S-MAX

Androidスマートフォン

プラスワン・マーケティング、SIMフリーの新スマホ「FREETEL Priori 4」を発表!1万4800円で1月27日発売、12月26日予約開始――Android 7.0 NougatへOSバージョンアップ予定


FREETELから1万4800円の低価格なSIMフリースマホ「Priori 4」が発表!

プラスワン・マーケティングは21日、同社が展開するSIMフリーブランド「FREETEL」における新製品・新サービス発表会「FREETEL World 2016 Fall/Winter 2」を都内で開催し、低価格な14,800円(税別)ながら大容量4000mAhバッテリーを搭載した新しいSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「Priori 4」を発表しています。

公式Webストアでは2016年12月26日(月)に事前予約受付を開始し、発売日は2017年1月27日(金)を予定。また発売当初はAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を搭載していますが、2017年春頃に最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを予定しているということです。

続きを読む

シャープ、5インチミドルレンジのSIMフリースマホ「AQUOS SH-M04」を発表!防水・防塵・耐衝撃やおサイフケータイなどに対応ーー楽天モバイルなどから販売


シャープがSIMフリーの5インチミドルレンジのSIMフリースマホ「AQUOS SH-M04」を発表!

シャープは27日、SIMフリーの約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶やクアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルレンジクラスのAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS SH-M04」(シャープ製)を発表しています。

NTTドコモ向け昨冬モデル「AQUOS EVER SH-02J」とベースは同じと見られますが、右側面にある指紋センサーがないため、どちらかというとUQ mobile向け「AQUOS L」に近い仕様となっており、2.5D強化ガラスを採用した持ちやすいラウンドボディーに防水(IPX5・IPX8)や防塵(IP6X)、耐衝撃(MIL-STD-810G)、おサイフケータイ(FeliCa)、緊急速報速報、VoLTE、伝言メモなどが利用できるコストパフォーマンスの良いモデルです。

今後順次納入予定の各仮想移動体通信事業者(MVNO)などから2016年12月中旬より販売予定で、同日に「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )が取り扱うことを発表しており、すでに事前予約受付を実施しています。価格は店頭販売予定価格が 29,800円(税別)。楽天モバイルでは一括29,800円(税込32,184円)のほか、分割1,341円(税込)(税込)×24回(楽天カードなら手数料無料)で販売。

続きを読む

Google Playが楽しめてGmailも使える!デザインや操作性はそのままに基本性能を強化したドコモ向け「らくらくスマートフォン4 F-04J」を写真で紹介【レポート】

f-04j-003
使いやすさはそのままに、Google Playに対応した新型「らくらくスマートフォン4」登場

既報通り、NTTドコモは19日、今冬および来春に発売する「2016-2017冬春モデル」を発表し、シニアなど向けに簡単に操作できるようにしたAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「らくらくスマートフォン4 F-04J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2017年2月を予定し、事前予約などは後日別途開始される予定。価格は毎月の利用料から割り引く「月々サポート」を適用後の実質負担額が新規契約および契約変更、他社から乗り換え(MNP)で1万円台前半、機種変更で負担のない価格となる予定です。

シンプルで分かりやすい独自ユーザーインターフェース(UI)を実装し、シニア層向けスマホとして登場した「らくらくスマートフォン」シリーズも本機で4代目。画面に触れただけでは反応せず、押し込むことで「カチッ」というクリック感とともにボタンが反応する「らくらくタッチパネル」を初代「らくらくスマートフォン F-12D」から採用し続け、その操作性の分かりやすさから高い評価を得ているシリーズです。

これまでは独自UIや分かりやすさを優先した結果、らくらくスマートフォンシリーズの中でも上位機種として設定された「らくらくスマートフォンプレミアム F-06E」以外の機種では外部アプリのインストールはdメニューからダウンロードできるアプリに限定され、Googleアカウントを利用したGoogle Playの利用はできませんでした。しかし、本機ではGoogleアカウントの登録とGoogle Playの利用が可能となり、一気にアプリの楽しみ方が広がりました。

今回、発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーではモックのみの展示となっており、実機や試作機による操作は行なえませんでしたので、本体デザインや機能などを写真とともにご紹介します。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、UQ mobile向け5.2インチフルHD晶搭載ミドルレンジスマホ「HUAWEI P9 lite PREMIUM」を発表!WiMAX 2+のCAで下り最大220Mbpsに対応し、11月下旬以降に発売予定


UQ mobile向け新スマホ「HUAWEI P9 lite PREMIUM」が発表!

