S-MAX

Mate10Pro

ファーウェイ、SIMフリープレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」にau VoLTEやGPU Turboへの対応を含むソフトウェア更新を11月13日17時以降より順次提供開始


SIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」がau VoLTE対応に!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は13日、昨年12月に発売したSIMフリーのプレミアムスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10 Pro(型番:BLA-L29)」に対してau回線において高音質通話サービス「VoLTE」を使えるようにするソフトウェア更新を2018年11月13日(火)17:00以降より順次提供開始するとお知らせしています。

約1ヶ月ですべての対象製品がアップデート可能となる予定で、更新ファイルサイズは約695.87MB。ビルド番号は更新後が「BLA-L29 8.0.0.151(C635)」、更新前が「BLA-L29 8.0.0.140(C635)」。主な変更点は以下の通り。

1)au VoLTE機能追加
2)GPU Turbo機能追加
3)Googleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化
など


続きを読む

ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI P20」と「HUAWEI Mate 10 Pro」にAndroid 9.0 Pieを2019年1月下旬に提供予定!11月14日より先行テスターを各200人募集中


SIMフリースマホ「HUAWEI P20・Mate 10 Pro」のAndroid 9.0 PieへのOSアップデートテスターを募集中!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は9日、SIMフリーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20」おおよび「HUAWEI Mate 10 Pro」(ともにHuawei Technologies製)について最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を先行して試せるベータテスターを募集するとお知らせしています。

募集人数は各200人で、応募期間は2018年11月9日(金)~2018年11月13日(火)まで、アップデート連絡期間およびテスト期間は2018年11月14日(水) ~2018年11月28日(水)まで。

応募多数の場合には抽選となり、対象者にはAndroid 9.0 Pieと独自ユーザーインターフェース「EMUI 9.0」へのソフトウェア更新が提供開始される予定。さらに両機種に正式版が2018年1月下旬に提供開始される予定で、品質向上のため遅れる場合もあるとのこと。

続きを読む

SIM通でSIMフリースマホ「HUAWEI Mate 10 Pro・P10 lite・nova lite 2」や「ZenFone 4 Max」、「g08」、「AQUOS R compact」がセール!OCN モバイル ONEと音声SIMとセット


goo SIM通でSIMフリースマホの「8日間のスペシャルDayスマホ祭」が実施中!

NTTレゾナントは14日、同社が提供・運営するWebポータルサービス「goo」においてスマートフォン(スマホ)やSIMカード(携帯電話契約)の選び方から購入までをトータルでサポートする「SIM通」においてSIMフリー製品を割引販売する「8日間のスペシャルDayスマホ祭」( https://sim2.goo.ne.jp/campaign/lp_2018012 )を開始しています。

期間は2018年5月14日(月)10時00分から5月21日(月)16時00分まで。NTTコミュニケーションズが仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」の音声対応SIMとセットで「HUAWEI Mate 10 Pro」が54,800円や「HUAWEI P10 lite」が5,800円、「HUAWEI nova lite 2」が8,800円、「ZenFone 4 Max(型番:ZC520KL)」が12,800円、「AQUOS R compact(型番:SH-M06)」が45,800円、「g08」が13,800円で販売されています(金額はすべて税抜)。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けプレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」の事前予約受付を開始!5月18日発売で価格は本体代10万7520円の実質1万6320円から


SoftBank向けプレミアムスマホ「HUAWEI Mate 10 Pro」が予約スタート!

ソフトバンクは11日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018年夏モデル」のうちのアスペクト比9:18の縦長な約6.0インチFHD+(1080×2160ドット)OLED(有機EL)ディスプレイ(約402ppi)を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用ハイエンドスマートフォン(スマホ)「HUAWEI Mate 10 Pro」(Huawei Technologies製)を予約開始したとお知らせしています。

発売日は2018年5月18日(金)で、ソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて予約受付を実施しています。価格も案内されていますので合わせて紹介したいと思います。

なお、さらにHuawei Technologiesの日本法人である華為技術日本(以下、ファーウェイ)は2018年7月1日(日)までにSoftBank向けHUAWEI Mate 10 Proを購入して専用Webページから応募した人に抽選で福岡ソフトバンクホークスの選手のサイン会および撮影会への招待券などをプレゼントするキャンペーンを実施します。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け「2018年夏モデル」を発表!HUAWEI Mate 10 ProやXperia XZ2、AQUOS R2などスマホ6機種やスマート体組成計。4CAで下り最大774Mbpsも提供開始


SoftBank向け「2018年夏モデル」が合計7機種発表!

ソフトバンクは10日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに2018年5月18日以降に順次発売する「2018年夏モデル」を発表し、新たに「HUAWEI Mate 10 Pro(型番:703HW)」および「Xperia XZ2(型番:702SO)」、「AQUOS R2(型番:706SH)」、「HUAWEI nova lite 2(型番:704HW)」、「DIGNO J(型番:704KC)」、「シンプルスマホ4(型番:707SH)」のAndroidスマートフォン(スマホ)6機種、「スマート体組成計2(型番:702SI)」のスマートデバイス1機種の合計7機種を発表しています。

各機種はまずHUAWEI Mate 10 Pro 703HWが5月18日(金)に発売され、発売に先立って5月11日(金)より事前予約開始、またXperia XZ2 702SOとAQUOS R2 706SHも発売日は未定ながら5月18日より事前予約が開始され、販売拠点はそれぞれソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」となる見込みで、価格も発売が早いHUAWEI Mate 10 Pro 703HWやXperia XZ2 702SO、AQUOS R2 706SHは明らかにされています。

また新しくXperia XZ2 702SOとAQUOS R2 706SHにおいて下り最大774Mbpsに対応します。これはFDD-LTE方式のBand 3(1.7GHz帯/15MHz)とAXGP方式のBand 41(2.5GHz帯/20MHz)、TD-LTE方式のBand 42(3.5GHz帯/20MHz×2)の合計4波のキャリアアグリゲーション(4CC CA)によって実現し、各周波数帯ともに256QAMが適用され、Band 42の2波についてはさらに4x4 MIMOも利用されます。

さらにソフトバンク コマース&サービスでは公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」にてこれらのSoftBank向け2018年夏モデル専用の周辺機器をSoftBank SELECTION 取扱店(一部店舗を除く)およびSoftBank SELECTION オンラインショップで順次発売します。

ラインナップは上質な素材と豊富なカラーで持つ人の日常を彩る「RILEGA」シリーズにおいて動画視聴などに最適なスタンド機能とデザインの美しさを兼ね備えた「RILEGA Stand Flip」や2色のコントラストがおしゃれな「RILEGA Bicolor Stand Flip」、厳選された上質な本革を使用した「RILEGA Leather Flip」などをはじめ、付けていることを感じさせない極薄クリアソフトケースや本体のカラーに合わせたフレームで画面全体を保護するガラスフィルムなど、各機種に合わせたアクセサリー全30アイテムとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。