S-MAX

価格

KDDI、au向けスマホ「Xperia XZ SOV34」を期間限定で機種変更ならさらに最大1万800円割引で値下げ!auスマートパス加入時で実質1万6200円、25歳以下なら実質5400円に


au向けスマホ「Xperia XZ SOV34」が機種変更で期間限定値下げ!

KDDIは21日、公式Webストア「au Online Shop」にて2016年11月に発売したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ SOV34」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を期間限定で機種変更なら本体価格最大10,800円(すべて税込)割引するキャンペーンを実施しています。

期間は2017年4月21日(金)から5月7日(日)まで。適用条件として1)Xperia XZ SOV34を機種変更(現在の機種を16カ月目以上利用)で購入、2)「誰でも割」もしくは「誰でも割ライト」、「スマイルハート割引」いずれかに加入、3)「データ定額5~30」または「LTE フラット」に加入が必要。

これにより、機種変更なら本体価格43,200円、実質負担額はauスマートパス加入時で16,200円、非加入時で23,976円となっています。なお、25歳以下なら「U25家族もおトク機種変更キャンペーン」でさらに10,800円が割り引かれます。

続きを読む

NTTドコモが10インチタブレット「dtab d-01H」を値下げで一括0円に!新規契約・機種変更でも端末購入サポートに追加


docomoの10インチタブレット「dtab d-01H」が一括0円に値下げ!

NTTドコモは21日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて2015年12月より販売している約10.1インチWUXGA(1920×1200ドット)液晶搭載タブレット「dtab d-01H」(Huawei Technogies製)を新規契約および機種変更にて12ヶ月の継続契約を条件に機種の購入代金を割り引くキャンペーン「端末購入サポート」の対象に追加とするとお知らせしています。

これにより、新規契約および機種変更における価格(すべて税込)が本体価格58,968円、端末購入サポートの割引額-58,968円で支払額0円になっています。端末購入サポートなので契約月を含む13ヶ月以内の解約やプラン変更をした場合の解除料29,484円がかかります。

続きを読む

ASUS JAPAN、Googleが開発する3Dカメラ「Tango」とVR「Daydream」に世界初両対応したSIMフリースマホ「ZenFone AR ZS571KL」を今夏に発売!価格は約9万円から


ASUSが世界初AR・VR両対応スマホ「ZenFone AR ZS571KL」を日本でも発売!

既報通り、ASUS JAPANは13日、都内にて新製品発表会「Zennovation ~その現実は今、拡張する~」を開催し、Googleが開発する3Dカメラ「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」に世界初両対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」を2017年夏より販売開始予定であると発表しています。

日本で発売されるのは内蔵メモリー(RAM)および内蔵ストレージ(UFS 2.0)が8GB RAM+128GBストレージモデル(型番:ZS571KL-BK128S8)と、6GB RAM+64GB ストレージモデル(型番:ZS571KL-BK64S6)の2モデル。型番からわかるように本体色はともにブラックの1色のみ。

価格はオープンながら希望小売価格がZS571KL-BK128S8で99,800円、ZS571KL-BK64S6で82,800円。ZenFone AR専用ケース「View Flip Cover ブラック」も合わせて販売される予定で、希望小売価格は3,280円。事前予約および具体的な発売日については後日、改めて発表する予定。なお、価格表記はすべて税別。

続きを読む

ASUS JAPAN、4100mAhバッテリーを搭載したSIMフリーの電池長持ちスマホ「ZenFone 3 Max ZC553KL」を4月15日に発売!au VoLTEにも対応し、事前予約開始で価格は約3万円に


ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 3 Max ZC553KL」が4月15日に発売!

ASUS JAPANは12日、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の「ZenFone 3」シリーズのうちの大容量バッテリーを搭載して電池が長持ちするSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Max(型番:ZC553KL)」を2017年4月15日(土)に発売すると発表しています。

ZenFone 3 Maxとしてはすでに今年1月に約5.2インチHD(720×1280ドット)液晶を搭載した「ZenFone 3 Max(型番:ZC520TL)」を発売していましたが、今回発売されるZenFone 3 Max ZC553KLは画面が約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶と大型化したほか、チップセット(SoC)が「Snapdragon 430」、内蔵メモリー(RAM)が3GB、au VoLTE対応などと強化された上位モデルとなっています。

発売に先立って本日4月12日より事前予約受付を開始しており、価格はオープンながら市場予想価格は27,800円(税別)。販売拠点は家電量販店やオンラインストア、仮想移動体通信事業者(MVNO)などですでにNifMoやBIGLOBE SIMなどで販売することが案内されています。

また公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」での価格は税込30,024円(税別27,800円)で、現在実施しているキャンペーン「ASUS 春のFone祭り」にZenFone 3 Max ZC553KLを追加し、対象のZenFoneシリーズを購入するとASUS純正専用アクセサリーがプレゼントされています。

その他、すでに発表していた「ZenFone 3(型番:ZE520KL)」の新色「クリスタルゴールド(型番:ZE520KL-GD32S3)」も同日4月15日に発売するということです。

続きを読む

KDDI、au向け「iPhone SE」の32GB・128GBモデルを4月7日に発売!ケータイからの乗り換えだと最大3万円割引、さらにauスマホはじめるプログラムで月々2980円からに


auからもiPhone SEの32GB・128GBモデルが発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は7日、au向けにApple製4インチ小型スマートフォン(スマホ)「iPhone SE」の32GBモデルと128GBモデルを発売しました。

またauでは同日よりiPhone SEに新しく販売開始された32GB・128GBモデルを「auスマホ交換プログラム」に追加し、ケータイからスマホへの取り替えで最大30,000円割引で購入できるとのこと。

