S-MAX

Androidスマートフォン

Google、新スマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を発表!日本でもFeliCa対応で発売に。5.5インチと6.3インチで防水・防塵やワイヤレス充電などに対応


Googleが新スマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」を発表!日本でも発売に

Googleは9日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにて新製品発表会「Made by Google 2018」を開催し、新しいAndroid 9.0(開発コード名:Pie)搭載スマートフォン(スマホ)「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」、2in1タイプのChromeOS搭載タブレット「Pixel Slate」、ディスプレイ付きスマートスピーカー「Google Home Hub」、新しいペンダント型セットトップボックス(STB)「Chromecast」などを発表しています。

Pixel 3およびPixel 3 XLの1次販売国・地域は、日本を含むオーストラリアおよびカナダ、フランス、ドイツ、インド、アイルランド、イタリア、シンガポール、スペイン、台湾、イギリス、アメリカで、アメリカではすでにプレオーダーがはじまっており、2018年10月17日(水)に出荷されると案内されています。その他の各国・地域で順次発売され、価格はアメリカではPixel 3が799ドル(約9万円)から、Pixel 3 XLが899ドル(約101,000円)から。

また日本においてもすでに公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com )にて製品ページが公開されており、予約販売開始時などにお知らせしてくれる「ウェイティングリスト」へメールアドレスが登録可能で、Google ストアでの価格はPixel 3が95,000円から、Pixel 3 XLが119,000円から。日本向けはFeliCaに対応することが明記されており、おサイフケータイやGoogle Payに対応します。なお、グーグル(Google Japan)では同日、日本では2018年11月1日(木)に発売し、Google ストア以外にNTTドコモとSoftBankから販売されることを発表しています。

続きを読む

シャープ、約6.2インチWQHD+有機ELやS845、6GB RAMを搭載したフラッグシップスマホ「AQUOS zero」を発表!2つの充電IC併用で充電時の発熱を抑える「パラレル充電」に対応


SHAPRが新フラッグシップスマホ「AQUOS zero」を発表!

シャープは3日、都内にて「新製品発表会」を開催し、同社初の有機ELディスプレイを採用したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero」を発表しています。

ディスプレイは画面上部中央に切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のあるアスペクト比9:18.7の縦長な約6.2インチWQHD+(1440×2992ドット)有機ELで、コントラスト比100万:1やDCI-P3規格の100%の広色域を実現しているほか、Snapdragon 845や6GB内蔵メモリー(RAM)などのハイエンドモデルとなっています。

また2つの充電ICを併用して充電時の発熱を抑える「パラレル充電」に対応しているとのこと。なお、販路は明らかにされていませんが、各携帯電話会社から販売されると見られ、発売時期は今冬を予定しており、発売日や価格は別途案内される見込み。

続きを読む

シャープ、新スタンダードスマホ「AQUOS sense2」を発表!縦長5.5インチFHD+IGZO液晶や防水・防塵、おサイフケータイなどの高コスパモデル


SHAPRから新スマホ「AQUOS sense2」が発表!

シャープは3日、都内にて「新製品発表会」を開催し、アスペクト比9:18の縦長な約5.5インチFHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶を搭載したスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2」を発表しています。

販路は明らかにされていませんが、NTTドコモやauなどの各携帯電話会社から販売されると見られ、発売時期は2018年11月以降となっています。価格も各販売拠点から別途案内がある予定です。

AQUOS sense2は昨年発売されて200万台超えの人気モデル「AQUOS sense」の後継機種で、同様にコストパフォーマンスの高いミッドレンジクラスで、新たに縦長画面になり、チップセット(SoC)などの各仕様がスペックアップされました。

主な仕様はSnapdragon 450および3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、2700mAhバッテリー、無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth、おサイフケータイ(FeliCa)、防水・防塵など。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「OPPO R17」シリーズを発表!ノッチが水滴型で小さくなり、上位モデル「OPPO R17 Pro」はトリプルカメラ搭載に。中国で8月30日より順次発売


最新フラッグシップスマホ「OPPO R17」シリーズが発表!

