S-MAX

Androidスマートフォン

HMD Global、ノキアブランドの新ハイエンドスマホ「Nokia 8」を発表!ZEISSレンズのデュアルカメラや5.3インチWQHD液晶、Snapdragon 835、4GB RAMなど


新スマホ「Nokia 8」が発表!ZEISSレンズのダブルレンズカメラ搭載

HMD Globalは16日(現地時間)、新たに「ZEISS(ツァイス)」レンズを採用したカメラなどを搭載する「Nokia(ノキア)」ブランドのAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用ハイエンドスマートフォン(スマホ)「Nokia 8」を発表しています。発売時期は2017年9月よりグローバル市場で順次となっており、価格は欧州では599ユーロ(約78,000円)。

ZEISSレンズのほか、Androidスマホにおいて3つの世界初をもたらし、約5.3インチWQHD(1440×2560ドット)IPS液晶やQualcomm製クアッドコアCPU「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB LPPDDR4X内蔵メモリー(RAM)などを搭載し、外観も2.5Dガラス「Gorilla Glass 5」(Corning製)とアルミニウム素材によるユニボディーデザインで高級感のある製品に仕上がっています。

続きを読む

Motorola、Moto G5シリーズを強化した新ミッドレンジスマホ「Moto G5S」と「Moto G5S Plus」を発表!Plusはデュアルカメラになって奥行き情報取得やボケ効果などに対応


モトローラが新しいスマホ「Moto G5S」と「Moto G5S Plus」を発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは1日(現地時間)、同社のミッドレンジ向けスマートフォン(スマホ)「Moto G」シリーズのAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)搭載の新製品「Moto G5S」および「Moto G5S Plus」を発表しています。

これらの2機種は今年2月に発表され、日本でも3月31日に発売された「Moto G5」および「Moto G5 Plus」をベースによりパワーアップした製品で、。

どちらの機種も今月よりグローバル市場で販売が順次開始され、今秋にはアメリカで発売予定。価格はヨーロッパではMoto G5Sが249ユーロ(約32,000円)から、Moto G5S Plusが299ユーロ(約39,000円)からとなっています。

日本での販売については明らかにされていませんが、最近のモトローラ・モビリティ・ジャパンは積極的にSIMフリー市場に投入してきているだけにMoto G5やMoto G5 Plusに続いて発売に期待したいところです。

続きを読む

Motorola、割れにくい5.5インチWQHD有機ELディスプレイやSnapdragon 835、デュアルカメラなどを搭載したMoto Mods対応スマホ「Moto Z2 Force」を発表!360°カメラモジュールも発売


薄くてタフなMoto Mods対応スマホ「Moto Z2 Force」が発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは25日(現地時間)、拡張機能「Moto Mods」に対応した新しい約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Moto Z2 Force(Moto Z Force 第2世代)」を発表しています。

アメリカではすでに予約がはじまっており、公式Webストア「Motorola.com」やBest Buy、AT&T、Sprint、T-Mobile、US Cellular、Verizonなどで2017年8月10日(木)より販売され、価格は月額30ドルもしくはSIMフリー版の本体一括で720ドル(約80,000円)。今夏の後半にはメキシコやブラジル、ヨーロッパ、中東、アフリカの各国に展開されます。

また新しいMoto Modsとして360°カメラ「Moto 360 Camera」も発表され、同じくアメリカでは8月10日に発売され、価格は299ドル(約33,000円)。その後、グローバル市場で販売される予定となっています。

続きを読む

Motorola、薄く軽くなってスペックアップしたMoto Mods対応の第2世代スマホ「Moto Z2 Play」を発表!5.5インチフルHD有機ELやデュアルピクセルカメラなどを搭載


モトローラがMoto Mods対応の新スマホ「Moto Z2 Play」を発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは1日(現地時間)、拡張機能「Moto Mods」に対応した新しい約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Moto Z2 Play(Moto Z Play 第2世代)」を発表しています。

