S-MAX

発売日

KDDI、バットマンスマホ「Galaxy S7 edge Injustice Edition」をau Online Shopで7月4日12時に予約受付開始!100台限定販売でシリアルナンバー印字やGear VRプレゼントなど


au向けバットマンスマホ「Galaxy S7 edge Injustice Edition」が7月4日に予約受付開始!

KDDIおよび沖縄セルラーは27日、今夏に発売するau向け「2016年夏モデル」のうちの約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)有機EL(Super AMOLED)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SCV33」(サムスン電子製)のバットマンモデル「Galaxy S7 edge Injustice Edition」を2016年7月4日(月)12時より予約受付を実施すると発表しています。

日本では100台限定で公式Webストア「au Online Shop」にて7月4日12時より予約手続きを開始し、先着順で「本申し込み」案内を送付し、3日以内に購入手続きがされない場合には自動的にキャンセルとなります。そのため、101人目以降もキャンセル待ちとして予約受付を継続し、本申し込みが100人に達した時点で完売となるとのこと。

価格(税込)は新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)でともに本体価格143,640円、毎月割の割引後の実質負担額はauスマートパスの加入時で93,960円、非加入時で101,736円。

続きを読む

NTTドコモ、国内初3.5GHz帯対応で下り最大370MbpsのモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」を6月29日に発売!気になる価格をチェック


NTTドコモ向けモバイルWi-FiルーターWi-Fi STATION HW-01H」が6月29日に発売!

NTTドコモは27日、今夏に発売する「2016年夏モデル」のうちの国内初の3.5GHz帯(Band 42)によるTD-LTE方式や次世代通信規格「LTE-Advanced」の技術要素である「キャリアアグリゲーション(CA)」の3波を束ねる3CCに対応し、下り最大370Mbpsによる高速通信が利用できるモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」(Huawei Technologies製)を2016年6月29日(水)に発売すると発表しています。

ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、発売日発表に合わせて価格も案内されていましたので紹介します。

続きを読む

au回線のMVNOによる携帯電話サービス「UQ mobile」向けにハンドソープで洗えるタフネススマホ「DIGNO L」が発表!SIMフリーで7月28日発売


UQ mobile向けスマホ「DIGNO L」が7月28日に発売!

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)および沖縄バリューイネイブラーは23日、都内にて「UQコミュニケーションサロン」を開催し、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」における新施策を発表し、合わせて新ラインナップとして「DIGNO L」(京セラ製)を追加すると発表しています。

DIGNO Lはau向けに昨年12月から販売され、"ソープスマホ"という愛称で親しまれているハンドソープで洗える「DIGNO rafre(型番:KYV36)」をベースにしており、auロゴが省かれているほか、プリインストールされているアプリもau系はなく、極力少なくなっています。なお、購入時からSIMフリーだとのこと。

公式Webストア「UQ mobileオンラインショップ」などで2016年7月28日(木)に発売され、本体価格や「端末購入アシスト」および「マンスリー割」の適用額などについては後日案内されるということです。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け低価格タフネススマホ「DIGNO F 503KC」を6月24日に発売!気になる価格をチェックーー本体価格3万7920円で実質1万800円


SoftBankの新スマホ「DIGNO F 503KC」を6月24日に発売!

ソフトバンクは21日、今夏に発売するSoftBank向け「2016年夏モデル」のうちの約5.0インチHD(720×1280ドット)液晶や64bit対応クアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のタフネス対応スマートフォン(スマホ)「DIGNO F(型番:503KC)」(京セラ製)を2016年6月24日(金)に発売すると発表しています。

すでにソフトバンクショップ店頭や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などのSoftBank携帯電話取扱店にて事前予約受付を実施しており、価格も案内されていましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

Amazon、薄く軽くなった新電子書籍リーダー「Kindle(2016)」を発表!日本では7月20日発売で、価格はプライム会員なら4980円、非会員なら8980円から


Amazon.co.jpにて新しい電子書籍リーダー「Kindle(2016)」が7月20日に発売!

Amazonは22日(現地時間)、6インチモノクロ電子ペーパーを搭載した電子書籍リーダー「Kindle」の新しい製品「Kindle(Newモデル)」(以下、「Kindle(2016)」)を発表しています。アメリカでは2016年7月7月(木)、日本の「Amazon.co.jp」では2016年7月20日(水)に発売され、すでに予約販売が開始されています。

新製品は既存のKindleよりも11%薄く、16%軽くなり、ホワイトとブラックの2色が用意。価格(税込)はキャンペーン情報つきがAmazonプライム会員ならクーポン「PRIMEKINDLE」を適用して4,000円OFFの4,980円、非会員なら8,980円、キャンペーン情報なしが会員なら6,980円、非会員なら10,980円。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け新エクスペリアスマホ「Xperia X Performance 502SO」を6月24日に発売!本体価格9万3120円で実質は新規・機変で4万2720円、MNPで1万6080円


SoftBankの新スマホ「Xperia X Performance 502SO」を6月24日に発売!

