S-MAX

NEC

NTTドコモ、28GHz帯ミリ波による5Gシステムで時速300kmの超高速移動環境の無線通信実験に成功!超高速データ伝送&通信中ハンドオーバーに加え、4K映像ライブ中継も


docomo 5Gは時速300Km超の超高速移動環境で無線通信実験に成功!

NTTドコモは23日、日本電気(以下、NEC)や日本電信電話(以下、NTT)と28GHz帯の周波数において「第5世代移動通信方式(以下、5G)」を用いて時速305kmで移動する自動車に搭載した5G移動局と、実験コースに設置した5G基地局との間で無線データ伝送に世界で初めて成功したと発表しています。

また世界で初めて時速290kmで移動する5G移動局が通信中の5G基地局間ハンドオーバーにも成功し、さらに上り伝送においては時速200kmで移動する5G移動局から4K映像の無線ライブ中継に世界で初めて成功したとしています。

これらの実験は高速鉄道などの超高速移動環境における5Gサービスの提供を想定した自動車走行による実験として2018年4月8日に日本自動車研究所(以下、JARI)のテストコースにおいて実施したとのこと。

さらに実験に際しては「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」の参加企業のうちのソニービジネスソリューション(以下、ソニービジネスソリューション)やカーレーシングチーム「DOCOMO TEAM DANDELION RACING」を運営するダンディライアンも協力したということです。

続きを読む

NEC PCが学生向けモバイルノートPC「LAVIE Note Mobile」シリーズを発表!学生のニーズと声を丁寧に拾い上げた「若者のためのパソコン」を実現【レポート】


NEC PCがモバイルノートパソコン「LAVIE Note Mobile」シリーズの新製品を発表!

NECパーソナルコンピュータ(以下、NEC PC)は16日、都内にて「2018年新商品発表会」を開催し、主に大学生をターゲットとした「LAVIE」ブランドのモバイルノートパソコン(PC)「LAVIE Note Mobile」シリーズ・9モデルを発表しました。1月18日より発売が開始されており価格はオープンプライス。店頭での実売価格は104,800円(税抜)からとなっています。

発表会では学生の生の声を拾い上げて開発したというLAVIE Note Mobileシリーズの解説に重点を置いたプレゼンが行われ、実際に開発に協力した大学生を招いてのトークセッションなども行われました。世間では「若者のパソコン離れ」が大きな話題となっている昨今ですが、そのような中でNEC PCが敢えて学生にターゲットを絞った製品開発をしてきた意図や背景とは一体何でしょうか。

今回発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、プレゼンでの解説を交えながら写真とともにご紹介します。

続きを読む

ゼロリセットでNECブランド価値向上を狙う!Windows 10搭載の15.6インチホームノートパソコン「LAVIE Note NEXT」写真と動画で紹介【レポート】


NECがシンプルデザインで変化を追求したLAVIE Note NEXTを発売!

NECパーソナルコンピュータ(以下、NEC PC)が10月17日に「NECパーソナルコンピュータ新商品発表会」を開催し、家庭など向けホームノートパソコン(PC)「LAVIE Note NEXT」シリーズを発表した。

NEC PCと言えば、2011年にレノボグループの傘下となっており、さらにレノボでは10月27日に富士通のPC事業を行う富士通クライアントコンピューティング(以下、富士通CC)に51%の出資を行い、レノボ傘下の合弁会社とすることを発表している。

こうした事業再編において重要となるのが、それぞれが得意とする「製品」だ。しかしNEC PCと富士通CCには、軽量モバイルノートPCやハイエンドノートPC、AIO(All In One)PCなど重複する製品群がある。

そういった中で、NEC PCが今回発表したホームノートPCのLAVIE Note NEXTシリーズはどういった意味を込めた製品なのだろうか。発表会の内容を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、下り最大440Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」を発表!初のビームフォーミング対応で安定通信が可能で、11月1日発売


