S-MAX

080

総務省、新たにM2Mなどの通信用に「020」の13桁番号を割り当て!さらにスマホなどの携帯電話用には「060」の準備も


番号割り当てに新たに020や060が!

総務省は16日、同日に行われた閣議後に高市早苗総務大臣の記者会見にて電子機器など機械同士の通信(M2M)用向けに新たに「020」で始まる専用の携帯電話番号を割り当てる方針であることを明らかにしています。

020についてはまず、委員会として「携帯電話ネットワークを活用したM2Mなどの提供に特化した020番号帯の創設」の報告書案が出され、パブリックコメントを募集した後、正式には今年12月に答申、その後、総務省として事業者間調整もして、省令案や制度整備を行った上で、おおむね来年春に施行するということです。

続きを読む

総務省と各携帯電話・PHS会社が携帯電話とPHS間の番号ポータビリティー(MNP)が2014年10月1日から開始することを案内


携帯電話とPHS間のMNPが10月1日に開始!

総務省およびウィルコム、NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの各携帯電話・PHS会社は4日、昨年11月に容認された携帯電話とPHS間の「番号ポータビリティー(MNP)制度」について1月15日に電気通信番号規則の一部を改正する省令を公布したことを受けて正式に2014年10月1日(水)から開始することを案内しています。

これにより、携帯電話とPHSとの間で電話番号を維持したまま事業者の乗り換えが可能となります。あわせて、携帯電話とPHSとの間でSMS(ショートメッセージサービス)が可能となる予定。

続きを読む

ついに携帯電話で「070」番号が11月1日から利用開始!NTTドコモやKDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスが案内


ついに携帯電話で「070」が11月1日から利用開始!

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの携帯電話会社5社は30日、2013年11月1日(金)からこれまでPHSに利用されてきた「070」から始まる電話番号を携帯電話番号として利用開始すると発表しています。

なお、現在利用している携帯電話番号およびPHS電話番号は継続して利用できるほか、PHSによるサービスを提供しているウィルコムでは、PHS回線の電話番号宛に発信した場合に通常の呼び出し音の前に「ププープー」というウィルコム宛であることがわかる固有の呼び出し音を約2秒間鳴る「ウィルコム呼び出し音」を提供しています。

続きを読む

携帯新番号「070」をゲットするならあの事業者!? 2013年11月導入に向け番号割り当てが進行中

携帯電話番号「070」割り当て状況に注目(写真は合成です)

携帯電話の契約数増加に伴い、現在使用されている電話番号090」「080」が使い尽くされてしまう事態を受けて、従来PHSで使われていた「070」の携帯電話への割り当てが2013年11月に予定されています。

総務省が発表している番号割り当ての資料を見ると、「070」のどの番号帯がどの携帯電話事業者に割り当てられているか分かるようになっていますが、すでにあの事業者が「070」電話番号を大量に確保しているようです。

続きを読む

携帯電話番号のニューウェーブ登場間近!「090」「080」に加えて「070」の割り当て開始

iPhoneでこんな表示が見られる日も近い!?(画面は合成です)

携帯電話の電話番号といえば「090」と「080」、PHSは「070」……そんな今までの常識が覆される時が迫っています。

携帯電話の契約数増加に伴い「090」「080」電場番号が使い尽くされる事態に対応するため、比較的余裕のある「070」電話番号の携帯電話への割り当てが始まりました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。