さらに初めてのスマホをお得に利用できる「auスマホはじめるプログラム」でiPhone SEの32GB・128GBモデルが月々2,980円から利用できるとしています。

続きを読む

UQ mobileから小型4インチスマホ「iPhone SE」の128GBモデルが4月8日に発売!32GBモデルに続き、価格は実質3万8988円に


UQ mobileでもiPhone SEの128GBが発売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は5日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」においてApple製4インチ小型スマートフォン(スマホ)「iPhone SE」の128GBモデルを2017年4月8日(土)より取り扱い開始すると発表しています。

すでに32GBモデルについては3月25日より取り扱っていましたが、改めて128GBモデルについても販売します。なお、KDDIグループではauからもiPhone SEの32GBモデルと128GBモデルが4月6日から発売されます。

続きを読む

DSDSブームはgooスマホが牽引する!IGZO液晶を採用した「g07+」やAIによる行動支援サービスなどが発表された「NTTレゾナント・メディアカンファレンス」を写真とともに解説【レポート】


「goo」20周年を記念したスマホ「g07+」も発表されたNTTレゾナントのメディアカンファレンスを紹介!

NTTレゾナントは27日、インターネット検索サービス「goo」の20周年を記念した報道向け説明会『NTTレゾナント「goo」20周年メディアカンファレンス』を開催しました。

カンファレンスではgooが取り組んできた検索サービスの振り返りや現在研究と検証試験を行っている「AIによる行動支援サービス」の概要などが発表されたほか、gooのスマホブランドのDSDS対応SIMフリースマートフォン(スマホ)「g07+」などが発表されました。

g07+は2016年12月より発売が開始されているSIMフリースマホ「g07」のバージョンアップ版という位置付けで、NTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」とセットで3月27日より予約が開始されています。

セット販売時の価格は19,800円。カラーはホワイトパネルとブラックパネルの2種類でホワイトパネルが4月中旬以降、ブラックパネルが5月上旬以降にそれぞれ出荷予定となっています。今回はこのメディアカンファレンスの模様を写真を交えて解説していきます。

続きを読む

KDDI、au向け4G LTE対応1TBストレージ搭載NAS「Qua station」を4月7日に発売!写真や動画などをひとまとめに保存でき、価格は3万2400円に


au向けストレージデバイス「Qua station」が4月7日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は29日、au向け高速通信サービス「4G LTE」(FDD-LTE方式)に対応した1TBの大容量ストレージを搭載したNAS「Qua station」を2017年4月7日(金)に発売すると発表しています。

価格は税別30,000円(税込32,400円)または分割で税込900円/月×36回。発売に合わせて専用料金プラン「Qua stationプラン ds」が提供され、基本利用料はISP接続料含み税別300円(税込324円)で利用可能。

auの4G LTE対応スマートフォン(スマホ)でデータ定額などの対象データ通信オプションを契約している場合に申し込め、Qua stationのデータ通信量がスマホとシェアするようになっています。

また発売を記念して「Qua station おトク割」も実施され、購入の翌月から36ヶ月(3年間)は基本利用料税別300円が無料になるほか、Qua stationの新規契約事務手数料が無料になるということです。

続きを読む

NTTレゾナント、SIMフリーなgooのスマホ「g07+」を発表!au回線(CDMA2000)対応で3キャリアで使え、IGZO液晶パネルでタッチ精度も向上――キャンペーンで2千円引きの約2万円


gooのスマホ第7弾のマイナーチェンジモデル「g07+」が発売!

NTTレゾナントは27日、都内にて発表会『「goo」20周年メディアカンファレンス』を開催し、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新機種「g07+(グーマルナナプラス)」を発表しています。

g07+は昨年12月に発表・発売した3Gと4Gの「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応した「g07(グーマルナナ)」を改良したマイナーチェンジモデルです。

新たにau回線(CDMA2000)に対応したほか、より省電力かつ高精細なIGZO液晶パネル採用やカメラにIRカットフィルター追加、精度の高い電子コンパス、より高品質なアルミ加工を施すなどの改良が行われています。g07と同じCovia製で型番は「CP-J55aW」。

価格はNTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のエントリーパッケージとセットで19,800円(すべて税別)。発売はホワイトパネルが4月中旬以降、ブラックパネルが5月上旬以降にそれぞれ出荷予定。なお、発売に先立って本日3月27日11時より予約販売を開始しています。

また発売を記念してg07+を先着907人に2,000円分のgooポイント割引クーポン利用で購入できる「g07+新発売キャンペーン」を2017年4月20日(木)9時59分までの期間限定で実施し、17,800円で販売しています。

さらに既存機種のg07を公式Webストア「goo SimSeller」ではOCN モバイル ONEとのセットで従来から2,000円値下げした17,800円を通常販売価格として提供するということです。

続きを読む

NTTドコモ、小型4インチスマホ「iPhone SE」の32GB・128GBモデルを3月31日に発売!価格も案内し、3月25日10時より事前予約開始ーー既存の16GBモデルはそろそろ販売終了へ


NTTドコモではiPhone SEの32・128GBモデルを3月31日に発売!

NTTドコモは24日、Apple製スマートフォン(スマホ)「iPhone SE」の32GBモデルと128GBモデルを2017年3月31日(金)に発売すると発表しています。

発売に先立って本日3月25日(土)10時よりNTTドコモ取扱店の店頭で事前予約受付および「ドコモホームページ(ドコモオンラインショップ)」におけるオンライン予約を開始するとお知らせしています。

合わせて価格も案内されているので紹介したいと思います。なお、既存の16GBモデルと64GBモデルについては在庫限りで販売を終了するようで、すでにドコモオンラインショップでは16GBモデルのゴールドについては販売を終了しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。