SIMフリースマホ「SHARP AQUOS zero2 SH-M13」が3月13日発売!格安SIMとセットで約6万円から

シャープは28日、昨年9月に発表したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2」のSIMフリー版「AQUOS zero2 SH-M13」を発表しています。2020年3月13日(金)より順次発売され、価格はオープンながら市場想定価格は税抜10万円程度となる見込み。

販路は量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われ、すでに予約注文を受け付けているヨドバシカメラやビックカメラなどの量販店では税込115,170円の11,517ポイント(10%)還元で実質103,653円となっています。

一方、MVNOではNTTレゾナントが「goo Simseller」において「OCN モバイル ONE」とのセットにて通常税抜72,700円(税込79,970円)ながら4月1日(水)11:00までの期間限定の記念特価税抜67,800円(税込74,580円)とし、さらに対象オプション同時加入で3,000円OFF、他社から乗り換え(MNP)で5,000円OFFの税抜59,800円(税込65,780円)で販売するとのこと。

その他にも「IIJmio」(インターネットイニシアティブ)では税抜84,800円(税込93,280円)、「mineo」(オプテージ)では税抜96,000円(税込105,600円)となっており、IIJmioやmineoでは分割払いにも対応しています。なお、SIMフリーモデルのAQUOS zero2 SH-M13はnanoSIMカード(4FF)サイズのスロットが2つ搭載されたデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しています。

続きを読む