S-MAX

MotoG5Plus

モトローラが発売直後の新製品「Moto Z2 Play」などを試せるタッチアンドトライイベントを秋葉原駅構内で開催!拡張機器「Moto Mods」の体験も可能【レポート】


駅ナカでモトローラ製品を体験できるイベントを秋葉原で開催!

Lenovo傘下で「Moto」シリーズのスマートフォン(スマホ)などを展開するモトローラ・モビリティ・ジャパンが2017年7月15日(土)から16日(日)にかけて東京・秋葉原駅構内にて同社の製品を体験できるイベント「Motto Moto Touch and Try Event in Tokyo」を開催しています。

イベントは駅構内のイベント区画にて開催され、週末という人通りが多い環境の中、多くの人がイベントに参加していました。開催は両日ともに11時から19時まで。筆者も同イベントに参加して来たので会場の様子をレポートします。

続きを読む

モトローラ、メタルボディーで高級感のあるSIMフリースマホ「Moto G5 Plus」に新色オックスフォードブルーを追加!G5・Z・Z Playとともにベータ機能でNTTドコモとauのVoLTEに対応


SIMフリースマホ「Moto G5 Plus」に新色ブルーが追加!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは3日、今年3月より販売しているSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto G5 Plus(型番:XT1685)」の新色「オックスフォードブルー」(型番:AP3824AE3J4)を2017年7月6日(木)に発売すると発表しています。

価格はオープンながら市場予想価格は既存色と同じ35,800円(税抜)で、公式Webショップ「Moto ストア」でも同額の38,664円(税込)ですでに事前予約受付を開始しています。

これにより、Moto G5 Plusはこれまで販売されてきたルナグレーまたはファインゴールドと合わせて3色展開となります。なお、Moto G5 Plusでは同時に発売された「Moto G5」や「Moto Z Play」、「Moto Z」とともにベータ機能としてNTTドコモおよびauのVoLTEに対応する方法を案内しています。

続きを読む

ハイエンドクラスのカメラ機能を搭載するSIMフリースマホ!モトローラ「Moto G5 Plus」を写真と動画で紹介【レポート】


低価格ながらGalaxy S7 edgeにも採用されているデュアルピクセルオートフォーカスを搭載!

既報通り、モトローラ・モビリティは16日、都内にて「新型スマートフォンと新型Mods記者発表会」を開催し、メタルボディーでAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto G5 Plus」および「Moto G5」、さらに「Moto Z」シリーズ用機能モジュール「Moto Mods」として「ビークル・ドック」など4種類の発売を発表した。

Moto G5 Plusは3月31日発売を予定しており販売価格は35,800円、Moto G5も3月31日発売予定で販売価格は22,800円、ビークル・ドックは2017年春以降の発売予定で販売価格は9,800円だ(価格はすべて税抜)。

今回は発表会のタッチ&トライコーナーでMoto G5 Plusの試作機に触れることができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

モトローラ、メタルボディーになったミドルレンジのSIMフリースマホ「Moto G5」と「Moto G5 Plus」を日本で3月31日に発売!Moto Zシリーズ用拡張機能「Moto Mods」も新製品を投入


モトローラのSIMフリースマホ「Moto G5」と「Moto G5 Plus」が3月31日に発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは16日、都内にて「新型スマートフォンと新型Mods記者発表会」を開催し、新たにSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto G5(型番:XT1676)」および「Moto G5 Plus(型番:XT1685)」などを日本で2017年3月31日(金)に発売すると発表しています。

海外でも今年2月26日にスペイン・バルセロナで開催された「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせて発表されたばかりの新機種で、新たにメタルボディーになって低価格ながら高級感のある外観や1画素のサイズが大きいセンサーを搭載したカメラなどが特長となっています。

価格はオープンながら市場予想価格はMoto G5が22,800円、Moto G5 Plusが35,800円(ともに税別)。発売に先立って本日3月16日より事前予約受付を開始。内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージは海外ではいくつかのモデルが販売されていますが、日本ではMoto G5が2GB RAM+16GBストレージ、Moto G5 Plusが4GB RAM+32GBストレージとなっています。

また合わせて昨秋に発売した「Moto Z」および「Moto Z Play」で使える周辺機器「Moto Mods」の新製品として車載用「Incipio Vehicle Dock」および「Charging Adapter」、「Wireless Charging」、「Turbo Charger Vehicle」の4つを2017年4月以降に発売するということです。

続きを読む

Motorola、メタルボディーでカメラを強化した新ミドルレンジスマホ「Moto G5」と「Moto G5 Plus」を発表!両機種とも日本で発売へ


Motorolaが「Moto G5」と「Moto G5 Plus」を発表!

Lenovo傘下のMotorola Mobilityは26日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2017年2月27日(月)から3月2日(木)に開催されていた「Mobile World Congress 2017(MWC 2017)」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、新しいミドルレンジクラスのスマートフォン(スマホ)「Moto G5」および「Moto G5 Plus」、そして上位モデル「Moto Z」シリーズ向け拡張機器「Moto Mods」の新製品を発表しています。

Moto G5およびMoto G5 Plusはともに欧州やアジア、北米・中南米などのさまざまな国・地域で2017年3月より順次発売し、価格はMoto G5が199ユーロ(約24,000円)から、Moto G5 Plusが229ドル(約26,000円)から。

日本での発売についてはプレスリリースには記載されていないものの、現地で行われたモトローラ・モビリティ・ジャパン代表取締役社長のダニー・アダモポーロス氏へのグループインタビューで両機種を投入することを明らかにし、近日中に正式発表することを予告したということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。