S-MAX

LINE

全国のドコモショップにてLINEやFacebook、メルカリなどの初期設定・移行を1アプリ1650円で行う「アプリ設定サポート」を12月1日より提供


LINEなどのアプリの初期設定や移行などを有料で行う「アプリ設定サポート」が全国のドコモショップで提供!

NTTドコモは19日、同社が提供するサービス(以下、ドコモサービス)以外の一部アプリについてアカウントデータの移行や初期設定をサポートするサービス「アプリ設定サポート」を全国のドコモショップ(一部店舗は対象外)にて2020年12月1日(火)から順次提供を開始するとお知らせしています。

アプリ設定サポートはドコモサービス以外の8つのアプリを対象にインストール・初期設定・アカウントの引き継ぎなどを1アプリ1,650円(税込)でサポートするサービスで、同社の回線契約を持っている場合に申し込め、フィーチャーフォン(従来型携帯電話、以下「ケータイ」)からの引き継ぎは対象外です。

対象アプリは「LINE」や「Twitter」、「Instagram」、「Facebook」、「メルカリ」、「モバイルSuica」、「ディズニー ツムツム」、「Pokémon GO」の8アプリとなり、これまで約250店舗のドコモショップでトライアルを実施していましたが、利用した人から好評だったため、全国のドコモショップでの提供を決定したということです。

また同社は九州大学持続的共進化地域創成拠点とともに買い物の際に進呈するdポイントの進呈率を店舗内の混雑状況に応じて変動させ、店舗内の「密」を防ぐ共同研究を2020年11月19日(木)から開始すると発表しています。九州大学伊都キャンパスの学生約1500人にモニターとして参加してもらい、伊都キャンパス内の飲食店や小売店店舗で行うとのこと。

続きを読む

コミュニケーションサービス「LINE」にて勝手に大量のグループ招待や友だち追加が発生したと案内!CLOVA専用アカウントのBotの不具合を悪用


LINEにて一部のユーザーが大量のグループ招待や友だち追加で利用困難に!

LINE Corp.は17日、同社が提供・運営するスマートフォン(スマホ)など向けコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」( https://line.me )において不審なBotが利用者の同意なく、強制的に友だちとして追加され、また当該Botが作ったLINEグループに招待されるという事案が約12万を超えるLINE利用者を対象に発生したと発表しています。

期間は2020年10月27日20時から2020年11月3日10時までの間で、友だち追加や招待したBotの数は6673、影響を受けた利用者数は合計12万1208アカウント、国別では日本が1万5527アカウント、台湾が8万7191アカウント、タイが2812アカウント、インドネシアが7083アカウント、その他が8595アカウントとなっています。

原因はLINE Corp.が管理する特別なアカウントである「CLOVA専用アカウント」の仕様が悪用されたことだとのことで、これによる利用者のLINEアカウントに関する情報漏洩やアカウントの乗っ取りなどは発生してないとのこと。しかしながら、一部の利用者については大量のグループ招待によってLINEの利用が困難になるといった障害が発生したとしています。

そのため、同社では影響を受けた利用者には不便と迷惑をかけたとして謝罪をし、問題を起こしたBotによる大量のリクエストによってCLOVA Assistantのサービス自体の障害が発生していたため、この点についても利用している人には不便をかけたとしてお詫びしています。

またLINEの不具合について悪用方法が共有されていたり、すでに公知になっているような場合であっても他のLINEの利用者への迷惑となる行為はくれぐれも控えるよう案内し、LINE利用者への被害や同社のサービス運用に重大な支障が生じる場合には毅然とした対応を行うということです。

続きを読む

フード宅配サービス「出前館」にLINEデリマが統合!LINE連携やLINEでお得な情報が受け取り可能に。LINEデリマは12月20日に終了


LINEがフードデリバリーサービスを「出前館」に統合!LINEデリマは12月20日に運営終了

出前館は10日、同社が提供する日本最大級のフード宅配サービス「出前館」が2020年11月10日(火)にLINEアカウントとの連携を行ったと発表しています。これにより、出前館にLINEアカウントでのログインが可能となるとのこと。

また合わせてLINE Corp.は同日に出前館と提携して提供しているフード宅配サービス「LINEデリマ」をより使いやすいサービス運営を目的として出前館と統合すると案内し、統合に伴ってLINEデリマを2020年12月20日(日)に終了するとお知らせしています。

続きを読む

決済サービス「LINE Pay」が12月にタッチ払い「iD」によって「Apple Pay」と「Google Pay」に対応!三井住友カードと提携を強化


LINE Payがタッチ払い「iD」(Apple Pay・Google Pay)に対応!

LINE Payおよび三井住友カードは30日、両社は今年4月に「Visa LINE Payクレジットカード」の発行を開始しましたが、戦略的な提携関係を通じてさらなる新しい決済体験・カード文化を創造し、新しい時代に即したキャッシュレス決済の実現をめざすこととなったと発表しています。

LINE Payが提供するスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「LINE Pay」と三井住友カードのクレジットカード決済サービスのそれぞれのノウハウを融合し、あらゆる決済をあらゆる場所で可能とすることによって利便性を改善するとともに安心・便利・お得なキャッシュレスを実現するいきます。

具体的な取り組みとしてはVisaブランドのバーチャルプリペイドカード「Visa LINE Payプリペイドカード」を2020年12月(予定)よりスマホなど向けアプリ「LINE」内で発行できるようにし、さらに「Apple Pay」や「Google Pay」 にも非接触IC機能「FeliCa」によるタッチ決済「iD」によって12月より順次対応を予定しているとのこと。

これにより、現在は「LINE Pay カード」のタッチ決済「QUICPay」によってGoogle Payのみに対応していますが、新たにiDによるApple PayおよびGoogle Payに対応することでAndroidだけでなくiPhoneでもタッチ決済が可能となり、LINE Payが全国のiD加盟店で利用できるようになります。なお、合わせてLINE Pay カードの新規発行は終了になるということです。

さらにVisa LINE Payクレジットカード以外の三井住友カードが発行するVisaブランドのクレジットカードでも「チャージ&ペイ」機能が2021年春(予定)より利用可能になるほか、LINE上でのクレジットカード利用通知や各種手続き・問い合わせができたり、三井住友カードが提供するマルチ決済端末「stera terminal」へのLINE PayのQRコード決済導入を拡大し、加盟店は一元的に各種決済対応が可能になるなどするということです。

続きを読む

LINEアカウントへの不正アクセスが7〜9月に約7万4千件発覚!具体的な悪用は認められず。対象者はパスワード強制初期化などを実施


LINEアカウントへの不正アクセスが約7万4千件発覚!状況説明と対応状況を報告

LINE Corp.は12日、同社が提供・運営するスマートフォン(スマホ)など向けコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」( https://line.me )において2020年7月から9月にかけて複数の不正ログインの試みが発生して約7万4千のアカウントについて有効なID・パスワードの組み合わせが検証されるという事象を検知したとお知らせしています。

同社では引き続いて被害の拡大防止のための対応を行っていますが、利用者への注意喚起を目的として調査および対応状況について説明し、LINE Creators Marketにおける2段階認証の適用範囲の見直しや一部のアカウントに対するパスワード初期化の実施を行ったということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。