S-MAX

レンズ

スマホで気軽にEFレンズ選びができるカタログアプリ「EOS/EF SYSTEM」がリリース予定!従来のiPad専用が好評で、パワーアップしてiPhoneやAndroidでも利用可能に


スマホで気軽にEFレンズ選びができるアプリ「EOS/EF SYSTEM」がリリース予定!

キヤノンは29日、同社の一眼レフカメラ/ミラーレスカメラ用交換レンズ「EF LENS(以下、EFレンズ)」をスマートフォン(スマホ)やタブレットから選ぶことができるアプリ「EOS/EF SYSTEM」を2017年7月下旬にリリースすると発表しています。

対応OSはAndroid 5.0(開発コード名:Lollipop)以降およびiOS 9.0以降で、利用料は無料。いわゆるEFレンズのカタログアプリで、検索したレンズを公式Webストア「キヤノンオンラインショップ」でスムーズに購入も行えるということです。

続きを読む

カールツァイスがiPhone用の外付けカメラレンズを今春に発売!ExoLensのFellowesと提携し、まずは広角・マクロ・望遠の3つを投入


iPhone用の外付けカールツァイスレンズが発売予定!

Carl Zeiss(以下、カールツァイス)がiPhone用の外付けカメラレンズ「ExoLens with optics by ZEISS」を2016年第2四半期(4〜6月)の後半に発売すると発表しています。外付けカメラレンズはiPhone用の拡張レンズキット「ExoLens」を展開するFellowesと提携し、ExoLensで利用できるというもの。

まずは広角およびマクロ、望遠の3つのレンズが販売される予定で、アメリカ・ラスベガスにて1月6日(水)から9日(土)まで開催されている世界最大級のIT・家電関連イベント「2016 International CES(CES 2016)」にて展示しています。

続きを読む

Nikon 1 J1/V1の購入を検討しているなら要チェック「Nikon 1 公式カタログ」【iPadアプリ】

iPadならでのは見やすいカタログアプリ

量販店のデジカメ売り場に行くと、レンズ交換式のミラーレス一眼(ノンレフレックスカメラ)コーナーが設けられオリンパス、パナソニック、ソニー、ペンタックス、そしてニコンのカメラが並んでいる。

今回紹介するのは昨年発売となったニコンのアドバンストカメラ「Nikon 1」のiPad向け公式カタログアプリだ。写真やテキストだけではなく、アニメーションや動画で機能を説明するアプリとなっている。

続きを読む

ニコンのデジタル一眼レフカメラの電子マニュアルをiPhone、iPadで!電子マニュアルアプリ「Manual Viewer」【iPhoneアプリ】【iPadアプリ】

デジカメのマニュアルを持ち歩いて活用しよう!

今回紹介するiOS向けアプリ「Manual Viewer」は、ニコン製のデジタル一眼レフカメラ、アドバンストカメラのマニュアルをiPhoneやiPadでいつでも読めるアプリだ。買ったばかりのカメラの機能を外出先でも確認できる。これならマニュアルをなくすこともなくなるかも!?

それでは、早速Manual Viewerをみてみよう。

続きを読む

広角レンズ、望遠レンズの写る範囲は?!キヤノンEFレンズの比較もできるカタログアプリ「CanonSGLens」【iPhoneアプリ】【iPadアプリ】

あると便利なEFレンズカタログアプリ。

デジタル一眼レフカメラのレンズカタログは様々なレンズが掲載されていますが、単焦点レンズとズームレンズの比較をする際に目的のレンズを探したり、ページをまたいでいるので比較しづらい場合があります。

今回紹介するiOS向けアプリ「CanonSGLens」は、レンズの絞り込み検索やMTFの比較、画角の比較などが行える便利なカタログデータベースアプリです。iPhoneやiPadなどで利用できます。

では、早速CanonSGLensについて見ていきましょう。



続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。