S-MAX

FJL21

KDDI、au向けスマホ「ARROWS ef FJL21」にAndroid 4.1へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


ARROWS ef FJL21がAndroid 4.1に!

KDDIは30日、一昨年の冬に発売した「2012年冬モデル」のau向けスマートフォン「ARROWS ef FJL21」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 4.1(開発コード名:Jelly Bean)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新方法は本体のみで無線LAN(Wi-FI)利用およびLTE利用、3G利用が用意されており、更新にかかる時間はWii-Fi利用で約27分、LTE利用で約28分、3G利用で約48分。なお、更新にかかる時間はユーザーの利用環境によって異なるとしています。アップデートファイルサイズは約316MB。

Wi-Fiを推奨しているほか、パケット通信料は有料となるので、パケット定額オプションに加入していない場合にはご注意ください。今回のソフトウェア更新で変更される点は、以下の通り。
・Android 4.1による機能・操作性の向上。
・SMS(Cメール)の機能・操作性向上など。
詳しくは以下のページをご確認ください。
メーカーサポートページ
続きを読む

【年末企画】2013年は狭額縁の流れがきたね!私が薦めるベストバイはこれだ!(副編集長・2106bpm編)


気付けばあんまり買っていませんでした!(驚)

今年もやって参りました年の瀬ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」でも毎年恒例の年末企画をお届けしておりますが、2010年から数えて早いもので4回目です。もうそろそろやめていいかn(ry

例年通り、普段の記事とは違い緩い感じで書いていきますので、緩い感じで読んで頂ければと思います。ここら辺までだいたいテンプr(ry

続きを読む

KDDI、au向け夏モデル「Xperia UL SOL22」と「HTC J One HTL22」を早くもMNP購入で2万円値下げ!その他機種も最大4万円値引き


Xperia UL SOL22とHTC J One HTL22はMNPで2万円引きに!

KDDIおよび沖縄セルラーは14日、今夏に発売するau向け「2013年夏モデル」のうちですでに販売中の最新スマートフォン「Xperia UL SOL22」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)および「HTC J One HTL22」(HTC製)の2機種を携帯電話番号ポータビリティー(MNP)制度を利用して購入すると2万円引きするとKDDIが運営するWebストア「au Online Shop」にてお知らせしています。

これらの2機種以外にも昨冬モデル「ARROWS ef FJL21」が3万5千円、「Xperia VL SOL21」および「AQUOS PHONE SERIE SHL21」が4万円値引きされるということです。それぞれ「誰でも割」への加入が条件となっています。

続きを読む

au向けの富士通製スマートフォン「ARROWS ef FJL21」に機能改善などのアップデート開始

79ce8f3e.jpg

ARROWS ef FJL21のアップデートが開始!

auは9日、同社が提供する富士通モバイルコミュニケーションズ製のAndroidスマートフォン「ARROWS ef FJL21」(以下、FJL21)において、オンラインアップデートの提供を開始した。

今回のアップデートにより、音声通話の着信に失敗し通話履歴にも残らない事象などの改善を行う。

続きを読む

携帯電話の契約は今週末“3月30日、31日”が狙い目!各社のお買い得スマートフォンを調査した【レポート】

6a597efe.jpg

買い時を見逃すな!

3月と言えば携帯電話各社の決算期と、新生活や入学、入社、春休みシーズンにより年間を通して最も需要が高い時期が重なり、様々な割引サービスや端末代値引きなどの施策が実施されます。つまり、契約者は従来よりもお得に契約できる時期です。

一般的にはTVCMなどで流れている各社の「学割」施策による基本使用料無料などの特典がメインかと思われがちですが、学割を適用しなくてもMNPによる他社からの乗り換え新規契約の場合は、端末代金の大幅な値引きなども行われています。

3月までの限定特価が提示されている事もあり、4月に入ると割引額が改定される可能性があります。そこで今回は、実際に大手量販店では各社どの様になっているのか調査してみました。

続きを読む

今が買い時なのでアローズデビューしちゃいました!au2012年冬モデルの富士通製「ARROWS ef FJL21」を開封【レポート】

66094e87.jpg

買い時!と言っちゃったので買いました!

auの2012年冬モデルとして現在発売されているサムスン電子製の「GALAXY SIII Progre SCL21」、富士通製の「ARROWS ef FJL21」、パンテック製の「VEGA PTL21」の3機種が、MNP(他社からの乗り換え)で、本体代金一括0円で販売されていることを以前紹介したが、筆者も気になっていた(というよりも本体カラーに一目惚れしちゃった)「ARROWS ef FJL21」(以下、FJL21)をMNPで購入したので開封レポートをお届けする。

FJL21は、2012年11月2日に発売を開始した機種で、冬モデルと言ってもまだ半年も経過していない。しかも、auは2013年の春モデルとして発売したモデルが「INFOBAR A02」(HTC製)の1機種のみなので、冬モデルは充分に最新機種だ。この最新機種が本体一括0円と言われれば手を出さない訳にはいかない。

そんな訳で、今回は筆者が普段から愛用しているモトローラ・モビリティ製の「RAZR M 201M」(以下、201M)のソフトバンク回線をMNPでauに乗り換えた。201MもMNPで購入したのだが、auからの乗り換えだったので元の鞘に収まることになった。

ソフトバンクの「ホワイトプラン」における2年契約のうち半分も経過していないため契約解除料の9,975円が発生する。加えてMNPの転出手数料2,100円も必要。各種手数料の支払い方法は翌月請求に加算され支払うことになる。

