹介しているように2017年11月10日(金)に発売します。

またドコモショップなどの店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて事前予約受付を実施しており、価格は既存カラーと同様にずっと月額1,620円が割り引かれる「docomo with」対象で本体価格が36,288円(1,512円/月×24回)。

Galaxy Feel SC-04Jはdocomo with対象機種として同じく6月に発売された「arrows Be F-05J]]」とともにすでに70万台以上を販売する人気モデルとなっており、約4.7インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイや64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミッドハイレンジでコストパフォーマンスが高いということで好評となっています。

そんなGalaxy Feel SC-04Hですが、今回は発表会に併設された展示会場でひと足先にタッチ&トライした新色「Aurora Green」について写真でレポートをお送りいたします。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。