ソフトバンクは21日、今夏に発売するSoftBank向け「2016年夏モデル」のうちの約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance(型番:502SO)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2016年6月24日(金)に発売すると発表しています。

すでにソフトバンクショップ店頭や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などのSoftBank携帯電話取扱店にて事前予約受付を実施しており、価格も案内されていましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、新エクスペリアスマホ「Xperia X Performance SO-04H」を6月24日に発売!気になる価格をチェック――本体価格9万72円で実質2〜6万円に


NTTドコモの新スマホ「Xperia X Performance SO-04H」を6月24日に発売!

NTTドコモは21日、今夏以降に発売する「2016年夏モデル」のうちの約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)トリルミナスディスプレイ for mobileや64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「Xperia X Performance SO-04H」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2016年6月24日(金)に発売すると発表しています。

当初発売時期を6月中旬としていましたが、その後に公式Webサイトで6月下旬をお知らせしていましたが、正式に発売日が案内されました。これにより、Xperia X PerformanceはauやSoftBank向けとともに日本では一斉に6月24日に発売となります。

なお、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格も公式Webサイトにて案内されていましたのでまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

KDDI、au向け最新スマホ「AQUOS U SHV35」を6月24日に発売!価格を抑えたミドルレンジモデルで、おサイフケータイや防水・防塵にはしっかり対応


au向けスマホ「AQUOS U SHV35」が6月24日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラーは20日、KDDIおよび沖縄セルラーは16日、今夏に販売開始するau向け「2016年夏モデル」のうちの約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS U SHV35」(シャープ製)を2016年6月24日(金)に発売すると発表しています。

auショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて予約受付を実施しており、価格(税込)はすでに紹介したように本体価格が52,920円(2,205円/月×24回)、実質負担金が「auスマートパス」加入時で25,200円(1,050円/月×24回)、非加入時で32,976円(1,374円/月×24回)。

なお、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)、一部のauショップにて先行展示されています。

続きを読む

指紋認証やメタルボディーで3万円のSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」にソフトウェア更新が提供開始!スクリーンショット音をオフにするなどの使い勝手が向上


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」にソフトウェア更新でより使いやすく!

プラスワン・マーケティングは16日、同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」において販売されているAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(侍 麗)」(型番:FTJ161B-REI)に対して使い勝手の改善や不具合の修正を行なうソフトウェア更新(アップデート)を提供開始したとお知らせしています。

更新はSAMURAI REIの本体のみでネットワーク経由(OTA)で行え、更新ファイルは約34.19MBです。それほどファイルサイズは大きくありませんが、できれば無線LAN(Wi-Fi)のほうが良いと思われます。更新内容は以下の通り。

・スワイプアップランチャーのON/OFFの切り替えが可能になりました。
手順:「設定」>「端末」欄の「スワイプアップランチャー」をON/OFF
・キーボード表示中にスワイプアップランチャーが表示されないよう調整をおこないました。
・スクリーンショット音のON/OFFの切り替えが可能になりました。
手順:「設定」>「音と通知」>「その他の音」>「スクリーンショット」 をON/OFF
・カメラのシャッター音をOFFにすると、フォーカス音もOFFに切り替わるようになりました。
・データの保存ストレージを「SDカード」にしたときに、「SDカード」に保存されるようになりました。
・FREETEL UI使用時、Chromeにてメニューから「ホーム画面に追加」を選択しても、ホーム画面にショートカットが追加されない問題を修正しました。
・初期設定時に「端末が増えた場合」(データ移行ツール)の機能が追加されました。


続きを読む

ファーウェイ、2万4800円のタブレット2機種を発売!LTE対応「MediaPad T2 7.0 Pro」が7月8日、Wi-Fi対応「MediaPad T2 10.0 Pro」が6月24日に


ファーウェイが2万4800円のタブレット「MediaPad T2 Pro」を発売!7インチと10インチの2機種

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は17日、高精細なWXGA(1920×1200ドット)液晶ディスプレイやサクサク動く高性能CPU搭載でアプリや動画も存分に楽しめるHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)製のAndroidタブレット「HUAWEI MediaPad T2 7.0 Pro」(LTEモデル)および「HUAWEI MediaPad T2 10.0 Pro」(Wi-Fiモデル)を発売すると発表しています。

価格(税別)はそれぞれ24,980円。発売日は、MediaPad T2 7.0 Proが2016年7月8日(金)、MediaPad T2 10.0 Proが2016年6月24日(金)。

公式Webストア「ファーウェイ Vモール(楽天市場店)」のほか、家電量販店では上新電機およびZOA、ノジマ、ピーシーデポコーポレーション、ビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラ、WebストアではAmazon.co.jpおよびNTT-X Store、ひかりTVショッピング、CaravanYu、E-TREND、ムラウチドットコムで販売されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。