S-MAX

IoT

フォントワークスとMonotype Imagingが戦略的提携へ!年間定額制フォントサービス「Monotype LETS」が開始ーーIoTデバイス開発ベンダーにとって強力な武器に


FontworksとMonotype Imaging Inc.が戦略的提携へ!「Monotype LETS」サービス開始

フォントワークス(Fontoworks)は11日、多くのパソコンに搭載されているHelveticaなどの欧文フォントを販売しているMonotype Imaging Inc.が戦略提携を結んだと発表しています。

フォントワークスはアニメ「新世紀ヱヴァンゲリヲン」でも利用されているマティスEBフォントなどを販売しているフォントメーカーで、この戦略提携によって9000以上の欧文/他言語書体を収録する「Monotype LETS」サービスを開始しています。

続きを読む

SAS、Cisco UCSサーバーとSAS Analyticsを連携した企業向けIoTソリューションを提供開始!IoTにおいてもビッグデータは非常に強力な武器に


SAS、Cisco UCSサーバーとSAS Analyticsを連携した、IoTソリューションを提供!

SASは3日(現地時間)、Ciscoと連携して同社が提供する統計解析ソフト「SAS Institute」のうちのSAS AnalyticsとCisco UCSサーバーを連携させた統合IoTソリューション「Cisco SAS Edge-to-Enterprise IoT Analytics Platform」を提供すると発表しています。

Cisco SAS Edge-to-Enterprise IoT Analytics Platformは、IoT(Intenet of Things)が提供するデータを解析するための企業向けプラットフォームで、IoTにおいてもビッグデータを活用できるようになります。

続きを読む

急増するマルウェアやIoTデバイスへの脅威に対してセキュリティーベンダー「Avast」が日本法人を設立!コンシューマー向け製品を本格展開【レポート】


Avastが4つの脅威に対応する製品を紹介!

チェコ共和国・プラハに拠点を置くソフトウェア会社のAvast Software(アバストソフトウェア、以下、Avast)は6日、記者向けにパソコン(PC)のアプリやハードウェア等に関する調査レポート「Avast PC Trends Report」を紹介する発表会を実施し、今後の日本国内における事業戦略について説明を行った。

登壇したAvast 最高技術責任者(CTO)のオンドレイ・ヴルチェク氏は競合するセキュリティーベンダーとAvastの違いを「グローバル各地で4億以上を越えるユーザー数であり、これは他の競合が追いつけないところ」と話す。これには競合する「AVG」を買収したことで、それぞれが得意とするエリアのシェアを獲得している。4億ユーザーの内訳は、PCが2億5500万ユーザー、モバイルが1億5600ユーザーだという。

北米では5800万ユーザーがいる一方で、日本は470万ユーザーであり、AvastおよびAVGの普及率が低いと認識しており今後この数字を伸ばして行きたいという考えだ。今回はAvastの拡大するマルウェアの脅威とAvastの日本での事業戦略についてレポートしていく。

続きを読む

IoTウイルス「Mirai」にBitcoinのマイニング機能が一時的に実装!IBM X-Forceの調査では中国人グループの犯行か?Miraiの感染被害は依然拡大中


IoTウイルスMiraiにBitcoinのマイニング機能が一時的に実装されていた!?

以前に紹介しましたが、昨年後半から猛威を振るい始めたIoT(Internet of Things)機器をターゲットにしたウイルス(マルウェア)「Mirai(ミライ)」。そのMiraiに仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」をマイニング(採掘)する機能が一時的に今年3月末から1週間ほど実装されていたとセキュリティー研究機関「IBM X-Force」が伝えています。

過去にはAndroid向けアプリに仕組まれたトロイの木馬によってBitcoinなどの仮想通貨がマイニングされようとしたこともありましたが、現状ではMiraiが感染するようなIoT機器では処理速度の問題で思うように成果が得られないこともあり、すでにこの機能は外されているということです。

続きを読む

世間を騒がせているIoT向けウイルス「Mirai」とは?その仕組みや大規模流行した理由、対策などを紹介


サイバー攻撃を地図上に可視化した「Norse Attack Map」。ウイルスなどの脅威が拡大中

昨年後半から猛威を振るい始めたIoT(Internet of Things)機器をターゲットにしたウイルス(マルウェア)「Mirai(ミライ)」。最近ではニュースでもちらほらと聞くようになったと感じる人もいるのではないでしょうか。

本記事では、今世間を騒がせているウイルスのMiraiについて、その仕組みや拡大した理由などを詳しく紹介していきたいと思います。

続きを読む

ついに発売!スマホと連携するプロジェクターを搭載したCerevoの可変型ホームロボット「Tipron」を写真と動画で紹介【レポート】

どこでもプロジェクターを実現する可変型ホームロボット「Tipron」を紹介!

