S-MAX

LYNX

NTTドコモ、Xperia SO-01BおよびLYNX SH-10Bにおける「Google Playストア」のコンテンツ決済サービスを終了


Xperia SO-01BおよびLYNX SH-10Bにおける「Google Playストア」のコンテンツ決済サービスが終了

NTTドコモは22日、2010年に発売したAndroidスマートフォン「Xperia SO-01B」(ソニーエリクソンモバイルコミュニケーションズ製)および「LYNX SH-10B」(シャープ製)の2機種においてアプリ配信マーケット「Google Playストア」における有料コンテンツを購入する際に利用できていた「コンテンツ決済サービス」を終了するとお知らせしています。

同社ではGoogle Playストアを運営するGoogleによる一部サービスが提供終了となるため、2014年2月下旬以降に利用できなくなるとしています。

なお、 Google Playストアは引き続き利用可能なほか、有料コンテンツをその他の決済サービス(クレジットカード決済やGoogle Playギフトカード)を利用して購入することは可能です。

続きを読む

NTTドコモ、Androidスマートフォン「LYNX 3D SH-03C」のWebブラウザに不具合でソフトウェア更新を提供開始

bfbd4685.jpg

LYNX 3D SH-03Cにソフトウェア更新!

NTTドコモは、3日、Android搭載のシャープ製スマートフォン「LYNX 3D SH-03C」において特定サイトでWebブラウザからファイルをアップロードすると完了後の画面で一部文字化けが発生する不具合が見つかったとしてネットワーク経由による本体ファームウェアアップデートサービス「ソフトウェア更新」を提供開始しています。。

今回の更新で修正される不具合は、以下の1点のみ点となっています。LYNX 3D SH-03Cのソフトウェア更新は、6回目で、更新にかかる時間は、約11分となっています。更新期間は、2015年13月31日まで。

※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新が含まれています。

改善される事象
・特定サイトでブラウザからファイルをアップロードすると、完了後の画面で一部文字化けが発生する場合がある。


続きを読む

NTTドコモ、Androidスマートフォン「LYNX 3D SH-03C」に緊急地震速報などに対応するバージョンアップを提供開始

14400504.jpg

LYNX 3D SH-03Cがバージョンアップ!

NTTドコモは、3日、Android搭載のシャープ製スマートフォン「LYNX 3D SH-03C」に緊急地震速報などに対応する本体ファームウェアをバージョンアップするソフトウェア更新を2011年10月5日(水)午前10時以降から提供することをお知らせし、すでに提供か行われています。

ソフトウェア更新は、本体のみで行う方法とパソコンにUSB接続して行う2通りが用意されており、5日10時以降に提供されるのは、パソコンを用いる方法となっています。本体のみで行う場合には、6日(木)午前10時以降に提供開始予定となっています。

今回のバージョンアップで提供される主な内容は、以下の3点となっています。

・エリアメール対応
・YouTube 3D再生対応
・ホームキーと電源キーの同時押しによるスクリーンショット撮影対応

LYNX 3D SH-03Cバージョンアップ詳細 (PDF形式:113KB)

詳細についてはシャープサイトからもご確認いただけます。


続きを読む

ようやく6月7日から提供開始!ドコモスマートフォン「LYNX 3D SH-03C」がAndroid 2.2 FroyoにOSバージョンアップ


いよいよLYNX 3DがAndroid 2.2に!

