S-MAX

AQUOS

超広角22mm・F1.9レンズを搭載する静止画・動画ともに強い!シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R」のカメラ機能を写真と動画で紹介【レビュー】


約2260万画素のカメラを搭載するAQUOS Rの機能をチェック!

シャープが7月7日に発売した最新フラグシップスマートフォン「AQUOS R」について、前回は外観やベンチマークテストの紹介を行った。Qualcomm製の最新チップセット「Snapdragon 835」を搭載する同機は、3Dゲームや各種アプリが軽快に動作するだけではなく、独自の発熱対策により安定して快適に動作するという特長を持つ。

一方、カメラ機能として背面には約2260万画素、前面には約630万画素の高精細なイメージセンサーを搭載する。特に背面カメラには超広角22mm相当のF値1.9の高性能レンズと光学式手ぶれ補正を搭載し、広い屋外でも暗い屋内でも安心して写真撮影が楽しめるようになっている。

また前面カメラも超広角23mm相当とF値2.0のレンズを搭載し、小顔補正や美肌調整機能で仕上がりが綺麗なセルフィ撮影が可能だ。今回はこのハイエンドカメラを搭載するAQUOS Rの静止画、動画機能についてチェックしてみたいと思う。


続きを読む

シャープ渾身のフラッグシップスマホ「AQUOS R」の特長とベンチマークを写真と動画で紹介!Snapdragon 835搭載で唯一大手3社から販売され、価格が安いのも魅力【レビュー】


個性的なカラーのソフトバンク版のAQUOS Rのブレイズオレンジをチェック!

シャープが新たな挑戦として投入した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R」は7月7日からNTTドコモおよびau、SoftBankから発売された。これまでは各社ごとに「AQUOS ZETA」や「AQUOS SERIE」、「AQUOS Xx」と名前が違っていたが、統一された上に先にシャープ自身から発表されたというのも従来との大きな違いだ。

また今夏のハイエンドモデルにはクアルコムの最新チップセット「Snapdragon 835」が搭載されており、日本ではAQUOS R以外に「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」(とおにサムスン電子製)、「HTC U11」(HTC製)、「Xperia XZ Premium」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の4機種が販売されている。

これらはともに大手携帯電話会社から販売されているのだが、その中で大手3社の取り扱いがあるのはAQUOS Rだけということで、ある意味“定番商品”的な位置付けとなっており、さらにSnapdragon 835搭載モデルの中では最も価格が安く設定されている点も注目したい。

今回はこのAQUOS Rの紹介をGalaxy S8とのベンチマークの比較も含めて行ったいきたい。なお、AQUOS Rは3社から基本色のマーキュリーブラックおよびジルコニアホワイトの2色に加えて、NTTドコモからクリスタルラベンダー、auからライトゴールド、SoftBankからブレイズオレンジを追加した各3色が販売されている。

続きを読む

倍速120HzのIGZO液晶で初の高解像度WQHDディスプレイや音声アシスタントを搭載したシャープ渾身のフラグシップスマホ「AQUOS R」を紹介!無難でかつ長く使える1台に【レビュー】


シャープ渾身のフラグシップスマホ「AQUOS R」をレビュー!

日本のNTTドコモおよびau、SoftBankの主要3キャリアから「2017年夏モデル」として一斉に7月7日に発売されたシャープ製最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R」。倍速120Hz駆動の約5.3インチWQHD(2560×1440ドット)IGZO液晶ディスプレイや、付属する動いて話しかける充電スタンド「ロボクル」を活用した機能を搭載していることが特長のハイエンドモデルとなっています。

シャープのスマホと言えば、これまでの製品では販売するキャリアごとに若干異なった仕様や商品名となっていましたが、今回のAQUOS Rでは各キャリアともにほぼ共通した仕様となっており、総品名もAQUOS Rに統一。また独自の人工知能(AI)によるアシスタント機能「エモパー」も引き続き搭載します。

今回はau版の「AQUOS R(型番:SHV39)」をお借りして試用する機会に恵まれましたので、シャープ渾身のフラッグシップスマホの魅力をご紹介できればと思います。なお、au版AQUOS R SHV39でのカラーバリエーションは「マーキュリーブラック」および「ジルコニアホワイト」、「ライトゴールド」の3色展開ですが、紹介するカラーはau版のみの「ライトゴールド」となります。

続きを読む

シャープの“ホンキ”のフラグシップを体験しよう!最新スマホが試せるイベント「AQUOS R Concept Gallery」を表参道に期間限定オープン【レポート】


表参道でAQUOS Rのタッチ&トライイベントを開催中!

シャープは7月15日(土)から9月4日(月)の期間限定で表参道に同社の最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R」のさまざまな機能が体験できる「AQUOS R Concept Gallery」をオープンした。オープン時間は11時~19時で、入場無料だ。

HDR(ハイダイナミックレンジ)対応の進化した「ハイスピードIGZO」液晶ディスプレイは約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)で、さらにハイエンドのQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835」チップセットを搭載し、パフォーマンスを引き出すために発熱対策を施している。

そのパフォーマンスを発揮するために4GB(LPDDR4)の内蔵メモリー(RAM)とファイルシステムにUFSを採用した64GB内蔵ストレージを搭載し、従来機種よりも約3倍の読み出し速度を実現している。

加えてリアカメラには広角90°のハイクオリティーレンズと約2260万画素、フロントカメラも1,630万画素のカメラを搭載、フラグシップに相応しいスペックを詰め込んだスマホに仕上げている。なお、AQUOS RはNTTドコモおよびau、ソフトバンクの各社から7月7日に発売されている。

今回は、このAQUOS Rの見どころがどこなのかがわかるAQUOS R Concept Galleryを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

NTTドコモ、シャープ製スマホ「AQUOS ZETA SH-03G」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!エモパー5.0などにも対応


docomoのAQUOS ZETA SH-03GにAndroid 7.0 Nougatに!

