S-MAX

AQUOS

持ち運べるテレビ市場にシャープが再参入!防水対応でお風呂でも使えるタッチパネル搭載TV「AQUOSポータブル」を写真と動画で紹介【レポート】


防水仕様の軽量テレビ「AQUOSポータブル」を9月20日に発売!

シャープが都内にて「AQUOSポータブル新製品発表会」を8月27日に開催し、片手で持ち運べるテレビ(TV)の新製品「AQUOSポータブル」を発表した。発売日は各モデルともに2018年9月20日(木)となっている。

発表されたAQUOSポータブルは3モデルあり、市場想定価格はタッチパネル搭載のAPライン16型「2T-C16AP」が80,000円前後、12型「2T-C12AP」は65,000円前後、タッチパネル非搭載で防水リモコンが付属するAFライン12型「2T-C12AF」は45,000円前後とのことだ。

製品の構成はディスプレイ部分とチューナー部分が分離しており、APラインには500GBのHDDを内蔵、AFラインは外付けのUSB HDDを取り付けることで地上波デジタル/BS/110度CSを録画することが可能となる。

特長としてはシャープのAIoTクラウドサービス「COCORO KITCHEN」に対応し、レシピを決めて同社の調理家電「ヘルシオ」や「ヘルシオホットクック」へ転送すると簡単に設定ができるなど独自機能を盛り込んでいる。

また3モデルともに防水に対応し、TVチューナーとはワイヤレス接続ができるため、キッチンやお風呂に持ち出せるのも特長となる。今回はそんなAQUOSポータブルの機能やその背景について紹介していく。

続きを読む

シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2」を使って気が付いた点あれこれをまとめてみた!独自仕様のツインカメラや使いやすさが魅力【レビュー】


シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2」を使い続けた感想をまとめて紹介!

NTTドコモおよびau、SoftBankから6月8日に発売された最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)、「AQUOS R2」(シャープ製)。これまでに開封・外観レポート独立して動作する特徴的なカメラ機能の紹介をお送りしてきました。

最近ではデュアルカメラを搭載したスマホもそれほど珍しいものではなくなりましたが、AQUOS R2は「動画用と静止画写真撮影用を独立して実装する」という現時点においては他社と異なるアプローチで実装されたデュアルカメラ「ツインカメラ」を搭載するなど、非常に特徴的な製品となっています。

もちろん“ハイエンド”を名乗るにふさわしい高いスペックや前機種「AQUOS R」から引き続き搭載されているハイスピードIGZO液晶、そしてAndroidのOSバージョンアップを2年間で最大2回実施する保証など、選ぶポイントもたくさんある機種となっています。

そんな昨年以降に好調なシャープをまさに代表する製品をとなっているAQUOS R2ですが、今回はまとめとして筆者が購入してからの1か月ちょっとの間に使っていて気が付いた良かった点、惜しい点または改善して欲しいと思った点などのまとめをお送りしたいと思います。なお、筆者が購入したのはNTTドコモ向け「AQUOS R2 SH-03K」です。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け小型スマホ「AQUOS Xx3 mini」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBankスマホ「AQUOS Xx3 mini」がAndroid 8.0 Oreoに!

ソフトバンクは19日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2016-2017冬春モデル」として2017年2月に発売されたコンパクトスマートフォン(スマホ)「AQUOS Xx3 mini(型番:603SH)」(シャープ製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および3G・4Gの各回線によるネットワーク経由によるソフトバンク更新(OTA)が用意されており、更新にかかる時間は最大80分程度で、更新にかかる通信料は3G・4G回線で無料ですが、同社ではWi-Fi回線での実施を推奨しています。

更新による変更点は以下の通り。詳細はシャープの公式Webページ「OSアップデート|AQUOS Xx3 miniサポート情報|サポート|AQUOS:シャープ」をご参照ください。更新後のビルド番号は「S1016」。

・Android 8.0 アップデート
※ 上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※ ソフトウェア更新を行うと、ホーム画面が「Feel Home」から「AQUOS Home」に変更されます。ソフトウェア更新後は、元の「Feel Home」に戻すことはできません。
※ 「Feel Home」でのアイコンの配置によっては、更新の際に「AQUOS Home」でのアイコンの配置がかわります。
※ お客さまの使いやすさ、シンプルさにこだわった最新のホーム画面です。最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む

