S-MAX

Androidスマートフォン

トリニティ、新スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」のグローバル展開をめざしてクラウドファウンディングサイト「Indiegogo」で資金調達を開始!ほぼ最終スペックが明らかに


新スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」が海外展開をめざしてクラウドファウンディング!

トリニティは27日、2017年2月に発表したAndroidスマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded]」の海外での販売をめざしてクラウドファウンディングサイト「Indiegogo」にて資金調達を開始したと発表しています。

募集期間は2017年6月1日(木)までで、調達目標金額は$370,000(約4,110万円)。購入プランは背面カバー「TWOTONE」(1セット)もしくは背面カバー一体型ケース「FLIP」のみの30ドル(約3,340円)や、NuAns NEO [Reloaded]本体と選択可能なTWOTONEまたはFLIPの早期出資優待割引360ドル(約40,000円)など。

なお、NuAns NEO [Reloaded]はすでに日本では5月末に発売予定となっており、価格は本体のみで49,800円(税込)で予約受付中となっています。同社ではWindows 10 Mobileを搭載した前モデル「NuAns NEO」でもクラウドファウンディングによる海外展開をめざしましたが、失敗していました。

しかしながら、そのコンセプトやデザインは注目され、日本国内のみならず世界各国から海外展開に関する多数の問い合わせがあり、日本向けのNuAns NEO [Reloaded]は生産数や生産タイミングが限られているため、資金の調達と生産数の確保を目的としてIndiegogoにて募集をすることにしたということです。

続きを読む

Xiaomi、新フラッグシップスマホ「Mi 6」を発表!Snapdragon 835やデュアルレンズカメラ、防滴仕様などで価格は約4万円から


新フラッグシップスマホ「Xiaomi Mi 6」が発表!

小米科技(Xiaomi Technology、以下、シャオミ)は19日(現地時間)、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xiaomi Mi 6(小米手机6)」を発表しています。すでに中国で予約受付を開始しており、2017年4月28日(金)に発売予定。中国以外での国・地域での販売については明らかにされていません。

表裏ともに本体の4辺が丸みのある美しいデザインを採用し、Qualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 835 MSM8998」や6GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)、背面デュアルレンズカメラなどを搭載したほか、防滴仕様にも対応するなど、ハイスペックかつトレンドをしっかりと取り入れたモデルとなっています。

ハイエンドながら価格は内蔵ストレージ(UFS)が標準版の64GBで2,499人民元(約40,000円)、標準版の128GBで2,899人民元(約46,000円)、陶瓷尊享版で2,999人民元(48,000円)とライバルの大手メーカーと比べて低価格となっているのも特長と言えるでしょう。

続きを読む

シャープ、新フラッグシップスマホ「AQUOS R」を発表!2017年夏モデルよりシリーズ名を統一して投入へ――5.3インチWQHDハイスピードIGZO液晶やSnapdragon 835などを搭載


シャープが新フラッグシップスマホ「AQUOS R」を発表!

シャープは18日、都内にて『「スマートフォンAQUOS」新製品発表会』を開催し、新たにフラッグシップスマートフォン(スマホ)のシリーズ名を「AQUOS R」に統一すると発表しています。これにより、これまでブランド名がばらばらだった同社のハイエンドスマホが「2017年夏モデル」よりAQUOS Rに統一されて投入されることになります。

AQUOS Rは「Reality(臨場感のある映像美)」および「Response(なめらかで俊敏なレスポンス)」、「Robotics(人工知能がかしこくサポート)」、「Reliability(長く使える信頼性)」の4つの“R”を意味し、従来通り、ハイスピードIGZO液晶ディスプレイや人工知能(AI)を使った「エモパー」などを搭載したハイエンドモデルになります。

現時点で開発中ながら本体色は「Mercury Black」と「Zirconia White」の2色があることが明らかにされており、発表会で披露された展示機は約5.3インチWQHD(1440×2560ドット)IGZO液晶やQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 835」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したまさにフラッグシップに相応しい製品となっていました。

続きを読む

Samsung、5.8インチ「Galaxy S8」と6.2インチ「Galaxy S8+」のフラッグシップスマホ2機種を発表!防水やmicroSDは継続し、18.5:9の縦長両端湾曲有機ELでホームボタンは画面表示に


フラッグシップスマホ「Galaxy S8」と「Galaxy S8+」が発表!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は29日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにて発表会「Galaxy Unpacked 2017」( http://www.samsung.com/global/galaxy/events/unpacked/ )を開催し、Android 7.0(開発コード名:Nougat)を採用したQuad HD+(1440×2960ドット)左右両端湾曲「デュアルエッジスクリーン」有機EL(Super AMOLED)ディスプレイ搭載フラッグシップスマートフォン(スマホ)として約5.8インチの「Galaxy S8」および6.2インチの「Galaxy S8+」、そして新しい全天球カメラ「Gear 360(型番:SM-R210)」を発表しています。