日本でも発売された「Moto Z Play」の後継機種で新たにMoto Modsに対応しながらも薄く軽くなり、さらにCPUのクロック数が上がったり、各種スペックアップしており、日本でも発売された「Moto G5 Plus」と同じく「Galaxy S7 edge」などが搭載している1画素が1.4μmと大きなデュアルピクセルセンサーを背面のカメラに採用するなどしています。

同日よりブラジルにて発売され、価格は1,999ブラジルレアル(約69,000円)となっているほか、グルーバル市場で今月より順次販売開始され、アメリカではVerizonから販売され、今夏にMotorola.comで499ドル(約56,000円)で販売される予定となっています。現時点では日本への投入については不明。

また新しいMoto Modsも発表され、「Moto TurboPower Pack」は79.99ドル(約9,000円)、「Moto Style Shell」は39.99ドル(約4,500円)、「JBL SoundBoost 2」は79.99ドル(約9,000円)、「Moto GamePad」は79.99ドル(約9,000円)で販売されるということです。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向け新Android Oneスマホ「X1」を発表!初のおサイフケータイ対応で、5.3インチフルHD IGZO液晶や3GB RAM、指紋認証、防水・防塵、ワンセグなど


ワイモバイル向けスマホ「Android One X1」が発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は31日、携帯電話ブランド「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「Android One」シリーズにおいて新しく約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶やオクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「X1」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2017年6月下旬以降を予定し、ワイモバイルショップなどの店頭や公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて事前予約受付を実施する見込み。

X1はワイモバイル向けのAndroid Oneシリーズ第4弾で、Android One初のおサイフケータイ(FeliCa)に対応するほか、防水(IPX5およびIPX8)や防塵(IP6X)、ワンセグといった日本向け仕様にほとんど対応しています。

また低消費電力のIGZO液晶ディスプレイと大容量3900mAhバッテリーによって4日間以上の使用が可能など、少し前のハイエンド、直近でもミッドハイレンジクラスの性能と機能を搭載した期待のモデルと言えそうです。さらに購入した日から「Google アシスタント(日本語版)」が利用可能とのこと。

なお、SoftBank向けに提供が開始された高音質通話サービス「VoLTE(HD+)」にも対応しています。通信速度は下り最大187.5Mbpsおよび上り最大37.6Mbps、他の従来までのAndroid Oneシリーズと同様にSIMロックはかかっており、SIMロック解除に対応しています。

その他、X1を購入した場合に「Google Play」で使うことができる1,000円分のクーポンコード、Google PlayやGoogleサービスでAndroid Oneをより楽しむ方法が記載された冊子「Google サービスの便利な使い方ガイド」、Android Oneの設定方法などが記載された冊子「Android One X1 活用ガイド」をプレゼントするとしています(在庫がなくなり次第終了)。

続きを読む

Androidの父ことAndy Rubin氏が新しいスマホ「Essential Phone PH-1」を発表!デュアルカメラや5.7インチQHD液晶、Snapdragon 835などを搭載などで、マグネットで機能を追加可能


最新スマホ「Essential Phone PH-1」が発表!

Essentialは30日(現地時間)、同社初のアスペクト比10:19の約5.71インチQHD(1312×2560ドット)液晶を搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)「Essential Phone PH-1」を発表しています。

SIMフリーで本体が699ドル(約77,000円)となっており、最大の特長は背面に設置されたマグネット端子によって360°カメラなどを合体させて機能を拡張できる点で、Motorola MobilityのMoto ZシリーズにおけるMoto Modsに近い機能となっています。

続きを読む

強く、美しく、リーズナブルに!ずっと月額料金が1500円割引になる料金施策「docomo with」対応のNTTドコモ向けタフネススマホ「arrows Be F-05J」を写真と動画で紹介【レポート】


