S-MAX

AppleWatch

iPhone 4SからXまでなどのA5〜A11プロセッサー搭載製品において読取専用の起動用ROMに脆弱性!ソフトウェア更新で修正できず、解決策は機種変更のみ


iPhone 4S〜Xなどに脆弱性!脱獄ツール「checkm8」に対して沈黙を続けるApple

CERT Coordination Centerは19日(現地時間)、Apple製プロセッサー「A5」から「A11」までを搭載した製品において起動用ROM(Appleでは「SecureROM」と呼称)に解放済みメモリーを使用する脆弱性(CWE-416)が存在すると発表しています。

これにより、製品を手にできる状態であれば、起動時にこの脆弱性を利用して第3者によって任意のコードが実行される可能性があるとしており、SecureROMは読取専用なのでソフトウェア更新によって修正することができないと注意喚起しています。

対象製品はiPhone 4SからiPhone X、iPad 2からiPad(第7世代)、iPad mini 2およびiPad mini 3、iPad AirおよびiPad Air 2、10.5インチiPad Proから12.9インチiPad Pro(第2世代)、Apple Watch Series 1からApple Watch Series 3、Apple TV(第3世代)およびApple TV 4K、iPod touch(第5世代)からiPod touch(第7世代)。

そのため、解決策は脆弱性のない製品への移行しかないとしており、Apple製品であれば「iPhone XS」や「iPhone XS Max」、「iPhone XR」、「iPhone 11」シリーズ、「12.9インチiPad Pro(第3世代)」などとなるとのこと。なお、現時点ではAppleからこの脆弱性に関する情報は公開されていないということです。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:LTPOってなんだ?Apple Watch Series 5の画面常時表示を実現させた新素材についてディスプレイの歴史を振り返りつつ未来の展望を考える【コラム】


省電力ディスプレイを実現する素材「LTPO」について考えてみた!

9月20日に発売されたApple(アップル)製新型スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」は、みなさん購入されたでしょうか。5世代目となる本機には、1つの大きな進化がありました。それは時計や通知情報の「常時表示」です。

それまでのApple Watchシリーズでは、何も操作をしない状態では画面表示が消え、手首を返したり上に持ち上げる動作をすると、内蔵された加速度センサーなどが動きを検知して画面表示を行う仕様でした(Apple Watch Series 5でも同様の動作へ設定可能)。

ディスプレイを常時表示するとなると、気になるのはバッテリー駆動時間です。普通なら「常に画面を表示していたらバッテリー駆動時間が極端に短くなってしまうのでは?」と考えてしまうところですが、常時表示に対応していない前機種である「Apple Watch Series 4」と同じ18時間駆動を実現しています。

これは従来のスマートフォン(スマホ)やケータイのディスプレイ技術を知る人ほど不思議に感じてしまう、まるで魔法のような技術です。種明かしをすれば、「LTPO」というディスプレイ駆動素材と高効率な電源管理IC、そして環境光センサーによる見事な連携プレイによって実現したものですが、その中でも特筆に値するものと言えば、ディスプレイ技術に用いられたLTPOでしょう。

LTPOとは一体どのような素材なのでしょうか。また今後他の機器への投入はあるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はディスプレイの省電力化を実現する素材「LTPO」について解説します。

続きを読む

新しいスマホ「iPhone 11・11 Pro・11 Pro Max」やタブレット「iPad(第7世代)」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」の保証サービス「AppleCare+」や保証対象外修理価格を案内


iPhone 11・11 Pro・11 Pro MaxやiPad(第7世代)、Apple Watch Series 5の保証外修理価格をチェック!

既報通り、Apple(アップル)は10日(現地時間)、本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2019」を開催し、iPhoneやiPad、Apple Watchの新製品とその価格を発表しました。合わせて日本におけるApple直営店や公式Webストア(Apple.com内および専用iOSアプリ「Apple Store」で販売される製品の価格も案内しています。

新製品は一昨年に発売された“全画面デザイン”の新世代モデル「iPhone X」の流れを汲む新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、タブレット「iPad(第7世代)」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」の5つ。

それぞれ日本を含む1次販売国・地域ではiPhone 11およびiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxが9月13日(金)21時予約開始、9月20日(金)発売、iPad(第7世代)がすでに予約受付を実施しており、9月30日(月)発売、Apple Watch Series 5もすでに予約受付を実施しており、Apple Watch Nikeのみが10月4日(金)発売、それ以外のモデルは9月20日(金)発売となっています。

