S-MAX

AQUOS

docomo with対象のスタンダードスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」を写真と動画で紹介!高コスパで大人気となった前機種から大きく進化【レポート】


docomo with対象な大人気“高コスパスマホ”第2弾「AQUOS sense2 SH-01L」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモが今冬および来春に発売する「2018-2019冬春モデル」を発表し、約5.5インチのフルHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SH-01L」(シャープ製)を2018年冬に発売します。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付を実施中で、本体価格は31,752円となっており、次の機種変更時にdocomo with対象機種以外にしなければずっと毎月1,620円が割り引かれる「docomo with」の対象機種となっています(金額はすべて税込)。

AQUOS sense2 SH-01Lはシャープが昨冬より投入し、SIMフリー製品も含めて多くの販路で販売して200万台出荷の大人気モデルとなったスタンダードスマホ「AQUOS sense」シリーズのNTTドコモ向け最新機種です。AQUOS senseと同様に多展開しているのが特徴で、auでは11月9日発売で、UQ mobileでも11月下旬に発売が予定されています。

またここ最近のシャープ製スマホ同様にOSバージョンアップやセキュリティーパッチの提供をきっちりと行うため、安心して長く使えるようになっているとのことで、AQUOS sense2 SH-01Lについても最新プラットフォーム「Android 9(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップも予定されています。

今回はそんなAQUOS sense2 SH-01Lの実機を発表会における展示会場でタッチ&トライすることができましたので、写真や動画で紹介したいと思います。なお、製品詳細については「NTTドコモ、docomo withスマホ「AQUOS sense2 SH-01L」を発表!縦長5.5インチFHD+ IGZO液晶になり、シャープならではの電池持ちなどを追及。価格は3万1752円、12月以降発売予定 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS R2」の新色「ブルーシルバー」と「ピンクゴールド」を11月9日に発売!Tポイント5千円分をもれなくプレゼント


SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS R2」の新色が11月9日発売!

ソフトバンクは6日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018年冬モデル」としてフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2(型番:706SH)」(シャープ製)の新色「ブルーシルバー」および「ピンクゴールド」を2018年11月9日(金)に発売すると発表しています。

AQUOS R2は「2018年夏モデル」として今年6月に発売されたアスペクト比9:19の縦長な約6.0インチQHD+(1440×3040ドット)ハイスピードIGZO液晶(約561ppi)を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のハイエンドモデルです。

SoftBank向けにはこれまでローズレッドおよびプレミアムブラック、プラチナホワイトの3色が販売されてきましたが、新たにブルーシルバーおよびピンクゴールドが追加されることが10月11日に発表され、今回、正式に発売日が決定しました。なお、新色発売後も既存色も併売されるとのこと。

また新色の予約受付は実施されておらず、現時点でも公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」では既存色のみが販売されています。価格(税込)は既存色と同様に本体代93,120円(分割1,940円/月×24回または3,880円/月×48回)となっています。

なお、新色発売に合わせてAQUOS R2を11月9日から12月31日までに購入し、2019年1月7日までに専用ページから応募した人全員に、Tポイント5,000ポイントをプレゼントする「SoftBank AQUOS R2 Tポイント5,000ポイントプレゼントキャンペーン」( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/r2cp/aquos-r2-3rd/ )を実施します。

続きを読む

KDDI、au向けスタンダードスマホ「AQUOS sense2 SHV43」を11月9日に発売!縦長5.5インチFHD+液晶や防水・防塵、FeliCaなど。価格は3万2400円の実質1万6200円から


auスマホ「AQUOS sense2 SHV43」が11月9日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は5日、au向け「2018年秋冬モデル」のうちの縦長な約5.5インチFHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶を搭載したスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SHV43」(シャープ製)を2018年11月9日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されており、価格(すべて税込)も以前に紹介しているように本体代32,400円の実質16,200円(675円/月×24回)となっています。

また発売を記念して公式アクセサリーブランド「au +1 collection」の取扱店で対象期間中に「AQUOS Frosted Cover for AQUOS sense2」を購入した人にもれなくカバー本体価格から2,160円を割り引く「AQUOS sense2発売記念 純正カバーがお得なキャンペーン」を実施します。

なお、AQUOS sense2 SHV43本体を購入しない人もキャンペーンの対象となり、対象期間はAQUOS sense2 SHV43の発売日かr2018年12月31日()まで、対象店舗はauショップやKDDIおよび沖縄セルラーの直営店、au Online Shopとなっており、店舗によって在庫状況が異なるということです。

続きを読む

シャープ初の有機ELスマホ「AQUOS zero」を写真と動画で紹介!日本ではSoftBankからのみ販売。軽さを武器にゲーミングやエンターテイメント分野に訴求【レポート】


液晶のシャープ初の有機ELパネルを搭載したスマホ「AQUOS zero」を写真と動画でチェック!

既報通り、シャープは3日、都内にて「スマートフォンAQUOS 新製品発表会」を開催し、同社初となる有機EL(OLED)ディスプレイを搭載したスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero」を発表した。

またソフトバンクは11日、SoftBank向け「2018年冬モデル」としてAQUOS zeroを12月上旬に発売すると発表し、同社では「国内での『AQUOS zero』の取り扱いは“ソフトバンク”のみ」と告知している。

従来のシャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R」シリーズとは異なる新しいコンセプトのハイエンドAQUOSスマホだけに、NTTドコモやauの利用者も気になるところだろう。なお、シャープでは両社にも提案はしたとのことだが、採用には至らなかったようだ。

今回はそんな自社製有機ELパネルで薄さと軽さを武器とするAQUOS zeroについてシャープの発表会で実際に実機をタッチ&トライしてきたのでプレゼンテーションの内容も含めて写真と動画で紹介していく。

続きを読む

UQ mobile向け最新スタンダードスマホ「AQUOS sense2」が発表!縦長5.5インチFHD+IGZO液晶やS450、3GB RAM、防水・防塵など。11月下旬発売予定


UQモバイル向けに高コスパスマホ「AQUOS sense2」が登場!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は30日、都内にて「新商品タッチ&トライ会」を開催し、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )向けの新しいスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2(型番:SHV43)」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2018年11月下旬を予定しており、UQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店店頭および公式Webストア「UQモバイルオンラインショップ」にて順次取り扱いを開始するとしています。なお、UQ mobile版はSIMロックのかかっていないSIMフリー製品となっているとのこと。

価格(税込)はUQモバイルオンラインショップでは本体代36,396円(分割初回1,620円+1,512円/月×23回)で、おしゃべりプランおよびぴったりプランにおけるマンスリー割が-432円/月×24回(総額-10,368円)なので実質負担額では26,028円(分割初回1,188円+1,080円/月×23回)となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。