S-MAX

SC-01M

Sペン対応の超高性能スマホ「Galaxy Note10+」を写真と動画で紹介!いよいよNTTドコモとauから10月18日に発売する4G世代の集大成【レポート】


Sペン対応の最新プレミアムスマホ「Galaxy Note10+」がdocomoとauから10月18日に発売!写真と動画でチェック

ようやく日本でもサムスン電子の最新プレミアムスマートフォン「Galaxy Note10+」がNTTドコモおよびauから「2019年冬モデル」として発表されました。そしていよいよ明日10月18日(金)にNTTドコモから「Galaxy Note10+ SC-01M」、auから「Galaxy Note10+ SCV45」として発売されます。

Galaxy Note10+は先立って今年8月にアメリカ・ニューヨークにてグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2019」にて発表された同社の最上級クラスのAndroidスマホで、専用スタイラスペン「S Pen」が売りの「Galaxy Note」シリーズの最新モデルです。その特徴はなんと言っても大画面かつ超高性能に尽きるでしょう。

NTTドコモとauから販売される日本向けモデルでは新たにチップセット(SoC)はQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 855」となり、12GB内蔵メモリー(RAM)や256GB内蔵ストレージ、最大1TBのmicroSDXCカードスロット、4300mAhバッテリーなどを搭載し、有機ディスプレイ内に配置されたパンチホールにフロントカメラを搭載する「Infinity-O Display」による“全画面デザイン”が採用されました。

このように日本向けモデルもグローバルで発表された仕様を踏襲しつつ、国内の移動体通信事業者(MNO)が今までに取り扱ってきたスマホとしては最高スペックとなっており、日本向けの仕様としてNTTドコモ向けおよびau向けともにおサイフケータイ(FeliCa)に対応しています。なお、ワンセグ・フルセグには非対応。

価格(金額はすべて税込)についてもそれぞれすでに公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」にて案内されており、NTTドコモおよびauともに各販路にて10月11日より事前予約受付が実施されています。なお、こちらもNTTドコモとauともにGalaxy Note10+を予約・購入して専用Webページで登録すると完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」がプレゼントされるキャンペーンが実施されています。

NTTドコモでは本体価格が121,176円で、本体を返却することで36回払いのうちの最大12回分の支払いが免除される「スマホおかえしプログラム」を利用した場合の実質負担は80,784円、auでは本体価格が118,800円、48回払いで購入して本体を下取り(返却かつ次の製品の購入が必要)に出すことで最大24回分の支払いが免除される「アップグレードプログラムDX」を利用した場合の実質負担は59,400円になります。

そんなGalaxy Note10+ですが、NTTドコモでは10月11日に都内にて「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」を開催しており、発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてGalaxy Note10+ SC-01Mを発売に先立ってチェックする機会がありましたので、写真と動画を交えながらご紹介していきます。

続きを読む

NTTドコモ、Sペン対応の最新プレミアムスマホ「Galaxy Note10+ SC-01M」を発表!10月18日発売で価格は12万1176円の実質8万784円から


docomoスマホ「Galaxy Note10+ SC-01M」が登場!10月18日発売で本体価格12万1176円に

NTTドコモは11日、今冬から来春かけて発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2019-2020冬春 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、ペン入力「S Pen」に対応した大画面&高性能なプレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10+ SC-01M」(サムスン電子製)を発表しています。

今年8月に発表された「Galaxy Note」シリーズの最新モデルの上位版「Galaxy Note10+」のNTTドコモ版で、昨年発売された「Galaxy Note9」の後継機種で新たに6.8インチサイズに大画面化したほか、12GB内蔵メモリー(RAM)や4300mAhバッテリーなどとさらに高性能となっています。なお、海外では6.3インチの「Galaxy Note10」もラインナップされていますが、日本では発売されない見込み。

NTTドコモ版ではすでに先行して発表されているau版と同様に日本市場向けにおサイフケータイ(FeliCa)にに対応し、携帯電話ネットワークでは下り最大1576Mbpsおよび上り最大75Mbpsをサポートしています。なお、今夏に発売した「Galaxy S10 SC-03L」および「Galaxy S10+ SC-04L」、「Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L」まではワンセグやフルセグに対応していましたが、Galaxy Note10+は非対応となっています。

発売時期は2019年10月18日(金)を予定し、発売に先立ってすでに本日10月11日12:00よりドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格(税込)は直営店では本体価格が121,176円です。