FJL21の購入および契約をするため、まずはソフトバンクショップでMNPの予約番号を発番してもらい、それを持って量販店でMNPによる新規契約を行った。MNPは新規契約となるため、auへは3,150円の新規事務手数料が発生するが、こちらは初回請求に合算して請求され支払うこととなる。

MNPの予約番号は、ソフトバンクの客セン(お客さまサポート)に電話をするかWeb上から申し込んで発番してもらうことも可能だ。いずれの場合も、契約解除料などが発生しないかの確認はできるため、MNPを利用する際はしっかり確認しておくことが重要だ。


ちなみに今回契約した都内の量販店では、「誰でも割」加入で月額980円の基本使用料となる「LTEプラン」、ISPサービスの「LTE NET」(月額315円)、パケット定額サービスの「LTE フラット」(月額5,985円)、これらに加え「au通話定額24」(月額500円)、「安心ケータイサポートプラス」(月額399円)、「auスマートパス」(月額390円)に申し込むことが条件で本体代金が一括0円となった。

au通話定額24は、2ヶ月間無料のキャンペーンを実施しており、auスマートパスも初月は無料。必要なければ後に解除することも可能だ。その他のオプションサービスやパケット定額サービスも後に解除や変更ができる。さらに現在auでは「ウェルカム割」を実施しており、MNPによる他社からの乗り換え契約でLTEプランもしくはプランZシンプルと誰でも割を申し込むことで、基本料金の980円が0円になる。24ヶ月間(2年間)に渡って毎月980円が割引かれるというものだ。

おいしい!あまりにもおいし過ぎる!ということで、ルンルン気分でFJL21をお迎えしたので紹介していこう。

続きを読む

KDDI、さらなる通信品質向上のためにauスマートフォン向けの「エリア品質情報送信機能」を提供!au Wi-Fi 接続ツールがアップデート

eeae0667.jpg
ゼロから始めるスマートフォン

KDDIは28日、スマートフォンにおけるさらなる通信品質向上のためにauスマートフォン向けの「エリア品質情報送信機能」を提供開始したと発表しています。

このエリア品質情報送信機能は、通話やデータ通信時のエリア品質や電波状況を自動収集・送信する機能です。

これまでは、auケータイにのみ搭載されていましてが、この度、auスマートフォン向けにも提供が開始されました。

続きを読む

今が買い時!auの2012年冬モデル「GALAXY SIII Progre SCL21」「ARROWS ef FJL21」「VEGA PTL21」がMNPで本体一括0円に

640012d2.jpg

auのハイスペックモデルが投売り!

9日(土)からau2012年冬モデルの一部がMNP(他社からの乗り換え)において、本体代金一括0円で販売されている。機種はサムスン電子製の「GALAXY SIII Progre SCL21」、富士通製の「ARROWS ef FJL21」、パンテック製の「VEGA PTL21」の3機種。いずれも2012年冬モデルで、「4G LTE」に対応し、ハイスペックなモデル、個性的な機能を搭載するモデルとなっている。

auでは、先月はじめに値下げを行っており、その際もこの3機種は値下げされ、店頭での価格が大幅に下がったが、今回はMNP限定にはなるもののさらに販売価格が下がり一括払い0円の無料機種となった。

続きを読む

auスマートフォンの一部機種が値下げ!冬モデル機種もあり

3dd34f1f.jpg
ゼロから始めるスマートフォン

2月1日よりauスマートフォンの一部機種が値下げされています。値下げ対象機種は「URBANO PROGRESSO」(京セラ製)、「AQUOS PHONE SL IS15SH」(シャープ製)、「GALAXY SIII Progre SCL21」(サムスン電子製)、「DIGNO S KYL21」(京セラ製)、「ARROWS ef FJL21」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)、「VEGA PTL21」(パンテック製)、「Xperia VL SOL21」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)。冬モデルも含まれています。

続きを読む

au 2012冬スマホの特徴はコレだ!4G LTEで通信速度が速い全機種チェック

a3d3e1aa.jpg


auの2012年冬モデルは、スマートフォン9機種、タブレット1機種の最新モデル10機種の全てに次世代通信である「4G LTE」に対応した。「4G LTE」は、下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsと高速通信(※1)が外出先や移動中でも利用可能で、動画や書籍、ゲームなどリッチコンテンツもストレスなく楽しめる。

■「4G LTE」エリアはもちろん、auが誇る3Gエリアでも通信が可能
「4G LTE」に加え、「4G LTE」のエリア外に移動しても、広域&高品質なauの3G 通信に自動で切り替わるので、安定した通信を利用できる。また、3Gエリアでは、「WIN HIGH SPEED」に対応しているので、下り最大9.2Mbps、上り最大5.5Mbpsで通信が可能だ。

■次世代決済も万全のおサイフケータイ(R) +NFC対応
さらに国内での需要が非常に高い「おサイフケータイ(R)」もスマートフォン9機種全てに対応。国際標準規格のNFC(Near Field Communication)による決済も「GALAXY SIII Progre SCL21」と「G'zOne TYPE-L CAL21」を除いた7機種のスマートフォンとタブレット「AQUOS PAD SHT21」で対応している点も見逃せない。

■どれを選べば最適か!10機種の特徴と選ぶポイントをズバリチェック
auの冬モデルは、8機種が既に店頭で購入が可能となっているほか、12月中には10機種全てが出揃う。つまり、店頭に行けば、最新機種が手に入るということだ。

とはいえ、10機種もあると、どれを買えばいいのか機種選びが難しい、悩ましいという人も多い。

そこで、今回は、auの2012年冬モデル 自分にあった機種選びをチェックしてみよう。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。