S-MAX

EveryPad

デル、国内初のLTE対応8インチWindowsタブレット「EveryPad Pro」を11月1日に発売!ヤマダ電機オリジナルモデル


DellがLTE対応8インチWindowsタブレット「EveryPad Pro」を発売!

デルは30日、ヤマダ電機と共同開発した高速通信規格LTEに対応した8インチWindowsタブレット「EveryPad Pro」を2014年11月1日(土)に発売すると発表しています。

LTEに対応したWindowsタブレットは国内初。ヤマダ電機のほか、グループのベスト電器やツクモなどで販売され、価格は54,800円(税別)。

また、U-NEXTがNTTドコモの仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供しているデータ通信サービス「U-mobile」のヤマダ電機オリジナルパッケージ「YAMADA SIM」(利用するには別途契約して月額利用料がかかります)やWindowsギフトカード2,000円分、専用タッチペンおよび専用液晶保護フィルム(セットで2,500円相当)をプレゼントする期間限定発売記念キャンペーンを実施しています。

続きを読む

本日発売!“いつでも、どこでも、どなたでも使いやすい”をコンセプトにヤマダ電機とレノボがコラボした7インチタブレット「EveryPad」を写真でチェック【レポート】

00
一般家庭への普及を目指す携帯情報端末

既報通り、大手家電量販のヤマダ電機は11日、同社ブランドのオリジナル携帯情報端末として「EveryPad」を発表した。

OSにAndroid 4.2を搭載した7インチのタブレット端末で、同社が展開する「ヤマダゲーム」「ヤマダイーブック」をはじめとする「YAMADA Multi SNS」やインターネット通販サイト「Yamada-Denki WEB.COM」「ヤマダモール」との親和性の高いタブレットで、レノボ・ジャパンと共同開発したヤマダ電機としては初の情報端末となる。

このEveryPadにおいて、発表会の様子と会場で実機を試すことができたので写真で紹介する。

続きを読む

ヤマダ電機、レノボ製オリジナルタブレット「EveryPad」を発表!2万1800円で7月12日から発売開始


ヤマダ電機がオリジナルタブレットを発表!

ヤマダ電機は11日、創業40周年を記念してオリジナル製品となる7インチサイズタブレット端末「EveryPad」(レノボ・ジャパン製)を2013年7月12日(金)から全国の「ヤマダ電機」および「ベスト電器」、「ツクモ電機」ほか、ヤマダ電機グループ各店および直営Webストア「ヤマダ電機WEB.COM」で発売すると発表しています。

販売価格は21,800円です。なお、WiMAXセット加入で先着5000台を本体価格0円で販売するとのこと。

EveryPadは、レノボ・ジャパンと共同で開発したヤマダ電機として初のオリジナル情報端末製品となります。Android搭載タブレットで、音声検索やビデオ電話、音声通話アプリ、手書き入力アプリといった便利な機能を実装するほか、ヤマダ電機ならではのサービスである「2年間の長期保証」が備え付けられています。

また、ヤマダ電機のソーシャルネットワークサービス(SNS)である「YAMADAMultiSNS」専用アプリをプリインストールしており、「YAMADAMulti SNS」と連動して様々な購入特典が受けられます。

さらに、基本性能も徹底したとのことで、タブレットにとって最適化されたクアッドコアCPU搭載をはじめ、最新のOSであるAndroid 4.2(開発コード名:Jelly Bean)を採用。サイズも運びやすさと使いやすさを両立した7インチのポケットサイズタブレットとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。