S-MAX

SCV36

KDDI、au向けフラッグシップスマホ「Galaxy S8 SCV36」と「Galaxy S8+ SCV35」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を4月17日10時に提供開始


au向けスマホ「Galaxy S8 SCV36」と「Galaxy S8+ SCV35」がAndroid 9 Pieに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は16日、au向けハイエンドスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8 SCV36」および「Galaxy S8+ SCV35」(ともにSamsung Electronics製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年4月17日(水)10時に提供開始するとお知らせしています。

更新はそれぞれ本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法およびパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して実施する方法が用意されており、アップデートファイルサイズは両機種ともに本体のみで約1.6GB、PCを用いる方法で約3.5GBとなっています。

更新時間も両機種で同じでそれぞれ本体のみの方法の4Gが約25分、Wi-Fiが約20分、PCを用いる方法が約75分。なお、PCを用いる方法は事前にPCに専用アプリ「Smart Switch」をインストールして行います。更新後のOSバージョンは「Android 9.0」で、Androidセキュリティパッチレベルは「2019年4月1日」となるとのこと。

ビルド番号はGalaxy S8 SCV36が「PPR1.180610.011.SCV36KDU1CSD3」、Galaxy S8+ SCV35が「PPR1.180610.011.SCV35KDU1CSD3」。OSバージョンアップを実施するにはGalaxy S8 SCV36が「SCV36KDU1BSA1」、Galaxy S8+ SCV35が「SCV35KDU1BSA1」のビルド番号となっている必要があります。主な変更点は以下の通り。

○主な機能追加・変更内容
1)アイコン表記の変更
2)ロック画面表示の変更
3)ステータスバーの表示変更
4)ホーム画面の表示変更
5)ダイヤルの機能変更
6)起動中のアプリケーション一覧画面変更
7)マルチウィンドウの表示方法変更
8)カメラ機能・配置変更
9)ギャラリー機能・配置変更
10)自動回転の機能変更

○主な削除項目
11)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
 ・タスク画面(履歴画面)にて、「スナップウィンドウ」機能が削除されます。
 ・「リスト表示」、「設定」配下の「履歴ボタンを使用」と「スワイプでポップアップ表示」が削除されます。
 ・分割画面表示の際に、画面真ん中に表示されているメニューバーが削除されます。
 ・「バッテリー」設定画面にて、
   ・「監視対象外のアプリ」項目が削除されます。
   ・「省電力化」ボタンが削除されます。
 ・「ナビゲーションバー」設定画面にて、
  ・背景色が削除されます。
  ・「表示/非表示ボタン」が削除されます。
 ・「Facewidget」設定画面にて、「表示する場所」配下の「ロック画面とAlways on Display」、「ロック画面」項目が削除されます。
 ・「通知」設定画面にて、「通知を表示するアプリ」、「表示する場所」配下の「ロック画面とAlways on Display」、「ロック画面」項目が削除されます。
 ・「自分の連絡先情報」設定画面にて、「表示する場所」項目が削除されます。
 ・「ソフトウエアの更新予約」項目が削除されます。
 ・キーパッドの画面にて、
  ・検索バーの音声検索アイコンが削除されます。
  ・画面下の「非表示」アイコンが削除されます。
  ・右上メニュー欄の「キーパッドで起動/履歴で起動」が削除されます。
 ・通話中の画面にて、「音声補正」機能は削除されます。
 ・「カメラ設定」画面にて、「写真を3枚撮影」機能が削除されます。
 ・アラーム設定画面にて、「音量を少しずつ上げる」機能が削除されます。
 ・「ギャラリー」にて、
  ・任意画像を開く際に、右上のメニュー欄にて、「日付および位置情報タグを表示」項目が削除されます。
  ・通知のベルアイコンが削除されます。
 ・「ブラウザ」配下の「アドオン」設定画面にて、「クイックメニュー」、「動画アシスタント」、「QRコードリーダー」が削除されます。

○そのほかOSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
 SCV36のOSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(9.9MB)
 SCV35のOSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(9.8MB)
※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSCV36・SCV35をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

NTTドコモとauのハイエンドスマホ「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」、「Galaxy Note8」がソフトウェア更新で「AR絵文字」や「スーパースローモーション撮影」に対応


docomoとauのGalaxy S8・S8+・Note8がAR絵文字や960fps撮影に対応!

NTTドコモおよびauから2017年に発売されたサムスン電子製ハイエンドスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」、「Galaxy Note8」に対してそれぞれ10月下旬よりソフトウェア更新が提供されており、新機能として「AR絵文字」や「スーパースローモーション撮影」などに対応してます。

ソフトウェア更新は、NTTドコモ向け「Galaxy S8 SC-02J」および「Galaxy S8+ SC-03J」、「Galaxy Note8 SC-01K」では10月30日より、au向け「Galaxy S8 SCV36」および「Galaxy S8+ SCV35」では10月29日より、「Galaxy Note8 SCV37」では10月23日より配信されています。

それぞれスマホ本体のみでネットワーク経由による更新(OTA)およびパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、NTTドコモでは更新内容に「カメラの機能を向上いたします。」と記載されているものの、auでは「セキュリティ機能の改善」のみしか記載がありません。

