S-MAX

迷惑電話

高齢者を標的とする詐欺対策として迷惑電話対策アプリをワイモバイル向け「かんたんスマホ 705KC」に標準搭載!販売好調で新色シルバーも3月7日に発売【レポート】


Y!mobile向け「かんたんスマホ」が詐欺対策機能でスマホ初心者でもより安全に使えるように!

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」においてスマートフォン(スマホ)を使ったことがない初心者など向けの約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶を搭載したスマホ「かんたんスマホ(型番:705KC)」(京セラ製)に新色「シルバー」を3月7日(金)に発売する。

販売拠点はワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店および公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」で、価格(金額はすべて税込)は既存色と同様には本体代60,156円の月額割引適用後の実質負担額が新規契約および他社から乗り換え(MNP)なら21,276円、機種変更なら34,236円となっている。

合わせてソフトバンクは都内にて記者説明会を2月21日に開催し、かんたんスマホ向けに高齢者をターゲットにした振り込め詐欺対策機能として迷惑電話をブロックするアプリ「迷惑電話対策」機能(利用料無料)を2月28日(木)より標準搭載すると発表した。

最近では振り込め詐欺の手口が巧妙化、そして組織化されており、自分は騙されないと思っている高齢者をターゲットに年間300億円を超える被害が発生している。そのため、被害に遭わないためにも迷惑電話を受けないようにするという対策が必要である。

一方で自分は騙されないと思っている高齢者の場合、こうした対策を講じないこともあることからかんたんスマホのシステム更新で「迷惑電話対策」アプリを標準実装するほか、新色のシルバーには標準でこのアプリがインストールされた状態で出荷される。

なお、既存カラーのライトブルーとライトピンクに関しては流通在庫がなくなった後の出荷分からソフトウェア更新を行った標準搭載の製品が出荷される見込みとのことだ。今回はそんなかんたんスマホに組み込まれる振り込め詐欺防止機能について紹介していく。

続きを読む

ワイモバイル初の初心者向け「かんたんスマホ 705KC」に新色シルバーが追加!3月7日発売で、価格は本体代6万156円の実質2万1276円から。迷惑電話対策機能が標準搭載に


Y!mobile向け「かんたんスマホ 705KC」が8月9日発売!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は21日、携帯電話サービス「Y!mobile」においてではスマートフォン(スマホ)を使ったことがない初心者など向けの約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶を搭載したスマホ「かんたんスマホ(型番:705KC)」(京セラ製)に新色「シルバー」を追加すると発表しています。

発売日は2019年3月7日(金)で、ワイモバイルショップや量販店などのY!mobile取扱店や公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」にて販売され、価格(金額はすべて税込)は既存色と同様には本体代60,156円(頭金540円+分割2,484円/月×24回)で、月額割引が新規契約および他社から乗り換え(MNP)なら-1,620円/月×24回、機種変更なら-1,080円/月×24回となっています。

またかんたんスマホ向けに迷惑電話をブロックするアプリ「迷惑電話対策」機能(利用料無料)を2月28日(木)より標準搭載するとのこと。なお、かんたんスマホは迷惑電話対策機能の標準搭載などが評価され、全国防犯協会連合会が推奨する「優良迷惑電話防止機器」(優良防犯電話)にスマホとして初めて認定されたということです。

続きを読む

NTTドコモの迷惑電話を事前にお知らせする「あんしんナンバーチェック」がiPhoneに対応!危険なWi-Fiスポットに接続すると警告を出す「セーフWi-Fi」機能も


NTTドコモがあんしんスキャンやあんしんナンバーチェックを拡充!

NTTドコモは5日、危険なサイトやアプリからお客様のスマートフォン(スマホ)などを守るセキュリティー対策アプリ「ドコモ あんしんスキャン」にて新機能「セーフWi-Fi」を2017年12月5日(火)より追加するとお知らせしています。

同日にドコモ あんしんスキャンアプリがバージョンアップされ、ver3.1.17.976にてセーフWi-Fi機能を追加したほか、Android 8.0(開発コード名:Oreo)へ対応したとのことです。

アップデートは製品型番の末尾がJまたはKが12月5日7時頃から、その他の機種では12月12日(火)10時頃から配信される予定。なお、セーフWi-Fi機能は一部機種のみで利用できるとしています。

また同社ではしつこいセールスなどの迷惑な電話や、詐欺・架空請求などの危険な電話と思われる番号からの着信を事前にお知らせする「あんしんナンバーチェック」がiPhoneにも12月5日に対応したと案内しています。

続きを読む

LINE、電話やSMSの着信時に発信元情報を識別できるAndroid向けアプリ「LINE whoscall」を提供開始!振り込め詐欺などの迷惑電話を事前に簡単に拒否可能


電話やSMSの着信時に発信元情報を識別できるAndroid向けアプリ「LINE whoscall」を提供開始!

LINE Corp.は9日、同社が運営する無料通話・無料メールができるスマートフォン(スマホ)向けソーシャルアプリ「LINE(ライン)」の周辺サービスとして知らない電話番号からの電話やSMS(ショートメッセージ)の発信元情報の識別・表示および着信拒否ができるAndroid向けアプリ「LINE whoscall - 発信元表示・着信拒否」を提供開始したとお知らせしています。すでにアプリ配信マーケット「Google Playストア」にてダウンロードできます。利用料は無料。

LINE whoscallは、台湾のスマホ向けアプリ開発会社Gogolookが開発する「whoscall」を新たにLINEブランドで提供するというもの。whoscallは、「Google Best Apps 2013」に選定されただけではなく、世界6億件以上の企業などの公開されている電話番号データベースを活用した人気アプリ。

LINE whoscallを導入することで、電話などがかかってきたときにリアルタイムに発信元情報を識別し、迷惑電話等のトラブルを未然に防止することができるようになるということです。

続きを読む

ウィルコム、かかってきた相手を自動判別して迷惑電話を事前警告するPHS音声機種向け「モバイル迷惑電話チェッカー」を11月14日から提供開始


ウィルコムが「モバイル迷惑電話チェッカー」を提供!

ウィルコムおよびウィルコム沖縄は6日、ウィルコムのケータイ向けオプションサービスとして2013年11月14日(木)から「モバイル迷惑電話チェッカー」の提供を開始すると発表しています。利用料は月額210円。

対応機種はサービス開始日に発売開始される「LIBERIO 2 WX11K」および「WX12K」の2機種。なお、LIBERIO 2 WX11Kで利用するには、ソフトウェアバージョンアップが必要。ソフトウェアは14日にウィルコムの公式Webサイトにて公開される予定となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。