S-MAX

AQUOS

KDDI、au向け5Gスマホ「AQUOS sense5G SHG03」を発表!価格を抑えたスタンダードモデル。2021年春発売に


au 5Gスマホ「AQUOS sense5G SHG03」が2021年春に登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は25日、都内にて「UNLIMITED WORLD au 5G 発表会 2020Autumn」を開催し、携帯電話サービス「au」向け5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense5G SHG03」(シャープ製)を発表しています。発売時期は2021年春を予定しているとのこと。

先日シャープから発表されたスタンダードモデル「AQUOS sense」シリーズの最新モデル「AQUOS sense5G」のau版で、昨年発売されて人気機種となった「AQUOS sense3」の後継機種のうちの5G対応製品となっており、5Gスマホとしては価格を抑え、シャープとしてはAQUOS sense3よりも若干高くなる程度になる見込みだとしています。なお、auでの5Gにおける最大通信速度は測定中とのこと。

販路はauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などとなっており、後日、これらにて事前予約受付を実施する予定で、価格も現時点では未定となっています。

続きを読む

au向け5Gスマホ「AQUOS zero5G basic DX SHG02」をファーストインプレッション!外観や基本機能などを紹介【レビュー】


auスマホ「QUOS zero5G basic DX SHG02」を写真でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向け4倍速の高速表示に対応した有機ELディスプレイを搭載したことによって動画やゲームなどのエンタメコンテンツが快適に楽しめる5G対応スマートフォン(スマホ)「AQUOS zero5G basic DX(型番:SHG02)」(シャープ製)を9月19日に発売しました。

価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「au Online Shop」などの直営店では本体価格が81,315円で、かえトクプログラム適用時には残価が33,360円と設定されているため、実質負担額2,085円/月×23回(総額47,955円)となっています。

また機種変更ではau Online Shopや各店舗ともに「5G夏トク機種変更キャンペーン」によって5,500円割引、au Online Shopでは「au Online Shop お得割」によって新規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引されます。そんなAQUOS zero5G basic DX SHG02の実機を試用する機会がありましたので、外観や基本機能を写真やスクリーンショットを交えて紹介したいと思います。

続きを読む

KDDI、au向け5Gスマホ「AQUOS zero5G basic DX SHG02」を発表!9月19日発売。価格は8万1315円、かえトクプログラムで実質4万7955円


auスマホ「AQUOS zero5G basic DX SHG02」が登場!9月19日発売、9月15日予約開始

KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、携帯電話サービス「au」向け新商品として4倍速の高速表示に対応する有機ELディスプレイを搭載したことによって動画やゲームなどのエンタメコンテンツが快適に楽しめる5G対応スマートフォン(スマホ)「AQUOS zero5G basic DX(型番:SHG02)」(シャープ製)を発表しています。

発売日は2020年9月19日(土)で、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて9月15日(火)10時から事前予約受付が実施され、価格(税込)は直営店では本体価格が81,315円です。

また残価方式で条件を満たすと最終回支払金額が免除される「かえトクプログラム」の対象で、残価が33,360円と設定されているため、実質負担額は47,955円(2,085円/月×23回)となり、機種変更ではau Online Shopや各店舗ともに「5G夏トク機種変更キャンペーン」によって5,500円割引、au Online Shopでは「お得割」によって新規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引となっています。

なお、au公式アクセサリー「au +1 collection」からアイコニックなモチーフ「クリザンテーム」柄のハイブリッドカバー「AQUOS zero5G basic DXポール & ジョー ハイブリッドカバー/クリザンテーム・ホワイト」やブックタイプケース「Blanccoco NY-CHIC&Smart Leather Case for AQUOS zero5G basic DX/Navy」をはじめ、カバー・ケース、保護ガラスなどの定番アクセサリーが順次発売されます。

続きを読む

シャープの新スマホ「AQUOS zero5G basic」と見られるソフトバンク向け「A002SH」が技適通過!au向けも同時に取得し、型番は「SHG02」か


SHARP AQUOS zero5G basicがソフトバンクとauから発売へ!技適を取得

既報通り、シャープは11日、オンラインで「スマートフォンAQUOS新製品発表会」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero5G basic」や「AQUOS sense5G」、「AQUOS sense4」、「AQUOS sense4 plus」を2020年秋冬モデルとして発表しました。

発売時期はAQUOS zero5G basicおよびAQUOS sense4、AQUOS sense4 plusが2020年秋以降、AQUOS sense5Gが2020年冬以降となっており、現時点で各製品ともに販路は明らかにされておらず、詳細な発売日や価格は各販路から発表される予定となっています。

一方、総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにシャープが「A002SH」および「DD2874B」(認証番号:201-200496)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2020年7月23日付けでTeleficationによって取得しています。

A002SHおよびDD2874Bは同じハードウェアとなると見られ、型番ルールや携帯電話ネットワークの対応周波数帯からA002SHがソフトバンク向け、DD2874Bがau向けと推定され、A002SHは製品型番ですが、DD2874Bは開発コード名となっており、A002SHおよびDD2874Bは5Gに対応していることから恐らく「SHG02」となると予想されます。

また「A001SH」はすでにSoftBank向け「シンプルスマホ5」であることがわかっており、発売時期からシャープの5G対応製品ではAQUOS sense5Gの方がAQUOS zero5G basicよりも後であるため、A001SHの次のA002SHはAQUOS zero5G basicである可能性が高いと推測されます。

なお、NTTドコモ向けは多くの製品でハードウェアが別となっているため、現時点では販売されるとも販売されないとも判断できません。販売されるとすれば、NTTドコモ向けは「AQUOS zero5G SH-53A」となりそうで、販売されずにAQUOS sense5Gは取り扱われるなら「AQUOS sense5G SH-53A」となりそうです。

続きを読む

シャープが新スマホ「AQUOS zero5G basic」や「AQUOS sense5G」、「AQUOS sense4」、「AQUOS sense4 plus」を発表!今秋以降発売


SHARPの新スマホ「AQUOS zero5G basic」や「AQUOS sense5G」、「AQUOS sense4」、「AQUOS sense4 plus」が発表!

シャープは11日、同社の公式YouTubeチャンネル( https://youtu.be/-Rrf3yzfMLc )にてオンラインで「スマートフォンAQUOS新製品発表会」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero5G basic」や「AQUOS sense5G」、「AQUOS sense4」、「AQUOS sense4 plus」を2020年秋冬モデルとして発表しています。

発売時期はAQUOS zero5G basicおよびAQUOS sense4、AQUOS sense4 plusが2020年秋以降、AQUOS sense5Gが2020年冬以降となっており、販路は明らかにされていませんが、それぞれ移動体通信事業者(MNO)や仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われると見れます。発売日や価格などは各取扱拠点にて別途発表される見込み。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。