KDDI、au向けシャープ製スマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」と「AQUOS U SHV35」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を7月4日10時より提供


SHARP製スマホ「AQUOS SERIE mini SHV38」と「AQUOS U SHV35」がAndroid 8.0 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は23日、携帯電話サービス「au(エーユー)」向けシャープ製スマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE mini SHV38」および「AQUOS U SHV35」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年7月4日(水)より提供開始するとお知らせしています。

更新は両機種ともに本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは4G(LTE・WiMAX 2+)回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新時間はAQUOS SERIE mini SHV38がWi-Fiで約35分、4Gで約40分、AQUOS U SHV35がWi-Fiで約40分、4Gで約45分、更新後のビルド番号はAQUOS SERIE mini SHV38が「02.00.04」、AQUOS U SHV35が「03.02.04」。

主な変更点は以下の通りとなっています。なお、変更点はシャープの公式Webサイト「OSアップデート|AQUOS SERIE mini SHV38サポート情報|サポート|AQUOS:シャープ」および「OSアップデート|AQUOS U SHV35サポート情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

○主なアップデート内容
1)ホームアプリ「AQUOS HOME」を搭載
2)「電話帳」アプリ
 ・電話帳一覧画面の構成を変更
 ・電話帳詳細画面の「特番付加発信」の起動手順を変更
 ・電話帳詳細画面で「発信前に番号を編集」および「ボイスメールに転送」の追加
 ・グループ機能の表示方法変更
 ・ダイヤル画面を変更
 ・通話履歴画面(一覧/詳細)の仕様が変更
3)「電話」アプリ
 ・連絡先をタブ内に表示
 ・着信中画面が仕様変更
 ・通話中画面が仕様変更
 ・クイック返信の履歴表示
4)ピクチャー・イン・ピクチャーの対応
5)通知
 ・バックグラウンドでアプリが実行中の通知の表示
 ・アプリアイコンバッジが通知に連動
6)ホームアプリ
 ・auベーシックホーム初回利用時のバッチの表示設定の追加

○主な削除項目
OSアップデート後は以下の機能が削除されます。ご注意ください。
7)ロック画面にてショートカット機能の削除
8)「電話」アプリの発信中画面で表示されていた「音量・音質」および「音声メモ」、「メニュー」を非表示

※その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
AQUOS SERIE mini SHV38のOSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(12.3MB)[PDF]
AQUOS U SHV35のOSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(12.6MB)[PDF]


続きを読む

個性的なデュアルカメラ搭載の最新フラッグシップスマホ「AQUOS R2」のカメラ機能を試してみた!異なる用途を持つ2つのカメラを使いこなそう【レビュー】


ユニークなアプローチのデュアルカメラスマホ「AQUOS R2」のカメラ機能を使ってみた!

NTTドコモおよびau、SoftBankの大手携帯電話会社から6月8日に発売されたシャープの最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2」。筆者もすでに紹介したようにNTTドコモ版「AQUOS R2 SH-03K」を購入しました。

本機はフラッグシップに恥じない流行りの画面上部中央に切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のある縦長な約6.0インチQHD+(1440×3040ドット)ハイスピードIGZO液晶やSnapdragon 845などとハイスペックな本体性能を持っていますが、その中でも特徴となっているのはやはり背面に2つ搭載されたデュアルカメラでしょう。

最近はデュアルカメラこそそれほど珍しいものではありませんが、それらの多くは2つのカメラを使って背景のぼかしや片方をモノクロセンサーのカメラとすることでよりクッキリとした写真が撮れるようになっていたり、または片方が超広角レンズでよりワイドな写真が撮れるといったものが一般的です。

ところがAQUOS R2ではそれらとは異なり、背面に搭載された2つのカメラがそれぞれ「写真撮影に特化した標準カメラ」と「動画の撮影に特化した動画専用ワイドアングルカメラ」となっており、シャープでは写真と動画の撮影にはそれぞれ適したセンサーやレンズ、チューニングがあるため、それらを個別に搭載したとしてこれを「ツインカメラ」と呼んでいます。

また例えば、動画撮影用カメラで動画を撮影しながら標準カメラで高精細な写真撮影を行うといった機能も搭載されており、昨今の動画利用の広がりを素早く取り入れた製品と言えると思われます。そこで今回は、AQUOS R2のカメラアプリを紹介しつつ、独自のアプローチで搭載されているカメラ機能を紹介していきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。