S-MAX

Androidスマートフォン

富士通、SIMフリーの5インチタフネススマホ「arrows M03」を発表!おサイフケータイや防水・防塵・耐衝撃、VoLTEなどに対応ーー楽天モバイルやmineoなどから販売


富士通がSIMフリーのタフネススマホ「arrows M03」を発表!

富士通は28日、SIMフリーの約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶やクアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「arrows M03」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

NTTドコモ向け今夏モデル「arrows SV F-03H」をベースにしており、流行りのデザインに防水(IPX5・IPX8)や防塵(IP6X)、アメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)の14項目に準拠した耐衝撃、おサイフケータイ(Felica)、ワンセグ(ロッドアンテナ付き)、緊急地震速報、VoLTE、伝言メモなどが利用できるミドルレンジモデルです。

今後順次納入予定の各仮想移動体通信事業者(MVNO)や各家電量販店などから2016年7月下旬より販売予定で、同日に「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )が取り扱うことを発表しており、すでに事前予約受付を実施しています。

楽天モバイルでの価格(税別)はオープンながら店頭販売予定価格および公式Webサイトでは一括払いで32,800円、分割払いで1,476円×24回ですが、2016年7月29日(金)9時59分までに予約・購入した場合には発売記念キャンペーンの3,000円引き特別価格で一括払いで29,800円、分割払いで1,341円×24回となっています。また、2016年8月31日(水)までにキャンペーンにエントリーした上で購入すると、電子マネー「楽天Edy」を1,000円分がプレゼントされます。

その他にもケイ・オプティコムも「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )にて取り扱うことを発表しているほか、MVNOではIIJmioやDMM mobile、NifMo、BIGLOBE SIM、UQ mobile、Smart Labo、スマモバから、家電量販店ではヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機、エディオン、ケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、PC DEPOTから販売予定です。

続きを読む

シャープ、SIMフリーの4.7インチ小型ハイスペックスマホ「AQUOS mini SH-M03」を発表!おサイフケータイや防水・防塵、VoLTEなどに対応ーー楽天モバイルなどから販売


シャープがSIMフリーの4.7インチ小型ハイスペックスマホ「AQUOS mini SH-M03」を発表!

シャープは28日、SIMフリーの約4.7インチフルHD(1080×1920ドット)ハイスピードIGZO液晶やヘキサコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS mini SH-M03」を発表しています。

NTTドコモ向け昨冬モデル「AQUOS Compact SH-02H」やau向け今春モデル「AQUOS SERIE mini SHV33」をベースにしており、狭額縁デザイン「EDGEST」デザインのコンパクトなボディーに防水(IPX5・IPX8)や防塵(IP6X)、おサイフケータイ(Felica)、ワンセグ(録画対応)、緊急地震速報、VoLTE、伝言メモなどが利用できるハイエンドコンパクトモデルです。

今後順次納入予定の各仮想移動体通信事業者(MVNO)などから2016年7月下旬より販売予定で、同日に「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )が取り扱うことを発表しており、すでに事前予約受付を実施しています。

楽天モバイルでの価格(税別)はオープンながら店頭販売予定価格および公式Webサイトでは一括払いで49,800円、分割払いで2,241円×24回ですが、2016年7月20日(金)9時59分までに予約・購入した場合には発売記念キャンペーンの5,000円引き特別価格で一括払いで44,800円、分割払いで2,016円×24回となっています。また、2016年8月31日(水)までにキャンペーンにエントリーした上で購入すると、電子マネー「楽天Edy」を1,000円分がプレゼントされます。

続きを読む

ZTEジャパン、低価格なSIMフリー5インチスマホ2機種を7月中旬に発売!2万1800円で指紋センサー搭載メタルボディーの「BLADE V7 Lite」と1万4800円の「BLADE E01」


ZTEジャパンが安価なSIMフリースマホ「BLADE V7 Lite」と「BLADE E01」を7月中旬に発売!

ZTEジャパンは15日、都内にて「ZTE 2016夏 新製品発表会」を開催し、日本国内にてSIMフリーなAndroidスマートフォン(スマホ)「ZTE BLADE V7 Lite」および「ZTE BLADE E01」(ともにZTE製)の2機種を2016年7月中旬に発売すると発表しています。

ともに約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載し、BLADE V7 Liteが指紋センサー搭載ミドルレンジ、BLADE E01がローエンドモデルで、価格を重視したコストパフォーマンスの高い製品となっています。

価格(税別)はオープンながら市場予想価格としてBLADE V7 Liteが21,800円、BLADE E01が14,800円。家電量販店およびSIMフリー製品取扱店、仮想移動体通信事業者(MVNO)を通じて販売されるとのことで、すでに楽天モバイルではBLADE E01を先行して2016年6月29日(水)から出荷開始することを発表しています。

また発売に先立って2016年6月15日(水)13時よりヨドバシカメラやビックカメラ、ムラウチドットコム、ひかりTVショッピング、ZOA、ソフマップ、上新電機、コジマ、CaravanYU、NTT-X Store、イートレンドにて先行予約受付を開始しています。

続きを読む

Lenovo、Googleの奥行き計測による3Dマッピングカメラ「Project Tango」に世界初対応したスマホ「PHAB2 Pro」を発表!海外では9月発売で、約5.3万円に――PHAB2とPHAB2 Plusも


世界初のGoogle Project Tangoによる立体認識カメラに対応したスマホ「Lenovo PHAB2 Pro」を発表!

