ついに携帯電話で「070」が11月1日から利用開始!

NTTドコモおよびKDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの携帯電話会社5社は30日、2013年11月1日(金)からこれまでPHSに利用されてきた「070」から始まる電話番号を携帯電話番号として利用開始すると発表しています。

なお、現在利用している携帯電話番号およびPHS電話番号は継続して利用できるほか、PHSによるサービスを提供しているウィルコムでは、PHS回線の電話番号宛に発信した場合に通常の呼び出し音の前に「ププープー」というウィルコム宛であることがわかる固有の呼び出し音を約2秒間鳴る「ウィルコム呼び出し音」を提供しています。

携帯電話番号については、現在利用されている「090」および「080」から始まる番号が枯渇することが考えられるため各携帯電話会社および総務省がPHSで利用している070から始まる番号を携帯電話で2013年11月1日から利用できるよう進めてきました。

その後、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でもお伝えしてきたように各社が070番号の利用をするために割り当てをしてきました。

そして、いよいよ開始を目の前にした10月30日に11月1日から利用を開始することが発表されました。

なお、携帯電話で利用する070で始まる番号は、070-1~4、070-7~9で始まるもの。一方、PHSで利用する070で始まる番号は、これまで通り、070-5、070-6で始まる番号となっています。

さらに、上述したようにこれまでウィルコムでは、PHS同士の通話が無料になるサービスを「070通話定額」などとアピールしてきたことや、070で始まる番号ならすぐにウィルコムだと判断できていたことから、11月1日からはこれができなくなるため対応策としてウィルコムのPHS番号宛に発信した場合、通常の呼び出し音の前に「ププープー」という呼び出し音が約2秒間鳴るウィルコム呼び出し音を提供しています。

これにより、発信先の電話番号がウィルコムのものか、他社の電話回線かどうかを判別できるようになり、より安心して利用することができるようになっています。

なお、ウィルコム呼び出し音の「ププープー」は、ウィルコム(WILLCOM)の頭文字である"W"の欧文モールス符号「・――(トツーツー)」を参考に設定されているとのことです。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
報道発表資料 : 携帯電話における070番号の利用開始日について | NTTドコモ
携帯電話における070番号の利用開始日について | 2013年 | KDDI株式会社
携帯電話における070番号の利用開始日について | 企業・IR | ソフトバンク
携帯電話における070番号の利用開始日について|報道発表資料|イー・アクセス