S-MAX

Androidスマートフォン

ワイモバイル向けHTC製スマホ「Android One X2」を写真と動画で紹介!防水やおサイフケータイに加え、独自機能「Edge Sence」や「Uソニック・ハイレゾ」なども搭載【レポート】


Y!mobile向けスマホ「Android One X2」を写真でチェック!

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が11月30日に今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」を披露する「“ワイモバイル” 新商品・新サービス発表会」を開催し、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」における新しい「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One X2」(HTC製)を発表しました。

発売は12月7日(木)ですでにワイモバイルショップなどのY!mobile取扱店および公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて事前予約受付を実施しています。価格(税込)は本体代67,932円(頭金540円+分割2,808円/月×24回)の実質31,644円(頭金540円+分割1,296円/月×24回)から。

Android OneとはすべてGoogleが部品の調達などを行い、メーカーカスタマイズが施されていないAndroid OSの搭載やその定期的なアップデートを最長で2年間保証するというもので、当初は主に新興国向けのブランドとして展開されましたが、その後日本でもワイモバイルがシャープと協力して「507SH」をAndroid One準拠モデルとして販売を始めた経緯があります。

以来「ワイモバイルと言えばAndroid One端末」という流れが生まれ、現在ではエントリーからミドルクラス向けのSシリーズと比較的ハイスペックなXシリーズとに分岐しつつあります。今回はそのハイスペックモデルの1つとして発表されたX2を写真とともにご紹介します。なお、本機の詳細な性能についてはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

ASUS JAPAN、4100mAhバッテリーを搭載したSIMフリーの電池長持ちスマホ「ZenFone 4 Max ZC520KL」を12月8日に発売!事前予約開始で価格は約2.7万円に


ASUSのSIMフリースマホ「ZenFone 4 Max ZC520KL」が日本で発売!

ASUS JAPANは5日、最新の「ZenFone 4」シリーズのうちの大容量バッテリーを搭載して電池が長持ちするSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone 4 Max(型番:ZC520KL)」を2017年12月8日(金)に発売すると発表しています。

前機種の「ZenFone 3 Max(型番:ZC520TL)」と同様に4100mAhバッテリーを搭載し、1日中外出している時でも安心できる電池持ち駆動時間約21時間および連続通話時間約32時間となっています。

またZenFone 4シリーズでは初のデュアルSIMとmicroSDカードを同時使用できるトリプルスロット搭載で、プライベートからビジネスまでアクティブな毎日をサポート。さらにZenFone 4シリーズの特長であるデュアルカメラも搭載し、背面に標準レンズと120°超広角レンズを採用して通常撮影と約2倍のワイド撮影を切り替えて行えます。

発売に先立って本日12月5日より事前予約受付を開始しており、価格はオープンながら市場予想価格は24,800円(税別)。公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では税込26,784円(税別24,800円)。販売拠点は家電量販店やオンラインストア、仮想移動体通信事業者(MVNO)など。純正ケース「Clear Soft Bumper」も税別980円で販売。

さらに周辺機器として簡単かつ手軽にスマートフォンと接続し360度の空間を一度に撮影できる「ASUS 360° Camera」およびDC式カーチャージャー「ASUS Car Charger with USB-C」を発売し、同様に本日より事前予約受付を実施。発売日と価格は360° Cameraが12月中旬以降および税別13,800円、Car Charger with USB-Cが12月8日および2,980円。

続きを読む

NTTレゾナント、SIMフリーなgooのスマホ「g07++」を発表!タッチパネルを改善した5.5インチフルHD液晶や4GB RAM、64GBストレージなどに強化


gooのスマホ第7弾がさらにマイナーチェンジ!「g07++」が発売

NTTレゾナントは4日、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」ブランドにて展開するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)サービス「gooのスマホ」において新機種「g07++(グーマルナナプラスプラス)」を発表しています。

g07++は昨年12月に発表・発売した「g07(グーマルナナ)」の改良版として今年3月に発表・発売した「g07+(グーマルナナプラス)」をさらに性能強化し、内蔵メモリー(RAM)や内蔵ストレージを増量、液晶パネルの改善、カメラの高解像化など各スペックのパワーアップを施した機種とのこと。

価格はNTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」のSIMカードとセットの通常販売で24,800円。またOCN モバイル ONEの音声対応SIMカードとの契約が必須な「らくらくセット」で19,800円です(ともに税抜)。

さらに発売を記念して「g07++発売記念キャンペーン」として先着各907人までらくらくセットが最大5,000円相当(3,000円OFF販売+1年以上OCN モバイル ONE音声対応SIM利用で2,000円分相当gooポイント付与)お得に購入することが可能となっています。

続きを読む

Unihertzが公式にLTE対応2.45インチ超小型スマホ「Jelly Pro」の技適マーク取得予定を案内!日本でもAmazonを通じて販売へ


LTE対応超小型スマホ「Jelly Pro」が技適マーク取得で日本で正式販売へ!

Unihertzは23日、今年5月に発表したLTEに対応した世界最小スマートフォン(スマホ)「Jelly Pro」について公式に日本国内でローミング以外で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)の取得に取り組んでいるとお知らせしています。

Jelly Proは発表後に一部の別会社が技適マークを取得予定であるとしていましたが、実際にはその時点でUnihertzでは技適マークの取得予定はない状態でしたが、日本からの問い合わせが多かったことから今回、正式に技適マークの取得を行うことにしたということです。

また合わせて日本向けに日本語で情報を伝える公式Twitterアカウント( @UnihertzJapan )を開設し、今後は日本向けの情報を投稿していくとしています。さらに同社では日本向けにAmazon.co.jpで販売する予定であると案内しています。

続きを読む

ソフトバンク、ワイモバイル向けAndroid Oneスマホ「S4」を発表!京セラ開発で5インチ液晶やS430、3GB RAM、Android 8.0 Oreo、防水・防塵・耐衝撃など


Y!mobileスマホ「Android One S4」が発表!2018年2月上旬以降発売

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は30日、今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」を披露する「“ワイモバイル” 新商品・新サービス発表会」を都内にて開催し、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」における新しい「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One S4」(京セラ製)を発表しています。

発売時期は2018年2月上旬以降で、ワイモバイルショップなどのY!mobile取扱店および公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて販売され、事前予約受付を実施する予定。

Android One S4はY!mobile向けのAndroid Oneシリーズとして下位モデルとなるAndroid One Sシリーズの第4弾で、第2弾「Android One S2」に続いて京セラが開発を担当し、同時に発表された上位モデル「Android One X3」よりも性能や機能を落とした製品となっています。

そのため、防水・防塵・耐衝撃や赤外線には対応しますが、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグには対応していません。とはいえ、最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」を採用していますし、より新しいOSバージョンアップや最新セキュリティーパッチが提供予定となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。