S-MAX

F-04K

NTTドコモ、docomo withスマホ「arrows Be F-04K」を5月25日に発売!価格は一括3万3696円で、5インチHD液晶やS450、3GB RAM、おサイフケータイ、防水・防塵・耐衝撃など


docomo withスマホ「arrows Be F-04K」が5月25日発売!

NTTドコモは21日、今夏に発売する「2018年夏モデル」のうちの約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用のエントリースマートフォン(スマホ)「arrows Be F-04K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を2018年5月25日(金)に発売すると発表しています。

月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円(税抜)が割り引かれる料金プラン「docomo with」の対象機種で、昨年発売されたdocomo with第1弾「arrows Be F-05J」の後継機種で新たに泡ハンドソープで洗えるようになったほか、チップセット(SoC)や内蔵メモリー(RAM)、内蔵ストレージが強化され、さらに充電など用のUSB端子もmicro-BからType-Cに変更されました。

価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が33,696円(1,404円/月×24回)で、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付を実施しています。

続きを読む

NTTドコモ、docomo withスマホ「arrows Be F-04K」を発表!5インチHD液晶やS450、3GB RAM、おサイフケータイ、防水・防塵・耐衝撃などに対応。価格は約3.4万円で5月下旬発売


docomo withスマホ「arrows Be F-04K」が登場!

NTTドコモは16日、今夏に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018夏 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用のエントリースマートフォン(スマホ)「arrows Be F-04K」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円(税抜)が割り引かれる料金プラン「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が33,696円(1,404円/月×24回)。

そのため、月々サポートと同じ考え方で言えば、2年間使った時点で実質0円以下となります。なお、発売時期は2018年5月下旬を予定し、すでに本日5月16日12時00分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。

続きを読む

NTTドコモ向けと見られる未発表の富士通製スマホ「F-04K」がFCCやGCFの認証を通過!arrowsシリーズとして夏モデルで登場か


NTTドコモ向け富士通製スマホ「F-04K」が認証通過!各種認証を通過。写真はarrows Be F-05J

米連邦通信委員会(FCC)は19日(現地時間)、富士通コネクテッドテクノロジーズ製スマートフォン(スマホ)「F-04K」(FCC ID:VQKF04K)の認証取得についての資料を公開しています。

資料にはFCCラベルなどの認証情報において日本向けの技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)が記載されており、型番ルールの付け方やテストにNTTドコモの「ACアダプタ01」を利用しているなどからNTTドコモ向けと見られます。

例年通りであれば5月中旬以降に「2018年夏モデル」としてNTTドコモから発表されると予想されます。なお、モバイル通信などの認証団体であるGCF(Global Certification Forum)でも現地時間の3月20日に認証を取得(GCF Reference:6886)していることが公開されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。