S-MAX

Bold

NTTドコモ「BlackBerry Bold 9780」を写真と動画で速攻チェック!OS6は快適か!?【フォト&ムービーレポート】

a993601a.jpg

国内初のBlackBerry OS6を搭載!

既報の通り、NTTドコモは16日、「2011年夏モデル 新商品・新サービス発表会」を行い、RIM製「BlackBerry Bold 9780」を発表した。今夏のスマートフォンで、唯一のAndroidではない機種となっています。

BlackBerry Bold 9780は、国内向けとしてははじめてとなる「BlackBerry OS 6」を搭載し、iPhoneやAndroidと同じ「Webkit」をWebブラウザのエンジンとして利用することで、タブブラウザに対応するとともに快適にブラウジングを行えるようになったモデルです。他にも、OS6は、ユーザーインターフェースを刷新しており、より使いやすくなっています。

今回は、発表会における展示会場のタッチ&トライで、実際に実機を試してきたので写真と動画でレポートしたいと思います。

続きを読む

NTTドコモ、国内初OS6を搭載してWebブラウザも一新された「BlackBerry Bold 9780」を発表

a03757be.jpg

BlackBerry OS 6を搭載した新モデルが登場!

NTTドコモは、16日、今夏に発売する予定の新モデル「2011年夏モデル」の発表会を行い、BlackBerryシリーズの最新モデル「BlackBerry Bold 9780」を発表しています。発売時期は、2011年6~7月を予定しています。

BlackBerry Bold 9780は、国内向けとしてははじめてとなる「BlackBerry OS 6」を搭載し、iPhoneやAndroidと同じ「Webkit」をWebブラウザのエンジンとして利用することで、タブブラウザに対応するとともに快適にブラウジングを行えるようになったモデルです。他にも、OS6は、ユーザーインターフェースを刷新しており、より使いやすくなっています。

続きを読む

NTTドコモ、BlackBerry Bold 9000にOS5へのバージョンアップを提供開始!早速アップしてみた

9e4645a6.jpg

BBB9000でもOS5へのバーションアップでキャリアメールが利用可能に!

NTTドコモは、27日、ドコモスマートフォン「BlackBerry Bold 9000」のBlackBerry OSのOS5へのバーショアップを行えるソフトウェア更新を提供開始しています。今回のバージョンアップで、以下の点が向上、変更となりました。

1) ドコモのSPモードメールに対応。
2) ブラウザ機能が向上、描画速度の高速化。HTML5、CSS3、JavaScript1.6のサポート。
3) マップ機能の表示の高速化、ジオタグ付き写真の地図上への表示が可能になる。
4) サードパーティ製アプリを一元管理できる様になる、アプリケーションセンター機能が搭載される。
5) SMSをチャット感覚で利用できる様、機能改善される。
6) メールの作成で、絵文字が利用できる様になる(ただし、デコメールは非対応)

SPモードメールは、あくまでメールのみ対応で、「BlackBerry Internet Service(BIS)」および「BlackBerry Enterprise Service(BES)」におけるメールウィルスチェックには非対応となっています。また、ファミリー割引によるグループ同士のメールが無料になることや、タイプシンプルにおけるメール無料は対象外となります。

BlackBerry Bold 9000は、すでに発売から2年以上経っており、筆者としては、OSのバージョンアップを諦めていた矢先のバージョンアップでしたので、心躍らせながらバージョンアップを試みてみました。今回は、バージョンアップ後の使用感、特に、spモードメールについて紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。