S-MAX

周辺機器

最新のスマホ用カメラアクセサリーなども展示!パシフィコ横浜などで3月1〜4日に開催されるカメラと写真のワールドプレミアムイベント「CP+2018」はどこが変わる?【レポート】


CIPAと横浜市でカメラと写真のイベントCP+2018を盛り上げる!

カメラ映像機器工業会(CIPA)が「CP+(シーピープラス)2018/フォト・ヨコハマ2018 合同記者発表会」を2017年12月12日に開催し、カメラと写真映像のワールドプレミアムショー「CP+」への取り組みについて発表を行った。

CP+はワールドプレミアとなる最新のカメラや周辺機器などの展示だけではなく、横浜市との連携で写真文化に触れることができるイベントだ。今年の「CP+2018」の会期は2018年3月1日(木)~4日(日)の4日間(初日は開場から12時までプレスタイム、最終日は17時まで)で、場所は神奈川県にある「パシフィコ横浜」と「大さん橋ホール」で行う。

イベントはカメラだけでなく、スマートフォン(スマホ)のカメラアクセサリーの展示も行われ、カメラに詳しくない初心者でも楽しめる内容である。なお、入場料は一般1,500円だが、Web事前登録をすることで無料となるので、まずは事前登録がオススメだ。

今回は、CP+の今年の狙いおよび新たな取り組みについて紹介していく。

続きを読む

アドルック、JTのたばこ用デバイス「Ploom TECH」の互換バッテリーをAmazon.co.jpで特価販売中


お知らせバイブレーション機能付きのPloom TECH互換バッテリーがセール価格で販売中!

電子タバコ周辺機器の企画・開発・販売をするアドルックは2日、50パフをバイブレーションでお知らせする機能を搭載した、JT(日本たばこ産業)のたばこ用デバイス「Ploom TECH(プルーム・テック)」の互換バッテリーを大手Webストア「Amazon.co.jp」において、販売を開始したと発表しています。

また、発売を記念して通常価格が1,980円(税込み)のところ、セール価格の1,280円(税込み)で販売中で、現時点では購入数の制限はないとのことです。

続きを読む

DJIの3軸ジンバル搭載の4Kドローン「MAVIC AIR」を写真と動画で紹介!価格は約10万円で、携帯性と安全性能に優れたパーソナル向け【レポート】


DJIが障害物を認識して安定した飛行が楽しめる小型ドローン「Mavic Air」を発売!

DJI JAPANは1月25日に都内にて「DJI JAPAN 新製品記者発表会」を開催し、海外ではアメリカ・ニューヨークにて1月23日(現地時間)に発表していた携帯性に優れた3軸ジンバル搭載の4Kドローン「Mavic Air」(DJI製)を日本で発売すると発表した。

公式Webショップ「DJIストア」ではすでに1月28日より販売されており、価格は本体のみで104,000円、フライトバッテリーやトラベルバッグが追加されたMavic Air Fly More Comboが129,000円などとなっている(ともに税込)。

旅行やアウトドア好きなユーザーを対象として開発した「Mavic」シリーズの最新モデルとなるMavic Airは、既存の「Spark」シリーズのジェスチャーコントロール「パームコントロール」機能を搭載し、さまざまな用途に対応できるモデルと言える。

今回は発表会にて紹介された本格的な3軸ジンバルと4K撮影によって滑らかな空撮映像をだれでも楽しめるMavic Airについて写真と動画で紹介していく。

続きを読む

第4回ウェアラブルEXPO:プリント基板をアートに変えた電子技販の「FLASH」シリーズを写真で紹介!スマホケースやIC-CARDケースなど超精巧な配線アートを楽しく携帯【レポート】


<電子技販ブースのプリント基板を使った芸術的なスマホケースなどを紹介!/strong>

今年1月17日から19日まで東京ビッグサイトでウェアラブル関連の総合展示会「第4回 ウェアラブルEXPO」が開催され、プリント基板の設計、製造、実装および検査などを手掛ける電子技販が出展し、同社のコンシューマ向け商品「moeco PCB ART」ブランドの製品として「FLASH 東京回路線図 iPhoneケース」や「FLASH 東京回路線図 IC-CARDケース」、「FLASH STAR WARSシリーズ」などが展示されていました。

同ブランドの製品は一般的なプリント基板技術を用いて幾何学的な地図や鉄道路線図などを描き、スマートフォン(スマホ)の電波送信などによってLEDが光るというもので、製品としては3年ほどの販売実績があります。今回、ブースでは多数のラインナップが展示されていましたので写真とともにご紹介します。

続きを読む

第4回ウェアラブルEXPO:フィットネススマートウォッチのハイエンドモデル「Fitbit Ionic」が展示!1月18日発売で、水泳時着用可能な防水性能やGPS内蔵で機能性を向上【レポート】


Fitbitの最新フィットネススマートウォッチ「Fitbit ionic」を紹介!

Fitbitは11日、フィットネスやスポーツに特化したスマートウォッチ「Fitbit Ionic(フィットビット・アイオニック)」を発表し、2018年1月17(水)~19日(金)に渡って東京ビッグサイトにて開催されたウェアラブル関連の総合展示会「第4回 ウェアラブルEXPO」で展示していました。すでに1月18日より販売開始されており、価格は36,000円(税込)となっています。

同社はこれまで歩数計や睡眠サポート機能などを特徴としたフィットネスリストバンドを中心に事業を拡大し、2016年には同社初のフィットネススマートウォッチ「\Fitbit Blaze(フィットビット・ブレイズ)」を発売しましたが、本機はこの製品の後継に当たるものです。

健康志向とウェアラブル端末のブームが重なり同社のフィットネスリストバンドでも心拍数モニターやマルチスポーツトラッキング、有酸素運動のフィットネスレベルの測定などさまざまな機能が追加・拡張され新製品として発売されてきましたが、本機はそういったフィットネスリストバンドやフィットネススマートウォッチの集大成とも言えるハイエンド製品に位置付けられています。

展示ブースにて本機に触れる機会がありましたので、写真や動画とともにその機能をご紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。