各機種のソフトウェア更新による更新内容は以下の通り。なお、各機種ともに更新後のAndroidセキュリティパッチレベルは「2018年10月1日」となります。AR絵文字やスーパースローモーション撮影は2018年モデルの「Galaxy S9」シリーズから対応していた機能だけに嬉しい更新なのではないでしょうか。

- 新たなカメラ機能の追加
 (自分そっくりなオリジナルスタンプを作成できるAR絵文字、SNSで盛り上がるスーパースローモーション撮影)
- 端末安定性の改善およびバグのフィックス
- 新機能または改善型機能の追加
- パフォーマンスの向上


続きを読む

KDDI、au向けハイエンドスマホ「Galaxy S8 SCV36」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を3月23日から提供開始


auスマホ「Galaxy S8 SCV36」がAndroid 8.0 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は22日、au向け「2017年夏モデル」として昨年6月に発売したスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8 SCV36」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年3月23日(金)13時より提供開始するとお知らせしています。

更新はGalaxy S8 SCV36本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)またはパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して実施する方法が用意されており、更新時間はOTAが約18分、PCを用いる方法が約36分、アップデートファイルサイズはOTAが約1.4GB、PCを用いる方法が約3.2GBとなっています。

なお、PCを用いる方法は事前にPCに専用アプリ「Smart Switch」をインストールしておく必要があるほか、提供開始時期が2018年3月26日(月)10時からとなっています。更新後のOSバージョンは「Android 8.0」、ビルド番号は「R16NW.SCV36KDU1BRC5」で、主な変更点は以下の通り。

◯主な機能追加・変更内容
1)ピクチャインピクチャ(PiP)機能を追加
2)通知パネルの改善
3)バックグラウンドで実行されているアプリを通知で表示

◯主な初期化/削除項目
4)OSアップデート後に設定が初期状態にリセットされる項目があります。必要に応じ、再度設定を行ってください
 ・カレンダー画面の右上のメニューに表示される「カレンダーを管理」内の項目
 ・マイファイル画面右上のメニューに表示される「設定」内の項目
 ・Eメール画面の右上に表示されている項目 など
5)OSアップデート後に機能が削除される主な項目があります。ご注意ください
 ・「通知音」設定画面にて「カレンダーの通知」の機能が削除
 ・「例外を許可」設定画面にて「重要アプリの通知」の項目が削除
 ・「通知へのアクセス」設定画面にて「Always On Display」の項目が削除 など

◯その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(11.6MB)[PDF]

※更新されるソフトウェアには、上記以外により快適にSCV36をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

UQコミュニケーションズがWiMAX 2+に256QAMを9月1日から導入して下り最大558Mbpsへ高速化!auではさらに4G LTEと3波CAで下り最大708Mbpsとなり、国内最速に



UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は31日、高速通信サービス「WiMAX 2+」(TD-LTE方式互換)において東名阪の一部エリアから多値変調方式「256QAM」を2017年9月1日(金)より導入開始して下り最大558Mbpsに高速化すると発表しています。

WiMAX 2+はこれまで2.5GHz帯における20MHz幅×2をキャリアアグリゲーション(CA)し、マルチアンテナ技術「4×4 MIMO」によって下り最大440Mbpsで提供してきましたが、新たに従来の64QAMから256QAMにすることで下り最大558Mbpsに高速化します。

またこれに合わせてKDDIおよび沖縄セルラー電話は31日、au回線ではこの下り最大558MbpsのWiMAX 2+と下り最大150Mbpsのau 4G LTE(FDD-LTE方式)の3波をCA(3CC CA)して下り最大708Mbpsを提供開始すると発表しています。

日本国内では今年8月以降にNTTドコモが下り788Mbpsを導入予定と発表していますが、現時点ではまだ提供されておらず、下り最大682Mbpsとなっているため、NTTドコモが下り最大788Mbpsを提供開始するまではauの下り最大708Mbpsが最速になっています。

続きを読む

KDDI、au向け2017年夏スマホ「Galaxy S8 SCV36」と「HTC U11 HTV33」をauピタットプランなどの新料金プランに加入して購入すると最大7千円キャッシュバックするキャンペーンを実施


auが「秋のキャッシュバックキャンペーン」を実施!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は29日、au向け「2017年夏モデル」のうちの「Galaxy S8 SCV36」(サムスン電子製)および「HTC U11 HTV33」(HTC製)の2機種について2017年9月1日(金)より購入と同時にauの新しい料金プラン「auピタットプラン」または「auフラットプラン」に加入すると「au WALLETプリペイドカード」へキャッシュバックする「秋のキャッシュバックキャンペーン」を開始すると発表しています。

秋のキャッシュバックキャンペーンは「Galaxy S8キャッシュバックキャンペーン」および「HTC U11キャッシュバックキャンペーン」となり、期間はともに2017年10月1日(日)まで。キャッシュバックは、Galaxy S8 SCV36が合計6,135円(2,045円/月×最大3ヶ月)、HTC U11 HTV33が7,000円。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。