Galaxy S8およびS8+ともに発表会が行われたアメリカでは2017年4月21日(金)に発売。価格はイギリスではGalaxy S8が689ポンド(約96,000円)、Galaxy S8+が779ポンド(約108,000円)。サムスン電子が買収したHarman傘下のAKGブランドのイヤホンが付属されるとのこと。

なお、日本での発売については明らかにされていませんが、前機種「Galaxy S7 edge」はNTTドコモおよびau(KDDIおよび沖縄セルラー)から販売されていますし、すでにGalaxy S8シリーズについても日本語ページ( http://www.samsung.com/jp/product/galaxy-s8/ )もあることからGalaxy S8およびS8+が何らかの形で販売されるのではないかと予想されます。

続きを読む

バイオ、SIMフリースマホ「VAIO Phone A」を発表!ハードウェアはVAIO Phone Bizと同じで、OSをAndroid 6.0に変更し、DSDSやVoLTEにも対応ーー価格も2万6784円とお手頃で4月7日に発売


SIMフリースマホ「VAIO Phone A」が4月7日に発売!

バイオは22日、新たにAndroid搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「VAIO Phone A(型番:VPA0511S)」を2017年4月7日(金)に発売すると発表しています。価格はオープンながら市場想定価格が24,800円前後(税別)で、発売に先立って3月30日(木)9時から予約受付を開始するとのこと。

昨年4月22日に発売されたWindows 10 Mobile搭載スマホ「VAIO Phone Biz(型番:VPB0511S)」」とハードウェアはまったく同じで、OSをAndroidに変更した製品で、OSの問題で対応できなかった3Gと4Gの「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」やNTTドコモ網における高音質通話サービス「VoLTE」に対応するなどしています。

なお、販売拠点は各量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)のほか、公式Webショップ「VAIOストア」や「ソニーストア」でも販売されます。VAIO Phone Aの発売後もVAIO Phone Bizの販売も継続して行われるということです。

続きを読む

新フラッグシップスマホ「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 Plus」が発表!第2世代Leicaデュアルレンズカメラを搭載し、8色のカラバリをラインナップ――P10 Plusは生活防水も


新フラッグシップスマホ「HUAWEI P10」と「HUAWEI P10 Plus」が3月より発売!

Huawei Technologies(以下、ファーウェイ)は26日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2017年2月27日(月)から3月2日(木)に開催される「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、新たにフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P10」および「HUAWEI P10 Plus」を発表しています。

主な違いはHUAWEI P10が約5.1インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶や3200mAhバッテリーなのに対し、HUAWEI P10 Plusはより大きな2Kオーバーの約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)IPS液晶や3750mAhとなっており、それぞれ内蔵メモリー(RAM)や内蔵ストレージ(eMMC)によって複数のモデルが存在します。その他、HUAWEI P10 Plusは生活防水(防滴)や防塵にも対応。

現時点で日本での販売については明らかにされていませんが、発表会で公開された30の1次販売国・地域には含まれていませんでした。ただし、日本でも「HUAWEI P9」や「HUAWEI Mate 9」といったフラッグシップスマホが好調なため、HUAWEI P10やHUAWEI P10 Plusの販売も可能性はありそうです。

なお、これらの1次販売国・地域では2017年3月より順次発売し、価格はHUAWEI P10が649ユーロ(約77,000円)、HUAWEI P10 Plusの4GB RAM+64GB eMMCモデルが699ユーロ(約83,000円)、6GB RAM+128GB eMMCモデルが799ユーロ(約95,000円)。

続きを読む

HMD Global、ノキアブランドの新スマホ「Nokia 5」や「Nokia 3」を発表!Nokia 6にも新たにピアノブラック調のArte Black Limited Editionやケータイ「Nokia 3310」の復刻版も追加


ノキアの新スマホ「Nokia 5」や「Nokia 3」などが発表!

HMD Globalは26日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2017年2月27日(月)から3月2日(木)に開催される「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、新たにスマートフォン(スマホ)「Nokia 5」および「Nokia 3」、フィーチャーフォン「Nokia 3310」を発表しています。

Nokia 5は5.2インチHD(720×1280ドット)IPS液晶やSnapdragon 430を搭載して6000番台のアルミニウムボディー、Nokia 3は5インチHD IPS液晶やMT6737を搭載したエントリーモデル、Nokia 3310はカラフルでかわいいデザインのストレート型ケータイで2000年に発売したものを中身を一新して復刻版として販売します。

またすでに中国向けに発表していた5.5インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶搭載スマホ「Nokia 6」についてもグローバル展開するとのことで、新たにピアノブラック調の「Nokia 6 Arte Black Limited Edition」も追加。各機種ともに2017年第2四半期(4〜6月)より順次販売していくとしています。

価格はNokia 6の通常モデルが229ユーロ(約27,000円)、Nokia 6 Arte Black Limited Editionが299ユーロ(約35,000円)、Nokia 5が189ユーロ(約22,000円)、Nokia 3が139ユーロ(約16,000円)、Nokia 3310が49ユーロ(約6,000円)。

続きを読む

縦横比18:9の長い5.7インチQHD+液晶を搭載した新しいフラッグシップスマホ「LG G6」が正式発表!防水・防塵にも対応し、デュアルカメラやクアッドDACなどを搭載


LGのフラッグシップスマホ「G6」が発表!