NTTドコモは、本日、明日6月7日午前10時からシャープ製スマートフォンLYNX 3D SH-03Cのソフトウェアアップデートを実施することを発表しました。今回のアップデートで最大の目玉は、OSがAndroid 2.2(コードネームFroyo)になること。その概要をかんたんにまとめました。LYNX 3Dユーザーの皆さんの参考になれば幸いです。

続きを読む

2011年はスマートフォンでもシェア一位を目指す!シャープがスマートフォン事業の説明会を実施【レポート】

f55018e3.jpg

シャープ スマートフォン事業説明会

5/20(金)、シャープは都内でスマートフォン事業説明会を開催し、同社の執行役員 通信システム事業本部長 大畠昌巳氏が、今夏モデルとして各キャリアから順次発売される予定の同社製スマートフォンを中心とした事業展開についての説明を行った。

続きを読む

NTTドコモ、REGZA Phone T-01CおよびLYNX 3D SH-03Cを5月にAndroid 2.2 Froyoへアップデート予定

7ff2dd7f.jpg

ドコモ総合カタログ2011年5月はまつけんが表紙!

NTTドコモは、2010年冬モデルとして販売中のAndroid 2.1(開発コード名:Eclair)を搭載した「REGZA Phone T-01C」(富士通東芝モバイルコミュニケーションズ製)および「LYNX 3D SH-03C」(シャープ製)について、発表当時は、2011年春にAndroid 2.2(開発コード名:Froyo)にバージョンアップする予定としていましたが、2011年5月のドコモの総合カタログによると、この5月にもバージョンアップが行われると記載されています。

なにしろ、本日にも次の「2011年夏モデル」が発表される予定となっていますので、実際に、バージョンアップが行われれば、ようやくといったところでしょう。

続きを読む

週刊アスキー、スマートフォン特集増刊号の付録にドロイド君をあしらったスマートフォンケースを同梱

a886bc33.jpg

週刊アスキー4月19日増刊号の付録にスマートフォンケース!

3/14(月)発売の「週刊アスキー4月19日増刊号」に、Androidのキャラクター「ドロイド君」をあしらったスマートフォンケースが付録として同梱されている。

続きを読む

NTTドコモ、スマートブック「LYNX SH-10B」に再起動する不具合でソフトウェア更新提供

4fd1449b.jpg

シャープ製Androidスマートフォン「LYNX SH-10B」

NTTドコモは、8日、Android 1.6 (Donut)を搭載したシャープ製ドコモスマートフォン「LYNX SH-10B」において一定操作によって端末が再起動する不具合が見つかったとしてネットワーク経由で本体ファームウェアをバージョンアップするサービス「ソフトウェア更新」の提供を開始したことをお知らせしています。

続きを読む

NTTドコモ、Androidスマートフォン「LYNX 3D SH-03C」に不具合でソフトウェア更新を提供開始

43434ac2.jpg

「LYNX 3D SH-03C」のピンチな不具合が解消!

NTTドコモは、21日、Android搭載のシャープ製スマートフォン「LYNX 3D SH-03C」の一部において110番などの緊急通報へ発信できない不具合を解消するためのソフトウェア更新を2011年1月22日8時から提供することをお知らせしています。

修正される不具合は、すでに13日に発表済みで、今回はそのソフトウェア更新が提供開始されることをお知らせしたものとなります。

不具合は、「一部の緑色のFOMAカードとSH-03Cの組み合わせでの使用時に緊急通報用電話番号「110」「118」「119」への接続ができない事象が発生する場合がある」というものです。電話番号の前に「184」(番号非通知)や「186」(番号通知)を付加した場合には接続可能となっています。

また、上記の不具合に追加して、「スリープモード中に電源ボタンを押しても、スリープモードが解除されない」という不具合も解消されるとのことです。

続きを読む

NTTドコモ、スマートフォン向け「spモードメール」が2月1日からWi-Fi対応!公衆無線LANサービスもスタート

365db10a.jpg

spモードメールが無線LAN環境で自動受信可能に!

NTTドコモは、24日、スマートフォン向けのISPサービス「spモード」の機能拡充についての発表を行っています。

今回発表された内容は、昨年11月に行われたNTTドコモの新商品発表会での発表通り、2月1日より無線LANによるspモードメールサービスのWi-Fi対応と公衆無線LANサービスの提供が行われます。また、spモードメール自動受信の詳しい方法についても発表されました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。