UQコミュニケーションズおよびUQモバイル沖縄は24日、都内にて「2016秋冬 UQ発表会」を開催し、同社がau回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けに約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶や3GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージなどを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用ミドルレンジスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9 lite PREMIUM」(Huawei Technologies製)を発表しています。

発売時期は2016年11月下旬以降を予定。価格や事前予約、発売日などは後日別途案内予定。販売は公式Webストア「UQ mobileオンラインショップ」や各UQ mobile取扱店舗で行われます。なお、現時点でUQ mobile専売となっていますが、SIMロックはかかっておらず、SIMフリーとして販売されるとのことです。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、UQ mobile向け5インチHD IGZO液晶搭載ミドルレンジスマホ「AQUOS L」を発表!防水、防塵、おサイフなどに対応し、12月上旬以降に発売予定


UQ mobile向けスマホ「AQUOS L」が発表!

UQコミュニケーションズおよびUQモバイル沖縄は24日、都内にて「2016秋冬 UQ発表会」を開催し、同社がau回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けに約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶や2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージなどを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用ミドルレンジスマートフォン(スマホ)「AQUOS L」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2016年12月上旬以降を予定。価格や事前予約、発売日などは後日別途案内予定。販売は公式Webストア「UQ mobileオンラインショップ」や各UQ mobile取扱店舗で行われます。なお、現時点でUQ mobile専売となっていますが、SIMロックはかかっておらず、SIMフリーとして販売されるとのことです。

続きを読む

NTTドコモ、初のオリジナルブランドの高コスパなミドルレンジスマホ「MONO MO-01J」を発表!シンプルながらしっかり使えていきなり一括600円と激安モデルに


NTTドコモが新スマホ「MONO MO-01J」を発表!

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2016-2017冬春モデル新商品発表会」を開催し、約4.7インチHD(720×1280ドット)TFT液晶や2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージなどを搭載したミドルレンジクラスなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「MONO MO-01J」(ZTE製)を発表しています。

発売時期は2016年12月上旬を予定し、本日10月19日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は発売直後から12ヶ月間同一製品利用が条件の「端末購入サポート」が適用されて新規契約および機種変更、契約変更、他社から乗り換え(MNP)で一括648円(税込)を予定。

NTTドコモ初のオリジナルブランドのスマホで、良い"モノ"などの「MONO」と名付けられ、防水(IPX5・IPX7)および防塵(IP5X)や高音質通話サービス「VoLTE」、ハイレゾ音源などに対応し、サクサクと動作するコストパフォーマンスの高いモデルとなっています。

なお、発表会では新製品でいきなりほぼ一括0円に近い価格になることについて総務省のガイドラインとの兼ね合いについて問われ、NTTドコモの吉澤社長は本体価格が2〜3万円以下の廉価モデルについては対象外となっているため、抵触しないといった見解を回答していました。

続きを読む

NTTドコモ、Android 7.0 Nougat搭載のハイエンドスマホ「V20 PRO L-01J」を発表!5.5インチWQHD液晶や4GB RAM、デュアルカメラ、サブディスプレイ、ハイレゾ対応クアッドDACなど


NTTドコモが新スマホ「V20 PRO L-01J」を発表!

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2016-2017冬春モデル新商品発表会」を開催し、約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)IPS-NEO液晶や4GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどを搭載したハイスペックなAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「V20 PRO L-01J」(LG Electronics製)を発表しています。

発売時期は2017年2月を予定し、事前予約などは後日別途開始される予定。価格は詳細はまだ決定されていませんが、毎月の利用料を割り引く「月々サポート」を適用した後の実質負担額が新規契約および機種変更、契約変更で3万円台後半、他社から乗り換え(MNP)で2万円台半ばを予定。

