S-MAX

レビュー

カメラやプロジェクターにトランスフォームするモトローラの個性派スマホ「Moto Z2 Play」と「Moto Mods」を写真と動画で紹介!Hasselblad True Zoomも試す【レポート】


拡張して楽しめるSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」をチェック!

今やSIMフリースマートフォン(スマホ)市場は“格安スマホ”だけではなくプレミアムモデルや個性派モデルなど、大手携帯電話会社のスマホにはない魅力的な製品が登場している。

その中でも個性的な製品がモトローラ・モビリティ・ジャパンが6月29日に発売したSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」だ。Moto Z2 Playはモトローラのプレミアム「Moto Z」シリーズで、上位機種にはフラグシップモデルの「Moto Z」がある。

主なスペックとして、5.5インチFHD(1080×1920ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ、CPUにQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 626(MSM8953 Pro)」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDはUHS-Iの2TBに対応。

一見ごく普通のミドルレンジクラスのスマホだが、背面にカメラやプロジェクター、バッテリーなどの機能モジュール「Moto Mods」を取り付けることで様々なニーズに対応する。価格はオープンながら公式Webショップ「Moto ストア」では53,800円(税抜)。

今回は、Moto Z2 PlayとMoto Modsを6月20日に行われた新製品発表会のタッチ&トライと、前モデル「Moto Z Play」で試用したMoto Modsの使用感を交えて紹介していく。

続きを読む

安心して長く使えるUQ mobile向けタフネススマホ「DIGNO V」を写真と動画で紹介!おサイフケータイや赤外線にも対応し、前面下部中央に電源キーを搭載して使いやすさを重視【レポート】


フィーチャーフォンからの乗り換えでも安心して使える京セラ製スマホ「DIGNO V」をチェック!

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄がau回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けのスマートフォン「DIGNO V」(京セラ製)を7月14日に発売する。

DIGNO Vは、auが同日に発売する「Qua phone QX」の兄弟機にあたり、防塵・防滴・耐衝撃性能や分かりやすい電話機能など、長く付き合える安心の国内品質を特長としている。

今回は少し時間が経過しているが、UQが6月1日に開催した「2017夏UQ発表会」のタッチ&トライ会場でDIGNO Vの実機に触れることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ファーウェイの1万3千円を切る格安7インチWi-Fiタブレット「HUAWEI MediaPad T3 7」を購入したので開封して外観や同梱物をチェック【レビュー】


ファーウェイの格安7インチタブレットが発売に!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ)が7インチサイズの1万円ちょっとと格安なAndroidタブレット「HUAWEI MediaPad T3 7」を7月7日に発売しました。

Wi-Fiモデルのみ発売で、コンシューマモデル(16GBストレージ+2GBメモリーのみ)と法人モデル(16GBストレージ+2GBメモリーと8GBストレージ+1GBメモリーの2モデル)が用意され、コンシューマモデルは公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では税抜11,800円(税込12,744円)です。

重さ250gおよび薄さ8.6mm(サイズ約179.00×103.68×8.6mm)と軽量・薄型なのも特長で、OSはAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)で、独自ユーザーインターフェース「Emotion UI 4.1」を採用。

主な仕様は約7インチWSVGA(1024×600ドット)IPS液晶(コントラスト比800:1)およびMediaTek製チップセット(SoC)「MT8127」(1.3GHz Cortex-A7コアCPU×4)、microSDXCカード(最大128GBまで)、3100mAhバッテリー、2.4および5.xGHzデュアルバンド対応でIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.1、約200万画素背面・前面カメラ、加速度センサー、GPSなどとなっています。

ファーウェイオンラインストアで発売日前に予約したところ、発売日に届きましたので、まずは箱を開封しての内容物と外観を紹介します。


続きを読む

GoogleのAR技術「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」に世界初両対応!SIMフリースマホ「ASUS ZenFone AR ZS571KL」を購入したので開封して外観や同梱物を紹介【レビュー】


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone AR ZS571KL」を買った!

