S-MAX

Foxconn

HMD Global、ノキアブランドの新スマホ「Nokia 6」を発表!中国で2017年早期に発売へ――5.5インチフルHD液晶やSnapdargon 430、4GB RAM、Android 7.0 Nougatなど


ノキアブランドのスマホが復活!新機種「Nokia 6」が発表

HMD Globalは8日(現地時間)、新しいスマートフォン(スマホ)「Nokia 6」を発表しています。昨年5月にMicrosoft子会社のMicrosoft MobileからNokia(ノキア)から買収した携帯電話端末事業のうちのフィーチャーフォン(従来型携帯電話)部門を鴻海科技集団(Foxconn Group)の子会社であるFIH Mobileとともに買収し、新たに「Nokia」ブランドのスマホやタブレットを発売することを明らかにしていました。

Nokia 6はHMD Globalらによる初のNokiaブランドのスマホで、Android 7.0(開発コード名:Nougat)を採用し、約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)IPS液晶や64bit対応のQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 430(MSM8937)」、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載。

開発・製造はFIH Mobileが担当し、中国市場にて2017年の早い時期に発売予定。オンラインストア「JD.com」にて価格は1,699人民元(約29,000円)となっています。

続きを読む

コヴィア、3万円を切る低価格なWindows搭載の2in1タブレットノートPC「covia BREEZ Book W11」を8月上旬発売!Foxconn製造で必要最低限のスペックながら快適動作可能


ゼロから始めるスマートフォン

covia(コヴィア)は19日、OSにWindows 10 Homeを採用した低価格な10点マルチタッチ対応約の11.6インチフルHD(1920×1080ドット)IPS液晶搭載2in1タブレットノートパソコン(PC)「BREEZ Book W11」を2016年8月上旬に発売すると発表しています。

価格は29,800円(税込)。すでに公式Webストア「FLEAZ DIRECT(Yahoo!ショッピング)」にて予約受付を実施しており、送料無料で発送時期は8月5日を予定しているということです。

続きを読む

ソフトバンク、世界初パーソナルロボット「Pepper」を6月20日より一般販売開始!ロボット人材派遣も提供し、アルバイトを時給1500円――アリババとフォックスコンも出資


ソフトバンクのロボット「Pepper」が6月20日に販売開始!

ソフトバンクロボティクスおよびソフトバンクモバイルは18日、世界初となる自分の感情を持ったパーソナルロボット「Pepper」の一般販売を2015年6月20日(土)より開始すると発表しています。

ただし、6月の販売数は1000台のみで、6月20日午前10時より専用Webページにて申し込みを受け付け、先行販売として6月19日(金)に東京都千代田区にある「ソフトバンク東京駅グランルーフフロント」にて限定30台を抽選販売します。なお、いずれも商品は7月以降順次出荷する予定。

価格(税抜)は今年2月に開発者向けに販売された価格と同じで、本体価格が198,000円、ロボット手続き手数料が9,800円、Pepper 基本プランが14,800円×36カ月(分割支払)、Pepper 保険パックが9,800円×36カ月(分割支払)で、各プランの満期となる3年間使った場合には109万3,400円(3万372円/月×36回)がかかります。

発売に合わせて、あらかじめ搭載されている「ベーシックアプリ」とアプリストアからダウンロードできるアプリ合計約200本のロボアプリを用意し、ロボアプリにはPepperと会話をしたり、触れ合ったりすることで得られる「ココログミ」を使うことで入手できる特別なアプリも用意され、今後も充実させていく予定。

また、Pepperの法人向けモデルとして専用アプリやサポートが付く「Pepper for Biz」を今秋に販売開始する予定で、詳細は7月に開催する「SoftBank World 2015」で発表されます。

Pepper向けのアプリケーションを開発・配信するためのデベロッパープログラムのベータ版サービス( http://www.softbank.jp/robot/developer/program/ )がフランスにあるソフトバンクのグループ会社でPepperの共同開発元であるAldebaran(アルデバラン)より7月上旬から提供開始されます。