また36回払いで購入することで本体価格の最大12回分の分割支払金の支払いが不要になる「スマホおかえしプログラム」の対象となっており、25ヶ月目で適用した場合の実質負担額3,366円/月×24回(総額80,784円)とのこと。なお、ドコモオンラインショップでは2019年10月15日(火)10時より購入手続きが開始され、お届けは発売日より順次となっています。

また発売を記念してサムスン電子ジャパンではauのGalaxy Note10+を予約して購入し、応募した人全員にもれなく完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds(型番:SM-R170)」をプレゼントする予約・購入キャンペーンを実施します。期間は予約が発売日前日まで、購入が発売日から2019年10月31日(木)まで、応募が発売日から2019年11月7日(木)まで。

購入対象は新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)の全オーダーで、商品発送時期は2019年11月下旬以降を予定。応募は1回線に付き1回限りで、プレゼントされるGalaxy Budsの色はホワイトのみとのこと。応募は専用Webページ( https://www.galaxymobile.jp/explore/event/docomo2019note10/ )から名前や住所などを入力して行います。

続きを読む

日本市場向けSペン対応の最新プレミアムスマホ「Galaxy Note10+(SM-N975JPN)」がFCC通過!NTTドコモ向け「SC-01M」およびau向け「SCV45」として発売へ


日本向けGalaxy Note10+がFCC通過!docomo向け「SC-01M」とau向け「SCV45」に

米連邦通信委員会(FCC)は30日(現地時間)、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が8月7日に発表した最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10+」の日本市場向けモデル「SM-N975JPN」(FCC ID: A3LSMN975JPN)の認証を2019年8月20日付で通過したことを公開しています。

公開された資料には「SC-01M」および「SCV45」となることが記載されており、それぞれ型番ルールからNTTドコモ向け「Galaxy Note10+ SC-01M」およびau向け「Galaxy Note10+ SCV45」となり、10月以降に「2019年冬モデル」として発売されると見られます。

なお、すでに紹介しているように「Galaxy Note10」シリーズにはベースモデルの「Galaxy Note10」も存在しますが、筆者の予想では日本市場向けの少なくともNTTドコモやauからは発売されないのではないかと考えており、サムスン電子製としては別のミッドレンジスマホ「SC-02M」や「SCV46」が存在することが明らかとなっています。
続きを読む

Note10はなしで「Galaxy Note10+」と高コスパなミッドレンジスマホの2機種を投入か?NTTドコモ向け「SC-01M」や「SC-02M」、au向け「SCV45」や「SCV46」が登場予定


Galaxy Note10+がdocomoとauから2019-2020冬春モデルとして登場予定!

Primate Labsが提供するベンチマークアプリ「Geekbench 4」の測定結果としてNTTドコモ向けと見られる「SC-01M」および「SC-02M」が公開されているほか、Wi-Fi AllianceおよびBluetooth SIGにてau向けと見られるサムスン電子製スマートフォン(スマホ)「SCV46」がそれぞれの認証を通過しています。

Geekbench 4のスコアからSC-01Mはハイエンドモデル、SC-02Mはミッドレンジモデルだと思われ、例年通りなら下期に「Galaxy Note」シリーズが投入されるため、SC-01Mはすでに発表されている「Galaxy Note10」シリーズとなると思われ、SC-02Mは高コスパな「Galaxy Feel」シリーズの次期製品「Galaxy Feel3」になるのではないかと考えられます。

一方、SCV46から「SCV45」も存在すると見られ、こちらも認証情報からGalaxy Note10シリーズでは「WPA3」などの最新技術にも対応するものの、SCV46は対応していないのでミッドレンジモデルと想定でき、SCV45がGalaxy Note10シリーズ、SCV46は「Galaxy A30 SCV43」のような高コスパスマホになると予想します。

サムスン電子では日本向け公式WebページにはGalaxy Note 10シリーズの製品情報を掲載しており、ベースモデル「Galaxy Note10」と上位モデル「Galaxy Note10+」の両方が掲載されていますが、ファームウェアを掲載しているEasy FirmwareではGalaxy Note10+のメーカー型番であるNTTドコモ向け「SM-N975D」とau向け「SM-N975J」はあるものの、Galaxy Note10のSM-N970DやSM-970JはないのでSC-01MとSCV45はGalaxy Note10+になりそうです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。