S-MAX

SCG07

KDDI、au向け5Gスマホ「Galaxy A51 5G SCG07」を11月7日に発売!価格は7万5435円。かえトクプログラムで実質4万5195円


価格を抑えたau 5Gスマホ「Galaxy A51 5G SCG07」が11月7日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は2日、携帯電話サービス「au」向け「2020年秋冬モデル」のうちの5G対応ミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「Galaxy A51 5G SCG07」(サムスン電子製)を2020年11月7日(土)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施され、価格(金額はすべて税込)は75,435円で、かえトクプログラムによって残価が30,240円と設定されているため、特典利用時の実質負担額は1,965円/月×23回(総額45,195円)となっています。

なお、au版では日本市場向けにニーズの高い防水(IPX5およびIPX8)や防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)に対応し、携帯電話ネットワークでは5G NR方式のSub6によって下り最大2.1Gbpsおよび上り最大183Mbpsで利用可能となっています。なお、Galaxy A51 5G SCG07も地上デジタルテレビ(ワンセグ・フルセグ)に非対応となっています。

続きを読む

価格を抑えた新ミッドハイレンジスマホ「Galaxy A51 5G」を写真で紹介!au版「SCG07」は防水・防塵やおサイフケータイに対応【レポート】


au向け新スマホ「Galaxy A51 5G SCG07」を写真で紹介!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au」向け「2020年秋冬モデル」として5G対応のミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「Galaxy A51 5G SCG07」(サムスン電子製)を発表した。

今年4月にサムスン電子が発表したQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 765G 5G mobile platform」を搭載することによって価格を抑えた5G対応モデル「Galaxy A51 5G」のau版で、日本市場向けにニーズの高い防水(IPX5およびIPX8)や防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)に対応し、携帯電話ネットワークでは5G NR方式のSub6によって下り最大2.1Gbpsおよび上り最大183Mbpsで利用可能となっている。

同じくSnapdragon 765Gを搭載したミッドハイレンジクラスの5Gや防水、おサイフケータイに対応したスマホとしてはすでに販売されている「AQUOS zero5G basic DX SHG02」や「Pixel 5」が販売されており、ともに本体価格が8万円前後となっている。

一方、防水やおサイフケータイには対応しない「Mi 10 Lite 5G XIG01」が4万円台となっており、海外ではキャリア版で割引ありながらもGalaxy A51 5Gは実質負担額3万円を切る価格で販売されていることもあり、AQUOS zero5G basic DX SHG02やPixel 5よりも安い価格が期待される。

発売時期は2020年11月中旬を予定し、発売に先立ってすでに9月26日からauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されている。なお、価格は現時点で未定となっている。

今回は発表会が行われた9月25日にコンセプトショップ「GINZA 456 created by KDDI」にて行われた内覧会および新製品タッチ&トライイベントでGalaxy A51 5G SCG07を試してきたので外観を中心に写真を交えて紹介していく。

続きを読む

KDDI、au向け5Gスマホ「Galaxy A51 5G SCG07」を発表!11月中旬発売で、防水・防塵やFeliCaに対応


au 5Gスマホ「Galaxy A51 5G SCG07」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は25日、都内にて「UNLIMITED WORLD au 5G 発表会 2020Autumn」を開催し、携帯電話サービス「au」向け5G対応ミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「Galaxy A51 5G SCG07」(サムスン電子製)を発表しています。

サムスン電子から今年4月に発表されたミッドハイレンジクラスの価格を抑えた5G対応モデル「Galaxy A51 5G」のau版で、海外ではキャリア版で割引ありながらも実質負担額3万円を切る価格で販売されており、同じくミッドハイレンジクラスの5G対応スマホとしてすでに販売されている「Mi 10 Lite 5G XIG01」や「AQUOS zero5G basic DX SHG02」とともにau 5Gの普及に寄与しそうな製品となっています。

au版では日本市場向けにニーズの高い防水(IPX5およびIPX8)や防塵(IP6X)、おサイフケータイ(FeliCa)に対応し、携帯電話ネットワークでは5G NR方式のSub6によって下り最大2.1Gbpsおよび上り最大183Mbpsで利用可能となっています。なお、Galaxy A51 5G SCG07も地上デジタルテレビ(ワンセグ・フルセグ)に非対応となっています。

