S-MAX

認証

サムスン電子の次期フォルダブルスマホは「Galaxy Z Flip」に!6.7インチの縦折りでコンパクトに持ち運び。au向け「SCV47」がFCC通過で日本でも発売へ


次期フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip」がauから「SCV47」として発売へ!写真はサムスン電子によるコンセプト

米連邦通信委員会(FCC)は23日(現地時間)、サムスン電子製スマートフォン(スマホ)「SM-F700F」が2020年1月13日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「A3LSMF700F」。同製品は公開された資料から追加型番として「SM-F700F/DS」および「SCV47」も掲載されています。

SM-F700は次期フォルダブルスマートフォン(スマホ)の型番として知られており、海外メディアでは製品名は「Galaxy Z Flip」(開発コード名:Galaxy Bloom)となると伝えており、型番ルールからSCV47はau向けとなると見られ、日本でもau向け「Galaxy Fold SCV45」と同様に発売されることになりそうです。

なお、Galaxy Z Flipは現地時間2月11日(火)11時からアメリカ・サンフランシスコにて開催予定のグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2020」にて発表される見込み。発表会は日本時間(JST)では2月12日(水)4時からとなり、発表会の模様は公式Webサイトや公式YouTubeチャンネルなどでライブ中継も行われます。

続きを読む

ピュアAndroid採用の「motorola one」がついに日本で発売へ!Motorola Mobility製スマホ「motorola one hyper」や「moto g8 plus」が技適通過


motorola one hyperとmoto g8 plusが技適通過!日本で登場予定

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにLenovo傘下のMotorola Mobilityが「XT2027-3」(認証番号:018-190375)および「XT2019-1」(認証番号:018-190390)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2019年11月14日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

XT2027-3およびXT2019-1はすでに海外で発表されているスマートフォン(スマホ)「motorola one hyper」および「moto g8 plus」であることが判明しており、これらの製品が日本でも投入される計画であることが明らかになりました。早ければ今冬、通例通りなら来春頃に発売されるのではないかと予想されます。

なお、これまで日本では携帯電話サービス「Y!mobile」にてメーカー製やサードパーティー製のプリインストールアプリをなくしたピュアAndroidの「Android One」シリーズが販売されていることもあり、同社ではAndroid Oneとして展開している「motorola one」シリーズを日本では発売してきませんでしたが、Y!mobileからか他のmotoシリーズと同様にSIMフリーか不明なものの、日本でも販売することになりそうです。

続きを読む

Samsung、廉価スマホ「Galaxy S10 Lite SM-G770」と「Galaxy Note10 Lite SM-N770」を投入へ!各種認証機関を通過し、インドなどで販売予定


廉価スマホ「Galaxy S10 Lite」と「Galaxy Note10 Lite」が登場へ!写真はGalaxy Note10+

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が同社のスマートフォン(スマホ)「Galaxy」シリーズにおける最新フラッグシップモデル「Galaxy S10」シリーズおよびペン入力に対応した最新プレミアムモデル「Galaxy Note10」シリーズにてそれぞれ廉価版を投入すると海外メディアが報じています。

廉価版は製品名が「Galaxy S10 Lite(型番:SM-G770**)」と「Galaxy Note10 Lite(型番:SM-N770**)」となると見られ、それぞれ認証機関を通過して存在が明らかにとなっています。インドでは今月にも発売されると伝えられており、恐らくグローバル向けに発表されてその他の国・地域でも投入されると予想されます。なお、日本で販売されるかどうかは不明。

続きを読む

ファーウェイ・ジャパンが11月14日に新スマホ発表をティザーで予告!パンチホールディスプレイやKirin 980を搭載したHUAWEI nova 5Tを発売へ


ファーウェイ・ジャパンが11月14日に新スマホを発表!HUAWEI nova 5Tに相当する製品が技適取得済み

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は1日、同社の公式Twitterアカウント( @HUAWEI_Japan_PR )にてティザー画像を公開し、新しいスマートフォン(スマホ)を2019年11月14日(木)に発表すると予告しています。

投稿には「さぁ、新たなディスプレイ体験を。2019.11.14 New Smartphone Debut」とともにパンチホールのあるディスプレイを搭載した製品の一部が示されている画像が添付されており、製品名やスペックなどの具体的な情報は他に何も明かされていません。

一方、同社は8月30日付けでメーカー型番「YAL-L21」を認証技術支援センターを通して工事設計認証(いわゆる「技適」)を取得していることが総務省によって公開されており、YAL-L21は海外では「HUAWEI nova 5T」もしくは「HONOR 20」として展開しているため、これらの製品が発売される可能性が高そうです。

続きを読む

大容量5000mAhバッテリー搭載スタミナスマホ「OPPO A5 2020」が日本で発売へ!CPH1943が技適通過。SIMフリーで量販店やMVNOなどにて販売か


スタミナスマホ「OPPO A5 2020」と見られるCPH1943が技適通過!日本で発売へ

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにOPPO Mobile Telecommunications(欧珀移动通信)が「CPH1943」(認証番号:018-190280)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2019年9月6日付けで認証技術支援センターによって取得しています。

CPH1943は他の認証情報からスマートフォン(スマホ)「OPPO A5 2020」であることが判明しており、グローバル向けと同じ型番であるため、恐らく日本ではSIMフリー製品として量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などから販売されることになると予想されます。なお、日本での製品名は変更される可能性もあります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。