海外でAndroid 7.0 Nougatを初プリインストールして発売された「LG V20」の上位モデルで、スマホでは世界初の「Quad-DAC」搭載やデンマークの音響機器メーカー「B&O(バング&オルフセン)」のカジュアルブランド「B&O PLAY」が音質をチューニングするなど、音のクオリティーに注力されています。

また、リアカメラも約1620万画素裏面照射型CMOS(F1.8)に加え、超広角135°の約820万画素裏面照射型CMOS(F2.4)の「デュアルカメラ」を搭載し、“匠”の写真表現を実現。さらに日本向けにワンセグやフルセグ、防水(IPX5・IPX7)、防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)にも対応しており、充実のハイエンドモデルとなっています。

続きを読む

NTTドコモ、画面割れに強いスマホ「arrows NX F-01J」を発表!高さ1.5mからコンクリートに落下しても大丈夫な超堅牢構造を実現――5.5インチフルHD液晶や3GB RAMなど


NTTドコモが新スマホ「arrows NX F-01J」を発表!

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2016-2017冬春モデル新商品発表会」を開催し、約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)IPS-NEO液晶や3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどを搭載したミドルハイレンジクラスなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「arrows NX F-01J」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

発売時期は2016年12月上旬にを予定し、本日10月19日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は毎月の利用料から割り引く「月々サポート」適用後の実質負担額が新規契約および機種変更、契約変更で4万円台前半、他社から乗り換え(MNP)で2万円台半ばを予定。

これまでの「arrows NX」シリーズは、富士通ブランドのNTTドコモ向けハイエンドスマホでしたが、今度のarrows NX F-01Jはスペックこそミドルハイレンジクラス程度ですが、タフネス仕様を追求して独自試験では日本人の成人男性が耳に当てているときを想定した1.5mからコンクリートに落としたときでも大丈夫な耐久性を実現しています。

続きを読む

NTTドコモ、最新ディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-01J」を発表!水の世界をイメージし、スワロフスキー・クリスタルが輝くオリジナルカバーが同梱


NTTドコモが新ディズニースマホ「Disney Mobile on docomo DM-01J」を発表!

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2016-2017冬春モデル新商品発表会」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶や2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージなどを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のディズニースマートフォン(スマホ)「Disney Mobile on docomo DM-01J」(シャープの製)発表しています。

発売時期は2017年2月を予定し、事前予約などは後日別途開始される予定。価格は詳細はまだ決定されていませんが、毎月の利用料を割り引く「月々サポート」を適用した後の実質負担額が新規契約および機種変更、契約変更、他社から乗り換え(MNP)で2万円台半ばを予定。

ベースモデルは同時に発表されたミドルレンジスマホ「AQUOS EVER SH-02J」となっているため、これまでのNTTドコモ向けのシャープ製ディズニースマホはスペックが比較的高かったように思いますが、若干低めになっており、その分価格に反映されることを期待。

今回のディズニースマホは「水」がテーマで、水の世界をイメージしたデザインのスワロフスキー・クリスタルが輝くディズニーオリジナルカバー(同梱)され、カバーとセットで楽しむ豊富なディズニーコンテンツが用意されています。また、さりげない隠れミッキーがキュート!

続きを読む

NTTドコモ、5インチHD IGZO液晶搭載のミドルレンジスマホ「AQUOS EVER SH-02J」を発表!指紋センサーが加わり、VoLTEや防水、防塵、おサイフなどに対応


NTTドコモが新スマホ「AQUOS EVER SH-02J」を発表!

NTTドコモは19日、今冬および来春に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2016-2017冬春モデル新商品発表会」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用ミドルレンジスマートフォン(スマホ)「AQUOS EVER SH-02J」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2016年11月上旬を予定し、本日10月19日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されます。価格は毎月の利用料から割り引く「月々サポート」適用後の実質負担額が新規契約および機種変更、契約変更で2万円台前半、他社から乗り換え(MNP)で2万円台半ばを予定。

シャープのNTTドコモ向けミドルレンジスマホ「AQUOS EVER」シリーズ第2弾で、昨年6月に発売した「AQUOS EVER SH-04G」の後継機種。新たにディスプレイがIGZOになり、より綺麗により省電力になり、3日以上の電池持ちと安心して使えるようになっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。