人気のタフネススマホにニューモデル登場!arrows Be F-05Jをチェック

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶や64bit対応クアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「arrows Be F-05J(以下、F-05J)」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しました。

発売日は2017年6月1日(木)ですでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。また同時に発表された毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金施策「docomo with」の対象機種となっており、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)で28,512円(1,188円/月×24回)。

本機は昨年7月に発売されたタフネススマホ「arrows SV F-03H(以下、F-03H)」のリニューアルモデルとなっており、性能や機能では大きな変更はありません。それだけF-03Hが完成度の高い端末であったという証拠でもあり、高耐久や高い耐衝撃性能といった特徴が好評だったのではないでしょうか。

今回発表会に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真や動画とともにご紹介します。詳細なスペックについてはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

NTTドコモ、5インチタフネススマホ「arrows Be F-05J」を発表!本体価格2万円台で、新料金プラン「docomo with」の対象にーーおサイフケータイやワンセグなどに対応し、6月1日発売


docomoが5インチスマホ「arrows Be F-05J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶や64bit対応クアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「arrows Be F-05J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売日は2017年6月1日(木)となっており、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。なお、月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が28,512円(1,188円/月×24回)です。

ベースは昨年夏モデルの「arrows SV F-03H」で、OSが新しくAndroid 7.0 Nougatになっているほか、ワンセグも内蔵アンテナで受信感度も良く、おサイフケータイ(FeliCa)や防水・防塵・耐衝撃対応と安心・安全に長く使えるようになっています。

続きを読む

NTTドコモ、4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を発表!防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグ、指紋認証、VoLTEに対応したバランスの良いモデルで、6月中旬発売


docomoが4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約4.7インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルハイレンジクラスのAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel SC-04J」(サムスン電子製)を発表しています。

発売時期は2017年6月中旬を予定しており、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。なお、月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が36,288円(1,512円/月×24回)です。

NTTドコモだけのオリジナルモデルで、新しくGalaxy Feelというペットネームで投入され、既存の「Galaxy」シリーズのディスプレイの下中央に指紋センサーを兼ねたホームキーなどのナビゲーションキーを搭載するスタイルを継承し、昨夏モデル「Galaxy S7 edge」(NTTドコモ向けは「Galaxy S7 edge SC-02H」)のエッジスクリーンではなく、2.5Dラウンドガラスとメタルボディーで高級感かつ手に収まるちょうど良いサイズの製品になっています。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「HTC U11」が発表!握るだけで操作できる「Edge Sense」やAmazon Alexaなどに対応し、日本でも発売へ向けてHTC NIPPONからもリリース


HTCが最新フラッグシップスマホ「HTC U11」を発表!

HTCは16日(現地時間)、本社のある台湾にてプレス向け発表会を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」を発表しています。また同日、HTC NIPPONからもHTC U11を日本でも販売することが発表されています。

HTC U11は約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super LCD 5液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835(MSM8998)」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイエンドモデルで、新たに本体側面を握るだけでカメラやアプリを操作できる「Edge Sense」や自由にカスタマイズできるハイレゾ対応オーディオ「HTC U Sonic」、AI学習によるレコメンド機能「Sense Companion」に加え、「Google Assistant」や「Amazon Alexa」にも対応しています。

海外向けにはアイスホワイト(Ice White)およびアメイジング シルバー(Amazing Silver)、サファイア ブルー(Sapphire Blue)、ブリリアント ブラック(Brilliant Black)、ソーラーレッド(Solor Red)の5色が用意されていますが、日本ではソーラーレッドを除く4色が販売されるとのこと。

なお、日本ではどういった経路で販売されるかは明記されていませんが、日本向けはおサイフケータイ(FeliCa)にも対応しており、例年通りであればauから「HTC U11 HTV33」として販売されそうです。日本向けでは音声アシスタントがGoogle Assistantとなっているとのことですが、Amazon Alexaについても日本語に対応した時点で日本向けでも利用できるようになるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。