S-MAX

Androidスマートフォン

Samsung、最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」、「Galaxy S10e」、「Galaxy S10 5G」を発表!穴あき画面「Infinity-O Display」でさらなるフルスクリーンデザインに


新しいフラッグシップスマホ「Galaxy S10・S10+・S10e・S10 5G」が登場!日本でも発売へ

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は20日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコにてグローバル製品発表会「Samsung Galaxy UNPACKED 2019」を開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)約5.8インチの「Galaxy S10e(型番:SM-G970**)」および6.1インチの「Galaxy S10(型番:SM-G973**)」、6.4インチの「Galaxy S10+(型番:SM-G975**)」、6.7インチの「Galaxy S10 5G(型番:SM-G977**)」を発表しています。

Galaxy S10e・S10・S10+・S10 5Gは昨年発売された前機種「Galaxy S9」および「Galaxy S9+」の後継機種で、新たにフロントカメラ部分を画面に穴を開けてより全画面デザインを進化させた「Infinity-O Display」を採用し、さらに世界初の超音波式画面内指紋センサーを搭載するほか、チップセット(SoC)やカメラ機能などをグレードアップさせています。

画面は各機種ともにアスペクト比9:19と従来よりも縦長で、Galaxy S10eが5.8インチFHD+(1080×2280ドット)Flat Dynamic AMOLED(約438ppi)、Galaxy S10が6.1インチWQHD+(1440×3040ドット)Curved Dynamic AMOLED(約550ppi)、Galaxy S10+が6.4インチWQHD+(1440*3040ドット)Curved Dynamic AMOLED(約522ppi)、Galaxy S10 5Gが6.7インチWQHD+(1440×3040ドット)Curved Dynamic AMOLED(約505ppi)に。

Galaxy S10 5Gを除く各機種ともにアメリカや韓国などの1次販売国・地域では2019年3月8日(金)に発売され、価格はアメリカではGalaxy S10eが749.99ドル(約83,000円)から、Galaxy S10が899.99ドル(約100,000円)から、Galaxy S10+が999.99ドル(約111,000円)からとなっています。

なお、日本での発売については明らかにされていませんが、Galaxy S9・S9+はNTTドコモおよびau(KDDIおよび沖縄セルラー)から販売されており、すでにGalaxy S10シリーズについても日本語ページ( http://www.galaxymobile.jp/galaxy-s10/ )もあることからGalaxy S10およびS10+、S10eが何らかの形で販売されるのではないかと予想されます。

続きを読む

Samsung、折り畳めるスマホ「Galaxy Fold」を発表!外側に4.6インチHD+有機EL、内側に開くと7.3インチQXGA+有機ELの2つの画面を搭載。アメリカなどで4月26日発売され、価格は約22万円


折り畳めるスマホ「Galaxy Fold」が登場!日本でも発売されるか!?

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は20日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコにてグローバル製品発表会「Samsung Galaxy UNPACKED 2019」を開催し、内側に折り畳める約7.3インチQXGA+(ドット)Dynamic AMOLED、閉じた状態で外側の片面に約4.6インチHD+(720×1520ドット)Super AMOLEDの2つの画面を搭載したスマートフォン(スマホ)「Galaxy Fold」を発表しています。

発表会が行われたアメリカを含む1次販売国・地域では2019年4月26日(金)に発売され、価格は1,980ドル(約219,000円)。その後、順次販売国・地域を拡大するとし、日本における販売については明らかにされていませんが、日本向け公式Webページ( https://www.galaxymobile.jp/galaxy-fold/ )が存在することから発売される可能性もありそうです。

続きを読む

トーンモバイル、シニアや子どもだけでなく全世代を対象にしたスマホ「TONE e19」を発表!約2万円で3月1日発売。5.93インチ縦長ノッチ画面やデュアルカメラなど


新しいTSUTAYAスマホ「TONE e19」が登場!3月1日発売

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは14日、都内にて「トーンモバイル新製品及び新サービス発表会」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「TONE e19」(トーンモバイル製)を発表しています。

これまで同社はシニア向けやジュニア(子ども)向けを中心に展開してきましたが、TONE e19は全世代を対象にしたモデルとし、価格は同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」の契約とセットで19,800円(税抜)。

発売日は2019年3月1日(金)で、販路もこれまでの「TSUTAYA」や公式Webストアだけでなく、新たに2018年3月より展開している「カメラのキタムラ」におけるTONEモバイル取扱店舗を5月までに現在の15店舗から33店舗に拡大するとしています。

また同日2月14日より公式Webストアにおけるオンラインでの事前受付およびTONEモバイル取扱店舗にて先行予約を開始し、発売日前日の2月28日(木)までに予約をし、2019年3月中に購入すると「Tポイント」を500ポイントプレゼントするキャンペーンを実施しています。

続きを読む

Motorola、お手軽価格なボリュームゾーン向けミッドレンジスマホ「moto g7 plus」や「moto g7」、「moto g7 power」、「moto g7 play」を発表!日本でも発売へ


Motorolaが新スマホ「moto g7」シリーズを発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは7日(現地時間)、新たに「moto」シリーズにおける2019年モデルとして普及価格帯のミッドレンジスマートフォン(スマホ)「moto g7 plus」および「moto g7」、「moto g7 power」、「moto g7 play」の4機種を発表しています。

各機種ともにブラジルとメキシコで2月7日に発売されるほか、欧州各国・地域では2月中旬から順次販売され、価格はmoto g7 plusが299.99ユーロ(約37,000円)、moto g7が299ドル(約33,000円)、moto g7 powerが249ドル(約27,000円)、moto g7 playが199ドル(約22,000円)と案内されています。

その他の販売国・地域は、moto g7 plusがオーストラリアおよび南米などのその他の国・地域では今後数ヶ月に渡って、moto g7がアジア太平洋地域や南米、北米で来月から、moto g7 powerがインドで数週間、アジア太平洋地域および南米、北米で来月から、moto g7 playが北米や南米などの多くの国・地域で来月以降に販売開始されるとのこと。

なお、日本での販売については公式には明らかにされていませんが、各種認証機関における情報からmoto g7 plusやmoto g7、moto g7 powerについては日本向けに販売されることを示す内容が示されており、今春以降に投入されると見られます。

続きを読む

KDDI、au向け大人のスマホ「URBANO V04」を発表!縦長画面などの最新トレンドを取り入れ、2月8日発売。価格は本体代5万8320円の実質2万9160円から


auスマホ「URBANO V04」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は1日、携帯電話サービス「au」向けに大人のためのスマートフォン(スマホ)「URBANO V04(型番:KYV45)」(京セラ製)を発表しています。2019年2月8日(金)に発売され、販売開始に先立って2月2日(土)よりauショップや量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」にて予約受付が開始されます。

価格は分離プランの一括払いでは58,320円、毎月割が適用される実質負担額では各契約において29,160円となる見込み(金額はすべて税込)。また2月2日より直営旗艦店「au SENDAI」および「au SHINJUKU」、「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」の5店舗にて先行展示が行われるとのこと。

さらに対象期間となる2019年4月22日(月)正午までにURBANO V04を購入して応募した人の中から抽選で「URBANO×BEAMS DESIGN 限定グッズ」をプレゼントする発売記念キャンペーンを実施するということです。その他、公式アクセサリーブランド「au +1 collection」から専用の周辺機器も販売されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。