S-MAX

AQUOS

シャープ、SIMフリースマホ「AQUOS sense plus SH-M07」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SHARPのSIMフリースマホ「AQUOS sense plus SH-M07」がAndroid 9 Pieに!

シャープは5日、SIMフリースマートフォン(スマホ)「AQUOS sense plus SH-M07」に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年11月6日(水)より提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワークによるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新ファイルサイズおよび更新時の再起動に必要な時間は、AQUOS sense plus SH-M07が約1.4GBおよび約14分。なお、シャープではファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの更新を推奨しています。

なお、更新後のOSバージョンは「Android 9.0」、ビルド番号はAQUOS sense plus SH-M07が「02.00.00」で主な変更点は以下の通り。詳細はシャープの公式Webサイト「メーカーブランド製品(SIMフリー端末)Android 9 Pie対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご参照ください。

○おすすめ機能と主な更新内容
1)電池が長く持つ自動調節バッテリー機能
2)より便利な文字入力に変更
3)シンプルな操作になったマナーモード
4)ステータスバーやクイックパネルのデザイン変更
5)プライバシー保護とセキュリティ強化


続きを読む

au向けシャープ製Androidケータイ「AQUOS K SHF31・SHF32・SHF33」にてLINEアプリが配信終了!11月5日以降はアンインストールなどをすると利用不可に


au向けAndroidケータイ「AQUOS K SHF31・32・33」にてLINEアプリの配信終了!

シャープは31日、KDDIおよび沖縄セルラー電話が提供する携帯電話サービス「au」から販売されていた同社製のAndroidフィーチャーフォン(以下、ケータイ)の一部機種において「LINE」アプリの配信を終了するとお知らせしています。

対象機種は「AQUOS K SHF31」および「AQUOS K SHF32」、「AQUOS K SHF33」の3機種で、これらの機種ではLINEアプリの配信を終了するため、2019年11月5日以降にLINEアプリからアカウントを削除したり、LINEアプリをアンインストール、端末初期化などをするとLINEが使えなくなるとしてます。

なお、現在利用している場合にはそのまま利用できますが、複数の整数オーバーフローの脆弱性が見つかっているほか、すでに紹介しているように2020年3月末頃にLINEアプリにおけるプッシュ通知機能が停止予定となっているため、シャープでは安全に使うためにも脆弱性に対応したLINEアプリが利用できる機種への変更を強く推奨するとしています。

続きを読む

基本性能が大幅パワーアップし、デュアルカメラも搭載!NTTドコモのシャープ製スタンダードスマホ「AQUOS sense3 SH-02M」を写真と動画で紹介【レポート】


基本性能が大幅に向上した“高コスパスマホ”「AQUOS sense3 SH-02M」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモが今冬および来春に発売する「2019-2020冬春モデル」を発表し、約5.5インチフルHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid 9(開発コード名:Pie)採用のスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense3 SH-02M」(シャープ製)を11月1日(金)に発売します。

すでにドコモショップや量販店などの店頭および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付を実施中で、本体価格は31,680円となっています(金額はすべて税込)。なお、スマホおかえしプログラムは対象外。

AQUOS sense3 SH-02Mはシャープが2年前より投入し、SIMフリー製品も含めて多くの販路で販売して安定した人気を誇っているスタンダードスマホ「AQUOS sense」シリーズのNTTドコモ向け最新機種で、NTTドコモ以外からもauでは11月2日発売で、UQ mobileでも11月中旬に発売が予定されています。

また今年のAQUOS sense3シリーズは大画面のAQUOS sense3 plusやリアカメラをシングルにしたAQUOS sense3 liteおよびAQUOS sense3 basic、Android One S7など、販売する携帯電話会社によってさまざまな派生モデルがラインナップされているのも特長です。

AQUOS sense3 SH-02Mは前機種「AQUOS sense2 SH-01L」よりも基本性能が大幅にパワーアップし、バッテリー容量も増量し、1週間の電池持ちをうたっています。さらにはリアカメラが標準+広角のデュアルカメラになるなど、カメラ機能も強化されています。

またここ最近のシャープ製スマホ同様にOSバージョンアップやセキュリティーパッチの提供をきっちりと行うため、安心して長く使えるようになっているとのことで、AQUOS sense3 SH-02Mについても最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップも予定されています。

今回はそんなAQUOS sense3 SH-02Mの実機を発表会における展示会場でタッチ&トライすることができましたので、写真や動画で紹介したいと思います。なお、製品詳細については「NTTドコモ、最新スタンダードスマホ「AQUOS sense3 SH-02M」を発表!11月上旬発売で価格は3万1680円。5.5型IGZO液晶やS630、4GB RAMなど - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

圧倒的な軽さと描画品質のシャープ製フラッグシップスマホ「AQUOS zero2」を写真と動画で紹介!NTTドコモやau、SoftBankから発売【レポート】


今冬発売のシャープ製ハイエンドスマホ「AQUOS zero2」をタッチ&トライ!各キャリアから発売

既報通り、NTTドコモは11日、都内にて「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、毎秒240回の書き換え表示に対応した有機ELディスプレイを搭載するシャープ製ハイエンドスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SH-01M」を今冬に発売すると発表しました。

前機種となる「AQUOS zero」は6.2インチの大画面にも拘らず、重さ146gという超軽量を最大の特徴としたハイエンドスマホでしたが、SoftBankおよびSIMフリー版のみで、NTTドコモやauでの取り扱いがありませんでした。残念な思いをしたシャープファンも多かったと聞き及んでいますが、ついにその後継機種が満を持して登場です。

そんなAQUOS zeroシリーズの最新モデル「AQUOS zero2」がNTTドコモのほか、au向け「AQUOS zero2 SHV47」およびSoftBank向け「AQUOS zero2」がともに2020年1月下旬以降に発売されます。各社ともに詳細な発売日は後日案内予定で、価格もまだ発売が先となているので未定となっています。

そこで今回は、そんなAQUOS zero2についてNTTドコモの発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてデモ画面のみの試作機でしたが、実機が展示されていましたので細かなデザインや仕様について知ることができたことを中心に写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS zero2」を発表!2020年1月下旬発売で4倍速・10億色表示対応の6.4型有機ELやパラレル充電など


SoftBankスマホ「AQUOS zero2」が登場!2020年1月下旬以降発売予定

ソフトバンクは17日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年秋冬モデル」として約6.4インチFHD+(2340×1080ドット)有機ELディスプレイを搭載した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2020年1月下旬以降を予定し、価格は未定で後日案内するということです。なお、販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などとなっており、発売に先立って事前予約受付を実施する予定となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。