S-MAX

Androidスマートフォン

ソフトバンク、初めてでも簡単に使えるシニアなど向け「シンプルスマホ3」を発表!LIINEプリインだけでなく、Google Playや各種Googleアプリにも対応


ソフトバンクがシニア向け「シンプルスマホ3 509SH」を発表!

ソフトバンクは23日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに初めてでも簡単に操作できる約5インチHD(720×1280ドット)IGZO液晶を搭載したシニア向けスマートフォン(スマホ)「シンプルスマホ3(型番:509SH)」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2016年9月上旬以降を予定し、発売に先立ってソフトバンクショップやSoftBank携帯電話取扱店の店頭および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて2016年9月2日(金)より事前予約受付を開始します。

続きを読む

Samsung、ペン入力に対応した5.7インチスマホ「Galaxy Note7」を発表!虹彩・指紋認証や防水・防塵、USB Type-Cなどーー日本での発売も期待


新スマホ「Galaxy Note7」が発表!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)は2日(現地時間)、アメリカ・ニューヨークにて発表会「Samsung Galaxy Note Unpacked 2016」( http://www.samsung.com/global/galaxy/events/unpacked/ )を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note7」を発表しています。発売日は発表が行われたアメリカなどでは2016年8月19日(金)で、グローバル市場で順次発売される予定。価格はアメリカでは849.99ドル(約86,000円)。また、新しいVR HMD「Gear VR for Galaxy Note7」も発売されます。

Galaxy Note7はペン入力「S Pen(Sペン)」に対応し、約5.7インチWQHD(1440×2560ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイ(約518ppi)を搭載した大型スマホです。新たにSペンを含めてIP68準拠の防水・防塵に対応したほか、虹彩認証に対応しています。なお、指紋認証にも引き続き対応。

外観は画面の左右両端が湾曲した「デュアルエッジスクリーン」になっており、Galaxy Note Edgeに対応するGalaxy Note 4のような通常モデルは用意されていません。その他では充電などの端子がUSB Type-Cになっています。

現時点で日本での発売については明らかにされていませんが、これまでに「Galaxy Note Edge」までは発売されていましたし、すでに日本語ページ( http://www.samsung.com/jp/product/galaxy-note7/ )もあることからどこかしらから発売されるのではないかと期待されます。

続きを読む

ジュビターテレコム、MVNOによる携帯電話サービス「J:COM MOBILE」にてサブディスプレイ搭載の新スマホ「LG X screen LGS02」を8月19日に発売!SIM(回線)とセットながらSIMフリー


J:COM MOBILEから常時ONにできるサブディスプレイ搭載スマホ「LG X screen LGS02」が発売!

ジュピターテレコム(以下、J:COM)は1日、NTTドコモおよびauの回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供する携帯電話サービス「J:COM MOBILE」において約4.93インチHD(720×1280ドット)液晶に加えてサブディスプレイとして約1.76インチ520×80ドット液晶を搭載したAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「LG X screen(型番:LGS02)」(LG Electronics製)を2016年8月18日(木)に発売すると発表しています。

LG X screenは日本初上陸で、J:COM限定カラーの「シャンパンゴールド」と「ネイビー」の2色展開。価格(すべて税抜)は33,000円で、分割なら1,375円/月×24回。別途、専用アクセサリーなども販売するほか、月額380円の「端末保証サービス」も用意されてます。

販売地域は全国のJ:COMエリアで、月額基本料金2,980円の料金プラン「J:COM MOBILE スマホセット [3GB]」(au回線)を契約の際に既存の「LG Wine Smart(型番:LGS01)」や「arrows M02」と合わせた3機種から選ぶことが可能になります。

続きを読む

メタルボディーのハイスペック!au向け夏スマホ「HTC10 HTV32」を長期間使って感じた良い点と気になった点をまとめてみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
HTC渾身のハイエンドスマホ「HTC 10 HTV32」を使った感想をまとめてみた!

auから「2016年夏モデル」の1つとして現在販売中のハイスペックなAndroidスマートフォン(スマホ)「HTC 10 HTV32」(HTC製)。

HTC 10 HTV32は前機種「HTC J butterfly HTV31」とはうって変わってワンセグなどのテレビ機能やおサイフケータイ(FeliCa)といった国内向けモデルでは多く搭載されている"ガラパゴス"機能を排しながらCPUなどの基本性能はハイエンドにした非常にシンプルな1台となっています。