UQ WIMAX向けモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」が発表!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は23日、都内にて「新商品タッチ&トライ会」を開催し、高速通信サービス「UQ WiMAX」向けの下り最大440Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」(NECプラットフォームズ製)を発表しています。

マルチアンテナ技術「4x4 MIMO」とキャリアアグリゲーション(CA)によって下り最大440Mbpsに対応しているほか、モバイルWi-Fiルーターとしてははじめてビームフォーミングに対応することによって無線LAN(Wi-Fi)のスループットが向上し、さらに快適に通信できるようになっています。

発売日は2017年11月1日(水)で、UQショップや量販店などのUQ WiMAX取扱店および公式Webストア「UQ WiMAXオンラインショップ」、機種変更受付ページ、仮想移動体通信事業者(MVNO)各社にて順次販売開始するということです。

価格(税別)はUQ WiMAXオンラインショップでは料金プラン「UQ Flat ツープラス ギガ放題」や「UQ Flat ツープラス」において本体のみが2,800円、クレードルセットが5,500円、機種変更受付ページ販売分では利用期間が開始月~12ヶ月で20,000円、13~18ヶ月で12,000円、19~21ヶ月で6,000円(3年契約の場合は0円)、22ヶ月~で0円となっています。

続きを読む

NTTドコモ、モバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」に下り最大788Mbpsへ対応するためのソフトウェア更新を提供開始!東名阪の一部地域で利用可能


docomoのモバルー「Wi-Fi STATION N-01J」が下り最大788Mbpsに!

NTTドコモは28日、今年3月に発売した「2016-2017冬春モデル」のうちの下り最大682Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」(NECプラットフォームズ製)に下り(受信時)最大788Mbpsに対応させるためなどのソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみでFOMXおよびXi、無線LAN(Wi-Fi)、有線LANによるネットワーク経由(OTA)で行え、更新にかかる時間は約3分。主な変更点は以下の通り。なお、同社では機能追加のほか、品質改善に関する内容を含むため、必ず最新バージョンへのアップデートをするよう案内しています。

今回のアップデート内容
※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。

◯主なアップデート内容
・受信時最大788Mbpsの高速通信機能に対応します。
・本体の電池残量低下時にメールやSMSでスマホなどにお知らせする機能に対応します。


続きを読む

NECと三井住友銀行がコンビニでスマホなどの画面にバーコードを表示して収納できるサービス「PAYSLE」を提供開始!まずはミニストップとセコマ、続いてセブンやファミマ、ローソンでも


ゼロから始めるスマートフォン

日本電気(以下、NEC)および三井住友銀行が共同出資して設立した会社のブリースコーポレーション(以下、brees)は7日、スマートフォン(スマホ)などを使ったコンビニエンスストア(以下、コンビニ)で収納できるサービス「PAYSLE(ペイスル)」の提供を開始すると発表しています。

まずは2017年9月15日(金)からミニストップで開始され、2017年9月中にセコマにて取り扱いが開始されます。また2018年中にはセブン-イレブンやファミリーマート、ローソンでも取り扱いをスタートする予定だということです。

続きを読む

21世紀のクリエイターたちへ。親子でプログラミングが学べる夏休みの自由研究イベント「NEC Lenovo Programming Summer Camp」を写真と動画で紹介【レポート】


NECレノボが子供向けのプログラミング教室「NEC Lenovo Programming Summer Camp」を開催!