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)は23日(現地時間)、同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)としてアスペクト比9:19.5の縦長で画面上部中央に“水滴”型の切り欠き(いわゆる「ノッチ」)のある約6.4インチFHD+(1080×2340ドット)有機EL(OLED)ディスプレイ(約402ppi)を搭載した“ほぼ全画面デザイン”の「OPPO R17」とその上位版「OPPO R17 Pro」を発表しています。

同社では中国時間(CST)の8月23日(金)に上海にて発表会を実施。価格は中国ではOPPO R17の6GB RAM(内蔵メモリー)モデルが3,199人民元(約52,000円)、8GB RAMモデルの流光藍と霓光紫が3,499人民元(約57,000円)、霧光漸変色が3,599人民元(約58,000円)、OPPO R17 Proが4,299人民元(約70,000円)。

中国での発売日は8GB RAMモデルが2018年8月30日(木)、6GB RAMモデルが2018年9月7日(金)、OPPO R17 Proが2018年10月中旬を予定。なお、OPPOは今年2月に日本市場に参入し、これまでに「OPPO R11s」を発売したほか、9月に「OPPO R15 Pro」と「OPPO R15 Neo」を発売予定となっており、年内にさらに2機種以上投入予定であることが明らかにされていますが、現時点でOPPO R17シリーズが日本で販売されるかどうかは不明です。

続きを読む

Samsung、最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」を発表!Sペンはワイヤレスリモコンに対応。縦長6.4インチQHD+有機ELや8GB RAM、光学2倍ズーム対応デュアルカメラ、防水・防塵など


サムスン電子が新スマホ「Galaxy Note9」を発表!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は9日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにて発表会「Galaxy Unpacked 2018」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9」およびスマートウォッチ「Galaxy Watch」、スマートスピーカー「Galaxy Home」を発表しています。

Galaxy Note9はペン入力「Sペン」に対応した「Galaxy Note」シリーズにおいて昨年発売された前機種「Galaxy Note8」の後継機種となる最新モデルで、各種スペックが強化されているほか、新たにSペンはBluetooth LEに対応してカメラのリモートシャッターなどとして使えるリモコン機能に対応しました。

主な仕様はGalaxy Note8と同じく縦長なアスペクト比9:18.5の左右が湾曲したエッジスクリーンによってほとんど画面だけのように見えるInfinity Displayを採用し、画面サイズが若干多くなった約6.4インチQuad HD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ(約516ppi)や最大8GB内蔵メモリー(RAM)、最大512GB内蔵ストレージなどを搭載しています。

また新たに背面のリアカメラは「Galaxy S9」シリーズと同様に絞りをF1.5とF2.4で切り替えられるようになり、デュアルレンズカメラによって通常の広角レンズと望遠レンズによる光学2倍ズームに対応しています。さらに防水・防塵やワイヤレス充電、microSDXCカードスロットなどにも引き続いて対応し、音声入力サポート機能「Bixby」やデスクトップパソコンのように使える「Samsung DeX」なども進化しています。

発売日は発表が行われたアメリカや台湾などの1次販売国・地域では2018年8月24日(金)で、グローバル市場で順次発売される予定。価格は発表会が開催されたアメリカでは512GBモデルが1249.99ドル(約139,000円)、128GBモデルが999.99ドル(約111,000円)でUnlockedおよびVerizon、T-Mobile、AT&T Wireless、Sprint、US Cellularで予約受付を実施しています。

現時点で日本での発売については明らかにされていませんが、昨年はGalaxy Note8を発売しましたし、すでに日本語ページ( https://www.galaxymobile.jp/galaxy-note9/ )もあることからどこかしらから発売される可能性は高いのではないかと期待され、過去の例から鑑みるとNTTドコモとauからというのが有力かと思われます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。