これまでに自腹購入し、開封レポートベンチマーク内臓アプリ紹介といった記事を執筆してきましたが、今回は「筆者が実際に使ってみて気がついた良い点と気になった点」をまとめてみました。


続きを読む

KDDI、シニア層など向けauスマホ第2弾「BASIO2 SHV36」を発表!8月5日発売で、自宅訪問契約や使い方レッスン、訪問サポートなどを充実


au向けかんたんスマホ「BASIO2 SHV36」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは28日、都内にて「au発表会 Summer Vol.2」を開催し、新たに「2016年夏モデル」に電話やメール、カメラの使いやすさをとことん追求したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「BASIO2(型番:SHV36)」(シャープ製)を発表しています。

発売日は2016年8月5日(金)で、すでにauショップや量販店などのau携帯電話取扱店および公式Webストア「au Online Shop」にて予約受付が開始されており、価格(税込)は本体価格が59,400円、実質価格が新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で32,400円、キャンペーンで2016年8月29日(月)までは10,800円引きの実質21,600円となります。

また、直営店「au SHINJUKU」や「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」、「au HAKATA」にて2016年7月29日(金)より先行展示が実施。さらに公式アクセサリーブランド「au +1 collection」から装着したままでもカメラ撮影や卓上ホルダで充電ができる縦開きの純正フリップケースなどが販売されます。

続きを読む

モトローラ、デュアルSIMで3Gと4G LTEが同時に利用できるSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」を日本で7月22日に発売!価格は3万2800円からで、すでに予約受付中


モトローラがSIMフリースマホ「Moto G4 Plus」を日本で7月22日に発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは13日、SIMフリーの指紋センサーを搭載したAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「Moto G4 Plus(型番:XT1642)」(Motorola Mobility製)を日本で発売すると発表しています。

注目は3G(W-CDMA)と4G(FDD-LTE方式)の同時利用ができるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)に対応している点。発売日は2016年7月22日(金)で、すでに本日7月13日(水)から事前予約受付が開始されています。

価格は内蔵ストレージが16GBモデルで32,800円、32GBモデルで35,800円(ともに税別)。各仮想移動体通信事業者(MVNO)やオンラインストア、家電量販店にて販売されます。

続きを読む

SIMフリーのコンパクトハイスペックスマホ「AQUOS mini SH-M03」を写真でチェック!楽天モバイルやgooSimseller、BIGLOBE SIMなどから販売【レポート】

sh-m03-001
SIMフリースマホ「AQUOS mini SH-M03」はコンパクトでも電池長持ち!

既報通り、シャープは28日、SIMフリーの約4.7インチフルHD(1080×1920ドット)ハイスピードIGZO液晶やヘキサコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS mini SH-M03」を発表しました。発売は7月下旬を予定しています。

仮想移動体通信事業者(MVNO)や家電量販店などから販売が予定されており、同日に開催された楽天モバイルの「2016夏新サービス・新製品発表会」にて取り扱われることが発表されたほか、gooSimSellerやBIGLOBE SIMでも取り扱われることが案内されました。

今回はこの楽天モバイルの発表会における展示会場にて実機に触れる機会がありましたので写真とともに紹介したいと思います。

続きを読む

富士通、SIMフリーの5インチタフネススマホ「arrows M03」を発表!おサイフケータイや防水・防塵・耐衝撃、VoLTEなどに対応ーー楽天モバイルやmineoなどから販売


富士通がSIMフリーのタフネススマホ「arrows M03」を発表!

