S-MAX

再開

ソフトバンク、ワイモバイル向けシャープ製Android Oneスマホ「X1」に対してAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を再開!セキュリティー向上も実施


Y!mobileスマホ「Android One X1」のAndroid 8.0 Oreoへのアップデートが再開!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は6日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに昨年6月に発売した「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One X1」(シャープ製)に対する最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2018年2月6日(火)より順次再開しているとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)でネットワーク経由によるOTAが用意されており、更新の完了までに最大80分程度かかる場合があるとしています。更新後のビルド番号は「S1004」。主な変更点は以下の通り。

ビルド番号がS1002から
・まれに位置情報の測位に時間がかかる事象の改善
・留守番電話センターへ転送された際にまれにガイダンスの音声が聞こえなくなる事象の改善
・セキュリティの向上

ビルド番号がS1002以外から
・Android 8.0へのOSバージョンアップ
・まれに位置情報の測位に時間がかかる事象の改善
・留守番電話センターへ転送された際にまれにガイダンスの音声が聞こえなくなる事象の改善
・セキュリティの向上

※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※ ご利用中の端末の更新後のソフトウェアバージョンを確認する際は<<操作手順>>をご覧ください。
※ シャープ Android One X1サポート情報はこちらをご覧ください。


続きを読む

NTTドコモ、シャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R SH-03J」に対してAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を再開


docomoスマホ「AQUOS R SH-03J」のAndroid 8.0 Oreoへの更新が再開!

NTTドコモは31日、昨年7月に「2017年夏モデル」として発売したシャープ製フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R SH-03J」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2018年1月31日(水)10時より再開したとお知らせしています。

AQUOS R SH-03JのAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップは昨年12月7日より提供開始され、その後、1月17日に「まれに一部端末において通信不安定や圏外表示となる不具合」が確認されたために一時中断されていました。

また再開したソフトウェア更新後のビルド番号は「02.00.01」となっており、すでに12月7日から配信されていた更新を行なってAndroid 8.0 Oreo(ビルド番号「02.00.00」)になっている場合には不具合修正のためのソフトウェア更新が提供されています。

※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

改善される事象
・まれに、通知音が正常に鳴動しない場合があります。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年1月になります。)


続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R 605SH」に対してAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を再開


SoftBank向けスマホ「AQUOS R 605SH」のAndroid 8.0 Oreoが配信再開!

ソフトバンクは30日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに昨年7月に発売したスマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:605SH)」に対する最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を再開したとお知らせしています。

シャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS R」のAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップは昨年12月5日に提供開始されたau向け「AQUOS R(型番:SHV39)」を皮切りに、NTTドコモ向け「AQUOS R(型番:SH-03J)」に昨年12月7日より、そしてSoftBank向けでは昨年12月21日より配信されていました。

その後、各社ではSoftBank向けが1月12日より、NTTドコモ向けが1月17日より、au向けが1月18日よりそれぞれ同更新を一時中断していました。原因は共通で「まれに一部端末において通信不安定や圏外表示となる不具合が確認された」ためとしていました。

続きを読む

NTTドコモがハイスペックスマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」に対するAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を再開!すでに更新した場合への不具合修正も提供


docomo Galaxy S7 edge SC-02HへのAndroid 7.0 Nougatが再開!

NTTドコモは29日、一時中断していたスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SC-02H」(サムスン電子製)に対する最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年3月29日(水)13時より再開するとお知らせしています。

Galaxy S7 edge SC-02HのAndroid 7.0 Nougatへのソフトウェア更新は今月3月16日より提供開始され、その後、確認事項が発生したためとして3月24日に配信を一時中断していました。

すでに案内していたように調査(確認)した結果として「省電力モード」および「緊急時長持ちモード」の設定をしている場合にまれに正常に動作しない場合があったとし、事象が解消したため再開したということです。

なお、すでにAndroid 7.0 Nougatへ更新している場合にも該当不具合を修正するソフトウェア更新が提供開始されており、本体のみでWi-FiおよびFOMA、Xi回線でネットワーク経由で行う場合には約6分、パソコンにUSBケーブルで接続して行う場合には約54分かかります。

変更点は『「省電力モード」「緊急時長持ちモード」の設定をしている場合に、一部機能が正常に動作しない場合があります。』のみ、最新ビルド番号は「NRD90M.SC02HOMU1BQC5」。またau向け「Galaxy S7 edge SCV33」については同様の不具合は起きていないとのことです。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリーの最上位スマホ「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」の受注を再開!ただし、予約しても出荷は1月中旬以降に


ASUS JAPANがSIMフリースマホ「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」の受注再開!

ASUS JAPANは22日、SIMフリーの最上位フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」(ASUSTeK Computer製)の販売を再開するとお知らせしています。ZenFone 3 Deluxe ZS570KLは当初発表時に10月下旬に発売予定とされ、予約受付を実施していましたが、予約数が想定以上だとして10月21日より予約(販売および受注)を一時停止していました。

今回、ようやく製品供給の目途が立ったため、あらためて本日12月22日より公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」などにて予約を再開しています。なお、再開分については2017年1月中旬以降の出荷を予定しているということです。価格は税別89,800円、税込96,984円。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。