S-MAX

周辺機器

シャープの超高速通信ができる「5Gモバイルルーター」を写真と動画で紹介!Sub6とミリ波の両対応に加え、Wi-Fi 6や有線LANの2.5GBASE-Tも【レポート】


SHARPが「5Gモバイルルーター」の商品化を発表!

既報通り、シャープは17日、次世代通信規格「5G」に対応した新商品を発表する「5G models 2020春 新製品発表会」を開催し、5G通信における「Sub6(サブシックス:6GHz未満の周波数帯)」と「ミリ波(mmWave:28GHz帯などの高周波数帯)」の両方に対応したモバイルルーター「5Gモバイルルーター」を今春以降に発売すると発表した。

具体的な本体価格や発売時期、取り扱いキャリアや販売チャネルなど、本体スペック以外の詳細はほとんど発表されず、発表時点は未定となっている。なお、製品性能から法人ニーズを意識したモデルではありながらも、法人専用というわけではなく個人利用も想定した製品とのこと。

本記事では、発表会に併設されたタッチ&トライコーナーにて5Gモバイルルーターに触れることができたので、写真や動画を交えながら製品の外観や特徴をレポートする。

続きを読む

Ankerのオーディオブランド「Soundcore」のコスパ最強ワイヤレスイヤホン「Liberty 2」と「Liberty Air 2」を試す【レビュー】


Soundcoreの2種類の新製品を試した!

アンカー・ジャパンがAnker(アンカー)のオーディオブランド「Soundcore(サウンドコア)」における新製品「Soundcore Liberty 2(サウンドコア リバティ ツー)」(以下、Liberty 2)および「Soundcore Liberty Air 2(サウンドコア リバティ エアー ツー)」(以下、Liberty Air 2)を2019年11月27日に発売した。

両製品ともに価格と機能性、音質、利便性のバランスを追求したというコストパフォーマンスに優れた左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンだ。

Anker公式オンラインストアやAmazon.co.jpをはじめ、楽天市場、一部の家電量販店で販売されており、Anker公式オンラインストア上での価格はいずれも9,999円(税込)。今回はこの2製品について写真を中心にレビューをお届けする。

続きを読む

チェキプリントできるスマホなど用モバイルプリンター「instax mini Link」を購入!同梱品やアプリ、プリントまでの手順や使用感を紹介【レビュー】


スマホと繋がる“チェキ”instax mini Linkを買ってみた!

富士フイルムのインスタントカメラ「チェキ」ブランドよりスマートフォン(スマホ)などでチェキ フィルムにプリントできるプリンター「instax mini Link」が2019年10月11日に発売されました。執筆時点(2020年1月)の価格は公式Webストア「フジフイルムモール」では14,850円(税込)となっています。

instax mini Linkはスマホなどで撮影した写真を転送して簡単に“チェキプリント”できる持ち歩けるモバイルプリンターで、フレームを追加して写したり、動画から画像を切り取って写したりできる機能などに対応しているため、チェキプリントがとても楽しめるプリンターです。

今回、そんなinstax mini Linkを購入してみたので本体や同梱品のほか、実際に利用してみた使用感を写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

Appleが「iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 用 Smart Battery Case 交換プログラム」を実施!充電されない問題で対象製品なら無償交換に


iPhone XS・XS Max・XR 用のバッテリー拡張ケース「Smart Battery Case」に充電されない不具合!

Appleは10日、同社のスマートフォン(スマホ)「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone XR」の専用バッテリー搭載ケース「Smart Battery Case」の一部で充電に問題が起きる可能性があることが判明したとして「iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR 用 Smart Battery Case 交換プログラム」を実施しています。

対象となるSmart Battery Caseでは「電源に接続してもSmart Battery Caseが充電されないまたは断続的にしか充電されない」や「iPhoneがSmart Battery Caseから充電されないまたは断続的にしか充電されない」という症状のいずれかまたは両方が見られることがあるとのこと。

この問題が確認されているのは2019年1〜10月に製造されたiPhone XS・XS Max・XR用のSmart Battery Caseで、安全性に関わる問題ではないものの、プログラムの対象となるSmart Battery CaseについてはAppleまたはApple正規サービスプロバイダにて無償交換するということです。

続きを読む

ついにカメラ翻訳機能を搭載!ソースネクストの新型翻訳機「POCKETALK S(ポケトーク エス)」を試したみたので写真と動画で紹介【レビュー】


最新の「POCKETALK(ポケトーク) 」を試した!

いよいよ今年はオリンピックイヤーだ。2013年9月に2020年のオリンピック開催地が東京に決まったときから今日に至るまでの6年数カ月間、オリンピックに関する話題は国内外を問わず絶えることはなかったと言えるだろう。

特に日本国内においては今年のオリンピック開催に向けたインバウンド需要を見据えたビジネスやサービス、製品がさまざまな分野で登場し、訪日外国人観光客数もここ数年で飛躍的に増加したのが実感できる。

そんな中、ソースネクストは2017年10月23日に「通訳デバイス」と銘打った「 POCKETALK(ポケトーク)」を、同年12月14日に発売すると発表した。この初代POCKETALKは発表後、またたく間に大きな反響を呼び、日本における「翻訳機」の市場を一気に開拓した。

翌年の2018年9月7日には2代目となる「POCKETALK W(ポケトーク ダブリュー)」を発売。初代POCKETALKにおける多くの不満点を改善しただけでなく、大々的なプロモーションや積極的な販売戦略により翻訳機市場で圧倒的なシェアを獲得していった。

そして昨年、3代目となる「POCKETALK S(ポケトーク エス)」を2019年12月6日から順次発売した。前モデルの使い勝手を大きく改善するだけではなく、カメラ翻訳などの新機能を搭載してフルモデルチェンジしたのがPOCKETALK Sだ。

ソースネクストによると、2019年12月9日時点でPOCKETALKシリーズの累計出荷台数は60万台を突破したという。さらに2019年12月10日にMM総研が発表した「音声翻訳専用機の世界累計出荷台数シェア」においても「POCKETALK」が世界シェア1位(31.1%)を獲得したと明かされた。

今回は登場以来、名実ともに「翻訳機」市場でトップを走り続けるPOCKETALKのシリーズ最新モデル POCKETALK Sを試してみたので、レビューをお届けする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。