LG Electronics(以下、LG)は26日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2017年2月27日(月)から3月2日(木)に開催される「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「LG G6」を発表しています。

LG G6は昨年のMWC 2016で発表したフラッグシップスマホ「LG G5」に続く「G」シリーズの最新モデルで、新たにアクペクト比18:9の縦長の「FullVision」をうたう約5.7インチQHD+(1440×2880ドット)IPS液晶を搭載し、デザインを大きくモデルチェンジしています。

5.7インチながら長くなったので横幅は5.2インチサイズクラスで、持ちやすくなっているとのこと。また「LG V20」でも搭載していたデュアルレンズカメラやクアッドDACなども搭載し、新たに防水・防塵(IP68準拠)にも対応。さらにGoogleが開発する人工知能(AI)「Google Assistant」も利用可能。

グローバル市場で展開予定で、お膝元の韓国での価格は899,800ウォン(約89,000円)から。発売時期は今春以降。日本での発売については現時点では不明ですが、派生モデルも含めて投入を期待したいところです。

続きを読む

TCLが前面QWERTYキーボードを搭載したAndroid 7.1 Nougat採用スマホ「BlackBerry KEYone」を発表!月例パッチ対応やDTEKなどでセキュリティーも確保


前面QWERTYキーボードを搭載スマホ「BlackBerry KEYone」が発表!

TCL Communication(以下、TCL)は25日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2017年2月27日(月)から3月2日(木)に開催される「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、新たにAndroid 7.1(開発コード名:Nougat)を採用した前面QWERTYキーボード搭載スマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEYone」を発表しています。

TCLでは「BlackBerry」とブランドの利用提携を2016年12月に結んでいましたが、その第1弾製品となります。画面はフルHD(1080×1920ドット)よりも縦に300ドット少ないアスペクト比3:2の約4.5インチ1080×1620ドットIPS液晶(約434ppi)を搭載し、その下に「これぞブラックベリー」とも言うべきパソコンと同じQWERTY配列のキーボードを搭載。

Google Playストアにはもちろん対応し、GoogleによるAndroidの月例セキュリティーパッチを行うほか、BlackBerry DTEKを用いた高いセキュリティーを保っているとのこと。なお、グローバル市場で2017年4月より順次発売し、価格は599ユーロまたは499ポンド、549ドル(約6〜7万円)。

続きを読む

SIMフリーでおサイフケータイや防滴・防塵にも対応!革や木などのさまざまな素材の背面カバーを取り替えられるトリニティの新スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」が正式発表


トリニティが新スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」を発表!

既報通り、トリニティは20日、都内にて「NuAns NEO 新製品発表会」を開催し、同社が展開するブランド「NuAns」における新しいSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded](ニュアンス ネオ リローデッド)」(型番:NA-CORE2-JP)を2017年5月下旬に発売すると発表しました。

昨年1月末に発売された初代「NuAns NEO」と同様に背面カバーが上下2つに別れて好きなものに変えられ、スマホアクセサリーメーカーならではのさまざまな素材の背面カバーが用意されているのが特長。背面カバーはNuAns NEOと共通で流用が可能。

また新たにOSがWindows 10 MobileからAndroidに変更し、SIMフリーでは珍しいおサイフケータイ(FeliCa)に対応するほか、防滴・防塵(IP54相当)やストラップホールなどと日本のニーズに対応した製品に仕上がっています。

価格はオープンながら公式Webストア「Trinity NuAns Online Store」では49,800円(税込)で、公式Webストア以外にもarenotやAmazon.co.jp、スマラボ、東急ハンズ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、二子玉川 芦屋家電、ヤマダ電機、ロフト、Y!mobileなどで販売予定。

本日2月20日18時より予約販売を実施。トリニティでは「発売記念キャンペーン」で2017年3月31日(金)までにアンケートに応えて予約してNuAns NEO [Reloaded]本体を購入するとTWOTONEカバー(上下セット)もしくはFLIPケース(一部カバー・ケース除く)をプレゼントするということです。

すでに「トリニティが新型スマホ「NuAns NEO [Reloaded]」の発表会を開催!OSがAndroidに変わり、おサイフケータイなどを搭載しながら初代のこだわりデザインを貫く一級品に【レポート】 - S-MAX」にて発表会の模様をレポートしていますが、改めてNuAns NEO [Reloaded]の製品内容について詳細に紹介していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。