S-MAX

ASUS

ASUSの次期フラッグシップスマホ「ZenFone 6」と見られる「ZS630KL」がFCCやBluetooth SIGの認証通過!背面にデュアルカメラや指紋センサーを搭載か?日本でも発売へ


エイスースの次期フラッグシップスマホ「ZenFone 6 ZS630KL」はデュアルカメラ!?

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 6」シリーズの上位モデル「ZS630KL」(メーカー型番:ASUS_I01WD)が米国・連邦通信委員会(FCC)やBluetooth SIGの認証を通過しています。FCCは4月16日付け(FCC ID「MSQI01WD」)、Bluetooth SIGは4月15日付け(Declaration ID「D043754」)。

これまでにも台湾・国家通訊伝播委員会(NCC)やWi-Fi Allianceユーラシア経済委員会(ECC)の認証を通過し、ZS630KL=ASUS_I01WDだと予測されていましたが、FCCやBluetooth SIGの認証情報から確実となり、ハイエンドモデルであることからZenFone 6シリーズの上位モデルに相当すると見られます。

このため、従来のZenFone 4・5シリーズのようにスタンダードモデルが別にあるなら上位モデルのZS630KLは「ZenFone 6Z ZS630KL」または「ZenFone 6 Pro ZS630KL」(ともに仮称)となり、その場合はスタンダードモデルが「ZenFone 6 ZE630KL」(画面サイズは暫定)に、スタンダードモデルがなくハイエンドモデルだけなら「ZenFone 6 ZS630KL」となると予想されます。

なお、ASUSではZenFone 6シリーズは2019年5月16日(木)にスペイン・バレンシアにて発表することを予告しており、少しずつスペックなどが判明している状況ではありますが、正式発表が楽しみですね!

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 4 Selfie ZD553KL」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 4 Selfie ZD553KL」がAndroid 8.1 Oreoに!

ASUS JAPANは8日、同社が2017年12月に発売したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 4 Selfie(型番:ZD553KL)」に対してより新しいプラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2019年4月8日(月)15時より提供開始するとお知らせしています。

更新は単体で無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新ファイルは単体で行う方法なら約1.23GBで、更新は単体で行う場合には「設定」→「システム」→「システムアップデート」より行います。

更新後のビルド番号は「WW_15.0400.1903.508」。ビルド番号は「設定」→「システム」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」にて確認可能。対象製品はブラック(型番:ZD553KL-BK64S4)およびゴールド(型番:ZD553KL-GD64S4)、ピンク(型番:ZD553KL-PK64S4)。案内されている更新内容は以下の通り。

Android 8.1で利用可能となる主な機能
1)PIP(ピクチャー・イン・ピクチャ-)機能をサポート
 アプリを全画面で使いながら動画やナビを見ることが可能です。
 ※PIP機能は対応アプリでのみ利用が可能です。
2)「Smart Text Selection」でテキスト選択が楽に
 選択したテキストデータの内容を認識し、ペーストすべきアプリを提案してくれます。例えば、電話番号であればテキスト選択後に「コピー」や「切り取り」といった項目に並び「電話アプリ」を表示し、またテキストが住所であれば「マップアプリ」を表示します。アプリ選択後は、すばやく電話をかけたり、位置検索をすることが可能です。
3)アプリアイコンを長押しでサブメニューを表示可能に
 アプリアイコンを長押しすることで、小さなサブウインドウが開き、アプリ内へのショートカットやアプリ情報へのアクセスが可能になりました。例えばYouTubeアプリでは、「検索」や「登録チャンネル」といった項目が表示されます。
 ※サブメニューの表示はアプリごとに異なります。
4)「通知チャンネル」の追加
 従来の通知設定はアプリ全体に適用されていましたが、アプリ内に細かなカテゴリが設定されて、カテゴリごと通知のON/OFFを選択できるようになりました。例えば、Gmailアプリでは複数のアカウントがある場合はアカウントごとの選択ができるほか、Google Playストアアプリでは「優先度の高いもの」、「更新されたアプリ」、「セキュリティとメンテナンス」などの細かい分類ごとに選択が行えます。
5)通知の「スヌーズ機能」の追加
 ステータスバーを下げた時に表示される各種通知を右に少しスライドすると現れる時計マークをタップすると、後でもう一度通知してほしい場合のスヌーズを設定することができます。


続きを読む

ASUSの次期フラッグシップスマホ「ZenFone 6」シリーズの上位モデルと見られる「ZS630KL」がEEC認証通過!6.3インチディスプレイ搭載に。5月16日に正式発表へ


エイスースの次期フラッグシップスマホは「ZenFone 6 ZS630KL」か!?