なお、日本ではiPhone 11およびiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro MaxやiPad(第7世代)のWi-Fi+CellularモデルはNTTドコモやau by KDDI、SoftBankから、iPad(第7世代)のWi-FiモデルやApple Watch Series 5はSoftBankや量販店からも販売され、Appleが販売するiPhoneシリーズやiPadシリーズのWi-Fi+CellularモデルはSIMフリー版で、各携帯電話会社から販売されているものについてはSIMロックがかかっています。

すでにこれらのiPhone 11やiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPad(第7世代)、Apple Watch Series 5に加えて、価格が改定された既存機種もAppleが販売するSIMフリー版やWi-Fiモデル、GPSモデルにおける価格やAppleCare+料金を紹介してきました。一方、Appleの公式WebサイトにはAppleCare+に加入しなかった場合の保証外時における画面の損傷による修理価格および保証対象外バッテリー修理価格、保証対象外修理価格も公開していますのでそちらもまとめて紹介したいと思います。

続きを読む

新スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」が発表!日本でも9月20日発売ですでに公式オンラインストアでは予約中。価格は約4万6224円から


新スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」が登場!

既報通り、Appleは10日(現地時間)、本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2019」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ))「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、タブレット「iPad(第7世代)」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」などの新製品や新サービスを発表しました。

Apple Watch Series 5は新たに画面がスリープせずに常時表示できる感圧タッチ対応LTPO OLED常時表示Retinaディスプレイを搭載し、常時表示させても1日以上電池が持つほか、内蔵のコンパスによって今いる場所の高度の表示などが行える新しい位置情報機能に対応し、海外における緊急通報機能が可能となるなどの新機能が追加されました。

日本を含む1次販売国・地域ではすでにAppleの公式Webストア(Apple.com内および専用iOSアプリ「Apple Store」)にて予約注文が開始され、Apple Watch Nikiのみ10月4日(金)に発売されますが、それ以外は9月20日(金)に発売されます。価格はアメリカでは399ドル(約43,000円)から。日本の公式Webストアにおける価格(金額はすべて税別)はすでに紹介しているように42,800円から。

なお、保証サービス「AppleCare+ for Apple Watch」は通常モデルとApple Watch Nikeが7,800円、Apple Watch HermèsとApple Watch Editionが12,800円。またGPS+Cellular版はNTTドコモやau、SoftBankからも販売され、GPS版はSoftBankや量販店などでも販売されると見られ、GPS+Cellular版は22カ国・地域、GPS版は41カ国・地域で販売されます。

続きを読む

Appleが「iPhone 11・11 Pro・11 Pro Max」や「iPad(第7世代)」、「Apple Watch Series 5」などを発表!値下げされた既存機種も含めてまとめて価格をチェック


iPhone 8やiPhone XRなどは値下げ!iPhone 7やiPad(第6世代)は販売終了に

既報通り、Apple(アップル)は10日(現地時間)、本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Events - Keynote September 2019」を開催し、一昨年に発売された“全画面デザイン”の新世代モデル「iPhone X」の流れを汲む新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 11」および「iPhone 11 Pro」、「iPhone 11 Pro Max」、タブレット「iPad(第7世代)」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 5」などの新製品や新サービスを発表しました。

発売日および予約受付開始日は日本を含む1次販売国・地域ではiPhone 11およびiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxが9月20日(金)発売、9月13日(金)21時予約開始、Apple Watch Series 5とiPad(第7世代)がすでにAppleの公式Webストア(Apple.com内および専用iOSアプリ「Apple Store」)では予約販売を開始しており、iPad(第7世代)が9月30日(月)発売、Apple Watch Series 5が9月20日発売となっています。

なお、日本ではiPhone 11およびiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max、iPad(第7世代)やApple Watch Series 5のCellularモデルはApple直営店やApple公式Webストアのほか、NTTドコモやau、SoftBankといった携帯電話会社から販売される予定で、iPad(第7世代)やApple Watch Series 5は量販店やECサイトでも販売されます。また既存の「iPhone XR」や「iPhone 8」、「iPhone 8 Plus」、「Apple Watch Series 3」なども値下げされることが発表されました。

そこで今回はこれらの新製品および値下げされた製品についてApple Storeや公式Webストアにおける価格をまとめて紹介したいと思います。なお、新製品の発売に伴ってApple Storeおよび公式Webストアでは「iPhone XS」および「iPhone XS Max」、「iPhone 7」、「iPad(第6世代)」、「Apple Watch Series 4」は販売終了しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。