Lenovo(レノボ、聯想)は9日(現地時間)、アメリカ・サンフランシスコにて報道関係者向け発表会「Lenovo Tech World 2016」を開催し、Googleが開発を進める奥行きを含めた3Dセンシング(測定)できるカメラを搭載することで3Dマッピングが可能な「Project Tango」に対応する世界初のスマートフォン(スマホ)「PHAB2 Pro」を発表しています。

グローバル市場で今年9月から発売予定で、SIMフリーモデルの価格が499ドル(約53,000円)から。現時点で日本での発売ついては明らかにされていません。

また、同時にデュアルカメラモデル「PHAB2 Plus」と通常モデル「PHAB2」も発表しており、価格は同じくSIMフリーでPHAB2 Plusが299ドル(約32,000円)から、PHAB2が199ドル(約21,000円)からとなっています。

続きを読む

KDDI、au向けスマホ「AQUOS SERIE SHV34」を発表!EDGESTデザインをやめ、メタルボディーでイメチェン――Snapdragon 820や3GB RAMなど


au向けAndroidスマホ「AQUOS SERIE SHV34」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を開催し、約5.3インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶や64bit対応クアッドコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS SERIE SHV34」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2016年6月中旬以降を予定しており、auショップなどのau取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて順次予約受付が開始される予定。また、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)にて2016年6月1日(水)より先行展示されます。

シャープのau向けハイエンドモデル「AQUOS SERIE」シリーズの最新機種で、昨夏モデルで前機種「AQUOS SERIE SHV32」では約5.0インチサイズでしたが、新たに約5.3インチサイズになり、他社向けと同お湯に近接センサーになった「グリップマジック」(持つだけで画面ONや画面回転抑制、着信時の音量ダウンなど)などによってより使いやすくなっているほか、新たに最近のAQUOSシリーズで定番となっていた上と左右のベゼルが狭い「EDGEST」デザインをやめ、メタルボディーになってリニューアルしています。

また今夏は他の「Xperia X Performance SOV33」や「Galaxy S7 edge SCV33」と同様に下り最大370Mbpsとなっており、NTTドコモ向けの今夏モデル「AQUOS ZETA SH-04H」の下り最大337.5Mbpsより高速になっています。

続きを読む

KDDI、au向け世界初海水対応タフネススマホ「TORQUE G02」の新色ブルーを発表!Android 6.0 MarshmallowにOSバージョンアップして、7月に発売


au向けAndroidスマホ「TORQUE G02」の新色ブルーが発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは31日、今夏以降にau向けに発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「au発表会 2016 Summer~CHANGE!~」を開催し、Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「TORQUE G02(型番:KYV35)」(京セラ製)の新色「ブルー」を発表しています。

発売時期は2016年7月を予定しており、auショップなどのau取扱店の店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて順次予約受付が開始される予定。また、旗艦店の「au SHINJUKU」(東京・新宿)および「au NAGOYA」(名古屋・栄)、「au OSAKA」(大阪・梅田)、「au FUKUOKA」(福岡・天神)、「au HAKATA」(福岡・博多)にて2016年6月1日(水)より先行展示されます。

タフネススマホとして国内外で好評な「TORQUE」シリーズとして2015年7月に発売され、アメリカ(米国)の軍隊が採用するMIL-STD-810Gに準拠したタフネススマホとして世界初の海でも使える海外対応で、対応項目が新たに19項目に増え、さらに独自の耐久試験2項目を加えた計21項目に準拠したモデルです。

続きを読む

ASUS、最新メインストリームスマホ「ZenFone 3」を発表!デザインを刷新し、5.5インチフルHD液晶やSnapdragon 625、4GB RAMなどーー日本でも発売へ


ASUSが真スマホ「ZenFone 3」を発表!デザインを一新して3万円程度から

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は30日(現地時間)、台湾・台北にて2016年5月31日(火)から6月4日(土)まで開催される展示会「COMPUTEX TAIPEI 2016」に合わせてプレスカンファレンス「Zenvolution」を実施し、同社のスマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズにおける最新フラッグシップ「ZenFone 3」シリーズを発表しています。

発表されたZenFone 3シリーズは5.5インチサイズの標準モデル「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」および5.7インチサイズの上位モデル「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」、6.8インチサイズの大型モデル「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」の3機種。各機種ともにグローバル市場で今夏から発売予定。