ロシアやカザフスタン、ベラルーシなどのユーラシア経済連合の管理組織であるユーラシア経済委員会(Eurasian Economic Commission;EEC)は9日(現地時間)、未発表のASUSTek Computer(以下、ASUS)製スマートフォン(スマホ)「ZS630KL」が認証を取得したことを公開しています。

認証番号は「RU0000042128」。ZS630KLはASUSの型番ルールから6.3インチディスプレイを搭載したハイエンドモデルで、チップセット(SoC)にQualcomm製を搭載していることを示しています。これにより、次期フラッグシップモデル「ZenFone 6」シリーズの上位モデルだと見られます。

またZenFone 6シリーズの上位モデルとしてはWi-Fi Allianceなどにて「Snapdragon 855」を搭載していると想定されるメーカー型番「ASUS_I01WD」が認証されており、恐らく同一製品だと思われます。なお、ASUSではZenFone 6シリーズは2019年5月16日(木)にスペイン・バレンシアにて発表することを予告しています。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 5Z ZS620KL」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 5Z ZS620KL」がAndroid 9.0 Pieに!

ASUS JAPANは11日、昨年5月に発売したSIMフリーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「ZenFone 5Z(型番:ZS620KL)」(ASUSTeK Computer製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年4月11日(木)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新は単体で無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新ファイルは単体で行う方法なら約1.16GBで、更新は単体で行う場合には「設定」→「システム」→「システムアップデート」より行います。

更新後のビルド番号は「JP_ZS620KL_90.11.162.50_20190326」。ビルド番号は「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」にて確認可能。対象製品はシャイニーブラック(型番:ZS620KL-BK128S6)およびスペースシルバー(型番:ZS620KL-SL128S6)。案内されている更新内容は以下の通り。

Android 9.0で利用可能となる主な機能
1)「ナビゲーションバー」の画面表示が仕様変更
 画面下のバーのうえで右や上にスワイプ、また長押しをすることで、アプリの履歴やGoogleアシスタントなど、表示するアプリを素早く切り替えられます。
2)「最近使用したアプリ」の画面表示が仕様変更
 画面右下の「マルチタスクボタン」をタップした時の表示仕様も変更になり、左から右へスワイプすると、起動中のアプリの履歴が表示されて、カードの下側にあるボタンで、「アプリ情報」の表示や「マルチウインドウ」にすぐ切り替えることができます。
3)「自動調整バッテリー」機能をサポート
 アプリの使用状況は時間の経過と共に、スマートフォンが学習します。使用頻度の低いアプリをスマートフォンが自動的に制限することで、電池を長持ちさせる機能です。
4)通知がより細かく制御できるように仕様変更
 「設定」から「アプリと通知」を開き、「最近開いたアプリ」の項目からアプリを選択後に「通知」を選択することで、アプリ使用時に表示される通知内容を細かく制御できるようになりました。
5)端末の音量ボタン押下時の画面表示が仕様変更
 音量ボタンを押下後、 音量ボタンのすぐ近くに設定画面が表示されるようになり、端末を持ちながらでも音量の各種設定変更がしやすくなり、音量に関する詳細設定にも素早くアクセスできるようになりました。

※システムアップデート後も、従来のナビゲーション表示がデフォルト設定になります。[設定] -> [ディスプレイ] -> [ナビゲーションバー] -> [ナビゲーションバーのタイプ]から、新規追加されたナビゲーションバーへ変更することができます。


続きを読む

ASUS JAPAN、テンキー付きタッチパッドモデル「ZenBook 13 UX333FA」や「ZenBook S13 UX392FN」などの春モデル4製品を発表!4月6日より順次発売【レポート】


エイスースがノートPC「ZenBook」や「VivoBook」の春モデル4製品を発表!

ASUS JAPANが都内にて「春モデルPC新製品発表会」を3月29日に開催し、テンキー付きタッチパッドを搭載する13型「ASUS ZenBook 13 UX333FA」(129,500円)および14型「ASUS ZenBook 14 UX433FN」(159,500円)、画面占有率95%の13.9型「ASUS ZenBook S13 UX392FN」(199,500円)、15.6型スタンダードノートPC「ASUS VivoBook 15 X512FA」(69,500~119,500円)を発表した。

価格はオープンながら希望小売価格はそれぞれカッコ内に示してものとなっている。なお、金額はすべて税抜表示。このうちのZenBook 13はモバイルPCとしては購入しやすい価格帯であり、魅力的なモデルとなっている。

また他の「ZenBook」シリーズも薄型・狭額縁化を推し進めてモバイルPCとして持ち運びやすいサイズ感を実現しており、一方の「VivoBook」シリーズは扱いやすい大画面を搭載したスタンダードノートPCで、最小構成69,500円からの価格設定が強みである。今回はASUSの春モデル4製品を紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。