富士通は28日、SIMフリーの約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶やクアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「arrows M03」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

NTTドコモ向け今夏モデル「arrows SV F-03H」をベースにしており、流行りのデザインに防水(IPX5・IPX8)や防塵(IP6X)、アメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)の14項目に準拠した耐衝撃、おサイフケータイ(Felica)、ワンセグ(ロッドアンテナ付き)、緊急地震速報、VoLTE、伝言メモなどが利用できるミドルレンジモデルです。

今後順次納入予定の各仮想移動体通信事業者(MVNO)や各家電量販店などから2016年7月下旬より販売予定で、同日に「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )が取り扱うことを発表しており、すでに事前予約受付を実施しています。

楽天モバイルでの価格(税別)はオープンながら店頭販売予定価格および公式Webサイトでは一括払いで32,800円、分割払いで1,476円×24回ですが、2016年7月29日(金)9時59分までに予約・購入した場合には発売記念キャンペーンの3,000円引き特別価格で一括払いで29,800円、分割払いで1,341円×24回となっています。また、2016年8月31日(水)までにキャンペーンにエントリーした上で購入すると、電子マネー「楽天Edy」を1,000円分がプレゼントされます。

その他にもケイ・オプティコムも「mineo(マイネオ)」( http://mineo.jp )にて取り扱うことを発表しているほか、MVNOではIIJmioやDMM mobile、NifMo、BIGLOBE SIM、UQ mobile、Smart Labo、スマモバから、家電量販店ではヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機、エディオン、ケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、PC DEPOTから販売予定です。

続きを読む

シャープ、SIMフリーの4.7インチ小型ハイスペックスマホ「AQUOS mini SH-M03」を発表!おサイフケータイや防水・防塵、VoLTEなどに対応ーー楽天モバイルなどから販売


シャープがSIMフリーの4.7インチ小型ハイスペックスマホ「AQUOS mini SH-M03」を発表!

シャープは28日、SIMフリーの約4.7インチフルHD(1080×1920ドット)ハイスピードIGZO液晶やヘキサコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS mini SH-M03」を発表しています。

NTTドコモ向け昨冬モデル「AQUOS Compact SH-02H」やau向け今春モデル「AQUOS SERIE mini SHV33」をベースにしており、狭額縁デザイン「EDGEST」デザインのコンパクトなボディーに防水(IPX5・IPX8)や防塵(IP6X)、おサイフケータイ(Felica)、ワンセグ(録画対応)、緊急地震速報、VoLTE、伝言メモなどが利用できるハイエンドコンパクトモデルです。

今後順次納入予定の各仮想移動体通信事業者(MVNO)などから2016年7月下旬より販売予定で、同日に「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )が取り扱うことを発表しており、すでに事前予約受付を実施しています。

楽天モバイルでの価格(税別)はオープンながら店頭販売予定価格および公式Webサイトでは一括払いで49,800円、分割払いで2,241円×24回ですが、2016年7月20日(水)9時59分までに予約・購入した場合には発売記念キャンペーンの5,000円引き特別価格で一括払いで44,800円、分割払いで2,016円×24回となっています。また、2016年8月31日(水)までにキャンペーンにエントリーした上で購入すると、電子マネー「楽天Edy」を1,000円分がプレゼントされます。

続きを読む

ZTEジャパン、低価格なSIMフリー5インチスマホ2機種を7月中旬に発売!2万1800円で指紋センサー搭載メタルボディーの「BLADE V7 Lite」と1万4800円の「BLADE E01」


ZTEジャパンが安価なSIMフリースマホ「BLADE V7 Lite」と「BLADE E01」を7月中旬に発売!

ZTEジャパンは15日、都内にて「ZTE 2016夏 新製品発表会」を開催し、日本国内にてSIMフリーなAndroidスマートフォン(スマホ)「ZTE BLADE V7 Lite」および「ZTE BLADE E01」(ともにZTE製)の2機種を2016年7月中旬に発売すると発表しています。

ともに約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載し、BLADE V7 Liteが指紋センサー搭載ミドルレンジ、BLADE E01がローエンドモデルで、価格を重視したコストパフォーマンスの高い製品となっています。

価格(税別)はオープンながら市場予想価格としてBLADE V7 Liteが21,800円、BLADE E01が14,800円。家電量販店およびSIMフリー製品取扱店、仮想移動体通信事業者(MVNO)を通じて販売されるとのことで、すでに楽天モバイルではBLADE E01を先行して2016年6月29日(水)から出荷開始することを発表しています。

また発売に先立って2016年6月15日(水)13時よりヨドバシカメラやビックカメラ、ムラウチドットコム、ひかりTVショッピング、ZOA、ソフマップ、上新電機、コジマ、CaravanYU、NTT-X Store、イートレンドにて先行予約受付を開始しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。