さらに、ソフトバンクグループでクラウドAIサービスの開発などに取り組むcocoro SB(ココロエスビー)は同日、Pepperを利用した世界初となる「ロボット人材派遣サービス」を開始すると発表しています。第1弾として時給1500円でティッシュ配りのアルバイトにPepperを派遣するサービスを2015年7月1日(水)より東京23区から開始し、受付・販売などの定型業務につきましても受け付けを開始します。

その他、ソフトバンクおよびアリババグループ(以下、アリババ)、フォックスコン・テクノロジー・グループ(以下、フォックスコン)の3社は同日、ソフトバンクグループのロボット事業を統括するソフトバンクロボティクスホールディングス(以下、SBRH)に対して、アリババとフォックスコンがそれぞれ145億円の出資を行うことで合意したと発表しています。これにより、SBRHの発行株式の比率はソフトバンク60%およびアリババとフォックスコンがそれぞれ20%となります。

続きを読む

Foxconn傘下となる台湾の亞太電信が「4G LTE」対応プリペイドSIMを発売!さっそく試してきた【レポート】


ブランド名を「Gt」としてLTEサービスを開始!これまでとは打って変わって積極的な広告展開を繰り広げる

台湾の移動体通信事業者である「亞太電信(Asia Pacific Telecom)」は2014年12月24日より4G(LTE方式)による商用サービスを正式に開始した。通称「Foxconn(フォックスコン)」として知られる鴻海科技集団(Hon Hai Technology Group)の傘下となることが決まっている亞太電信はこれまで「A+ World」をブランド名としていたが、LTEサービスの開始と同時にブランド名を「Gt」に変更し、LTEサービスを「Gt 4G」として展開している。Gtには「Good Time」や「Get Together」、「Great Technology」といった意味が込められているという。

また、LTEサービスの開始からわずか3日後の2014年12月27日に台湾桃園国際空港(TPE)で亞太電信のブースを開設し、訪台外国人を対象にプリペイドSIMカードの販売を開始した。プリペイドSIMカードではLTEサービスを利用できるプランも用意されている。

そこで、さっそく台湾に渡航し、亞太電信のプリペイドSIMカードを購入して試してきたので、今回はその模様を紹介する。

続きを読む

Mozillaとパナソニックが次世代スマートTV向け「Firefox OS」で提携!VIAがFirefox OS搭載ボードコンピューターを提供なども


MozillaとパナソニックがスマートTV向け「Firefox OS」で提携!

Mozillaは6日(現地時間)、米ラスベガスにて1月7日(火)から10日(金)まで開催される世界最大の家電見本市「2014 International CES(CES 2014)」にてパナソニックとオープンプラットフォーム「Firefox OS」を用いた次世代スマートTV(スマートテレビ)の開発・推進で合意したと発表しています。

また、すでにTelefonicaから発売されている初のFirefox OS搭載スマートフォンを開発しているZTEともさらなる新しい製品ラインを開発していくとしています。これらにはデュアルコアCPUを搭載した「Open C」や「Open II」といった機種が含まれるとのこと。

さらに、タブレット向けのFirefox OSとそれを支えるエコシステムの開発促進を目的とした貢献プログラム に取り組んでおり、当初はFoxconn製タブレットが用意されるとのこと。近日中にこの開発者向けプログラムを拡充予定。

この他、VIA Technologiesとも提携し、Firefox OS搭載のボードコンピューター「APC Rock」および「APC Paper」を提供開始すると発表しています。

続きを読む

Mozilla、台湾電子機器受託大手のFoxconnがFirefox OSを採用と発表!第3のプラットフォームの急拡大なるか!?


MozillaとFoxconnが提携!

Foxconn Technology Group(以下、Foxconn)は2日(現地時間)、Mozillaが開発を進めるスマートフォン向けオープンプラットフォーム「Firefox OS」を採用するために、Mozillaと幅広いパートナーシップを締結すると発表しています。2013年度にもFirefox OSを搭載したデバイスを投入予定だとのこと。

Foxconnは従来、独自仕様製品の製造を手掛けてきましたが、現在、その枠を拡大してソフトウェアとハードウェアを統合するサービスの提供を進めており、同社が扱う領域をオープンなオペレーティングプラットフォームへと拡大し、ハードウェアやソフトウェア、コンテンツ、サービスの統合計画を積極的に実施するものだとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。