S-MAX

AppleWatch

NTTドコモ、dカード プリペイドがiPhoneやApple Watchで使える決済サービス「Apple Pay」に対応開始!最大1500円分がもれなくチャージされるキャンペーンも


dカード プリペイドがApple Payに対応!

NTTドコモおよび三井住友カードは20日、ポイントサービス「dポイント」を貯めることができる「dカード プリペイド」がiPhoneやApple Watchで利用できる決済サービス「Apple Pay」に2017年11月20日(月)より対応開始したと発表しています。

iPhoneやApple WatchのApple Payにdカード プリペイドを登録すると、電子マネー「iD」で支払いができるほか、Apple Payに対応したアプリやオンラインショッピング加盟店でも利用でき、さらにiPhoneやApple Watchに登録したSuicaのチャージにも使えるということです。

なお、サービス開始を記念して2018年1月31日(水)までにdカード プリペイドに新規入会の上、キャンペーン対象機種にApple Payを設定した人全員に1,000円分をプリペイド残高にチャージするキャンペーンを実施しています。

またすでにdカード プリペイドを利用している場合も含めたすべての人を対象に2018年2月28日(水)までにApple Payを500円以上(税込)利用すると500円分をプリペイド残高にチャージするということです。

続きを読む

初代Apple Watchからこのタイミングで「Apple Watch Series 3」ではなく「Apple Watch Series 2」を購入!その理由はやはりあの機能【レポート】


Apple Watch Series 3ではなく、Series 2を購入!そのワケは?

Appleの新しいスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」が9月22日に発売されました。最大の特長は携帯電話ネットワーク(Cellular)に対応したモデルがあることで、日本でもNTTドコモやau by KDDI、SoftBankから販売されるなど、一部では「iPhone X」よりも話題的に注目されていました。

一方で、初代「Apple Watch」を普段から愛用している筆者ですが、このタイミングで最新のApple Watch Series 3には惹かれずに1つ前の「Apple Watch Series 2」を中古で購入しました。今回はその理由を紹介したいと思います。

続きを読む

iPhoneなどで東海道・山陽新幹線の「エクスプレス予約」が利用可能に!Apple Pay(FeliCa)のSuicaが10月23日より対応


iPhoneのApple Payに登録したSuicaでエクスプレス予約が利用できるように!

東海旅客鉄道(以下、JR東海)および西日本旅客鉄道(以下、JR西日本)は12日、東海道新幹線および山陽新幹線における予約サービス「エクスプレス予約」がiPhoneなどで利用できる決済サービス「Apple Pay」(FeliCa)の「Suica」でも2017年10月23日(月)より利用できるようになるとお知らせしています。

利用するにはSuicaアプリの会員情報にビューカードを登録の上「ビュー・エクスプレス特約」に申し込む(同意)か、JR東海「エクスプレス予約」への入会カードの用意が必要で、10月23日4時以降にSuicaアプリをアップデートすると使えるようになるとのこと。なお、エクスプレス予約は年会費1,080円(税込)がかかります。

続きを読む

新スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」のCellular+GPSモデルがiFixitによって分解!電池容量はSeries 2より4%、初代より32%増加で、eSIMらしきものも


Appleの新しいスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」がiFixitによって分解!

iFixitは25日(現地時間)、日本などのはじめに投入される1次販売国・地域では9月22日に発売されたLTEなどの携帯電話ネットワーク対応の新しいスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」(Apple製)を分解したレビューを掲載しています。

今回は「iPhone 8」や「iPhone 8 Plus」などと同様に最も早く発売されるオーストラリア・シドニーで作業が行われ、分解に用いた製品はA1889となっており、オーストラリアだけでなく、日本を含めたフランスやドイツ、スイス、イギリスで販売されているモデルです。

Appleが公開している両製品の仕様では電池パックの容量などの詳細なスペックが明らかにされていませんが、今回、分解したことによる部品によってそれらの数値が判明しています。

続きを読む

LTE対応の新スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」(Celllar+GPS)を購入したので開封してパッケージや外観、初期設定までを紹介!ワイモバイルやMVNOでは利用不可【レポート】


スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」を買ってみた!

“話題のスマホ”こと「iPhone 8」シリーズなどと同様に9月22日に発売された新しいスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」(Apple製)。今年は初の携帯電話ネットワークに対応したCellular+GPSモデルがあることからAppleだけでなく、NTTドコモやau、SoftBankといった携帯電話会社からも販売されています。

一方、このApple Watch Series 3のCellular+GPSモデルにおける携帯電話ネットワークでの通信は、日本ではこれらのNTTドコモおよびau、SoftBankの3大サービスのみでしか利用できず、それらの回線を借り入れた仮想移動体通信事業者(MVNO)だけでなく、サブブランドの「Y!mobile」でも使えない仕様となっています。

利用料はNTTドコモが月額500円、auとSoftBankが月額350円(ともに税抜)で、各社ともにサービス開始記念で半年間無料で使えるキャンペーンを実施中。これにより、iPhone 6シリーズ以降のiPhoneとペアリングして連携させて使うことで、iPhoneと同じ電話番号で通話の発着信ができる「ワンナンバー」サービスなどが利用できます。

なお、Apple Watch Series 3にはCellular+GPSモデル以外にも従来と同じWi-FiやBlueoothに対応してiPhoneの携帯電話ネットワークを利用するGPSモデルも用意されており、それぞれのApple StoreおよびApple公式オンラインストアでの価格はすでに紹介した通りです。

今回、もしかしたらどうにかすればMVNOでも使えるんじゃないかと甘い考えの元、駄目ならNTTドコモとかで使えばいいかとAppleの公式オンラインストアでApple Watch Series 3のCellular+GPSモデルを購入したのでまずは開封して外観および初期設定などまでを紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。