発売時期は2020年11月中旬を予定し、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて9月26日(土)から事前予約受付が実施され、価格は現時点では未定となっており、料金プランは料金プランは5G向け「ピタットプラン 5G」や「データMAX 5G」などが用意され、月額2,178円から利用可能です。

続きを読む

KDDI、au向け5Gスマホ6機種を発表!Xperia 5 IIやGalaxy Note20 Ultra 5G・Z Fold2 5G・Z Flip 5G・A51 5G、AQUOS sense5G


au 5G対応の「2020年秋冬スマホ」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は25日、都内にて「UNLIMITED WORLD au 5G 発表会 2020Autumn」を開催し、携帯電話サービス「au」における「5G(第5世代移動体通信システム)」に対応した6機種のスマートフォン(スマホ)や料金プランの改定など発表しています。新製品は2020年10月中旬より順次発売されるとのこと。

発表されたのはスマホでは「Xperia 5 II SOG02」および「Galaxy Note20 Ultra 5G SCG06」、「Galaxy Z Fold2 5G SCG05」、「Galaxy Z Flip 5G SCG04」、「Galaxy A51 5G SCG07」、「AQUOS sense5G SHG03」で、先行して発表・発売された「AQUOS zero5G basic DX SHG02」と合わせて7機種が「2020年秋冬モデル」の5G対応製品として発売されます。

また発表された6機種のうちの発売時期が遅いAQUOS sense5G SHG03を除く5機種については発売先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて9月26日(土)10時より事前予約受付が実施されます。価格は現時点では未定とのこと。なお、Galaxyシリーズについては同日9月25日より「Galaxy Harajuku」にて先行展示されています。

利用料金はau 5G向け料金プラン「ピタットプラン 5G」を10月1日(木)から1,000円(税抜)値下げして4Gと同額で利用可能にするほか、新たにデータ使い放題でTV動画配信サービスがセットの料金プラン「データMAXテレビパック」を10月2日(金)から提供開始します。さらに今年3月に発表していたコンセプトショップ「GINZA 456 Created by KDDI」を9月26日にオープンするなどが発表されました。

なお、発表会の模様は動画配信サービス「YouTube」( aubyKDDIofficial )や「Twitter」( @au_official )、「LINE LIVE」( @au )、「SHOWROOM」( @au )にてインターネット経由のストリーミングによるライブ中継を実施したほか、現在はYouTubeにてオンデマンド配信がされています。なお、当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」では発表会の取材も行っていますので、本記事では各機種のレポート記事などへのリンクなど順次まとめていきたいと思います。

続きを読む

価格を抑えた5G対応スマホ「Galaxy A51 5G」がNTTドコモとauから発売へ!Netflixの対応製品に「SC-54A」と「SCG07」が掲載


ミッドハイレンジスマホ「Galaxy A51 5G」がdocomoとauから発売へ!

Samsung Electronics(以下、サムスン電子)が今年4月に発表した価格を抑えながらも5Gに対応したミッドハイレンジスマートフォン(スマホ)「Galaxy A51 5G」が日本でNTTドコモとauから発売される見通しであることが明らかとなりました。

定額制動画配信サービスなどを提供するNetflixがAndroidスマートフォン(スマホ)またはタブレットで利用する方法としてHD再生が可能な製品にてGalaxy A51 5Gとして「SC-54A」および「SCG07」という型番が掲載されており、SC-54AはNTTドコモ、SCG07はauの型番ルールに沿っています。

このことからGalaxy A51 5GがNTTドコモから「Galaxy A51 5G SC-54A」、auから「Galaxy A51 5G SCG07」として投入される可能性が高いと見られます。なお、Netflixには合わせて「SM-A516D」や「SGH-N804」、「SM-A516J」、「DMO」といった型番も記載されており、SM-A516DはSC-54A、SM-A516JはSCG07のそれぞれサムスン電子におけるメーカー型番となります。

またSGH-N804とDMOはそれぞれ日本で利用するための工事設計認証(いわゆる「技適」)を通過していることが総務省の「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースによって公開されており、SGH-N804がSC-54A、DMOがSCG07の開発コード名として投入に向けて準備が行われているのだと思われます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。