NECパーソナルコンピュータおよびレノボ・ジャパン(以下、NECレノボ)は5日、都内・秋葉原にて小学生親子40組を対象とした、プログラミングの基礎を楽しく学べる夏休みの自由研究イベント「NEC Lenovo Programming Summer Camp」を開催しました。

文部科学省は2016年、日本の国際競争力の向上とIT産業界での人材不足への対応として、2020年より小学校でのプログラミング教育を必修化することを検討すると発表しました。欧米でのIT/ICT教育の流れは早く、とくにフィンランドなどでは2016年より小学校での必修科目として採用されており、日本もこれに続く形となります。

しかし、小学生にプログラミングは少し早いのでは?と感じる人も少なくないかもしれません。今回のイベントを通して筆者が感じたことや子供たちの変化など、イベントレポートともにご紹介します。


続きを読む

NECプラットフォームズ、SIMフリーのホームルーター「Aterm HT100LN」を発表!下り最大150MbpsのLTE対応で、3Gや2Gには非対応――8月1日発売で、価格は1万円台半ば


SIMフリーホームルーター「NEC Aterm HT100LN」が発売!

NECプラットフォームズは18日、同社のルーター「Aterm」シリーズにおいて初のSIMフリーのホームルーター「Aterm HT100LN(型番:PA-HT100LN)」を発表しています。発売日は2017年8月1日(金)で、価格はオープンながら市場予想価格が16,500円前後。

販売拠点は公式Webストア「Aterm Station」のほか、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)の各社から順次販売予定で「イオンモバイル」や「IIJmioモバイルサービス」などに対応しているということです。

続きを読む

ドコモオンラインショップなら「Tomoru」もプレゼント!下り最大682Mbpsに対応した国内最速モバイルルーター「Wi-Fi STATION N-01J」を購入したので外観や同梱品を紹介【レポート】


shimajiro@mobiler

NTTドコモから昨日3月9日に発売された国内最速の下り最大682Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」(NECプラットフォームズ製)を公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて機種変更で購入した。

ドコモオンラインショップでは本体価格26,568円(すべて税込)に対して月々サポート総額が7,128円となっており、いわゆる実質負担額は19,440円と、月々サポートによる割引は控えめだ。

筆者が事前に予想していたよりも月々サポートによる割引が控えめだったので、直近で解約予定(更新月を迎える予定)の回線で発売前に予約して機種変更手続きを行なっていた。なお、この回線は更新月を迎えるタイミングにて解約の予定だ。

今回、ドコモオンラインショップにて機種変更を行った理由は、ドコモオンラインショップでは機種変更に伴う手数料(通常2,160円)が無料になるほか、頭金も設定されていないため、特別な割引が設定されていなければ、ドコモショップや家電量販店などの店頭で購入するよりも割安に購入できるからだ。

さらに、ドコモショップなどの店頭で購入する場合には待ち時間や店舗の営業時間を気にしなければならないが、ドコモオンラインショップなら好きな時に手続ができるという点でも利便性が高い。

さっそく発売日にWi-Fi STATION N-01Jが届いたので開封して本体の外観や同梱品をサクっと紹介する。

続きを読む

NTTドコモの国内最速下り最大682Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」を写真と動画で紹介!3波CA+4x4 MIMO+256QAMで実現【レポート】


モバイルWi-Fiルーター「docomo Wi-Fi STATION N-01J」をチェック!

既報通り、NTTドコモが昨冬から今春に発売する「2016-2017冬春モデル」のうちの下り最大682Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION N-01J」(NECプラットフォームズ製)を本日2017年3月9日(木)に発売する。

下り最大682Mbps以外にも新たにスマートフォン(スマホ)向けアプリと周辺機器を連携させる「Linking」機能に対応し、AWS IoTなどのさまざまなLinking対応IoT(Internet of Things)機器とつながるほか、新しく充電や通信など用の端子がUSB Type-C(USB 3.0)になっている。

すでにドコモショップなどの取扱店店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて事前予約受付を実施しており、価格(税込)も紹介していたように本体価格26,568円で月々サポート297円/月×24回の実質負担額19,440円(分割810円/月×24回)だ。

今回は少し遅くなったが、昨年10月に開催された発表会における展示会場にて実際にWi-Fi STATION N-01Jをタッチ&トライしてきましたので、外観や特長などを写真と動画で紹介したいと思う。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。