NTTドコモは20日、同社が「2015年夏モデル」として発売したシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS ZETA SH-03G」に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年7月20日(木)より提供開始するとお知らせしています。

スマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるOTAによる方法が用意されており、更新にかかる時間は約46分。ただし、更新にかかる時間は回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があるとのこと。主な更新内容は以下の通り。

◯主なアップデート内容
1)マルチウィンドウの追加
2)アプリ利用中に、手軽にメッセージへの返信が可能に
3)省電力機能の強化
4)壁紙設定の変更
5)アルバムアプリに「非表示モード」を追加
6)エモパー5.0に対応

◯改善される事象
7)より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けした5インチIGZO液晶と3010mAhバッテリーで長時間の電池持ちを実現したスマホ「AQUOS ea」を7月14日に発売!気になる価格もチェック


ソフトバンク向けシャープスマホ「AQUOS ea」が7月14日発売!

ソフトバンクは12日、今夏以降に発売する「2017年夏モデル」のうちの携帯電話ブランド「SoftBank」向け約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルレンジクラススマートフォン(スマホ)「AQUOS ea(型番:605H)」(シャープ製)を2017年7月14日(金)に発売すると発表しています。

ソフトバンクショップなどのSoftBank携帯電話取扱店では予約受付を実施ているところもあるようですが、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」ではまだ予約受付は開始されていません。今回は予約や購入を検討している人に向けて価格を紹介したいと思います。

続きを読む

柴咲コウさんがイメージキャラクターに!ついに発売したシャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R」の新CM発表会を写真と動画で紹介【レポート】


柴咲コウさんがAQUOS Rのカメラ機能をアピール!

シャープは4日、都内にて「AQUOS R 新CM発表会」を開催し、昨日7月7日に各社から発売された同社の最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R」の新CMキャラクターに女優の柴咲コウさんを起用することを発表した。

AQUOS Rは、HDR対応の約5.3インチWQHD(1440×2560ドット)ハイスピードIGZO液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835」、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ(UFS)、約2260万画素リアカメラ、約1630万画素フロントカメラなどといった仕様のハイスペックスマホだ。

新CMは2パターンあり、NTTドコモ向け「AQUOS R SH-03J」およびau向け「AQUOS R SHV39」、SoftBank向け「AQUOS R 605SH」の3バリエーションが発売日の7日よりオンエアが始まっている。CMでは”液晶のシャープ”らしい「触れば分かる、高画質」をキャッチフレーズとするフラグシップモデルらしいシンプルなもの。

今回は柴咲さんをゲストに招いたトークセッションを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「AQUOS R SH-03J」を7月7日に発売!本体価格は8万9424円、実質負担額は1万5552円から


docomoスマホ「AQUOS R SH-03J」が7月7日発売!

NTTドコモは3日、今夏以降に発売する「2017年夏モデル」のうちの約5.3インチWQHD(1440×2560ドット)ハイスピードIGZO液晶やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS R SH-03J」(シャープ製)を2017年7月7日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップや量販店などの店舗や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて事前予約受付が実施されており、今回価格も案内されていたので合わせて紹介します。

続きを読む

KDDI、au向け最新フラッグシップスマホ「AQUOS R SHV39」を7月7日に発売!本体価格は8万6400円、実質負担額は4万3200円から


auスマホ「AQUOS R SHV39」が7月7日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は3日、今夏以降に発売するau向け「2017年夏モデル」の約5.3インチWQHD(1440×2560ドット)ハイスピードIGZO液晶やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:SHV39)」(シャープ製)を2017年7月7日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などの店舗や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されており、今回価格も案内されていたので合わせて紹介します。

またau公式アクセサリー「au +1 collection」から曇って隠す&こすると操作可能なシャープ純正フルスクリーンカバー「AQUOS Frosted Cover」をはじめ、AQUOS Rに対応したスタイリッシュで機能的な新規ウィンドウが開きますカバーやケース、新規ウィンドウが開きます保護フィルムやガラスといった定番アイテムも順次発売されます。

続きを読む

ソフトバンクがSoftBank向けスマホ「AQUOS R 605SH」の事前予約受付をスタート!シャープのHDR対応5.3インチWQHDハイスピードIGZO液晶搭載フラッグシップの気になる価格をチェック


SoftBank向け最新フラッグシップスマホ「AQUOS R」の価格を紹介!

ソフトバンクは16日、携帯電話サービス「SoftBank」において今夏以降に発売する「2017年夏モデル」のうちの約5.3インチWQHD(1440×2560ドット)ハイスピードIGZO液晶などを搭載したAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS R(型番:605SH)」(シャープ製)の予約を開始したとお知らせしています。

予約はソフトバンクショップなどのSoftBank携帯電話取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて行われており、発売時期は2017年7月上旬以降を予定。今回は価格も案内されていたので合わせて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。