本記事ではZenFone 3 DeluxeZenFone 3 Ultraに続いてZenFone 3について紹介していきます。価格はアメリカでは249ドル(約28,000円)からとなっており、日本での発売については明らかにされていませんが、対応周波数帯に「JP version」があるため発売されると見られます。

続きを読む

ASUS、フルアルミボディーの大画面6.8インチスマホ「ZenFone 3 Ultra」を発表!Snapdragon 652や3GB RAM、128GBストレージ、2300万画素リアカメラなど


ASUSが6.8インチ大画面なスマホ「ZenFone 3 Ultra」を発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は30日(現地時間)、台湾・台北にて2016年5月31日(火)から6月4日(土)まで開催される展示会「COMPUTEX TAIPEI 2016」に合わせてプレスカンファレンス「Zenvolution」を実施し、同社のスマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズにおける最新フラッグシップ「ZenFone 3」シリーズを発表しています。

発表されたZenFone 3シリーズは5.5インチサイズの標準モデル「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」および5.7インチサイズの上位モデル「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」、6.8インチサイズの大型モデル「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」の3機種。各機種ともにグローバル市場で今夏から発売予定。

本記事ではZenFone 3 Deluxeに続いて大画面なZenFone 3 Ultraについて紹介していきます。価格はアメリカでは479ドル(約53,000円)からとなっており、日本での発売については明らかにされていませんし、ZenFone 3 Deluxeと同様に対応周波数帯にBand 19などの日本向けがあるので投入される可能性は少なからずあると見られます。

続きを読む

ASUS、最新フラッグシップスマホ「ZenFone 3 Deluxe」を発表!5.7インチフルHD有機ELやSnapdragon 820、6GB RAM、256GBストレージなどのハイスペックに


ASUSが新フラッグシップスマホ「ZenFone 3 Deluxe」を発表!

ASUSTeK Computer(以下、ASUS)は30日(現地時間)、台湾・台北にて2016年5月31日(火)から6月4日(土)まで開催される展示会「COMPUTEX TAIPEI 2016」に合わせてプレスカンファレンス「Zenvolution」を実施し、同社のスマートフォン(スマホ)「ZenFone」シリーズにおける最新フラッグシップ「ZenFone 3」シリーズを発表しています。

発表されたZenFone 3シリーズは5.5インチサイズの標準モデル「ZenFone 3(型番:ZE552KL)」および5.7インチサイズの上位モデル「ZenFone 3 Deluxe(型番:ZS570KL)」、6.8インチサイズの大型モデル「ZenFone 3 Ultra(型番:ZU680KL)」の3機種。各機種ともにグローバル市場で今夏から発売予定。

本記事ではまずはハイエンドモデルのZenFone 3 Deluxeについて紹介していきます。価格はアメリカでは499ドル(約56,000円)からとなっており、日本での発売については明らかにされていませんし、ZenFone 3とは違って日本向けのモデルは用意されていませんが、対応周波数帯にBand 19などの日本向けがあるので投入される可能性は少なからずあると見られます。

続きを読む

2万9900円で指紋認証対応やフルメタルボディーのSIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」を購入!開封して同梱物や外観を写真でチェック【レポート】


SIMフリースマホ「FREETEL SAMURAI REI」を購入したので開封レビュー!

プラスワン・マーケティングがSIMフリーブランド「FREETEL」の新しいAndroidスマートフォン(スマホ)「SAMURAI REI(侍 麗)」(型番:FTJ161B-REI)を販売開始しました。まずは「メタルシルバー」が5月27日に発売され、続いて、「スカイブルー」が6月3日、「シャンパンゴールド」が6月17日、「ピンクゴールド」が6月24日、「メタルブラック」が6月下旬にそれぞれ発売されます。

価格は本体価格が29,900円(以下、すべて税別)で、仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービスも提供する同社では、本体価格と通信料、無料通話、端末保証がすべて込みで購入時の支払額0円、月額2,990円(月1GB)から利用できるSAMURAI REI向けプレミアムバリュープランも提供します。なお、他社から乗り換え(MNP)の場合にはのりかえ割適用で1年間800円引きとのこと。

比較的に低価格ながら約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内蔵ストレージなどの基本性能を備え、新たに同社としては初のフルメタルボディーを採用するほか、ディスプレイの下中央に指紋センサーを内蔵した多機能キー「FREETELボタン」も搭載するなど、コストパフォーマンスの高い製品になっています。

そんなSAMURAI REIを購入してみたのでまずは開封して同梱物や外観を写真で紹介したいと思います。なお、ヨドバシカメラの公式Webストア「yodobashi.com」でメタルシルバーの発売日先日5月26日に予約し、発売日5月27日に受け取りました。上記価格に消費税を加え、ヨドバシポイントは10%還元でした。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。