S-MAX

Androidスマートフォン

Xiaomi、低価格な5G対応スマホ「Mi 10 Lite 5G」を発表!欧州などで5月より順次発売で、価格は346ユーロ。auからも販売予定


シャオミが「Mi 10 Lite 5G」を正式発表!auから7月以降に発売予定

Xiaomi Communications(以下、Xiaomi)は27日(現地時間)、グローバル向け発表会「Xiaomi New Product Launch 2020」を開催し、すでに中国向けに発表している新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Mi 10」および「Mi 10 Pro」に加え、その廉価モデル「Mi 10 Lite 5G」を発表しています。

グローバル向けにはMi 10が8GB内蔵メモリー(RAM)と128GBまたは256GB内蔵ストレージ、Mi 10 Proが8GB RAMおよび256GB内蔵ストレージとなっており、欧州などで4月より順次発売されます。

価格は欧州ではMi 10が799ユーロ(約96,000円)と899ユーロ(約108,000円)、Mi 10 Proが999ユーロ(約120,000円)で、本体カラーはMi 10が艶のあるTwilight GreyおよびCoral Greenの2色、Mi 10 ProがマットなAlpine WhiteとSolstice Greyの2色となっています。

またMi 10 Lite 5Gは欧州などで5月より発売され、欧州での価格は349ユーロ(約42,000円)からとなっており、本体カラーはWhiteおよびGrey、Greenの3色展開です。なお、すでに発表されているように日本では少なくともauから「Mi 10 Lite 5G XIG01」として発売されます。

本記事ではMi 10 Lite 5Gを紹介します。Mi 10およびMi 10 Proについては日本での販売は不明ですが、日本に参入したばかりで勢いをつけたい同社ですので販売される可能性はありそうです。詳細は『Xiaomiが5G対応の新フラッグシップスマホ「Mi 10」と「Mi 10 Pro」を発表!1億800万画素カメラを搭載し、DxOMARKでは最高点を獲得 - S-MAX』をご覧ください。

続きを読む

Huawei、5G対応の最新フラッグシップスマホ「P40」と「P40 Pro」、「P40 Pro+」を発表!欧州などで4月7日より順次発売


最新フラッグシップスマホ「HUAWEI P40・P40 Pro・P40 Pro+」が登場!

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は26日(現地時間)、オンラインにてグローバル向け発表会「HUAWEI P40 Series Online Global Launch Event」を開催し、5Gに対応した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P40」および「HUAWEI P40 Pro」、「HUAWEI P40 Pro+」などを発表しています。

欧州ではHUAWEI P40およびHUAWEI P40 Proを2020年4月7日(火)に発売し、HUAWEI P40 Pro+を2020年6月に発売するとし、価格はHUAWEI P40が799ユーロ(約96,000円)、HUAWEI P40 Proが999ユーロ(約121,000円)、HUAWEI P40 Pro+が1,399ユーロ(約169,000円)となっています。

日本での販売については明らかにされていませんが、昨年発表された「HUAWEI Mate 30」シリーズと同様に「ファーウェイ問題」によってGoogle PlayやGMSに対応していないこともあり、このままの状態が続くようであればなかなか難しいものとなりそうです。

続きを読む

KDDI、au向け5Gスマホ「ZTE a1 ZTG01」を発表!7月発売でS765Gや6GB RAM、クアッドカメラ搭載で低価格に


au 5Gスマホ「ZTE a1 ZTG01」が登場!価格は約5万円に

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は23日、オンラインにて『「UNLIMITED WORLD au 5G」発表会』を開催し、携帯電話サービス「au」向け5G対応ミッドレンジスマートフォン(スマホ)「ZTE a1 ZTG01」(ZTE製)を発表しています。

Qualcommのミッドレンジ向けチップセット(SoC)「Snapdragon 765G 5G Mobile Platform」を搭載し、よりコストパフォーマンスの高い5Gスマホとなっており、価格は現時点で未定ながら本体価格が5万円台(予定)あたりを想定しているとのこと。また5G NR方式(Sub6)にて下り最大2.1Gbpsおよび上り最大183Mbpsに対応します。

発売時期は2020年7月以降を予定し、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて3月24日(火)から事前予約受付が実施され、料金プランは5G向け「データMAX 5G ALL STARパック」または「データMAX 5G Netflixパック」、「データMAX 5G」、「ピタットプラン 5G」が用意され、月額2,178円から利用可能ぇす。

続きを読む

Wikoが新エントリースマホ「View4」を発表!5000mAh大容量バッテリー搭載で電池持ちが良く。より手価格な「View4 Lite」も


新エントリースマホ「Wiko View4」と「Wiko View4 Lite」が登場!

Wikoは27日(現地時間)、フランス発の「Wiko」ブランドの主力モデルである「View」シリーズの新しいスマートフォン(スマホ)「View4」および「View4 Lite」を発表しています。

すでに欧州やアジアなどで2月より順次発売されており、価格はView 4が欧州では157.99ユーロ(約19,000円)、View 4 Liteがタイでは2,999バーツ(約10,000円)などとなっています。

日本での販売については不明ですが、前機種「View3」が日本向けの認証(いわゆる「技適」)を取得しているほか、View3ベースのトーンモバイル向け「TONE e20」が販売されているため、可能性はなくはなさそうです。

続きを読む

5G対応の新プレミアムスマホ「OPPO Find X2」と「OPPO Find X2 Pro」が発表!Proは防水・防塵に対応


5G対応の新プレミアムスマホ「OPPO Find X2・X2 Pro」が登場!グローバルでは5月より順次発売

OPPO Mobile Telecommunications(以下、OPPO)は6日(現地時間)、オンラインにて発表会「OPPO Find X2 Series UNCOVER THE ULTIMATE」を開催し、5Gに対応した新しいプレミアムスマートフォン(スマホ)「OPPO Find X2」および「OPPO Find X2 Pro」、5G対応ホームルーター「OPPO 5G CPE Omni」、そして同社初のスマートウォッチ「OPPO Watch」を発表しています。

OPPO Find X2およびOPPO Find X2 Proは中国では3月13日(金)に発売され、価格はOPPO Find X2(型番:PDEM10またはPDET10)の128GBストレージが5,499人民元(約84,000円)、256GBストレージが5,999人民元(約91,000円)、OPPO Find X2 Pro(型番:PDEM30)が512GBストレージのみで6,999人民元(約106,000円)。

またグローバル向けには2020年5月初旬より順次発売され、価格はOPPO Find X2(型番:CPH2023)の256GBストレージが999ユーロ(約119,000円)、OPPO Find X2 Pro(型番:CPH2025)の512GBストレージが1,199ユーロ(約143,000円)とのこと。両機種の違いは内蔵ストレージ容量以外にもカメラのセンサーのほか、OPPO Find X2 Proは防水・防塵(IP68)や気圧センサーに対応しています。

なお、中国向けにはOPPO Find X2が夜海および碧波、茶橘、OPPO Find X2 Proが緞黒および雅灰、茶橘のそれぞれ3色展開となりますが、グローバル向けにはこのうちのOPPO Find X2がBlack(夜海)とOcean(碧波)、OPPO Find X2 ProがBlack(緞黒)とOrange(茶橘)の2色ずつとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。