Cerevo(セレボ)は2016年12月にプロジェクター内蔵の可変型ホームロボット「Tipron」を発売した。Tipronは、スマートフォン(スマホ)と連携する自走式のロボットで移動やプロジェクターの角度、投映するコンテンツの再生ができるほか、決められた時間・場所に移動してプロジェクター映像を投映すると言ったスケジュール機能を持つ。

プロジェクターと言えば、ホームシアター向けのハイエンド製品がある一方で、バッテリーで駆動するようなモバイルプロジェクターなど手軽な製品も増えつつある。昨年はMotorola Mobility(以下、モトローラ)製SIMフリースマホ「Moto Z」シリーズの映像を大画面で楽しむためのプロジェクターモジュール「Insta-Share Projector」が発売された。

通信機能を持つスマホとプロジェクターの相性は良く、再生するためのコンテンツは本体に保存した動画以外に、YouTubeをはじめとする動画配信サービスを利用することができる。見慣れたYouTubeのコンテンツも映画のように投映されるので独特の雰囲気があり実に新鮮だ。

今回はこのプロジェクターをロボットにしたセレボのTipronについて紹介していきたいと思う。


続きを読む

5G実証実験は来年度開始、農業も工事現場もスマート化で人口減少に対応~総務省が仙台で「電波利用推進セミナー2016」を開催【レポート】

dempa01
今年も仙台市で「電波利用推進セミナー」が開催!

総務省東北総合通信局が12月8日に宮城県仙台市のホテル法華クラブ仙台ハーモニーホールにて「電波利用推進セミナー2016 ~電波利用で支える豊かな社会~」と題した講演イベントを行いました。

昨年もこのイベントを紹介しましたが、今年も産学官でそれぞれ電波の利用に携わっている3人の講師を招き、さまざまな視点から将来的な電波の利用方法についての講演がありました。

スマートフォン(スマホ)を含む携帯電話は電波を利用しているわけですが、その他にもさまざまな電波が生活や産業に利用されています。

今回は農業分野や建設業分野での電波利用についての話もありました。そこで本記事ではそれらの3つの講演の内容を紹介していきたいと思います。

続きを読む

ワンプッシュで日用品を買い足しできる「アマゾンダッシュボタン」を購入!セットアップの手順説明&使った感想【レビュー】


ゼロから始めるスマートフォン

日本でも12月5日に発売となった「Amazon Dash Button(アマゾンダッシュボタン)」(以下、ダッシュボタン)は、ボタンを押すだけで日用品の買い足しができる便利なIoT製品です。

プライム会員のみが購入でき、価格は500円(税込)の送料無料。またダッシュボタンによる初回注文時に請求額から500円が差し引かれるので、実質無料となっています。今回、実際にダッシュボタンを購入して使ってみましたので、使い方の説明や感想を紹介したいと思います。

続きを読む

アマゾン、ワンプッシュで日用品の買い足しができるIoT製品「Amazon Dash Button」を日本で販売開始!700種類以上の商品が用意


ゼロから始めるスマートフォン

アマゾン ジャパンは5日、ワンプッシュで日用品の買い足しができる小型端末「Amazon Dash Button」を日本のAmazon.co.jpで販売開始したと発表しています。

プライム会員のみが購入でき、価格は税込500円、送料は無料。ボタンを通じた初回注文時に請求額より500円が差し引かれるので、実質無料で入手できます。

購入できる商品は、花王、アサヒ、大王製紙、サントリー、伊藤園、ライオンなど、現時点で700種類以上の有名ブランドの商品が用意されています。

続きを読む

2016 Japan IT week 秋:ジーアイサプライ、SIMフリーのセンサー付き無線カメラ「TREL 3G-R」展示!猟友会や山林の農家のみなさま必見【レポート】

6c3fcff1.jpg
防犯や害獣対策、不法投棄への監視などに役立つジーアイサプライのSIMフリーカメラを紹介!

千葉・幕張メッセにて2016年10月26〜28日の3日間に渡ってリードエグジビジョンジャパンが主催する法人向けを中心としたIT関連の総合展示会「2016 Japan IT week 秋」(8つの展示会「クラウドコンピューティングエキスポ 秋」および「情報セキュリティエキスポ 秋」、「Web&デジタルマーケティングエキスポ 秋」、「モバイル活用展 秋」、「データセンター展 秋」、「ビッグデータ活用展 秋」、「通販ソリューション展 秋」、「IoT/M2M展 秋」からなる)が開催されました。

本記事ではIoT/M2M展エリアにて位置情報・通信・画像関連のソリューションやGPSロガーなどを開発、販売している企業であるジーアイサプライ(GISupply)のブースにて展示されていた防犯や害獣対策などに活用できる3G(W-CDMA方式)に対応したSIMフリーの赤外線センサー付きカメラ「TREL 3G-R」を紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。