ASUS JAPANから6月23日に発売されたGoogleの開発するAR技術「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」に世界ではじめて両対応するSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」(ASUSTeK Computer製)。

昨秋に発売されたスマホでは初の8GB内蔵メモリー(RAM)搭載で予想以上の予約によって一時販売停止となった人気モデル「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」に続いて8GB RAMモデルが用意されており、単にVR・ARに対応しているだけでなくハイスペックモデルとしても注目されています。

内蔵メモリー(RAM)と内部ストレージで2つのバリエーションがあり、価格はオープンながら希望小売価格が8GB RAM+128GBストレージモデル(型番:ZS571KL-BK128S8)で99,800円、6GB RAM+64GBストレージモデル(型番:ZS571KL-BK64S6)で82,800円(ともに税別)。

今回はそんなZenFone AR ZS571KLを購入したので開封して外観や同梱物を写真を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

前面QWERTYキーボードを搭載したSIMフリースマホ「BlackBerry KEYone」を購入したので開封して外観や同梱品をチェック!キー押感やサイズ感はなかなか良好【レビュー】


前面QWERTYキー搭載のSIMフリースマホ「BlackBerry KEYone」を購入!

既報通り、BlackBerryの日本正規代理店であるFOXが前面QWERTYキーボード搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEYone(型番:BBB100-6)」を6月29日に発売した。

日本向けに技術適合証明・工事設計認証(いわゆる「技適マーク」)を取得しており、対応周波数帯が日本向け独自となる。価格はオープンながらFOXの公式Webストア「caseplay」では69,800円(税込)だが、すでに予約段階で初期出荷分は完売となり、ビックカメラやAmazon.co.jpなどでも在庫切れとなっている。

日本におけるBlackBerryでは昨年3月に発売された初のAndroidスマホ「BlackBerry PRIV」に続くAndroidスマホで、BlackBerryらしい前面QWERTYキーボードを搭載したAndroidモデルは日本では初となる。また今回より開発および製造はTCL Communicationが担当しており、その品質や仕上がりにも注目が集まる。

そこでさっそく発売日にBlackBerry KEYoneを購入したので、まずは開封して同梱品や外観を写真を交えて紹介したいと思う。

続きを読む

ファーウェイの最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P10 Plus」を購入したので開封して同梱品や外観を写真でチェック!合わせてベンチマーク結果も紹介【レビュー】


SIMフリースマホ「HUAWEI P10 Plus」を買ってみた!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)から6月9日に発売された最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)の上位モデル「HUAWEI P10 Plus(型番:VKY-L29A)」(Huawei Technologies製)を購入したのでざっくりと開封して同梱物や外観を写真を交えて紹介し、合わせて簡単にベンチマークをした結果も掲載する。

HUAWEI P10 Plusは同時に発売された「HUAWEI P10(型番:VTR-K29B)」や「HUAWEI P10 lite(型番:WAS-L22J)」といったHUAWEI P10シリーズの最上位機種で、昨年発売された「HUAWEI P9」や「HUAWEI Mate 9」で好評だったライカダブルレンズカメラがより進化している。

また日本で販売されているファーウェイ・ジャパンの製品では初のWQHD(1440×2560ドット)の高解像度ディスプレイを搭載し、画面サイズは約5.5インチ、画素密度は約534ppi、そして、HUAWEI P10と比べると赤外線リモコン搭載や防滴(生活防水)に対応するなどの違いがある。

価格(税込)はオープンながら希望小売価格が78,624円だが、すでに公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では73,224円となっており、大手Webショップ「Amazon.co.jp」ではさらに安い69,980円からとなっている。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」の実力をベンチマークと動画でチェック!特にグラフィックス性能が高く、操作もサクサクで快適に【レポート】


最新スマホ「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」をベンチマーク!

