S-MAX

Pixel

Made by Googleの新製品発表会が10月15日に開催!ティザーも公開され、ライブ中継も実施。次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズなどが発表へ


Googleが次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズなどの新製品発表会を10月15日に開催!

Googleは16日(現地時間)、同社のハードウェア製品「Made by Google」における新製品発表会をアメリカ・ニューヨークにて現地時間(EST)で2019年10月15日(火)10:00から開催すると報道関係者など向けに招待状を送っています。またYouTubeにてライブ中継を実施するとしてティザーページ( http://g.co/madebygoogle19 )を公開しています。

招待状には「Made by Googleのいくつかの新しい製品を見に来てください」と記載されており、詳細は明らかにされていませんが、次期フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Pixel 4」シリーズやスマートスピーカー「Nest Hub Mini」などの新製品が発表されると見られます。なお、発表会は日本時間(JST)では10月16日(水)0:00から。

続きを読む

Googleの次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」と「Pixel 4 XL」と見られる未発表の6つの型番「G020I・J・M・N・P・Q」がFCC通過!60GHz帯のSoliに対応


Googleの次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズと見られる6つの型番がFCC通過!

米連邦通信委員会(FCC)は3日(現地時間)、Google製スマートフォン(スマホ)として「G020I」および「G020J」、「G020M」、「G020N」、「G020P」、「G020Q」という6つの型番が認証取得していることを公開しています。FCC IDはG020Iが「A4RG020I」、G020Jが「A4RG020J」、G020MとG020Nが「A4RG020MN」、G020PとG020Qが「A4RG020PQ」です。

それぞれすでにGoogleが明らかにした次期フラッグシップスマホ「Pixel 4」シリーズで対応するジェスチャー操作で利用される60GHz帯におけるモーションセンサー「Soli」(Low Power Transmitter)に対応していることからPixel 4シリーズだと見られ、例年通りならベースモデル「Pixel 4」と大画面モデル「Pixel 4 XL」になると思われます。

なお、直近の「Pixel」シリーズは日本向けに「Pixel 3」および「Pixel 3 XL」、「Pixel 3a」、「Pixel 3a XL」と販売されており、各々がおサイフケータイ(FeliCa)に対応するものの、eSIMに対応しないという日本市場限定のハードウェアとなっていますが、現時点ではざっと公開された資料を見る限りでは日本向けと考えられる情報は見当たりません。

一方で認証を受けている通信方式・周波数帯からG020IとG020Jは北米向け、G020MとG020NおよびG020PとG020Qはともに共通のハードウェアでグローバル向けと予想されますが、型番のアルファベット順で言えば「G020K」と「G020L」が抜けているため、もしかしたらそれらがPixel 3・3 XLやPixel 3a・3a XLのような日本向けとなる可能性もありそうです。

続きを読む

Google、スマホなど向け最新プラットフォーム「Android 10」を正式発表!すでにPixelシリーズ向けに提供開始され、AOSPやファクトリーイメージも公開


Googleが最新OS「Android 10」を正式リリース!

Googleは3日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 10」( https://android.com/9 )を正式に発表しています。すでにバージョン番号が「10」であることが明らかになっており、今回よりお菓子の名前による開発コード名は廃止されたため、正式名称は「Android 10」となりました。

同社では「Pixel」シリーズ向けに同日よりネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)が順次配信開始され、ビルド番号はPixel・Pixel XL・Pixel 2・Pixel 2 XL・Pixel 3・Pixel 3 XL・Pixel 3a・Pixel 3a XLともに「QP1A.190711.019」および「QP1A.190711.020」が公開されているため、恐らくより新しいQP1A.190711.020となると見られます。

これらの各Pixelシリーズの8機種についてはOTAが配信されており、すでに開発者向けのファクトリーイメージ( https://developer.android.com/about/versions/o/download.html?hl=en )は公開されており、その他にもAOSP(Android Open Source Project)でもオープンソースで公開されています。また日本で法的に使える機種としては「Essential Phone PH-1」にもすでにAndroid 10の正式版がリリースされています。

続きを読む

Google ストアにてハイエンドスマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」のSIMフリー版が8月23日までセール!最大3万円OFFで7万1000円からに


グーグル直販オンラインストアでSIMフリースマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」がセール中!

Google Asia Pacificが運営する日本向けGoogle公式Webショップ「Google ストア」( https://store.google.com )にてハイエンドスマートフォン(スマホ)「Pixel 3(型番:G013B)」および「Pixel 3 XL(型番:G013D)」のSIMフリー版がセール販売されています。

セール期間は日本時間(JST)の2019年8月18日(日)0:00から8月23日(金)23:59までで、Pixel 3が24,000円OFF、Pixel 3 XLが30,000円OFFとなっており、割引後の価格はPixel 3の64GBが71,000円、128GBが83,000円、Pixel 3 XLの64GBが89,000円、128GBが101,000円となっています(金額はすべて税込)。

続きを読む

Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android 10 Q」の最終プレビュー版を提供開始!Pixelシリーズなどで利用可能。正式版を近くリリースへ


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android Q Beta 6」をリリース!

Googleは7日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android Q」における先行プレビュー版( https://developer.android.com/preview/ )の最後となる「Android Q Beta 6」を公開したとお知らせしています。

Android Q Betaは今年3月に第1弾「Android Q Beta 1」が公開され、その後も4月3日に第2弾「Android Q Beta 2」、5月7日に開発者向けイベント「Google I/O 2019」に合わせて第3段「Android Q Beta 3」、6月5日より「Android Q Beta 4」、7月10日より「Android Q Beta 5」が提供されてきましたが、今回これらに続いて最後のプレビュー版で最終テスト用リリース候補(RC)版となるAndroid Q Beta 6がリリースされました。

すでにAndroid Q Beta 4にて最終API(APIレベル29)および公式SDKとなっていますが、今回のAndroid Q Beta 6で基本的に正式版に向けてほぼ最終調整が終わり、次はいよりよ正式版が提供開始されます。正式版は2019年第3四半期(7〜9月)にリリースされる予定で、Android Q Beta 6は正式版の直前に提供開始されるスケジュールとなっており、Googleでは数週間後にリリースすると案内しています。

Android Q Beta 6のPixelシリーズにおけるビルド番号は「QPP6.190730.005」で、すでにネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)も開始されています。なお、正式版のバージョン番号は「10」であることがすでに示されているので「Android 10(開発コード名:Q****)」などとなる見込みで、Q****のお菓子の名称が付けられる開発コード名については現時点ではまだ不明です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。