SIMフリースマホ「AQUOS sense3 SH-M12」が登場!

シャープは17日、同社の最新ハイスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense3 plus」におけるSIMフリーモデル「AQUOS sense3 plus SH-M11」を発表しています。2019年12月25日(水)より順次発売され、量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、市場想定価格は税別で5万円台後半になるということです。

なお、価格はすでに予約注文を受け付けているヨドバシ.comなどの量販店では税抜58,800円(税込64,680円)の10%(6,468ポイント)還元で実質58,212円相当となっているほか、MVNOでは取り扱いを発表している「mineo」(オプテージ)では税抜56,400円(税込62,040円)となっており、税別2,350円(税込2,585円)/月×24回の分割払いにも対応しています。発売日は2020年1月17日(金)を予定。

また同じくMVNOによる携帯電話サービス「OCN モバイル ONE」(NTTコミュニケーションズ)とのセットで販売する「gooSimseller」(NTTレゾナント)では12月23日(金)11:00から販売受付を開始し、販売開始を記念して2020年1月24日(金)11:00までの期間限定で特価販売を行い、通常税別40,000円(税込44,000円)のところ記念特価で税別35,800円(税込39,380円)となるほか、他社から乗り換え(MNP)で4,000円引き、対象オプション同時加入で1,000円引きになるということです。

AQUOS sense3 plusはすでにauから「AQUOS sense3 plus サウンド(型番:SHV46)」、SoftBankから「AQUOS sense3 plus(型番:901SH)」、楽天モバイルから「AQUOS sense3 plus(型番:SH-RM11)」として販売されていますが、新たにSIMフリーモデルも投入されることになりました。なお、AQUOS sense3シリーズは「AQUOS sense3」や「AQUOS sense3 lite」、「AQUOS sense3 bacis」などの派生モデルも存在します。

SIMフリーモデルのAQUOS sense3 plus SH-M11はAQUOS sense3のSIMフリーモデル「AQUOS sense3 SH-M12」と同様にnanoSIMカード(4FF)サイズのスロットが2つ搭載されたデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しています。ただし、SIMカードスロットの1つはmicroSDXCカードスロットと共有とのこと。

続きを読む