NTTドコモとauから6月8日に「2017年夏モデル」として発売されたサムスン電子の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8+」と「Galaxy S8」。NTTドコモからは「Galaxy S8 SC-02J」および「Galaxy S8+ SC-03J」、auからは「Galaxy S8 SCV36」および「Galaxy S8+ SCV35」として販売開始され、早くも1ヶ月近くが経ちました。

Galaxy S8・S8+はともにまるで液晶画面だけを手に持っているような縦横比18.5:9と縦長の大画面ディスプレイ「Infinity Display」が大きな特長となっており、さらに今夏最高スペックと言って良い高性能に加え、日本市場で需要の高いおサイフケータイ(FeliCa)や防水・防塵、ワンセグ・フルセグなどにも対応しています。

これまで購入・開封レポート従来機種との操作性の違いなどを紹介してきましたが、今回はベンチマークアプリ使ってその高い性能を確認し、他の機種と比べつつどういった点が優れているのか評価してみたいと思います。

続きを読む

トリニティのSIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」と「NuAns NEO」を比べてみた!AndroidとWindows 10 Mobileの違いだけでなく、かなりバージョンアップしてる【レビュー】


SIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」と「NuAns NEO」を比べてみた!

トリニティから6月9日に発売されたおサイフケータイ(FeliCa)にも対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded](型番:NA-CORE2-JP)」。前回の購入&開封レポートから少し間が空いてしましましたが、今回は前機種のWindows 10 Mobileを搭載した初代「NuAns NEO」と比較してみたいと思います。

そもそもNuAns NEO [Reloaded]とNuAns NEOはOSがWindows 10 MobileからAndroidになって各種仕様がFeliCaだけでなく、指紋センサーによる生体認証が追加され、ディスプレイやカメラ、CPUなども各々向上していますが、外観はほぼ同じではあります。

ほぼ同じではありますが、細かな点でNuAns NEO [Reloaded]は初代から変化しており、そういった点も含めて紹介していきます。とはいえ、デザインはほぼ変えずに背面カバーの「TWOTONE」と「FLIP」が共通で使えてというのはとても良いですね!

続きを読む

実売3万円の高コスパモデルで今年もベストセラー間違いなし!?ファーウェイの新しいSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」を写真と動画で紹介【レポート】


SIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」を写真と動画でチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は6日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、SIMフリースマートフォン(スマホ)の最新モデルとなる「HUAWEI P10 lite(型番:WAS-L22J)」(以下、P10 lite)を発表しました。

P10 liteはOSにAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を採用し、チップセット(SoC)にはHisillicon製オクタコアCPU「Kirin 658」、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内臓ストレージ(ROM)を搭載したミドルレンジモデルで、すでに6月9日より販売が開始されています。

先代であり、昨年の日本市場におけるベストセラーSIMフリースマホとなった「HUAWEI P9 lite」(以下、P9 lite)からCPUやRAM、ストレージが強化され、想定価格は3万円前後とお手頃な価格設定と、スペックは高めなコストパフォーマンスに優れたSIMフリースマホになっており、今年もベストセラー機種の第1候補と言って良いでしょう。

価格はオープンながら希望小売価格が32,378円(税込)、公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では同額で販売されているものの、すでに紹介しているように2.5万円程度で販売しているところも。さらにau VoLTEにも対応しているため、UQ mobileなどでも販売されていてかなり販路も多くあります。

今回、発表会の展示会場にて実機に触れる機会がありましたので、実際にタッチ&トライした模様を外観を中心に写真や動画でレポートしたいと思います。

続きを読む

利用料が毎月1500円割引になる「docomo with」対象のエントリースマホ「arrows Be F-05J」は旧世代の同スペック機と比べて結構違う!性能をベンチマークでチェック【レビュー】


実は結構頑張ってる!カタログスペックだけではわからないarrows Be F-05Jの本当の姿を見よ

NTTドコモの「2017年夏モデル」の目玉となる割引施策「docomo with」対象モデルの第1弾として6月1日に発売された新しいスマートフォン(スマホ)「arrows Be F-05J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)。

前回は同梱品紹介として、開封レポートをお送りしましたが、今回はarrows Be F-05Jをベンチマークアプリで性能をチェックしつつ、ほぼ同等のスペックとして販売されている他のスマホと比較してみました。ほぼ同じのスペックでもメーカーや世代が違うと、どういった結果が出てくるのかに注目してご覧ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。